コマンとチアゴがブレーメン戦で復帰へ、フンメルスは胃腸炎で引き続き欠場2018.12.01 03:19 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンとスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの両選手が1日に行われるブンデスリーガ第13節ブレーメン戦で復帰するようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

▽コマンは8月24日に行われたブンデスリーガ開幕戦のホッフェンハイム戦で左足首の上部脛腓じん帯を負傷し、長期離脱を強いられていた。

▽また、チアゴは10月30日に行われたDFBポカール2回戦のレーディングハウゼン戦で負傷。右足首の外側側副じん帯を痛めていた。共にフルトレーニングに合流しており、ブレーメン戦の遠征メンバーに入った模様だ。

▽一方で直近のベンフィカ戦を欠場していたドイツ代表DFマッツ・フンメルスは胃腸炎の影響でブレーメン戦を欠場するとのことだ。

▽現在、バイエルンはブンデスリーガで2試合勝利がなく5位に沈み、首位ドルトムントとは9ポイント差を付けられている。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、バイエルン獲得熱望の逸材FWハドソン=オドイに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を同『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシー下部組織出身のハドソン=オドイは左ウイングや2列目を主戦場とするイングランド期待の逸材アタッカー。抜群のスピートと緩急自在の仕掛けに加え、精度の高い右足のキック、攻撃センスを兼ね備えている。 その逸材を巡って今冬の移籍市場では、バイエルンが3500万ポンド(約50億円)での獲得を目指していた。ハドソン=オドイ自身もトランスファーリクエストを提出したことがイギリス『スカイ・スポーツ』でも報じられていたが、チェルシーが最後まで放出を固辞し、実現しなかった。 それでもバイエルンは諦めておらず、今夏にも再びハドソン=オドイの獲得に動くようだ。しかし、今回伝えられるところによると、PSGも獲得に興味を示している模様。バイエルンに匹敵するオファーも準備できているという。 一方、チェルシーは依然として慰留に努めている。しかし、チェルシーのコーチであるジャンフランコ・ゾラ氏は、「ハドソン=オドイと同世代で同じくらいヨーロッパでプレーしている選手は多くない」と発言しながらも、出場機会の少なさから新契約を締結する見込みが薄まっていることを示唆しているようだ。 チェルシーとの現行契約が2020年6月までとなっているハドソン=オドイだが、今夏にクラブを離れる事になるのだろうか。 2019.02.21 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

クロップとコバチが試合後に口論? 交わしていた言葉とは…

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、試合終了直後のバイエルン指揮官とのやり取りを明かしている。イギリス『メトロ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンを本拠地アンフィールドに迎え、0-0で引き分けた。アウェイゴールこそ与えなかったものの勝ち切ることも出来ず。勝負の行方を3月13日の2ndレグ、敵地での一戦に委ねることとなった。 共に勝利を目指したその熱戦の後、クロップ監督とバイエルンのニコ・コバチ監督がヒートアップ。クロップ監督がコバチ監督に対して“何か”を捲し立てつつ、最終的には手を取ったものの一度握手を拒否したかの様に見える場面が捉えられており、怒りをぶつけているのではないかとの憶測が飛び交っていた。 試合後、そのシーンについて尋ねられたクロップ監督は、以下のように説明している。 「彼が来た時、私は『待っていた』と言ったんだ。でも、彼が謝罪して、私も『問題ない』と伝えたよ」 「あれは純粋な誤解だ。山の前の牛の様に私はあそこに立っていたよ」 そして、コバチ監督もクロップ監督とのやり取りに言及。誤解があったと語った。 「イングランドでは最後の笛の後に握手をするのが一般的だ。だが、最初に彼ではなくベンチに向かってしまった」 「彼はイングランドでは(ドイツと)違うことを分かっていた。だが、それ(ドイツの習慣との誤解を察しなかったこと)は悪いことでもないし、私は謝ったよ」 2019.02.20 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

キャラガーがホームでのスコアレスに「悪くない」と語る理由…リバプールが突破できる根拠は?

リバプールとバイエルンの一戦について、解説者のジェイミー・キャラガーが持論を展開している。<br><br>チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、リバプールとバイエルンが激突。アンフィールドで行われた一戦はスコアレスドローに終わり、リバプールにとっては悔しい試合となったが、OBのキャラガーの意見は異なるようだ。ノルウェーの放送局でこのようにコメントしている。<br><br>「おそらくバイエルンはいい結果を手にしたと思っているだろう。確かにそうだ。リバプールのアウェーでの記録は良くはない。しかし、スコアレスドローは引き分けの中では最もいい。アウェイゴールを許さなかったのだからね」<br><br>さらに続けて、リバプールがベスト8へと勝ち進むことができると太鼓判を押した。<br><br>「リバプールは敵地でもゴールを奪えるだろう。今夜はマッツ・フンメルスが素晴らしかったが、彼ら全体の守備位置が低かった。ホームでは勝たなければならないし、もっとラインを上げてくるだろう。そうなればスペースが生まれ、リバプールの3トップにとってはチャンスになる」<br><br>「それほどリバプールにとって悪い結果だとは思わない。勝ちたい試合ではあったが、(ヴィルヒル)ファン・ダイクなしで(ロベルト)レヴァンドフスキを抑えてクリーンシートなのだから悪くない結果だ」<br><br>古巣の戦いぶりを評価したキャラガー。チームはレジェンドの目論見通り、セカンドレグで望む結果を手に入れることはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

第2戦は攻撃的に?シュート1本のレヴァンドフスキ「CLでは何が起こるかわからない」

バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが、リバプールとのスコアレスドローを振り返った。『BT Sports』が伝えている。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、リバプールと対戦したバイエルン。敵地アンフィールドでのファーストレグでは、ホームチームの猛攻を受けることに。それでも失点を許さず、スコアレスドローで試合を終えた。<br><br>リバプールが攻勢だったこともあり、バイエルンの枠内シュートは1本。今季CLで8ゴールを挙げて得点ランク首位に立つレヴァンドフスキもシュート1本に抑えられた。ポーランド代表FWは試合後、難しい試合だったと認めている。<br><br>「タフな試合だった。だが、得点を奪うチャンスはあっただろう。リバプールは本当に危険なチームだ。90分に渡って、コンパクトに戦わなければならなかった」<br><br>そして、セカンドレグではより攻撃的になるかと問われると、以下のように返答している。<br><br>「たぶんね。CLでは何が起こるか言うことはできないよ。次のラウンドへ進みたいと考えるのならば、ゴールを決める必要がある。ホームでもっと良いプレーができることを願っているよ」<br><br>バイエルン本拠地アリアンツ・アレーナでのセカンドレグは、3月13日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、複数クラブ関心のワン=ビサカ争奪戦に参戦へ

バイエルンが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)を注視しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 パレス下部組織出身のワン=ビサカは2018年2月に行われたトッテナムとのリーグ戦でトップチームデビュー。183cmの恵まれたサイズと高い身体能力に加え、驚異的なスプリント能力を併せ持つ右サイドバックは、ロイ・ホジソン監督の信頼を勝ち得ると、今シーズンはここまで公式戦28試合に出場するなど主力に定着している。 攻撃の場面では崩しのアイデアやクロスの質、守備ではポジショニングなどに粗さがあるものの、推進力のある縦への仕掛けや対人の強さ、タックルの精度はシティの右サイドバックで活躍するイングランド代表DFカイル・ウォーカーを彷彿とさせる。 そんなワン=ビサカに関しては、マンチェスター・シティやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、エバートン、ドルトムントが関心を寄せており、新たにバイエルンも加わったようだ。とはいえ、ワン=ビサカはクラブとの契約を2022年まで残している。今冬の移籍市場ではシティの手を跳ね除けていたことも伝えられており、獲得するには3000万ポンド~4000万ポンド(約43億円~57億円)の移籍金が必要だという。 2019.02.20 15:37 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース