リバプールがスローイン専門コーチと契約延長!2018.11.23 11:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』は22日、リバプールがスローインの専門コーチと新契約を締結したと報じた。新契約は2019年6月30日までとなる。

▽そのコーチとは、デンマーク人のトーマス・グロネマーク氏だ。同氏は飛距離51.33mのスローイン世界最長記録保持者。ミッティランやACホーセンス、ブンデスリーガで指導歴を持ち、今夏にリバプールと6カ月の短期契約を結び、スローインコーチとしてスタッフ陣に入閣した。

▽『BBC』によれば、同氏の指導を受けたイングランド代表DFジョー・ゴメスはスローインのスキルが飛躍的に向上。相手にとって、より危険なエリアにボールをスローできるようスキルを身につけたという。

▽グロネマーク氏は「契約延長の書類は私の仕事に満足していることの表れであり、選手と成し遂げてきた成果を実感している証明でもある。シーズン終了時に我々の努力が報われることを願う」とコメントしている。

▽リバプールは現在、プレミアリーグ9勝3分無敗の2位。24日に再開する第13節でワトフォードとアウェイで対戦する。流れの中でゴールに迫るシーンはもちろんだが、スローインから始まるプレーにも注目したい。
コメント
関連ニュース
thumb

慶南FCが“アンリ2世”とも呼ばれたオランダ人FWカスタイニョスを獲得…ACLでは鹿島と同組

Kリーグ1の慶南FCは20日、スポルティング・リスボンからオランダ人FWルク・カスタイニョス(26)をフリートランスファーで獲得した。スポルティングは、19日に契約解除を発表していた。 カスタイニョスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2009年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にはインテルへと移籍した。 2012年7月にはトゥベンテへと移籍すると、2015年7月にはフランクフルトに加入。2016年8月にスポルティングへ完全移籍すると、2017年8月からはフィテッセにレンタル移籍。2018年1月に復帰していた。 フェイエノールトでは公式戦通算42試合に出場し15ゴールを記録。インテルでは8試合1ゴールと結果を残せなかったが、トゥベンテでは114試合で42ゴール11アシストを記録した。フランクフルトでは1シーズンで22試合に出場し5ゴール3アシスト。スポルティングでは17試合に出場しゴールはなかった。エールディビジでは通算159試合54ゴール11アシストを記録している。 世代別のオランダ代表にも選出され、16歳のときにU-17欧州選手権で得点王に。2009年のU-17ワールドカップにも出場。 2010年には、ソン・フンミンやネイマール、ロメル・ルカクらとともに、IFA公式サイトの10代の有望選手23人の中の1人として名を連ねていた。また、“アンリ2世”とも呼ばれていたが、本人が拒否していた。 慶南FCは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。グループEに入り、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、鹿島アントラーズ(日本)、山東魯能(中国)と同居している。 2019.02.20 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ハムシク加入の大連一方がレバンテからガーナ代表FWボアテングを獲得

中国スーパーリーグの大連一方は20日、レバンテのガーナ代表FWエマヌエル・ボアテング(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ガーナでキャリアをスタートさせたE・ボアテングは、ポルトガルのリオ・アヴェや モレイレンセでのプレーを経て、2017年8月にレバンテへ加入。トップを主戦場にウイングやオフェンシブMFもこなせる万能型のストライカーは、昨季は公式戦32試合に出場し7ゴール1アシストをマーク。今季もここまでリーガエスパニョーラ16試合に出場していた。 また、代表キャリアにおいては2018年5月にA代表デビューを飾ると、デビュー戦となった日本代表戦で初ゴールを記録した。 『レキップ』によれば、E・ボアテングの移籍金として大連一方は1100万ユーロ(13億7000万円)+ボーナスを支払い、E・ボアテングとは年俸300万ユーロ(約3億7000万円)の3年契約を結ぶとのことだ。 大連一方は、昨シーズンまで全北現代を率いていたチェ・ガンヒ監督が新監督に就任。ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコやアルゼンチン代表FWニコラス・ガイタンが所属。また、先日ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)も加入していた。 2019.02.20 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

広州恒大がエバートンの元U-21イングランド代表DFブラウニングを獲得…韓国代表DF獲得も同時に発表

中国スーパーリーグの広州恒大は20日、エバートンから元U-21イングランド代表DFティアス・ブラウニング(24)の加入を発表した。 ブラウニングは、エバートンの下部組織出身で、2014年1月にウィガンへとレンタル移籍。2014年7月にトップチームへと昇格した。 2014年9月には、リバプールとのマージーサイド・ダービーでトップチームデビュー。しかし、その後もプレストンやサンダーランドへのレンタル移籍を経験し、エバートンでは公式戦9試合の出場にとどまり、主にU-23チームでプレーしていた。 また、同日には慶南FCから韓国代表DFパク・ジス(24)を獲得したことも発表している。 広州恒大は、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。グループFに入り、大邸FC(韓国)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、サンフレッチェ広島(日本)と同居している。 2019.02.20 22:18 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、ラッサナ・ディアッラとの契約を解除

パリ・サンジェルマンは19日、元フランス代表MFラッサナ・ディアッラ(33)との契約を解除したことを発表した。 ル・アブールの下部組織出身のL・ディアッラは、2004年にプロデビュー。その後、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーなどビッグクラブを渡り歩くと、2012年9月にアンジ・マハチカラ、翌年からはロコモティフ・モスクワでプレー。 2014年8月にロコモティフ・モスクワを退団しフリーになると、2015年7月にマルセイユへ加入。その後、2017年2月に退団し再びフリーとなると、7月にアル・ジャジーラへ加入。2017年12月に退団後、昨年1月に2019年6月30日までの1年半契約でPSGに加入していた。 そのPSGでは公式戦19試合に出場。しかし、今季はリーグ・アン3試合の出場に留まっていた。 2019.02.20 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、大型FWチェッリのカリアリへの完全移籍を発表

ユベントスは19日、イタリア人FWアルベルト・チェッリ(22)がカリアリに完全移籍したことを発表した。移籍金は900万ユーロ(約11億3000万円)とのことだ。 194cmの大型ストライカーであるチェッリは、2015年夏にパルマからユベントスに移籍。しかし、ユベントスでの出場記録はなく、これまでカリアリやSPAL、ペスカーラ、ペルージャにレンタル移籍し、今季カリアリへ買い取り義務付きのレンタルで加入していた。 今季はセリエAで8試合に出場してノーゴール、コッパ・イタリアで2試合に出場して1ゴールを決めている。 2019.02.20 02:19 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース