ドイツの伝説的GKカーン氏が来日! GKになったキッカケは「おじいちゃんを失望させたくないから」2018.12.01 15:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ドイツ代表としても活躍し、バイエルンやカールスルーエなどでも活躍したオリバー・カーン氏が来日。11月30日に都内で「Bundesliga Experience Toky 2018」としてメディアブリーフィングに参加した。

▽現役時代には、2002年の日韓ワールドカップで、GKとして初めてワールドカップの最優秀選手賞を受賞し、GKとしての一時代を築いたカーン氏。今回の来日では、明治安田生命J1リーグ最終節の川崎フロンターレvsジュビロ磐田を観戦するなど、精力的な活動を行う。

▽今回のメディアブリーフィングでは、スカパー!のブンデスリーガ実況でもおなじみの西岡明彦さんとトークショーを行い、ブンデスリーガについてや日本人選手について、さらにはGK論などを熱く語った。
(C)CWS Brains,LTD.

──2002年のワールドカップの活躍が記憶に残っていますが、それ以降日本や東京を訪れたことはありますか

「数年前に訪れました。2002年のワールドカップは私も印象的でした。友人やファンの方もいたので、遊びに来ていました」

──日本の印象はいかがですか?

「ミュンヘンに比べると、ここは雪が降っていないのですごく居心地がいいです(笑)。空港に到着した時から日本と言う国は好きだ。何と言っても歓迎されて嬉しい」

──今回の日本滞在で楽しみにしていることは

「ブンデスリーガで20年プレーしていたので、その代表として来日した目的は色々あります。ブンデスリーガ代表という以外でも、『GoalPlay』というものを日本で広めることも楽しみです」
(C)CWS Brains,LTD.

──日本人選手はブンデスリーガで多く活躍しています。現状の人気や日本人選手の活躍はどう見ているか

「ドルトムントの香川選手やフランクフルトの長谷部選手は凄く注目を浴びている。1部リーグでは7人の選手がプレーしているが、日本の育成システムというのも充実しているのを感じているし、クオリティも上がっていると感じている。2部でも数人活躍しているので、そこにも注目している」

──日本人選手が海外に渡るときにブンデスリーガに行くケースが多いが、ブンデスリーガで活躍するために必要な能力は

「ブンデスリーガだけでなくヨーロッパでプレーするにはということだが、日本人とドイツ人はメンタリティが似ている。練習に対しての練習量や努力がしっかりと性格が似ていると思う」

「ただ、メンタリティが似ていても、練習量などを増やすだけではなく、クオリティも必要となる。そのバランスを常に持っていなければいけない」

──30代からベテランまで監督がいて、試合中にシステムが変更されるなど、監督にも魅力があると思うが

「コーチングに関しても、たくさんの種類があり、キャラクターがあるので選手に影響が出ている。ブンデスリーガは選手だけでなく監督の育成にも取り組んでいる。色々な指導の方法があるのも、クオリティに繋がっているだろう」
(C)CWS Brains,LTD.

──GKとして一時代を築いて来ましたが、どういったキッカケでGKになったのか

「元々フィールドプレーヤーだったが、おじいちゃんにGKのユニフォームをプレゼントしてもらった。もらったのは、ゼップ・マイヤーのものだった。それをもらってから、おじいちゃんを失望させたくないということで、そこからGKとしてプレーを続けた」

──現在ではマヌエル・ノイアーやマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンなどドイツは良いGKが多いがその理由はどこにあると思うか

「伝説的なGKが多く生まれてきた理由は、トニー・トゥレク、ゼップ・マイヤー、ハラルト・シューマッハーなどが模範となっていることだ。それを見て、なりたいと思うことがある」

「ドイツ人の性質というものも合っていると思うし、ディシプリンもGKに合っていると思う。だから、ノイアーや若手もレジェンドを見ていることが繋がっていると思う」

──日本にも良いGKが多く出て来たが、ヨーロッパに行くのはMFやFWが多い。子供たちにGKになりたいと思わせるには

「GKになるためには色々な特殊能力が現在は必要となっている。昔と今はGKの感覚が違う。今は色々なスキルが求められている」

「元々、ゴールキーパーと呼ばれていたが、最近はゴールプレーヤーと呼ばれるようになっている。キーパーではなく、11人目のフィールドの選手という意味もある。だから、色々な能力を学ぶ必要があり、ポジションとしては多彩で技術的に難しいポジションだ」

「そして試合を左右するポジションでもある。そのため、メンタリティも鍛える必要があり、育成に力を入れる必要があると思う」

──今回の来日には『GoalPlay』というものも目的としてあると思いますが

「『GoalPlay』は2015年に立ち上げたものだ。当初立ち上げた理由は、ドイツのGKの90%はGKとしてのトレーニングを受けていないことが多かった。そのところを見て、ミッションとしてゴールキーパーではなくゴールプレーヤーを育てるには、トレーナーを育てなくてはいけないというのがあった」

「『GoalPlayAcademy』を立ち上げて、色々なクラブと協力して来た。他国でも色々なことをやっているため、それをグローバル化したいと思っている」

──日本人選手がブンデスリーガでゴールプレーヤーになる可能性はあると思うか

「もちろんそうだ。日本人選手がゴールプレーヤーになる可能性はあるだろう。ただ、特殊なトレーニングをする必要はあると思う」

「技術を含め、特別なトレーニングはスポーツ科学などを利用し、ピンポイントでできることが可能となっている」

「もう1つは若手選手だ。活躍している選手は30前後となるが、今後はもっと若手選手を中心に新しい技術を使った育成をしていかなければいけない」
(C)CWS Brains,LTD.

──カーン氏のこの先のビジョンは

「2008年に引退してからはサッカーに携わっている。『GoalPlay』以外にも色々なものを立ち上げており、それを発展させていきたいと考えている」

「今も藻でレーションをやっている。サッカーの専門家としても活躍していきたい」

──指導者というよりもマネジメントの方で活躍をしたいか

「選手育成も楽しいが、それをメインにするというよりは、アイデアを提供したり、ビジネス思考で携わりたい」

──ブンデスリーガは日本でも人気が高まっている。日本のブンデスリーガファンへメッセージを

「ブンデスリーガは世界基準で見てもレベルが高いので、是非見ていただきたい。戦術やトップのスター選手もたくさんいて、サッカーの魅力もあるので期待してほしい」

「レヴァンドフスキやロッベン、香川などもいる。色々な国からブンデスリーガに来て活躍している選手も多い」

「バイエルンで活躍して来て、長い間バイエルンが強いと言われて来たが、ドルトムントが頑張っている。そこも面白いところではないかと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンの面々はリバプールとの対戦決定に…ドイツ代表DF「アンフィールドが楽しみ」

バイエルンの選手たちはチャンピオンズリーグでリバプールとの対戦が実現したことに喜んでいるのかもしれない。<br><br>チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の抽選会が17日に行われ、対戦カードが決定した。首位通過したバイエルンはリバプールとの対戦が決まり、ビッグマッチが実現。ニコ・コバチ監督は「リバプールは優勝候補だ」としつつ、自信をのぞかせる。<br><br>「しかし、我々はバイエルン・ミュンヘンなんだ。それに彼らは2戦目をミュンヘンで戦わなければならない。我々が突破できることに自信を持っている」<br><br>また、抽選会の前からアンフィールドで戦うことを望んでいたドイツ代表DFニクラス・ジューレはやはり喜びの気持ちが強いようだ。<br><br>「アンフィールドでの試合は難しくなるだろうけど、楽しみだよ。第一戦でいい結果を持ち帰りたい。突破できると信じている。素晴らしいストライカーと対戦できるのは幸せだし、ホッフェンハイムで同僚だった(ロベルト)フィルミーノと再会できるのも嬉しいね」<br><br>同様にセルジュ・ニャブリも「昨季、ホッフェンハイムでアンフィールドに行ったよ。また行けるのは嬉しいし、雰囲気はとても印象的だった」と初戦を楽しみにした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 13:37 Tue
twitterfacebook
thumb

CLベスト16でリバプールとの対戦にノイアーが自信「ゴール前では危険だが脆さもある」

UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でリバプールと対戦することが決まったバイエルンの主将マヌエル・ノイアーは、倒せる可能性が十分にあると自信をのぞかせた。<br><br>今シーズン、ニコ・コバチ監督とともにスタートを切ったバイエルン。ブンデスリーガの序盤では低調な戦いを続け、首位ドルトムントに独走を許しているものの、チャンピオンズリーグでは負けなしの首位でグループリーグ突破を決めた。<br><br>そして、17日に行われたCLベスト16の組み合わせ抽選会で、バイエルンは昨シーズンのファイナリストであるリバプールとの対戦が決定。今シーズン、プレミアリーグで開幕から無敗を続けて首位に立つなど好調を維持するユルゲン・クロップ監督率いるチームとの一戦について、ノイアーはクラブの公式ウェブサイトで恐怖はないと主張した。<br><br>「彼らは非常に良いシーズンを送っていて、昨シーズンにはチャンピオンズリーグのファイナルを戦った。でも、彼らにとってもこの組み合わせは喜べるものではないだろう」<br><br>「彼らは速いカウンターのできるチームで、ゴール前では特に危険だ。一方で彼らは脆さも見せている。彼らはバイエルンの良い攻撃陣を相手にすることになる。アンフィールドとホームのアリアンツアレーナでの2試合は最高のゲームになるだろう」<br><br>また、コヴァチ監督は五分五分の試合になるだろうと予想した。「全員がこの最高の試合を楽しみにしている。最も厳しい対戦相手だ。リバプールは昨シーズン、ファイナルに進出した。今シーズンの彼らはプレミアリーグの首位で、チャンピオンズリーグの優勝候補の1つだ。しかし、我々はバイエルン・ミュンヘンだ。セカンドレグをホームで戦え、チャンスは50-50だ。それでも我々が次のラウンドに進出できると自信を持っている」<br><br>今シーズンがバイエルンでの最後のCLになることが決定的なアリエン・ロッベンもリバプール戦について口を開いた。「素晴らしい試合だ。リバプールは大きく成長したスーパーチームで、彼らにはビッグネームがいる。攻撃陣にはペースと創造性がある。スタジアムの雰囲気も物凄いだろう。このような試合でプレーできることは全ての選手にとっての夢だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 13:26 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月16日は、クラブ・代表が共に低迷…復調に期待かかるディフェンスリーダー

【Profile】 国籍:ドイツ 誕生日:1988/12/16 クラブチーム:バイエルン ポジション:DF 身長:191㎝ 体重:92㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月16日はドイツ代表DFマッツ・フンメルスをご紹介。 ▽バイエルンの下部組織出身のフンメルスは、2006-07シーズンの最終節のマインツ戦でトップチームデビュー。しかし、それ以上の出場機会には恵まれず2008年1月にドルトムントにレンタル移籍すると、19歳ながらレギュラーに定着し、2009年2月には完全移籍でドルトムント入りした。 ▽在籍3年目となった10-11シーズンには日本代表MF香川真司らとともに01-02シーズン以来となるブンデスリーガ制覇。さらに翌シーズンには連覇を達成するなど、ドルトムントの黄金時代を築いた。その後もドルトムントの守備の要として在籍9年間で公式戦309試合に出場したフンメルスだが、2016年にバイエルン復帰。その前にドルトムントの絶対的エースだったロベルト・レバンドフスキやマリオ・ゲッツェが次々と“禁断の移籍”をしていたことから、フンメルスにも少なからず白い目が向けられた。それでもバイエルン加入以降もブンデスリーガ連覇を達成している。 ▽クラブでのこれだけの実績に加えて、ドイツ代表でも2014年のブラジル・ワールドカップで優勝を成し遂げているフンメルス。しかし、今シーズンクラブはブンデスリーガで現在首位・ドルトムントに勝ち点9差をつけられて3位と不調で、ドイツ代表もロシア・ワールドカップでの屈辱から調子が上がらずUEFAネーションズリーグではリーグBに降格した。両チームが苦しい状況の中、ここからの復活に期待がかかる。 ※誕生日が同じ主な著名人 松山千春(歌手) ガダルカナル・タカ(お笑い芸人) 細川茂樹(俳優) ナヲ(ミュージシャン/マキシマムザホルモン) 辺見えみり(タレント) 向井慧(お笑い芸人/パンサー) 桐谷美玲(女優) 長澤和輝(サッカー選手/浦和レッズ) 村松大輔(サッカー選手/ギラヴァンツ北九州) 2018.12.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンが原口と浅野先発のハノーファーに4発快勝! 原口は後半から右SBでプレー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、ハノーファーvsバイエルンが15日に行われ、0-4でバイエルンが快勝した。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は62分までプレーしている。 ▽前節ニュルンベルク戦を3-0と快勝し、3位に浮上したバイエルン(勝ち点27)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのアヤックス戦を壮絶な打ち合いの末に3-3と引き分け、何とか首位通過を果たした。消耗する試合を戦った中、アヤックス戦のスタメンから3選手を変更。リベリ、J・ボアテング、ラフィーニャに代えてコマン、チアゴ、フンメルスを起用した。 ▽対する17位ハノーファー(勝ち点10)は前節マインツ戦で原口と浅野が共に先発した中、終盤のPK被弾で引き分けに持ち込まれてしまった。そのハノーファーは原口と浅野が引き続き先発となった。 ▽前節同様、原口が[3-5-2]の右ウイングバックで、浅野が右インサイドMFで先発となったハノーファーに対し、バイエルンは開始2分に先制する。クリアの浮いたルーズボールをペナルティアーク右のキミッヒがボレー。これがゴール左に決まった。 ▽その後も圧倒するバイエルンは20分にゴレツカのパスを受けたボックス中央のミュラーが決定的なシュートに持ち込めば、27分にはカウンターに転じたゴレツカがドリブルで持ち上がってボックス右まで進入。枠の左上を捉えるシュートを放ったが、GKにセーブされた。 ▽それでも29分、バイエルンが加点する。CKの流れからペナルティアーク中央のアラバがハーフボレーで完璧にミートすると、強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽防戦一方のハノーファーは44分、原口が右サイドで仕掛けてクロスを上げると、ファーサイドのヴァイダントがヘッド。しかし、枠の左に外れ、前半を2点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からDFのフェリペに代えてマイナを左サイドハーフに投入したハノーファーは、4バックに変更。原口は右サイドバック、浅野は右サイドハーフでのプレーとなった。 ▽しかし53分、ボックス右で仕掛けたニャブリがシュートをねじ込んでバイエルンが決定的な3点目を奪いきった。 ▽さらに62分、右サイドゴールライン際からのキミッヒのクロスをレヴァンドフスキがヘッドで押し込み4-0。終盤にかけてはギアを落としたバイエルンがそのまま試合を終わらせて快勝し、リーグ戦3連勝とした。 2018.12.16 01:26 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ関心の“神童”ハフェルツ、バイエルン行きを希望か

▽レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)が、バイエルンでのプレーを希望しているようだ。ドイツ『ビルト』を引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ▽レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビュー。トップ下を主戦場とし“エジル2世”とも呼ばれるドイツ期待の新星は、今シーズンもここまで公式戦20試合で7ゴール6アシストと攻撃を牽引している。 ▽報道によると、各方面から熱視線を注がれているハフェルツに関して、バルセロナは特に大きく関心を寄せているクラブの1つだ。しかし、同選手がバイエルンでプレーすることを望んでいるという情報がもたらされ、バルセロナは手を引くことを決めたという。 ▽なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、ハフェルツは市場価格5500万ユーロ(約70億5000万円)と評価されている。 2018.12.15 19:32 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース