リバプールがPSG戦に向けた招集メンバー発表! 体調不良で欠場の可能性があったマネもメンバー入り《CL》2018.11.28 01:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは27日、明日行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第5節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けた招集メンバー21名を発表した。▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、FWモハメド・サラーやFWロベルト・フィルミノ、MFナビ・ケイタ、GKアリソンら主力を選出。また、体調不良により欠場が危ぶまれていたFWサディオ・マネも招集メンバー入りを果たした。

▽リバプールは現在、グループCで首位に立っており、PSG戦に勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる状況となっている。リバプールの招集メンバーは以下の通り。

◆リバプール招集メンバー 21名
GK
アリソン・ベッカー
シモン・ミニョレ
カオイムヒン・ケレハー

DF
ヴィルヒル・ファン・ダイク
デヤン・ロブレン
ジョー・ゴメス
アルベルト・モレーノ
アンドリュー・ロバートソン
ジョエル・マティプ
トレント・アレクサンデル=アーノルド

MF
ファビーニョ
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
ジェームズ・ミルナー
ナビ・ケイタ
ジョーダン・ヘンダーソン
ラファエウ・カマーチョ

FW
ロベルト・フィルミノ
サディオ・マネ
モハメド・サラー
ダニエル・スタリッジ
ジェルダン・シャキリ
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ、サラーに62億円? +ディバラも!

イギリス『デイリー・メール』がイタリア『トゥットスポルト』の情報として、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)を巡るユベントスの動きを報じた。 イタリアの絶対的王者に君臨するユベントスは本格的にサラーを追跡。リバプールに対して、移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)+アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)のオファーで獲得を打診したという。 サラーは2017年夏にローマからリバプールに加入して以来、得点能力が開眼。公式戦44得点のデビューイヤーに続き、今シーズンもここまで20得点(34試合)とリバプールの攻撃陣を牽引している。 そのサラーは昨年7月に5年間の新契約にサインしたが、解除条項は未設定。一方のディバラはここまで公式戦7得点を記録しているが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの登場により、エースの座を失っている。 2019.02.15 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

N・ケイタ&マネがヴェルナーをリバプールに勧誘

リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタとセネガル代表FWサディオ・マネが、移籍が囁かれるライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)を勧誘している。『ESPN』が伝えている。 ライプツィヒ加入した2016-17シーズンにブンデスリーガで21得点を記録したヴェルナーは、今シーズンもここまでリーグ戦20試合で11得点を記録するなど、3シーズン連続で二桁得点をマーク。クラブとの契約が2020年までとなっているドイツ代表FWに対しては、バイエルンやリバプールなどからの関心が報じられている。 当人も「イングランド勢ではマンチェスター・ユナイテッドとリバプールがよく観るチームだ」、「タイトルを勝ち取るようなチームでプレーしたい」と語るなかで、ナビ・ケイタとマネがドイツ『Sport Bild』の取材で、ヴェルナーがリバプールに移籍すべきだと述べている。 2016年から2018年にかけてライプツィヒでともにプレーしていたナビ・ケイタは「僕たちは最高の関係を築けていた。彼は僕の最高の仲間の1人だったよ」とコメントし「彼が移籍するのであればリバプールをオススメするよ」とかつての同僚を口説いた。 また、ナビ・ケイタに同調するようにマネも「僕もリバプールに来るように説得したい。彼のプレースタイルが好きなんだ。とても力強く、素晴らしいフィニッシャーだ。大歓迎さ」と賛辞と共に、こちらも誘いの言葉を投げた。 2019.02.14 15:28 Thu
twitterfacebook
thumb

FA、ハマーズ戦で審判団批判のクロップ監督を処分!

イングランドサッカー協会(FA)は13日、先日のウェストハム戦後に審判団の判定に対して批判的なコメントを行ったリバプールのユルゲン・クロップ監督に処分を科すことを発表した。 クロップ監督が率いるリバプールは、今月4日のプレミアリーグ第25節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。試合の中で22分にFWサディオ・マネが先制点を記録した場面ではMFジェームズ・ミルナーに明らかなオフサイドがあったとして、物議を醸した一戦となった。 しかし、試合後にクロップ監督は逆にケビン・フレンド主審を含む審判団を批判。「五分五分の状態では常に相手のFKになった」、「審判がハーフタイムにオフサイドに気付いてから、奇妙なシチュエーションを見ることになった」などと語り、むしろリバプールに不利な判定があったことを主張していた。 なお、FAはクロップ監督に対する今回の処分に関して以下のような声明を発表している。 「今回の処分に関しては彼(クロップ)が2019年2月4日に行われたリバプールとウェストハムのリーグ戦後のインタビューで発したコメントに対するものであり、FA規則のE3(1)の『マッチレフェリーに対する健全性を疑う行為および暗黙のバイアスを疑う』という違反に該当する」 なお、クロップ監督には2月18日夕方まで異議申し立てを行う権利が与えられるが、仮に処分が確定した場合は罰金あるいはベンチ入り禁止処分が科される見込みだ。 2019.02.14 03:42 Thu
twitterfacebook
thumb

マネ、ユナイテッドのCL敗戦に思わずニヤリ

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは、ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)に敗れたことが嬉しかったようだ。 ユナイテッドは12日、CL・ラウンド16でPSGと対戦し0-2で敗れた。オーレ・グンナー・スールシャール監督が就任して以降、公式戦12戦目にして初黒星を喫した。 この試合を自宅で見ていたマネは、スコアが0-2となった瞬間にユナイテッドの負けを確信したのか、自身のインスタグラムのストーリーに、試合映像を「Hummm」の文字付きで投稿。ハミングが漏れてしまうほど嬉しかったようだ。さらに、続けて自分がチームメイトと楽しそうに談笑している写真も上げて、その喜びをアピールした。 リバプールは24日にプレミアリーグ第27節でユナイテッドとの対戦が控えているため、好調のまま来られることを避けたかったのだろう。だが、ユナイテッドはその前にチェルシーとのFAカップ5回戦があるため、そこでもう一度調子を上げてくるかもしれない。 2019.02.13 17:23 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、フリーでスタリッジ獲得へ

トッテナムが、リバプールに所属する元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)の獲得を検討しているようだ。イギリス『ミラー』の情報をもとに同『HITC』が伝えている。 マンチェスター・シティ下部組織出身のスタリッジは2006年にトップチーム昇格を果たすと、2009年にチェルシーへ移籍。その後、ボルトンへの期限付き移籍を経て2013年初めにリバプールへ加入した。 加入初年度はシーズン途中ながらプレミアリーグ14試合で10ゴール5アシストを記録。翌シーズンもリーグ戦29試合で22ゴール9アシストをマークし、目覚ましい活躍を見せたが、近年はFWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノ、FWモハメド・サラーの間に割って入ることが出来ず。今シーズンもリーグ戦13試合で2得点に留まっている。 そんなスタリッジとリバプールの現行契約は今シーズンまで。来夏にはフリーでの獲得が可能になることから、イングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーを探しているトットナムが関心を抱いているという。また、スタリッジの週給は12万ポンド(約1700万円)と高額だが、ホーム・グロウンプレイヤーを増やすことができる点が有利に働くと指摘されている。 一方で、これまでケインのバックアッパーを務めてきた元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテは、今シーズン限りでの退団が濃厚なようだ。 2019.02.13 15:25 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース