本田圭佑が3戦連発弾! 4連勝に導く活躍《Aリーグ》2018.12.01 20:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表FW本田圭佑の勢いが新天地オーストラリアで止まらない。メルボルン・ビクトリーは1日にホームで行われたオーストラリア・Aリーグ第6節でウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦。4-0の勝利を収め、4連勝を飾った。

▽本田が開幕から6戦連続で先発出場した試合は11分に動く。バイタルエリア左の位置から上がったクロスに反応の本田がファーサイドからボックス右深くに侵攻してヘディングシュート。これが勢いよく相手のゴールマウスに突き刺さり、メルボルン・ビクトリーが先制に成功する。

▽本田の3戦連発弾で勢いづくメルボルン・ビクトリーは、続く31分と39分にも加点。3点リードで迎えた後半も本田が攻撃陣の中心を担い、試合を優位に進める。83分には本田がスルーパスからチーム4点目の起点に。快勝したメルボルン・ビクトリーは2位に浮上している。

▽これで、本田自身は開幕から6試合で4得点3アシスト。依然として好調をキープしている。

メルボルン・ビクトリー 4-0 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
【メルボルン・ビクトリー】
本田圭佑(前11)
バエナ(前31)
バーバルーゼス(前39[PK])
アントニス(後38)
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑が2カ月ぶり弾! メルボルン・Vは2戦連続足踏み《Aリーグ》

メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表FW本田圭佑が今シーズン6点目を記録した。 メルボルン・ビクトリーは15日、オーストラリア・Aリーグ19節でウェリントン・フェニックスFCと対戦。前節にケガから復帰した本田はベンチスタートとなり、55分からピッチに立った。 その試合は、57分にアウェイのメルボルン・ビクトリーが失点。先制を許す苦しい戦いを強いられたが、66分に獲得したPKを本田が左足でゴール右に決め、試合を降り出しに戻してみせる。 本田の昨年12月以来となる2カ月ぶりの得点で追いついたメルボルン・ビクトリーは1-1のドロー。2位のチームにとって、2試合連続勝利なしと痛い足踏みが続いている。 ウェリントン・フェニックスFC 1-1 メルボルン・ビクトリー 【ウェリントン・フェニックスFC】 クリシュナ(後12) 【メルボルン・ビクトリー】 本田圭佑(後22[PK]) 2019.02.16 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がキャリア初のACL出場へメンバー入り! 広島と対戦の可能性《ACL2019》

メルボルン・ビクトリーは13日、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むメンバー28名を発表した。元日本代表MF本田圭佑もメンバーに含まれている。 グループFで中国スーパーリーグの広州恒大、Kリーグ1の大邱FC、そしてプレーオフのサンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッド(タイ)の勝者と同居しているメルボルン・ビクトリー。ACLでは、外国籍選手が3名まで登録が許され、AFC加盟国の選手は追加で1名まで登録が許されているが、メルボルン・ビクトリーには5名の外国籍選手が所属している。 ケビン・マスカット監督はメンバー選考に関して「Aリーグの規定では、5名の外国人選手が許可されている。今シーズンは、コスタ・バーバルーゼス(ニュージーランド)、ラウール・バエナ(スペイン)、ゲオルグ・ニーダーマイアー(ドイツ)、オラ・トイヴォネン(スウェーデン)、本田圭佑(日本)で満たされている」とコメント。「ACLでは、バーバルーゼス、バエナに加え、トイヴォネンと本田が加わった」と語り、ニーダーマイアーが外れることを明かした。 メルボルン・ビクトリーは、3月5日に大邱FCと初戦で対戦。3月12日には広島かチェンライ・ユナイテッドとアウェイで対戦する。 ◆メルボルン・ビクトリー登録メンバー GK 1.マット・アクトン 20.ローレンス・トーマス 30.マシュー・サットン DF 2.ストーム・ルー 3.コレイ・ブラウン 14.トーマス・デン 17.ジェームス・ドナチー 27.アーロン・アンデルソン 28.ベンジャミン・キャリガン MF 4.本田圭佑 6.レイ・ブロハム 10.ジェームズ・トロイージ 13.ビルカン・キルダー 15.ラウール・バエナ 16.ジョシュア・ホープ 19.ラフマト・アクバリ 21.カール・ヴァレリ 24.エルビス・カンソバ 25.アンソニー・レシオーティス 29.ティール・イラドゥクンダ 31.ブランドン・ルートン FW 7.ケニー・アティウ 8.テリー・アントニス 9.コスタ・バーバルーゼス 11.オラ・トイヴォネン 23.ジャイ・インガム 32.ジャック・パラツォーロ 33.ヤジード・サイド 2019.02.14 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が途中出場で戦線復帰も…2位のメルボルン・V、首位攻防戦に敗れ連勝ストップ《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは10日、オーストラリア・Aリーグ第18節でパース・グローリーと対戦し、1-2で敗れた。本田は62分から出場した。 現在、リーグ戦で2位に位置するメルボルン・V(勝ち点36)は、首位のパース・グローリー(勝ち点40)をホームに迎えた。1月に右足ハムストリング損傷と診断され、戦線を離脱していた本田は、この重要な一戦でベンチ入りを果たした。 両者、球際の激しい立ち上がりを見せる首位攻防戦。時間の経過と共にメルボルン・Vが敵陣への侵攻を増やし、13分には右サイドからのクロスを中央で収めたカンソバが反転シュートを放つが、GKリアム・レッディの正面に飛んでしまう。 その後は互いに決定機を作れないまま前半終盤に。するとメルボルン・Vは44分、ボックス左外でパスを受けたトロイージがニアサイドに低いクロスを供給。これをアティウが粘ってゴールエリア左からシュートを放つも、ここもGKに阻まれた。 ゴールレスで試合を折り返すと、パース・グローリーが攻勢を強める。60分、ボックス付近まで侵攻を許してしまうと、キルケニーのパスがPA内のブラウンの手に当たってしまい、PKを献上。これをキルケニーに決められてしまい、先制点を与えてしまう。 先制を許したメルボルン・Vは直後、本田を投入。するとすぐさま右サイドでボールを持った本田のクロスから最後はアントニスが惜しいボレーシュートを放ち、反撃に出る。 しかし流れに乗ったパース・グローリーが69分に追加点。イコノミディスにカウンターから左サイドを抜け出され、中央へのクロスを最後はディエゴ・カストロに押し込まれた。 苦しい状況となったメルボルン・Vは78分、右サイドでのパス回しからボックス右手前でボールを持ったブロックスハムのゴール前へのスルーパスにバーバルーゼスが抜け出して右足で流し込んだ。 1点差まで詰め寄ったが、反撃はここまで。メルボルン・Vは連勝が「2」でストップし、首位との勝ち点差が「7」に広がる手痛い敗北を喫した。 メルボルン・ビクトリー vs パース・グローリー 【メルボルン・ビクトリー】 バーバルーゼス(後33) 【パース・グローリー】 キルケニー(後16) ディエゴ・カストロ(後24) 2019.02.10 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調の本田圭佑、ハムストリング負傷で4週間離脱へ…今季ここまで5G3A

Aリーグのメルボルン・ビクトリーは3日、元日本代表MF本田圭佑が右足ハムストリング損傷と診断されたことを発表した。4週間離脱する見込み。 Aリーグ直近2試合を欠場していた本田だが、クラブの発表によると2日の検査によって判明。現在、リハビリプログラムを開始しているとのこと。 メルボルン・Vを指揮するケビン・マスカット監督は、「これはケイスケ(本田圭佑)、チームメイト、クラブ、そしてファンにとって残念なことだ」とコメントしている。 2018年8月にメルボルン・Vに加入した本田は、デビュー戦のメルボルン・シティ戦で初ゴールを記録すると、その後も絶好調を維持。ここまでリーグ戦8試合5ゴール3アシストという成績を残していただけに、チームにとっては大きな痛手となりそうだ。 2019.01.03 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「いつも一緒にいた」MVP家長昭博に生年月日同じの旧友・本田圭佑から祝福メッセージ

▽「2018 Jリーグアウォーズ」が18日に横浜アリーナで行われた。 ▽2018シーズンの最優秀選手賞は川崎フロンターレのMF家長昭博。そんな同選手に対して、ガンバ大阪ジュニアユース時代に切磋琢磨したメルボルン・ビクトリーに所属する日本代表FW本田圭佑から祝福のビデオメッセージが届いた。 「アキ(家長昭博)、久しぶり。年間最優秀選手賞、MVPを受賞したということで、なんか事務所から家長選手がMVPを受賞する可能性があるからメッセージをくれと言われて、これもしアキが選ばれてなかったらこのメッセージどこに行くんかな…って思いながら喋っています。でも、これが映っているということは、選ばれているということで、改めておめでとうございます」 「全然連絡してこないので、たまには連絡ください。まあサッカーに集中して、家族のために頑張っているのは分かりますけど、たまには古い友人にも連絡を寄こして、会いに来てください。また昔話でもしましょう。本当にアキだけでなく、他のチームメイトの方々も活躍されたと聞いています。そこにいる川崎フロンターレの皆さん、本当におめでとうございました。引き続き、来年も魅力のあるパスサッカーを見せてください。楽しみにしています」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181218_honda_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽旧友からの祝福に家長は「僕よりも喋っていましたね(笑)」とコメントし、「会いに行きたい」と返答。「中学校の1年生から3年生までの3年間でしたけど、本当にいつも一緒にいて、たまたま生年月日(1986年6月13)も一緒で、運命を感じる選手です」と本田との思い出を振り返った。 2018.12.19 02:55 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース