ワトフォード、ベネズエラ代表FWペニャランダと新契約締結!2018.11.22 13:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは21日、ベネズエラ代表FWアダルベルト・ペニャランダ(21)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽母国のデポルティーボ・デ・グアイラでプロキャリアをスタートしたペニャランダは、2016年に18歳でベネズエラのフル代表に選出された早熟なアタッカー。2015年にジャンパオロ・ポッツォ氏がオーナーを務めるウディネーゼに完全移籍すると、その翌年には同オーナーが所有する系列クラブのワトフォードに移籍。しかし、イギリスの労働許可証を取得できず、その後はウディネーゼやグラナダ、マラガへのレンタル移籍を繰り返していた。

▽しかし、この度懸案の労働許可証の取得に成功したことで、新契約締結に加え、今後はトップチームでの起用が可能となった。

▽185cmの長身に加え、その大柄な体躯を感じさせないテクニカルなドリブルを武器とする逸材アタッカーは、2017年に行われたU-20ワールドカップでベネズエラの準優勝に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、ソン・フンミン復帰弾&ジョレンテの今季リーグ初弾でワトフォードに逆転勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第24節、トッテナムvsワトフォードが30日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-1で逆転勝利した。 3位のトッテナム(勝ち点51)と、7位のワトフォード(勝ち点33)による上位対決。前節、フルアムとのダービーを劇的な形で制したトッテナムだが、先週ミッドウィークのEFLカップ準決勝チェルシー戦をPK戦の末に落とすと、週末のFAカップでもクリスタル・パレスに敗れて公式戦2連敗。わずか3日間で2つのコンペティションからの敗退を強いられた。 その敗戦からのバウンスバックが求められる今回の一戦は前回対戦で敗れたワトフォードとのリターンマッチ。ポチェッティーノ監督は多くの負傷者に悩まされる中、パレス戦からはヴェルトンゲン、ダビンソン・サンチェス、ジョレンテを除く8人を変更。アジアカップ帰りのソン・フンミンがエリクセンやアルデルヴァイレルト、ムサ・シソコらと共に復帰した。 立ち上がりはアウェイのワトフォードが勢いを持って入りサイドに流れるデウロフェウを起点に幾つか惜しい仕掛けを見せる。それでも、時間の経過と共にボールを保持しながらソン・フンミンの切れ味鋭い仕掛けでホームチームが押し返す。9分にはその韓国代表FWがボックス外から左足の際どいミドルシュートを放つと、15分にはペナルティアーク付近でボールを受けたエリクセンのシュートが相手DFにディフレクトしてゴールに向かうが、ここはGKフォスターがセーブする。 その後はボールを保持するトッテナムがペースを握り、28分にはカウンターからジョレンテが味方を走らす絶妙なミドルスルーパスを通すが、ここはエリア外に飛び出した相手GKフォスターの好対応に遭う。 一方、なかなか攻め手を見いだせないワトフォードだったが、セットプレー2発で勝利した前回対戦と同様にセットプレーからゴールをこじ開ける。38分、左CKの場面でキッカーのホレバスが左足アウトスウィングのボールを入れると、中途半端に飛び出したGKが触れずにいたボールを相手DFと交錯しながらも頭で合わせたキャスカートのシュートがゴールネットを揺らした。 押し込みながらも攻め切れない中、ビハインドで試合を折り返す苦境に立たされたトッテナムはオーリエを下げてハーフタイム明けにルーカス・モウラを投入。この交代でムサ・シソコが右ウイングバックに入り、ジョレンテの下にルーカス、ソン・フンミンが並ぶ形に変化した。53分にはムサ・シソコの右サイドのクロスからゴール前のジョレンテに決定機も、ここはシュートをふかしてしまう。 その後もムサ・シソコ、ローズの両ウイングバックを起点に攻勢を続けるトッテナムは60分、フィードに抜け出したルーカスがボックス内で決定機もシュートを打ち切れない。さらに63分には相手陣内左サイド深くで得たFKの場面でキッカーのエリクセンの鋭いグラウンダーのボールが相手DFに当たって左ポストを叩く。このこぼれ球をアルデルヴァイレルトが浮き球で折り返すも、ジョレンテのヘディングシュートは枠の左に外れる。 押し込みながらもゴールが遠いトッテナムは、ムサ・シソコに代えてトリッピアー、79分にはヴェルトンゲンを下げてラメラを投入。3バックから4バックに変更して攻勢を強めていく。すると80分、バイタルエリア右でボールを持ったルーカスのスルーパスに抜け出したジョレンテがボックス内で粘って落とすと、これをソン・フンミンが強烈な左足のシュートで叩き込み、ようやくワトフォードのゴールをこじ開ける。 さらに勢いづいたホームチームは一気に攻勢を強めていくと、87分に待望の逆転ゴールが生まれる。左サイドで高い位置を取ったローズから浮き球のクロスが上がると、これをファーサイドで競り勝ったジョレンテが頭でゴール左隅に流し込み、悩める元スペイン代表の今季プレミア初ゴールが生まれた。 その後、ワトフォードの反撃を危なげなく凌ぎ切ったトッテナムがソン・フンミンの復帰弾とジョレンテの今季リーグ戦初ゴールによって価値ある逆転勝利を飾った。この結果、トッテナムは公式戦の連敗を止めると共に首位リバプールと勝ち点7、2位のマンチェスター・シティとの勝ち点2差に迫っている。 2019.01.31 07:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランがデウロフェウ復帰を熱望もワトフォードは売却意思なし

ミランが復帰を検討しているFWジェラール・デウロフェウ(24)だが、ワトフォードは売却する気が内容だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 前線の補強に動いているミランは、ユベントスからレンタル移籍で加入していたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを返し、イグアインはチェルシーへ。代わりに、ジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクを獲得していた。 さらに補強に動くミランは、かつてチームに所属していたデウロフェウの復帰を熱望。しかし、ワトフォードはデウロフェウを売却する意思がないことを明かしている。 デウロフェウはバルセロナの下部組織出身で、エバートンやセビージャでプレー。2017年1月から半年間、エバートンからレンタル移籍でミランに加入していた。 2018年7月にバルセロナから完全移籍でワトフォードに加入。今シーズンはプレミアリーグで16試合に出場し3ゴール3アシストを記録している。 イタリア『Tuttomercatoweb』では、デウロフェウの移籍金が3000万ユーロ(約37億4800万円)とも言われているが、ミランはピョンテクとフラメンゴからMFルーカス・パケタを獲得しており、資金的に余裕がないと見られている。 現在来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争っているミランダが、駆け込みでの補強は実現するだろうか。 2019.01.28 21:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ワトフォードが韓国代表CB獲得に向け公式オファー! アジアカップ2戦連発中の“韓国のマグワイア”

ワトフォードが韓国の全北現代モータースに所属する韓国代表DFキム・ミンジェ(22)の獲得に向けて公式オファーを掲示したようだ。『ESPN』が伝えている。 『ESPN』が伝えるところによれば、北京国安からの熱心な関心も伝えられるキム・ミンジェに関してワトフォードは今冬の獲得を目指して公式なオファーを掲示したという。 全北現代でゼネラル・マネージャーを務めるペク・スンクォン氏は、「ワトフォードから公式なオファーが届いている。詳細は明かせないが、イ・ジェソンがドイツに移籍したときと似たような状況だ。キム自身もワトフォードからのオファーを知っている。プレーヤーとワトフォードの間でも交渉が行われている」と、キム・ミンジェに関してワトフォードとの交渉を認めている。 慶州韓国水力原子力蹴球団でプロキャリアをスタートしたキム・ミンジェは2017年に全北現代に加入。190cmの恵まれた体躯と圧倒的な身体能力を生かしたダイナミックなプレーは、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイアを髣髴とさせ、すぐさま韓国屈指の名門の若きディフェンスリーダーに定着。Kリーグ2連覇に貢献した。 また、韓国代表ではケガの影響でロシア・ワールドカップ出場を逃したものの、ここまで通算15キャップを記録。現在、開催中のアジアカップ2019では2ゴールを記録し、チームのグループステージ首位通過の立役者となっている。 2019.01.20 06:13 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、ワトフォードからオランダ人DFゼーヘラールをレンタルで獲得

ウディネーゼは10日、ワトフォードのオランダ人DFマーヴィン・ゼーヘラール(28)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 アヤックスの下部組織出身のゼーヘラールは、左サイドバックから左ウイングまでこなす左サイドのスペシャリスト。2017年夏にスポルティング・リスボンからワトフォードに移籍し、昨季はプレミアリーグ12試合に出場して2アシストを記録していた。しかし、今季はここまで出場機会に恵まれていなかった。 ウディネーゼとワトフォードは共にジャンパオロ・ポッツォ氏がオーナーを務めるチームでこれまでも頻繁に移籍が行われている。 2019.01.11 02:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ワトフォードMFドゥクレがPSG行きを希望! 「いつでも僕の心のクラブ」

ワトフォードに所属するフランス人MFアブデラウエ・ドゥクレ(26)がパリ・サンジェルマン(PSG)移籍に前向きな姿勢を示している。同選手がフランス『RMC Sport』で語った。 ドゥクレは豊富な運動量と球際の強さに加え、前線への果敢な飛び出し、パワフルなミドルシュートを武器とするボックス・トゥ・ボックス型の万能MF。昨シーズンのワトフォードで37試合7ゴールの数字を残しブレイクを果たした同選手は、リーグ屈指のセントラルMFとして高い評価を受けている。 昨夏に加えて今冬の移籍市場においてもアーセナルやトッテナムのノースロンドン勢、PSGの関心を集めているドゥクレだが、同選手自身は先日に個人間での合意報道がなされた“パリの巨人”への移籍を夢見ているようだ。 『RMC Sport』でPSGからの関心について質問を受けたドゥクレは、「心のクラブ」と語る故郷のクラブへの移籍に前向きな姿勢を見せている。 「自分に興味を持っているクラブについての噂を聞くことは嬉しいよ。だけど、PSGのようなクラブは自分以外にも多くのアイデア、オプションを抱えていると考えているよ」 「だから自分が唯一の選択肢だとは思っていないし、彼らには複数の候補がいるはずだ。それでも、自分に関心を持ってくれることは素直に嬉しいよ」 「PSGはいつでも僕の心のクラブなんだ。僕は(パリ郊外の)イヴリーヌで生まれ育った。パリに戻るたびに家族と会えることは素晴らしいことだ。そして、PSGは僕の心の中の重要な場所にいるクラブなんだ」 「PSGには素晴らしいプレーヤーしかいない。そのスカッドに自分の居場所があるかって? それはわからない。彼らはまず初めに僕と契約する必要がある。だから、自分自身にそのことを問うことはないよ」 今冬の守備的MF獲得が急務なPSGではドゥクレ以外にもエバートンのセネガル代表MFイドリサ・グイエ、リバプールのブラジル代表MFファビーニョらに関心を寄せている。 2019.01.09 15:01 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース