本田圭佑が3戦連発弾! 4連勝に導く活躍《Aリーグ》2018.12.01 20:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表FW本田圭佑の勢いが新天地オーストラリアで止まらない。メルボルン・ビクトリーは1日にホームで行われたオーストラリア・Aリーグ第6節でウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦。4-0の勝利を収め、4連勝を飾った。

▽本田が開幕から6戦連続で先発出場した試合は11分に動く。バイタルエリア左の位置から上がったクロスに反応の本田がファーサイドからボックス右深くに侵攻してヘディングシュート。これが勢いよく相手のゴールマウスに突き刺さり、メルボルン・ビクトリーが先制に成功する。

▽本田の3戦連発弾で勢いづくメルボルン・ビクトリーは、続く31分と39分にも加点。3点リードで迎えた後半も本田が攻撃陣の中心を担い、試合を優位に進める。83分には本田がスルーパスからチーム4点目の起点に。快勝したメルボルン・ビクトリーは2位に浮上している。

▽これで、本田自身は開幕から6試合で4得点3アシスト。依然として好調をキープしている。

メルボルン・ビクトリー 4-0 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
【メルボルン・ビクトリー】
本田圭佑(前11)
バエナ(前31)
バーバルーゼス(前39[PK])
アントニス(後38)
コメント
関連ニュース
thumb

「いつも一緒にいた」MVP家長昭博に生年月日同じの旧友・本田圭佑から祝福メッセージ

▽「2018 Jリーグアウォーズ」が18日に横浜アリーナで行われた。 ▽2018シーズンの最優秀選手賞は川崎フロンターレのMF家長昭博。そんな同選手に対して、ガンバ大阪ジュニアユース時代に切磋琢磨したメルボルン・ビクトリーに所属する日本代表FW本田圭佑から祝福のビデオメッセージが届いた。 「アキ(家長昭博)、久しぶり。年間最優秀選手賞、MVPを受賞したということで、なんか事務所から家長選手がMVPを受賞する可能性があるからメッセージをくれと言われて、これもしアキが選ばれてなかったらこのメッセージどこに行くんかな…って思いながら喋っています。でも、これが映っているということは、選ばれているということで、改めておめでとうございます」 「全然連絡してこないので、たまには連絡ください。まあサッカーに集中して、家族のために頑張っているのは分かりますけど、たまには古い友人にも連絡を寄こして、会いに来てください。また昔話でもしましょう。本当にアキだけでなく、他のチームメイトの方々も活躍されたと聞いています。そこにいる川崎フロンターレの皆さん、本当におめでとうございました。引き続き、来年も魅力のあるパスサッカーを見せてください。楽しみにしています」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181218_honda_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽旧友からの祝福に家長は「僕よりも喋っていましたね(笑)」とコメントし、「会いに行きたい」と返答。「中学校の1年生から3年生までの3年間でしたけど、本当にいつも一緒にいて、たまたま生年月日(1986年6月13)も一緒で、運命を感じる選手です」と本田との思い出を振り返った。 2018.12.19 02:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「貪欲じゃなかった。満足できない」敵地で快勝も本田圭佑が精神面での課題を口に

メルボルン・ビクトリーの本田圭佑は、自身が得点を挙げて勝利を飾ったものの満足できていないと話した。<br><br>14日に行われたオーストラリア・Aリーグのブリスベン・ロアー戦に先発で出場した本田。2-1で迎えた40分に相手のハンドで得たPKを同選手が冷静に沈めてチームに3点目をもたらす。これが決勝点となり、メルボルン・ビクトリーが4-2で勝利してリーグ戦6連勝を飾った。<br><br>敵地での快勝に貢献した本田だが、試合後に『FOXスポーツ』で満足できない試合だったと振り返った。「今日は満足できなかった。ラッキーなことに前半のうちに相手の選手が退場になり、僕たちは大きなアドバンテージを得ることができた」<br><br>「それでも後半にスコアを動かすことができなかったから、僕たちはもっと良くなる必要がある。メンタル面に関して言えば、貪欲になれなかった。今日の試合を教訓にして、次の試合に向けて準備を進めなければならない」<br><br>開幕2連敗と苦しいシーズンのスタートを切ったメルボルン・ビクトリーだが、これでリーグ戦6勝目を挙げて、暫定ながら首位に浮上した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.15 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PK献上の本田圭佑が汚名返上のPK弾! 前半6発の乱戦制したメルボルン6連勝《Aリーグ》

▽元日本代表FW本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは14日、オーストラリア・Aリーグ第8節でブリスベン・ロアーとのアウェイ戦に臨み、4-2で勝利した。本田は開幕から8試合連続のスタメン。シーズン5得点目を記録した。 ▽開始早々にセットプレーからピンチを迎えたメルボルン・ビクトリーだったが、決死の守備で辛うじて失点を免れると、13分に先制。本田のボール奪取からカウンターに持ち込み、トロイージの浮き球パスにバーバルーゼスが合わせ、敵地でリードする。 ▽そのメルボルン・ビクトリーは21分、相手に退場者が出たことで数的優位に立ったが、相手にセットプレーを許した26分に自陣ボックス内で本田がPKを献上。これをキッカーのタガートに決められ、10人のブリスベン・ロアー相手に追いつかれてしまう。 ▽それでも、メルボルン・ビクトリーは32分、味方との好連携で左サイドを攻略したオトゥールのクロスからトイヴォネンがワンタッチシュートを決めて2-1。続く39分、PKのチャンスからキッカーの本田が左足で決め、ブリスベン・ロアーを突き放した。 ▽42分に相手のFKからトイヴォネンのオウンゴールで1点差に詰め寄られたメルボルン・ビクトリーだったが、47分に本田が右CKをショートコーナーに。その流れからバーバルーゼスがゴールを陥れ、ブリスベン・ロアーの追随を許さない。 ▽迎えた後半も数的優位のアドバンテージを生かしてゴールを目指したメルボルン・ビクトリーは、86分に左サイドの本田が左足で上げたクロスから5点目のお膳立てを狙うが、味方がミスショット。前半とはうって変わり、ゴールが遠い。 ▽結局、ゴールラッシュの前半が勝敗を分け、メルボルン・ビクトリーが6連勝。2試合ぶりとなる得点の本田もシーズン5得点目を挙げ、依然として好調をキープしている。 ブリスベン・ロアー 2-4 メルボルン・ビクトリー 【ブリスベン・ロアー】 タガート(前27[PK]) OG(前42) 【メルボルン・ビクトリー】 バーバルーゼス(前13) トイヴォネン(前32) 本田圭佑(前40[PK]) バーバルーゼス(前45+2) 2018.12.14 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

Aリーグで7試合4G3Aの本田圭佑、PFA選出10/11月の月間最優秀選手賞を受賞!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、オーストラリアプロサッカー選手協会(PFA)が選出するAリーグの10月と11月の月間最優秀選手に選ばれた。リーグ公式が伝えている。 ▽2018年8月にメルボルン・ビクトリーへ加入した本田は、10月の開幕戦から7試合4ゴール3アシストを記録。Aリーグ選出の週間ベストイレブンにすでに5回選ばれるなど、高いパフォーマンスを継続している。 ▽同賞を受賞した本田は、Aリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「驚いています。受賞できてとても幸せです。ただ、チームが勝利することの方が幸せです」 「この賞を貰えたことをありがたく思いますが、チームメイトのおかげでもあると思います。僕に投票してくれた皆さんに感謝しています」 2018.12.12 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

本田フル出場のメルボルン、5連勝で暫定首位浮上! 《Aリーグ》

▽元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは8日、オーストラリア・Aリーグ第7節でアデレード・ユナイテッドをホームに迎え、2-0で勝利。本田はフル出場を果たした。 ▽3戦連発と好調を維持する本田は、この試合含め開幕からの7試合連続でスタメン出場。4連勝中のクラブの核として、この日もボランチのポジションでピッチ中央に陣取った。 ▽前半早々の9分、負傷によりニーダーマイヤーをトロイージとの交代で下げざるを経なくなったメルボルンは、立ち上がりから相手の勢いに押される時間が続く。15分には左CKからDFマーロンに放たれた強烈なヘディングシュートがバーを叩いたが、ここでは跳ね返りを本田が頭でクリアした。 ▽28分には、ボックス内でボールを受けたギャロウェイがトラップ時のコントロールを誤りハンドを犯したかに思われたが、PKを主張するメルボルン選手陣のアピールは受け入れられず。徐々に形成を盛り返しているメルボルンだったが、ネットを揺らすには至らない。 ▽0-0で折り返しを迎えた試合は、62分に動きを見せる。左からのクロスにファーで反応したトイヴォネンのヘディングシュートがGKイッゾに弾かれると、バルバルセスが素早く反応。難なくこぼれ球を押し込み、先制点とした。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、本田はバランスを取りつつやや下がり目の位置でプレー。75分には右サイド浅い位置でFKを獲得し、本田が入れたクロスは味方に合わず。1点をリードしているメルボルンが効率的に戦いつつも、気の抜けない展開が続く。 ▽そんな中、81分にアデレード陣内中央やや左で縦パスを受けた本田がワンタッチで左サイドに展開。これを受けたトイヴォネンがアントニオとのワンツーでボックス内に侵攻し、追加点を奪い切った。 ▽試合は、このまま2-0でメルボルンがリードしたまま終了。この結果、5連勝を飾ったメルボルン(勝ち点15)はパース・グローリー(勝ち点14/※1試合未消化)を抜き、暫定首位に浮上している。 メルボルン・ビクトリー 2-0 アデレード・ユナイテッド 【メルボルン・ビクトリー】 バルバルセス(後17) トイヴォネン(後36) 2018.12.08 20:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース