コマンとチアゴがブレーメン戦で復帰へ、フンメルスは胃腸炎で引き続き欠場2018.12.01 03:19 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンとスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの両選手が1日に行われるブンデスリーガ第13節ブレーメン戦で復帰するようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

▽コマンは8月24日に行われたブンデスリーガ開幕戦のホッフェンハイム戦で左足首の上部脛腓じん帯を負傷し、長期離脱を強いられていた。

▽また、チアゴは10月30日に行われたDFBポカール2回戦のレーディングハウゼン戦で負傷。右足首の外側側副じん帯を痛めていた。共にフルトレーニングに合流しており、ブレーメン戦の遠征メンバーに入った模様だ。

▽一方で直近のベンフィカ戦を欠場していたドイツ代表DFマッツ・フンメルスは胃腸炎の影響でブレーメン戦を欠場するとのことだ。

▽現在、バイエルンはブンデスリーガで2試合勝利がなく5位に沈み、首位ドルトムントとは9ポイント差を付けられている。
コメント
関連ニュース
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月16日は、クラブ・代表が共に低迷…復調に期待かかるディフェンスリーダー

【Profile】 国籍:ドイツ 誕生日:1988/12/16 クラブチーム:バイエルン ポジション:DF 身長:191㎝ 体重:92㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月16日はドイツ代表DFマッツ・フンメルスをご紹介。 ▽バイエルンの下部組織出身のフンメルスは、2006-07シーズンの最終節のマインツ戦でトップチームデビュー。しかし、それ以上の出場機会には恵まれず2008年1月にドルトムントにレンタル移籍すると、19歳ながらレギュラーに定着し、2009年2月には完全移籍でドルトムント入りした。 ▽在籍3年目となった10-11シーズンには日本代表MF香川真司らとともに01-02シーズン以来となるブンデスリーガ制覇。さらに翌シーズンには連覇を達成するなど、ドルトムントの黄金時代を築いた。その後もドルトムントの守備の要として在籍9年間で公式戦309試合に出場したフンメルスだが、2016年にバイエルン復帰。その前にドルトムントの絶対的エースだったロベルト・レバンドフスキやマリオ・ゲッツェが次々と“禁断の移籍”をしていたことから、フンメルスにも少なからず白い目が向けられた。それでもバイエルン加入以降もブンデスリーガ連覇を達成している。 ▽クラブでのこれだけの実績に加えて、ドイツ代表でも2014年のブラジル・ワールドカップで優勝を成し遂げているフンメルス。しかし、今シーズンクラブはブンデスリーガで現在首位・ドルトムントに勝ち点9差をつけられて3位と不調で、ドイツ代表もロシア・ワールドカップでの屈辱から調子が上がらずUEFAネーションズリーグではリーグBに降格した。両チームが苦しい状況の中、ここからの復活に期待がかかる。 ※誕生日が同じ主な著名人 松山千春(歌手) ガダルカナル・タカ(お笑い芸人) 細川茂樹(俳優) ナヲ(ミュージシャン/マキシマムザホルモン) 辺見えみり(タレント) 向井慧(お笑い芸人/パンサー) 桐谷美玲(女優) 長澤和輝(サッカー選手/浦和レッズ) 村松大輔(サッカー選手/ギラヴァンツ北九州) 2018.12.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンが原口と浅野先発のハノーファーに4発快勝! 原口は後半から右SBでプレー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、ハノーファーvsバイエルンが15日に行われ、0-4でバイエルンが快勝した。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は62分までプレーしている。 ▽前節ニュルンベルク戦を3-0と快勝し、3位に浮上したバイエルン(勝ち点27)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのアヤックス戦を壮絶な打ち合いの末に3-3と引き分け、何とか首位通過を果たした。消耗する試合を戦った中、アヤックス戦のスタメンから3選手を変更。リベリ、J・ボアテング、ラフィーニャに代えてコマン、チアゴ、フンメルスを起用した。 ▽対する17位ハノーファー(勝ち点10)は前節マインツ戦で原口と浅野が共に先発した中、終盤のPK被弾で引き分けに持ち込まれてしまった。そのハノーファーは原口と浅野が引き続き先発となった。 ▽前節同様、原口が[3-5-2]の右ウイングバックで、浅野が右インサイドMFで先発となったハノーファーに対し、バイエルンは開始2分に先制する。クリアの浮いたルーズボールをペナルティアーク右のキミッヒがボレー。これがゴール左に決まった。 ▽その後も圧倒するバイエルンは20分にゴレツカのパスを受けたボックス中央のミュラーが決定的なシュートに持ち込めば、27分にはカウンターに転じたゴレツカがドリブルで持ち上がってボックス右まで進入。枠の左上を捉えるシュートを放ったが、GKにセーブされた。 ▽それでも29分、バイエルンが加点する。CKの流れからペナルティアーク中央のアラバがハーフボレーで完璧にミートすると、強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽防戦一方のハノーファーは44分、原口が右サイドで仕掛けてクロスを上げると、ファーサイドのヴァイダントがヘッド。しかし、枠の左に外れ、前半を2点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からDFのフェリペに代えてマイナを左サイドハーフに投入したハノーファーは、4バックに変更。原口は右サイドバック、浅野は右サイドハーフでのプレーとなった。 ▽しかし53分、ボックス右で仕掛けたニャブリがシュートをねじ込んでバイエルンが決定的な3点目を奪いきった。 ▽さらに62分、右サイドゴールライン際からのキミッヒのクロスをレヴァンドフスキがヘッドで押し込み4-0。終盤にかけてはギアを落としたバイエルンがそのまま試合を終わらせて快勝し、リーグ戦3連勝とした。 2018.12.16 01:26 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ関心の“神童”ハフェルツ、バイエルン行きを希望か

▽レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)が、バイエルンでのプレーを希望しているようだ。ドイツ『ビルト』を引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ▽レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビュー。トップ下を主戦場とし“エジル2世”とも呼ばれるドイツ期待の新星は、今シーズンもここまで公式戦20試合で7ゴール6アシストと攻撃を牽引している。 ▽報道によると、各方面から熱視線を注がれているハフェルツに関して、バルセロナは特に大きく関心を寄せているクラブの1つだ。しかし、同選手がバイエルンでプレーすることを望んでいるという情報がもたらされ、バルセロナは手を引くことを決めたという。 ▽なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、ハフェルツは市場価格5500万ユーロ(約70億5000万円)と評価されている。 2018.12.15 19:32 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンに痛手…ロッベンが大腿部に痛みで年内離脱

▽バイエルンは14日、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)の復帰が来年になることを伝えている。 ▽クラブによると、ロッベンは大腿部に痛みを抱えているとのこと。来年1月4日からカタールで行われるトレーニングキャンプには合流できる見込みのようだ。 ▽バイエルンを率いるニコ・コバチ監督は、今月15日に行われるブンデスリーガ第15節ハノーファー戦の前日会見でロッベンの離脱について以下のように語っている。 「彼がシーズン前半中に再び試合に出られる可能性はなさそうだ。またどこか痛めてしまうリスクが大きすぎる」 ▽ロッベンはバイエルン在籍10シーズン目を迎えた。今シーズンは公式戦15試合5ゴール2アシストを記録している。 2018.12.15 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLグループE総括】ヤング・アヤックス大健闘でバイエルン一強にくさび

▽バイエルン一強の予想をアヤックスが覆して見せた。ベンフィカとの2位争いをするかに思われたアヤックスだが、1試合を残して13大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たし、バイエルンと堂々の首位争いを展開した。AEKアテネは予想通り、全敗で大会を後にしている。 ■グループE順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.バイエルン[14/4/2/0/10] 2.アヤックス[12/3/3/0/6] 3.ベンフィカ[7/2/1/3/-5] 4.AEKアテネ[0/0/0/6/-11] ◆エースがコンスタントにゴール~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アヤックスの健闘もあって一強の展開にはならなかったが、ドイツ王者がしっかりと首位通過を果たした。エースFWのレヴァンドフスキがコンスタントにゴールを重ね、ベテランのロッベンも健在だった。ブンデスリーガでは苦戦しているものの、ベンフィカとAEKアテネには貫禄の全勝で、1試合を残してグループステージ突破を決めた。そして、アヤックスとの首位通過を懸けた最終節では壮絶な3-3の打ち合いを演じ、何とか首位の座を死守した。 ◆若きチームが躍動~アヤックス~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽4季ぶりのCLを戦ったヤング・アヤックスが13大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。ビッグクラブ注目のDFデ・リフトやMFデ・ヨング、MFファン・デ・ベークといった若きオランダ代表選手たちがCLの舞台でも実力を存分に発揮し、アヤックスを高みに導いた。FWタディッチやDFブリント、DFタグリアフィコといった中堅選手の獲得もチーム力を上げる要因に。そして、突破を争うライバルと見られたベンフィカ相手に1勝1分けと勝ち越し、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めて見せた。 ◆アヤックスに及ばず~ベンフィカ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14季連続のCL本戦出場で、アヤックスを経験値で大きく上回っていたベンフィカだったが、バイエルンは当然ながらヤング・アヤックスにも及ばなかった。ポルトガル代表勢のMFピッツィやMFジェドソソン・フェルナンデスらが思ったほど躍動せず、AEKアテネに辛勝で2勝するのが精いっぱいな状況だった。 ◆ギリシャ王者は草刈り場に~AEKアテネ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにギリシャ王者となって12年ぶりのCL本戦を戦ったAEKアテネだったが、予想通りほか3クラブの草刈り場となった。ベンフィカとは良い勝負を演じたものの、バイエルン、アヤックスとは力の差をまざまざと見せつけられ、厳しい戦いとなった。 2018.12.14 11:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース