セルタ新指揮官は多難のスタートか? 就任会見で痛恨の言い間違い…2018.11.16 16:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日にセルタの新指揮官に就任したミゲル・カルドソ監督(46)だが、就任早々からサポーターからの厳しい眼に晒されることになるようだ。イギリス『テレグラフ』が同監督の就任会見の失態を伝えた。▽昨季を13位で終えたセルタは今季、アントニオ・モハメド前監督(48の下で新シーズンをスタート。しかし、開幕12試合で3勝4敗5分けの14位に低迷すると、公式戦3戦未勝利となった12日にモハメド前監督を解任。

▽そして、後任として招へいされたのが、今季途中までナントを率いていたカルドソ監督だ。2012-13シーズンに同じガリシアに本拠地を置くローカルライバル、デポルティボでアシスタントコーチを務めた経験を持つカルドソ監督の第一印象は決して良いものではなかったが、13日に行われた就任会見でその印象はさらに悪化することになった。

▽セルタでの所信表明を行った際、カルドソ監督は最もやってはいけない言い間違いをしてしまった。

「まず、私に信頼を示してくれた会長やスポーツ・ディレクターに感謝を示したい。そして、私のコーチングスタッフと共に“デポルティボ”での新たな時代を切り開いていきたい。いやその“セルタ”での…」

▽“セルタ”と言うべきところで最も言ってはいけない“デポルティボ”と発言したカルドソ監督の痛恨ミスに、隣に座っていたフェリペ・ミニャンブレスSDは早くも同監督を招へいしたことを後悔しているかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティス10番ブデブス、セルタに買い取りOP付きレンタルで移籍

セルタは1月31日、ベティスのアルジェリア代表MFリヤド・ブデブス(28)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ベティスで10番を背負うレフティーのテクニシャンであるブデブスは、2017年夏にモンペリエからベティスに加入。昨季はリーガエスパニョーラで27試合に出場して2ゴール3アシストと準主力として存在感を示したが、今季はリーガエスパニョーラで6試合の先発に留まり、ゴールやアシストは記録できていなかった。 2019.02.01 02:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ハマーズ史上最高額で合意近付く! マキシ・ゴメスが夏加入か

ウェストハムが、セルタに所属するウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得に接近している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏に母国からセルタに活躍の場を移したウルグアイ代表FWは、今シーズンのリーガエスパニョーラ19試合で9ゴール5アシストをマーク。リーガ36試合18ゴール5アシストを記録した昨シーズンと同様のペースの活躍を継続しており、代表チームではバルセロナFWルイス・スアレスの後継者と呼ばれる程の評価を得ている。 そんなマキシ・ゴメスに関しては、バルセロナやアトレティコ・マドリーからの関心も伝えられていたが、先日にイギリス『BBC』がウェストハムが獲得を検討していると報道。その後の動きが注視されていた。 そして30日、『スカイ・スポーツ』のリポーターを務めるソルヘコル氏(@SkyKaveh)が「ウェストハムとセルタは合意に近付いている。つまり、マキシ・ゴメスは夏に移籍することになるだろう」とツイート。さらに、「ウェストハムが契約解除条金4330万ポンド(約62億円)以下の支払いを期待しており、移籍金は4000万ポンド(約57億円)程度になるだろう」と、具体的な数字を伝えている。 なお、4000万ポンドでの獲得となれば、昨年夏に獲得したMFフェリペ・アンデルソンの3600万ポンド(現在のレートで約52億円)を超える、クラブ史上最高額だ。 2019.01.30 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ハマーズがクラブ史上最高額でマキシ・ゴメス獲得を考慮

ウェストハムが、セルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得を検討しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ウェストハムでは現在、エースストライカーFWマルコ・アルナウトビッチの上海上港移籍が近づいている。クラブは中国から届いた3500万ポンド(約50億円)のオファーを拒否したようだが、選手本人が移籍を望んでいる模様だ。 そこでウェストハムは、セルタで活躍中のマキシ・ゴメスに照準を絞ったという。2017年に母国からセルタに活躍の場を移したウルグアイ代表FWは、今季はリーグ戦18試合で9ゴール5アシストのパフォーマンスを披露している。ハマーズは契約解除金の4330万ポンド(約62憶5000万円)を支払うこともやぶさかではないようだ。 上記の移籍金は実現すればクラブ史上最高額となる。これまでの最高額は、昨夏に獲得したMFフェリペ・アンデルソンの3600万ポンド(約52億円)となっている。 2019.01.26 02:09 Sat
twitterfacebook
thumb

セルタ、吉田同僚の蘭代表DFホードを買い取りOP付きレンタルで獲得!

セルタは22日、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴェスレイ・ホード(24)を、今シーズン終了時に発動する買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍して在籍2シーズンで成長を遂げ、2017年にサウサンプトンに加入。すると、初シーズンからプレミアリーグ28試合に出場したが、今シーズンは開幕からのプレミア13試合連続で出場した後、一切の出場機会を与えられず。日本代表DF吉田麻也が第12節から出場機会を増やし始めており、押し出されるような形となった。 セルタは、ホードを「優れたテクニックとプレービジョンを有する左利きのディフェンダー」と絶賛し、「ショートパスとロングパスの両方で完璧な制度のボールを供給」、「セットプレー時に強になる」と攻撃面の魅力を紹介。また、ディフェンス面についても「彼のサイズとスピードは相手FWを一対一で打ち負かす」と評価している。 2019.01.22 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカ・ジュニアーズ、パラグアイ代表DFを獲得! 今季途中まではリールからセルタにレンタル

ボカ・ジュニアーズは7日、リールからパラグアイ代表DFフニオール・アロンソ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの1年半となる。 母国のセロ・ポルテーニョでプロキャリアをスタートしたアロンソはセンターバックと左サイドバックを主戦場とする左利きのDF。2017年1月に加入したリールでは昨シーズンのリーグ戦34試合に出場し2ゴールを挙げていた。また、2013年にデビューしたパラグアイ代表ではここまで18試合に出場し1ゴールを記録している。 昨夏にはセビージャに旅立ったスペイン人DFセルジ・ゴメスの後釜としてセルタに1年間のレンタル移籍で加入し、シーズン序盤はリーグ戦9試合に出場。しかし、監督交代をキッカケに昨年10月半ば以降、出場機会はなかった。そして、リールとセルタは双方合意の下でレンタル契約を解消していた。 2019.01.08 14:03 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース