ドイツの伝説的GKカーン氏が来日! GKになったキッカケは「おじいちゃんを失望させたくないから」2018.12.01 15:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ドイツ代表としても活躍し、バイエルンやカールスルーエなどでも活躍したオリバー・カーン氏が来日。11月30日に都内で「Bundesliga Experience Toky 2018」としてメディアブリーフィングに参加した。

▽現役時代には、2002年の日韓ワールドカップで、GKとして初めてワールドカップの最優秀選手賞を受賞し、GKとしての一時代を築いたカーン氏。今回の来日では、明治安田生命J1リーグ最終節の川崎フロンターレvsジュビロ磐田を観戦するなど、精力的な活動を行う。

▽今回のメディアブリーフィングでは、スカパー!のブンデスリーガ実況でもおなじみの西岡明彦さんとトークショーを行い、ブンデスリーガについてや日本人選手について、さらにはGK論などを熱く語った。
(C)CWS Brains,LTD.

──2002年のワールドカップの活躍が記憶に残っていますが、それ以降日本や東京を訪れたことはありますか

「数年前に訪れました。2002年のワールドカップは私も印象的でした。友人やファンの方もいたので、遊びに来ていました」

──日本の印象はいかがですか?

「ミュンヘンに比べると、ここは雪が降っていないのですごく居心地がいいです(笑)。空港に到着した時から日本と言う国は好きだ。何と言っても歓迎されて嬉しい」

──今回の日本滞在で楽しみにしていることは

「ブンデスリーガで20年プレーしていたので、その代表として来日した目的は色々あります。ブンデスリーガ代表という以外でも、『GoalPlay』というものを日本で広めることも楽しみです」
(C)CWS Brains,LTD.

──日本人選手はブンデスリーガで多く活躍しています。現状の人気や日本人選手の活躍はどう見ているか

「ドルトムントの香川選手やフランクフルトの長谷部選手は凄く注目を浴びている。1部リーグでは7人の選手がプレーしているが、日本の育成システムというのも充実しているのを感じているし、クオリティも上がっていると感じている。2部でも数人活躍しているので、そこにも注目している」

──日本人選手が海外に渡るときにブンデスリーガに行くケースが多いが、ブンデスリーガで活躍するために必要な能力は

「ブンデスリーガだけでなくヨーロッパでプレーするにはということだが、日本人とドイツ人はメンタリティが似ている。練習に対しての練習量や努力がしっかりと性格が似ていると思う」

「ただ、メンタリティが似ていても、練習量などを増やすだけではなく、クオリティも必要となる。そのバランスを常に持っていなければいけない」

──30代からベテランまで監督がいて、試合中にシステムが変更されるなど、監督にも魅力があると思うが

「コーチングに関しても、たくさんの種類があり、キャラクターがあるので選手に影響が出ている。ブンデスリーガは選手だけでなく監督の育成にも取り組んでいる。色々な指導の方法があるのも、クオリティに繋がっているだろう」
(C)CWS Brains,LTD.

──GKとして一時代を築いて来ましたが、どういったキッカケでGKになったのか

「元々フィールドプレーヤーだったが、おじいちゃんにGKのユニフォームをプレゼントしてもらった。もらったのは、ゼップ・マイヤーのものだった。それをもらってから、おじいちゃんを失望させたくないということで、そこからGKとしてプレーを続けた」

──現在ではマヌエル・ノイアーやマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンなどドイツは良いGKが多いがその理由はどこにあると思うか

「伝説的なGKが多く生まれてきた理由は、トニー・トゥレク、ゼップ・マイヤー、ハラルト・シューマッハーなどが模範となっていることだ。それを見て、なりたいと思うことがある」

「ドイツ人の性質というものも合っていると思うし、ディシプリンもGKに合っていると思う。だから、ノイアーや若手もレジェンドを見ていることが繋がっていると思う」

──日本にも良いGKが多く出て来たが、ヨーロッパに行くのはMFやFWが多い。子供たちにGKになりたいと思わせるには

「GKになるためには色々な特殊能力が現在は必要となっている。昔と今はGKの感覚が違う。今は色々なスキルが求められている」

「元々、ゴールキーパーと呼ばれていたが、最近はゴールプレーヤーと呼ばれるようになっている。キーパーではなく、11人目のフィールドの選手という意味もある。だから、色々な能力を学ぶ必要があり、ポジションとしては多彩で技術的に難しいポジションだ」

「そして試合を左右するポジションでもある。そのため、メンタリティも鍛える必要があり、育成に力を入れる必要があると思う」

──今回の来日には『GoalPlay』というものも目的としてあると思いますが

「『GoalPlay』は2015年に立ち上げたものだ。当初立ち上げた理由は、ドイツのGKの90%はGKとしてのトレーニングを受けていないことが多かった。そのところを見て、ミッションとしてゴールキーパーではなくゴールプレーヤーを育てるには、トレーナーを育てなくてはいけないというのがあった」

「『GoalPlayAcademy』を立ち上げて、色々なクラブと協力して来た。他国でも色々なことをやっているため、それをグローバル化したいと思っている」

──日本人選手がブンデスリーガでゴールプレーヤーになる可能性はあると思うか

「もちろんそうだ。日本人選手がゴールプレーヤーになる可能性はあるだろう。ただ、特殊なトレーニングをする必要はあると思う」

「技術を含め、特別なトレーニングはスポーツ科学などを利用し、ピンポイントでできることが可能となっている」

「もう1つは若手選手だ。活躍している選手は30前後となるが、今後はもっと若手選手を中心に新しい技術を使った育成をしていかなければいけない」
(C)CWS Brains,LTD.

──カーン氏のこの先のビジョンは

「2008年に引退してからはサッカーに携わっている。『GoalPlay』以外にも色々なものを立ち上げており、それを発展させていきたいと考えている」

「今も藻でレーションをやっている。サッカーの専門家としても活躍していきたい」

──指導者というよりもマネジメントの方で活躍をしたいか

「選手育成も楽しいが、それをメインにするというよりは、アイデアを提供したり、ビジネス思考で携わりたい」

──ブンデスリーガは日本でも人気が高まっている。日本のブンデスリーガファンへメッセージを

「ブンデスリーガは世界基準で見てもレベルが高いので、是非見ていただきたい。戦術やトップのスター選手もたくさんいて、サッカーの魅力もあるので期待してほしい」

「レヴァンドフスキやロッベン、香川などもいる。色々な国からブンデスリーガに来て活躍している選手も多い」

「バイエルンで活躍して来て、長い間バイエルンが強いと言われて来たが、ドルトムントが頑張っている。そこも面白いところではないかと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

クロップとコバチが試合後に口論? 交わしていた言葉とは…

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、試合終了直後のバイエルン指揮官とのやり取りを明かしている。イギリス『メトロ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンを本拠地アンフィールドに迎え、0-0で引き分けた。アウェイゴールこそ与えなかったものの勝ち切ることも出来ず。勝負の行方を3月13日の2ndレグ、敵地での一戦に委ねることとなった。 共に勝利を目指したその熱戦の後、クロップ監督とバイエルンのニコ・コバチ監督がヒートアップ。クロップ監督がコバチ監督に対して“何か”を捲し立てつつ、最終的には手を取ったものの一度握手を拒否したかの様に見える場面が捉えられており、怒りをぶつけているのではないかとの憶測が飛び交っていた。 試合後、そのシーンについて尋ねられたクロップ監督は、以下のように説明している。 「彼が来た時、私は『待っていた』と言ったんだ。でも、彼が謝罪して、私も『問題ない』と伝えたよ」 「あれは純粋な誤解だ。山の前の牛の様に私はあそこに立っていたよ」 そして、コバチ監督もクロップ監督とのやり取りに言及。誤解があったと語った。 「イングランドでは最後の笛の後に握手をするのが一般的だ。だが、最初に彼ではなくベンチに向かってしまった」 「彼はイングランドでは(ドイツと)違うことを分かっていた。だが、それ(ドイツの習慣との誤解を察しなかったこと)は悪いことでもないし、私は謝ったよ」 2019.02.20 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

キャラガーがホームでのスコアレスに「悪くない」と語る理由…リバプールが突破できる根拠は?

リバプールとバイエルンの一戦について、解説者のジェイミー・キャラガーが持論を展開している。<br><br>チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、リバプールとバイエルンが激突。アンフィールドで行われた一戦はスコアレスドローに終わり、リバプールにとっては悔しい試合となったが、OBのキャラガーの意見は異なるようだ。ノルウェーの放送局でこのようにコメントしている。<br><br>「おそらくバイエルンはいい結果を手にしたと思っているだろう。確かにそうだ。リバプールのアウェーでの記録は良くはない。しかし、スコアレスドローは引き分けの中では最もいい。アウェイゴールを許さなかったのだからね」<br><br>さらに続けて、リバプールがベスト8へと勝ち進むことができると太鼓判を押した。<br><br>「リバプールは敵地でもゴールを奪えるだろう。今夜はマッツ・フンメルスが素晴らしかったが、彼ら全体の守備位置が低かった。ホームでは勝たなければならないし、もっとラインを上げてくるだろう。そうなればスペースが生まれ、リバプールの3トップにとってはチャンスになる」<br><br>「それほどリバプールにとって悪い結果だとは思わない。勝ちたい試合ではあったが、(ヴィルヒル)ファン・ダイクなしで(ロベルト)レヴァンドフスキを抑えてクリーンシートなのだから悪くない結果だ」<br><br>古巣の戦いぶりを評価したキャラガー。チームはレジェンドの目論見通り、セカンドレグで望む結果を手に入れることはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

第2戦は攻撃的に?シュート1本のレヴァンドフスキ「CLでは何が起こるかわからない」

バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが、リバプールとのスコアレスドローを振り返った。『BT Sports』が伝えている。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、リバプールと対戦したバイエルン。敵地アンフィールドでのファーストレグでは、ホームチームの猛攻を受けることに。それでも失点を許さず、スコアレスドローで試合を終えた。<br><br>リバプールが攻勢だったこともあり、バイエルンの枠内シュートは1本。今季CLで8ゴールを挙げて得点ランク首位に立つレヴァンドフスキもシュート1本に抑えられた。ポーランド代表FWは試合後、難しい試合だったと認めている。<br><br>「タフな試合だった。だが、得点を奪うチャンスはあっただろう。リバプールは本当に危険なチームだ。90分に渡って、コンパクトに戦わなければならなかった」<br><br>そして、セカンドレグではより攻撃的になるかと問われると、以下のように返答している。<br><br>「たぶんね。CLでは何が起こるか言うことはできないよ。次のラウンドへ進みたいと考えるのならば、ゴールを決める必要がある。ホームでもっと良いプレーができることを願っているよ」<br><br>バイエルン本拠地アリアンツ・アレーナでのセカンドレグは、3月13日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、複数クラブ関心のワン=ビサカ争奪戦に参戦へ

バイエルンが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)を注視しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 パレス下部組織出身のワン=ビサカは2018年2月に行われたトッテナムとのリーグ戦でトップチームデビュー。183cmの恵まれたサイズと高い身体能力に加え、驚異的なスプリント能力を併せ持つ右サイドバックは、ロイ・ホジソン監督の信頼を勝ち得ると、今シーズンはここまで公式戦28試合に出場するなど主力に定着している。 攻撃の場面では崩しのアイデアやクロスの質、守備ではポジショニングなどに粗さがあるものの、推進力のある縦への仕掛けや対人の強さ、タックルの精度はシティの右サイドバックで活躍するイングランド代表DFカイル・ウォーカーを彷彿とさせる。 そんなワン=ビサカに関しては、マンチェスター・シティやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、エバートン、ドルトムントが関心を寄せており、新たにバイエルンも加わったようだ。とはいえ、ワン=ビサカはクラブとの契約を2022年まで残している。今冬の移籍市場ではシティの手を跳ね除けていたことも伝えられており、獲得するには3000万ポンド~4000万ポンド(約43億円~57億円)の移籍金が必要だという。 2019.02.20 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ハメス、復帰を仄めかす「マドリッドには全てが揃っている」

バイエルンでプレーするコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が、レアル・マドリーへの思いを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 レアル・マドリーからのレンタルでバイエルンに加わっているハメス。今シーズン終了まで発動可能な4200万ユーロ(約53億円)の買い取りオプションが付帯されているが、それが行使されるか否かは判然としていない。 というのも、今シーズンからバイエルンを率いるニコ・コバチ監督の下では、ハメスは絶対的な役割を与えられていないからだ。ここまで公式戦の出場は18試合に留まっており、その成績も3ゴール4アシストと芳しくない。バイエルン幹部は、以前から当人が残留を望まなければ買い取りに踏み切らない旨を公言しており、各紙の報道によるとハメスの手に選択が委ねられているのが現状だ。 退団する場合の新天地としては、ユベントス行きの可能性も報じられているが、やはりマドリーへの復帰が有力と見られている。そんな中、渦中のハメスがチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでリバプールと0-0で引き分けた後、以下のように復帰を匂わせた。 「マドリッドには僕の家や愛する人々、全てが揃っている」 「何が起こるか見ていかなければならない。けど、現時点で僕はバイエルン・ミュンヘンと契約している」 「(今は)ただ今シーズンを終えたいと思っている。そして、どうなるか見ていこう」 「僕はレアル・マドリーの何人かの選手たちと連絡を取り合っている」 2019.02.20 13:35 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース