ホッフェンハイム、今季爆発中の大型FWジョエリントンと契約延長!2018.11.22 18:17 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは21日、ブラジル人FWジョエリントン(22)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽母国スポルチ・レシフェでプロキャリアをスタートしたジョエリントンは2015年にホッフェンハイムに加入。だが、初のヨーロッパ挑戦とよりレベルの高いブンデスリーガに順応できず、直近2シーズンはオーストリアのラピド・ウィーンに武者修行に出ていた。そのラピド・ウィーンでは公式戦79試合に出場し、21ゴール9アシストの数字を記録。

▽そして、今夏満を持して復帰を果たすと、今季ここまでの公式戦17試合で8ゴール7アシストとブレイクを果たしている。

▽今季の活躍で2020年までとなっていた現行契約をさらに2年延長することになった186cmの長身ストライカーは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。

「僕は夢の中に生きているような気分なんだ」

「僕はホッフェンハイムに本当に感謝しているんだ。彼らはここ数年に渡って僕の成長に投資してくれているし、クラブからの信頼と仕事は本当に大きなものだった」

「ヨーロッパ屈指のリーグに所属するホッフェンハイムは自分が成長していくうえで完璧なクラブだと思っているよ。僕にとって次の目標はセレソンでプレーすることだ。そのために今後も努力を続けていきたい」
コメント
関連ニュース
thumb

ハノーファー、ホッフェンハイムに成す術なく完敗… 原口と浅野は見せ場を作れず《ブンデスリーガ》

ハノーファーは16日、ブンデスリーガ第22節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、0-3で完敗した。ハノーファーのFW原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨は後半から出場している。 前節ニュルンベルクとの逆天王山を制し、最下位を脱出した17位ハノーファー(勝ち点14)は、ニュルンベルク戦で攻守に奮闘した原口が引き続き先発となった。 9位ホッフェンハイム(勝ち点30)に対し、[5-3-2]のトップ下に原口を配置したハノーファーは開始4分、コルブがロングボールの処理を誤った流れからジョエリントンに独走され、GKとの一対一を決められた。 失点後、CKからワラセのヘディングシュートでゴールを脅かしたハノーファーだったが、その後もホッフェンハイムの攻勢を許すと、14分にデミルバイのFKからベルフォディルのバックヘッドでゴールを割られ、リードを広げられてしまう。 苦しいハノーファーはCKからヴィマーのボレーシュートでゴールに近づいたが、41分にデミルバイのミドルシュートがバーを直撃するなど劣勢のまま前半を終えた。 後半から浅野を2トップの一角に投入したハノーファーは49分に大ピンチ。しかし、ゴール至近距離からのベルフォディルのヘディングシュートはGKエッサーがビッグセーブで凌いだ。 続く55分にもN・シュルツとアミリに立て続けに決定的なシュートを許したハノーファーは、攻撃の形を作れない状況が続く。そこで67分、ウッドとシュベクラーの2枚を投入し、交代枠を使い切った。 しかし、引き続き劣勢を強いられると、80分に勝負を決定付けられた。ペナルティアーク中央からデミルバイにコントロールシュートを流し込まれた。 結局、90分を通して攻撃の形を作れなかったハノーファーは0-3で完敗。前節の勝利が霞む結果となってしまった。 2019.02.17 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ戦控えるドルトムント、3点のリードを守り切れず痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第21節でホッフェンハイムをホームに迎え、3-3で引き分けた。 前節フランクフルト戦を引き分けた首位ドルトムント(勝ち点49)は、4日前に行われたDFBポカール3回戦のブレーメン戦では延長戦で2度リードしながらも追いつかれ、PK戦の末に敗れてしまった。来週水曜にトッテナムとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦を控える中、ブレーメン戦で負傷したロイスと出場停止のデラネイが欠場となり、フィリップとダフードを起用した。 8位ホッフェンハイム(勝ち点29)に対し、最前線にゲッツェ、2列目に右からサンチョ、フィリップ、ラファエウ・ゲレイロと並べる[4-2-3-1]で臨んだドルトムントが立ち上がりからボールを持つ展開となった。 そのドルトムントは11分、サンチョが仕掛けたプレーから相手DFのクリアボールが当たってゴールに吸い込まれるも、VARの末にゲッツェのポジションがオフサイドと判定され、ノーゴールに覆った。 続く22分にフィリップがミドルシュートでゴールに迫ったドルトムントがボールを動かして揺さぶりを図り続けると、32分に先制する。ボックス右でピシュチェクのパスを受けたサンチョがゴール左にグラウンダーのシュートを流し込んだ。 その後も押し込むドルトムントは40分にアクラフがミドルシュートでGKを強襲すると、43分に加点する。ロングカウンターからボックス左に侵入したサンチョがシュート。これはGKにセーブされるも、ルーズボールをゲッツェが押し込んだ。 後半から2選手を変更してきたホッフェンハイムに対し、押し込まれる入りとなったドルトムントは53分、N・シュルツにボックス左から決定的なシュートを許す。 続く56分にはジョエリントンに個人技から決定的なシュートを許すも、ここはGKビュルキがビッグセーブで凌いだ。さらに61分、ボックス内からベルフォディルに決定的なシュートを許したが、ここもGKビュルキがファインセーブで阻んだ。 すると67分、ドルトムントに3点目が生まれる。サンチョのヒールパスをボックス右で受けたゲッツェがゴールライン際からマイナスにクロスを送ると、ラファエウ・ゲレイロが難なく押し込んだ。 その後もサンチョに決定機があったドルトムントだったが、75分にベルフォディルに1点を返されると、83分にもカデラベクにヘディングシュートを許して1点差に詰め寄られてしまう。 リードが1点となったドルトムントはゲッツェに代えてトプラクを投入し逃げ切りを図ったが、87分に痛恨の同点弾を浴びてしまう。FKからベルフォディルのヘディングシュートが決まり3-3に。そのまま引き分けに持ち込まれ、ドルトムントは2試合連続ドローに終わる悪い流れでトッテナム戦を迎えることとなった。 2019.02.10 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、U-20ブラジル代表CBを獲得!

ホッフェンハイムは28日、ECヴィトーリアからU-20ブラジル代表DFルーカス・リベイロ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年半となる。 2018シーズンにヴィトーリアでトップチームデビューを飾ったリベイロは190cmの長身を生かした対人プレーと、足下の技術も備えた総合力の高いセンターバック。デビューシーズンにリーグ戦16試合に出場すると、クラブが選ぶ年間最優秀選手にも選出される印象的なパフォーマンスを披露した。 また、この活躍が評価されてU-20ブラジル代表も招集されている。 なお、現在U-20ブラジル代表の一員としてU-20南米選手権に参戦中のリベイロは、同大会終了後にホッフェンハイムに渡る予定だ。 2019.01.29 23:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴレツカの2Gなど3発のバイエルンがホッフェンハイムの反撃を振り切って後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ第18節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 2018年最終戦となった前節フランクフルト戦をリベリの2発などで3-0と快勝し、5連勝とした2位バイエルン(勝ち点36)は、6ポイント差で首位ドルトムントを追う中、負傷で不在のロッベリーに代わってミュラーとコマンを起用した。そして、バンクーバーから加入したアルフォンソ・デイビスが初のベンチ入りを果たした。 7位ホッフェンハイム(勝ち点25)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ゴレツカ、コマン、ボランチにチアゴとハビ・マルティネスを起用した。 立ち上がりからボールを握ったバイエルンは10分に決定機。アラバが左サイドから折り返したクロスをレヴァンドフスキがボレー。完璧に捉えたシュートだったが、わずかに枠の左に外れた。 その後も攻勢に出るバイエルンは19分、レヴァンドフスキがボックス中央でボールを落としてミュラーがプッシュ。だが、難しい体勢から放ったシュートは枠を捉えきれない。 引き続き押し込むバイエルンは27分にCKの流れからフンメルスがルーズボールを押し込みにかかったが、ここはGKバウマンのセーブに阻まれた。 それでも、続く29分にゴレツカがGKを強襲するシュートを浴びせたバイエルンは35分に順当に先制する。左サイドからのコマンのクロスをレヴァンドフスキがヘディングで合わせたシュートはGKバウマンにセーブされるも、ルーズボールをゴールエリア左に詰めたゴレツカが左足で蹴り込んだ。 さらに前半終了間際の追加タイム1分、ロングカウンターを発動したバイエルンはアラバの左クロスをゴール前に走り込んでいたゴレツカがスライディングシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。 ゴレツカのドッペルパックで2-0としたバイエルンは迎えた後半、前がかるホッフェンハイムに開始3分、ビッテンコートに枠内シュートを打たれたものの、GKノイアーがセーブ。さらに53分、チアゴのボールロストからジョエリントンに枠内シュートを浴びたが、ここもGKノイアーが凌いだ。 しかし59分、ロングカウンターを受けると最後はN・シュルツにペナルティアーク右からゴール左にシュートを叩き込まれ、1点差に詰め寄られてしまった。 嫌な流れに陥りかけたバイエルンだったが、ここから慎重に試合を運び、ホッフェンハイムの攻勢を許さない。膠着状態に持ち込んで試合を進めていた中、83分に大ピンチ。サライにゴール至近距離から決定的なヘディングシュートを許したが、守護神ノイアーがビッグセーブで凌いだ。 すると終盤の87分に勝負を決定付けた。途中出場のハメス・ロドリゲスの浮き球パスをボックス右のミュラーがダイレクトで折り返すと、レヴァンドフスキがダイレクトでゴールに流し込んだ。このまま3-1で勝利したバイエルンが後半戦を白星スタートとし、6連勝としている。 2019.01.19 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、ホッフェンハイムからスイス代表MFツバーをレンタルで獲得!

シュツットガルトは9日、ホッフェンハイムからスイス代表MFシュテファン・ツバー(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 母国のグラスホッパーでキャリアをスタートさせたツバーは、2013年夏からCSKAモスクワでプレー。その後、2014年夏にホッフェンハイムに移籍。ここまでは左サイドハーフやセントラルMFを主戦場に公式戦99試合に出場し8ゴールを記録。今季は公式戦13試合に出場し1ゴールを挙げていた。 また、2017年にデビューを果たしたスイス代表ではここまで通算21試合に出場し5ゴールを記録。昨年行われたロシア・ワールドカップ本大会にも出場していた。 2019.01.09 20:37 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース