リバプールが“MSF”完全制覇! サディオ・マネとも延長合意2018.11.23 08:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは23日、セネガル代表FWサディオ・マネ(26)の長期契約締結を発表した。イギリス『BBC』によれば、新たな契約期間は2023年までとなる。

▽代表としても58試合15得点を誇るサディオ・マネは2016年夏、移籍金3400万ポンドでサウサンプトンから加入。在籍3シーズンで公式戦通算89試合40得点18アシストの成績を収め、今シーズンもここまで16試合7得点1アシストをマークしている。

▽ブラジル代表FWロベルト・フィルミノやエジプト代表FWモハメド・サラーと共に魅惑の攻撃ユニットとして高い存在感を誇り、今シーズンから背番号「10」に変更したサディオ・マネ。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「リバプールでの時間を伸ばすことができてすごく幸せだ。僕にとって、今日は素晴らしい日。チームを助け、クラブが夢を成就できるよう助けたい。特に、トロフィーを獲得することが楽しみだよ」

▽これにより、リバプールはフィルミノ、サラー、サディオ・マネという攻撃の重要なピースとそれぞれ長期契約に至ったことに。今後もリバプールが誇る前線3枚の活躍に期待がかかる。
コメント
関連ニュース
thumb

ビッグクラブ注目のニコラ・ペペの新天地はCL出場可能な“赤い”チーム?

今夏のビッグクラブ移籍が決定的なリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の新天地はチャンピオンズリーグ(CL)出場可能な“赤い”チームになるのかもしれない。フランス『SO FOOT』が伝えている。 昨季、残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは今季センターフォワードから本職の右ウイングに固定されると、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦25試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録。 より推進力に長けたストライカーながらレンヌ時代のMFウスマーヌ・デンベレを想起させるレフティに関しては、マンチェスター勢やバルセロナ、バイエルン、チェルシー、リバプール、アーセナル、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を示す。 そのペペの新天地に関してリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督が移籍先のヒントを明かした。 「ニコラ・ペペは素晴らしいシーズンを送っており、彼はさらに成長していくはずだ」 「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要があると思っている。個人的には中堅クラブで段階を踏む必要はなくできるだけ高いレベルのステージに行くべきだと思っている。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」 今回の発言に関しては確定事項ではなくあくまでガルティエ監督の助言という形だが、恩師の助言を受けてペペ本人がCL出場可能な“赤い”チームへの移籍を意識している可能性はありそうだ。 なお、ここまで噂が出ているクラブで条件を満たすのは、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、アーセナルの4チームだ。ただ、ユナイテッドとアーセナルに関しては来シーズンのCL出場権を獲得できるか微妙なところだ。 2019.02.21 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、U-18主将グラッツェルとプロ契約締結

リバプールは20日、U-18ドイツ代表FWポール・グラッツェル(18)とプロ契約を締結したことを発表した。 ドイツ人の両親の下、リバプールで生まれ育ったストライカーのグラッツェルは、9歳からリバプールでプレー。U-18チームでは主将を務め、2018-19シーズンはU-18プレミアリーグで12試合に出場し、11ゴールをマークするなど非凡な得点感覚を持っている。 世代別代表では現在、U-18ドイツ代表でプレーしているものの、イングランド国籍も持ち、U-16イングランド代表の出場歴がある。 2019.02.21 01:20 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季21G11Aのブルーノ・フェルナンデスに関心か

リバプールがスポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『Correio de Manha』の情報を引用してイギリス『ミラー』が伝えている。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦38試合で21ゴール11アシストをマークしている。 リバプールでは現在、[4-2-3-1]のシステムを採用することが増加しており、ユルゲン・クロップ監督は中盤の強化を望んでいる模様。昨夏に目指していたリヨンに所属するフランス代表MFナビ・フェキル(25)の獲得は失敗したため、新たにブルーノ・フェルナンデスに白羽の矢を立てたようだ。 しかし、ポルトガル代表MFはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。とはいえ、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況だ。 この状況にはリバプールだけでなくミランも注視しており、どちらのクラブも契約解除金以下での獲得を狙っているようだ。 2019.02.20 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップとコバチが試合後に口論? 交わしていた言葉とは…

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、試合終了直後のバイエルン指揮官とのやり取りを明かしている。イギリス『メトロ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンを本拠地アンフィールドに迎え、0-0で引き分けた。アウェイゴールこそ与えなかったものの勝ち切ることも出来ず。勝負の行方を3月13日の2ndレグ、敵地での一戦に委ねることとなった。 共に勝利を目指したその熱戦の後、クロップ監督とバイエルンのニコ・コバチ監督がヒートアップ。クロップ監督がコバチ監督に対して“何か”を捲し立てつつ、最終的には手を取ったものの一度握手を拒否したかの様に見える場面が捉えられており、怒りをぶつけているのではないかとの憶測が飛び交っていた。 試合後、そのシーンについて尋ねられたクロップ監督は、以下のように説明している。 「彼が来た時、私は『待っていた』と言ったんだ。でも、彼が謝罪して、私も『問題ない』と伝えたよ」 「あれは純粋な誤解だ。山の前の牛の様に私はあそこに立っていたよ」 そして、コバチ監督もクロップ監督とのやり取りに言及。誤解があったと語った。 「イングランドでは最後の笛の後に握手をするのが一般的だ。だが、最初に彼ではなくベンチに向かってしまった」 「彼はイングランドでは(ドイツと)違うことを分かっていた。だが、それ(ドイツの習慣との誤解を察しなかったこと)は悪いことでもないし、私は謝ったよ」 2019.02.20 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

次のビッグマッチへ向かうロバートソン「ホームのユナイテッドは全く違うチーム」

リバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、次の試合に頭を切り替えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンをホームに迎え、0-0で引き分けた。決してネガティブな結果ではないものの、アンフィールドでの試合を苦手とする相手をねじ伏せることは出来ていない。 そして、そのビッグマッチを終えたリバプールには、休む間もなく次の激戦が控えている。24日に行われるプレミアリーグ第27節のマンチェスター・ユナイテッド戦だ。 プレミア第26節終了時点でのリバプールの順位は、勝ち点65の2位。同勝ち点で首位に立つマンチェスター・シティの方が1試合多く消化しているとはいえ、1試合も落とせない状況であることに変わりはない。 ユナイテッドの成績は、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督が指揮権を委譲されて以来、公式戦13試合11勝1分け1敗。直近ではFA杯5回戦のチェルシー戦も2-0で制しており、ビッグマッチをものにする力も取り戻している。 苦しい日程の中で好調ユナイテッドの本拠地オールドトラッフォードに乗り込まなくてはならない状況に、ロバートソンは気を引き締め直した。 「前回の試合とは少し違ったものになると思う。あの新しい監督の下で彼ら(マンチェスター・ユナイテッド)は上がってきてるし、特にホームでは全く違うチームだ」 「とてもタフなタスクになるだろうね。僕らのゲームに持ち込む必要がある。もしそれが出来れば、上手くいけば十分に勝てると思う」 2019.02.20 19:30 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース