セルタ新指揮官は多難のスタートか? 就任会見で痛恨の言い間違い…2018.11.16 16:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日にセルタの新指揮官に就任したミゲル・カルドソ監督(46)だが、就任早々からサポーターからの厳しい眼に晒されることになるようだ。イギリス『テレグラフ』が同監督の就任会見の失態を伝えた。▽昨季を13位で終えたセルタは今季、アントニオ・モハメド前監督(48の下で新シーズンをスタート。しかし、開幕12試合で3勝4敗5分けの14位に低迷すると、公式戦3戦未勝利となった12日にモハメド前監督を解任。

▽そして、後任として招へいされたのが、今季途中までナントを率いていたカルドソ監督だ。2012-13シーズンに同じガリシアに本拠地を置くローカルライバル、デポルティボでアシスタントコーチを務めた経験を持つカルドソ監督の第一印象は決して良いものではなかったが、13日に行われた就任会見でその印象はさらに悪化することになった。

▽セルタでの所信表明を行った際、カルドソ監督は最もやってはいけない言い間違いをしてしまった。

「まず、私に信頼を示してくれた会長やスポーツ・ディレクターに感謝を示したい。そして、私のコーチングスタッフと共に“デポルティボ”での新たな時代を切り開いていきたい。いやその“セルタ”での…」

▽“セルタ”と言うべきところで最も言ってはいけない“デポルティボ”と発言したカルドソ監督の痛恨ミスに、隣に座っていたフェリペ・ミニャンブレスSDは早くも同監督を招へいしたことを後悔しているかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、セルタで躍動のマキシ・ゴメス獲得を検討!

▽アトレティコ・マドリーが、セルタに所属するウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコでは、ジエゴ・コスタが2日のリーガエスパニョーラ第14節ジローナ戦後にブラジルへ帰郷。左足に感じていた慢性的な痛みを解消するため、専門医の下で手術を受けることや、離脱期間が10週間から2ヵ月程になることが伝えられている。 ▽『マルカ』によると、アトレティコはしばらく戦線から離れるジエゴ・コスタの代役の獲得を画策。今シーズンから加入しているクロアチア代表FW二コラ・カリニッチは、5日のコパ・デル・レイ4回戦サン・アンドレウ戦でようやく初ゴールを決めたところであり、今冬の補強なしでは心許ない陣容となっている。 ▽そこで、候補として挙がっているのがマキシ・ゴメスだ。同選手は、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入し、初年度から公式戦39試合18ゴール5アシストを記録。また、今シーズンもここまでの公式戦13試合7ゴール4アシストと、実力の高さを証明し続けている。 ▽マキシ・ゴメスには、5000万ユーロ(約64億円)の契約解除金が設定されているが、アトレティコは半額程度でのオファーを計画。しかし、過去に中国やイングランドのクラブからの関心を跳ねのけたセルタにとっては、あまり魅力的な入札とはならなさそうだ。 ▽また、もしアトレティコがマキシ・ゴメスを獲得した場合、給与制限をクリアするために、カリニッチもしくはポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスを放出する可能性もあると、記事は伝えている。 2018.12.07 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏レアル・マドリーが獲得狙ったI・アスパス「レアルという列車は警笛を鳴らして過ぎ去った」

セルタに所属するスペイン代表FWイアゴ・アスパスが、セルタでキャリアを終える意思を示している。<br><br>この夏にレアル・マドリーから興味を持たれていたI・アスパスだが、結局マドリーはFWマリアーノの買い戻しオプションを行使。同選手はスペイン『カデナ・コぺ』とのインタビューでその出来事を振り返りつつ、下部組織から過ごすセルタで現役を終えるという考えを述べている。<br><br>「僕自身が(マドリーと)接触したわけではないが、しかし彼らの興味は存在していた。マドリーという列車は警笛を鳴らして、過ぎ去ったんだ」<br><br>「セルタで引退? そうなったらいいね。未来に何が起こるのかは分からないけど、自分のホームにいられて幸せだ。契約は4年以上残っているし、家族、友人たちと満足して暮らしている。日々、期待にあふれているよ」<br><br>なお現在31歳のI・アスパスは、1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第14節、本拠地バライドスでのウエスカ戦(2-0)でチームの全得点を記録。圧巻は77分にに決めた2点目だ。ロングボールから左サイドを抜け出すと、ウエスカDFを一人かわしてペナルティーエリア内に入り込み、フェイントを繰り出してから右足でシュートを突き刺した。<br><br>スペインフットボールを代表するクラック(名手の意)であることを再び示したI・アスパスは、左手でユニフォームの左胸にあるセルタのエンブレムをつかんで、クラブ愛をアピールしていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.02 00:21 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、今冬に“ルイス・スアレスの後継者”&“アズーリのナインゴラン”獲りに動く?

▽トッテナムが今冬の移籍市場でセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)と、カリアリのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(21)の獲得に乗り出すようだ。イギリス『HITC』が現地メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽今夏の移籍市場でプレミアリーグ史上初となる新戦力補強ゼロに終わったトッテナム。さらに、今季は主力に多くの負傷者が出ており、シーズン後半戦に向けて補強は急務となっている。 ▽その中でクラブが獲得を目指しているのが、手薄なセンターフォワードとセントラルMFの2つのポジションのようだ。 ▽元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテが物足りなさを感じさせているイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーに関しては、リーガエスパニョーラ屈指の若手ストライカーであるマキシ・ゴメスをリストアップしているようだ。 ▽スペイン『Radio Galega』が伝えるところによれば、トッテナムは昨季のリーガで36試合18ゴールを記録し、ウルグアイ代表で“ルイス・スアレスの後継者”と目される生粋のストライカー獲得に興味を示しているという。 ▽屈強なフィジカルと南米出身のストライカーらしい嗅覚と闘争心を併せ持つ同選手は以前にプレミアリーグ移籍に関心を示す発言をしており、そのプレースタイルを含め格好の人材だ。ただ、セルタ側が要求する4400万ポンド(約63億8000万円)という高額な移籍金がネックとなっている。 ▽一方、セントラルMFに関してはユベントスやミランなどのセリエAクラブ、リバプールやアーセナルという国内ライバルが関心を示すバレッラの獲得に関心を示しているという。イタリア『カルチョメルカート』が伝えるところによれば、すでに4000万ユーロ(約51億4000万円)のオファーを準備しているようだ。 ▽現在、ベルギー代表MFムサ・デンベレが負傷離脱中のうえ、同選手に今季限りでの退団が噂されており、トッテナムはイタリア国内で“アズーリのナインゴラン”と評されるボックス・トゥ・ボックスの万能型MFをその後継者として獲得したい考えのようだ。 2018.11.16 16:52 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタで監督交代! モハメド解任で前ナント指揮官ミゲル・カルドソ招へい

▽セルタは12日、アントニオ・モハメド監督(48)の解任を発表。また、後任として今季途中までナントを率いていたミゲル・カルドソ氏(46)を招へいしたことを伝えている。 ▽昨季を13位で終えたセルタはフアン・カルロス・ウンスエ前監督との契約を更新せず。そして今夏、インデペンディエンテやティフアナ、クラブ・アメリカなど母国アルゼンチンとメキシコの強豪クラブの指揮官を歴任してきたモハメド監督(写真左)を新指揮官に招へいした。 ▽モハメド監督新体制ではリーガエスパニョーラ第3節でアトレティコ・マドリーを破るなど上々のスタートを切ったが、以降リーグ戦6戦未勝利と失速。さらに、直近のレアル・マドリー戦で2-4の大敗を喫するなど、直近も公式戦3戦未勝利という状況が続き、クラブは監督交代に踏み切った。 ▽一方、2004年から母国ポルトガルで指導者のキャリアをスタートしたカルドソ氏(写真右)は昨季、ポルトガル1部のリオ・アヴェで初めて監督に就任すると、監督挑戦1年目でチームをクラブ史上最高位タイの5位に導く卓越した手腕を発揮。そして、クラウディオ・ラニエリ氏の後任として今季からナントの指揮官に就任も、開幕から1勝4敗3分けの19位に低迷。先月初めに解任されていた。 ▽なお、開幕12試合で3勝4敗5分けの14位に位置するセルタは代表ウィーク明けの第13節でレアル・ソシエダと対戦する予定だ。 2018.11.13 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、ベンゼマの活躍でセルタに勝利も、カゼミロ、レギロン、ナチョが負傷交代の緊急事態に…《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは11日、リーガエスパニョーラ第12節でセルタとアウェイで対戦し、4-2で勝利した。 ▽ロペテギ監督解任後、ソラーリ監督の下で公式戦3連勝を収めているマドリー。順位は第11節終了時点で5勝2分け4敗で6位に位置。これ以上上位戦線から離されないためにも負けられない今節は、直近のチャンピオンズリーグのビクトリア・プルゼニ戦のスタメンから1人変更。ダニ・セバージョスをモドリッチに代えて臨んだ。 ▽ファーストシュートはマドリー。2分、オドリオソラの攻め上がりから折り返しを受けたベンゼマがボックス右からシュートを放つ。これはGKS・アルバレスがセーブ。さらに3分には左サイドのロングスローを再びベンゼマがボックス左で収めシュートに持ち込む。こちらは僅かに左に逸れた。 ▽セルタも5分に右サイドのクロスの流れ球をブファルがシュート。枠には飛ばなかったが、お互いに決定機を作った。 ▽互角の戦いを見せるセルタは18分にもマキシ・ゴメスとブライス・メンデスが立て続けにマドリーゴールに迫る。ブライス・メンデスのシュートが相手に当たってセルタのCKに。ここでマドリーにアクシデント。相手との接触で右足首を痛めていたカゼミロが続行不可能となり、ダニ・セバージョスと交代した。 ▽続くCKでは、ヨクシュルのヘディングシュートが左ポストを叩いたが、すぐにセルヒオ・ラモスがクリアして難を逃れた。 ▽マドリーに嫌な風が吹く中、23分にこの男が吹き飛ばす。モドリッチのロングパスをボックス右で見事なトラップで収めたベンゼマが右足でフィニッシュ。マドリーが先制点を奪った。 ▽セルタもより攻撃的に出てくる中、マドリーは35分に決定機を迎える。ボックス右でL・バスケスのスルーパスを受けたベンゼマが相手を一人抜いてマイナスのクロスを送る。ニアでベイルが潰れ、後ろに入り込んだクロースが完全フリーでチャンスを迎えたが、珍しくシュートをふかしてしまった。 ▽守ってはクルトワが見せる。43分に右サイドの突破を許したブファルにボックス右からシュートを打たれるが、この絶体絶命のピンチを守護神が横っ飛びでビッグセーブ。 ▽しかし、前半アディショナルタイムにカゼミロに続いて今度は左サイドバックのレギロンが負傷交代。代わりに投入されたハビ・サンチェスはリーガ初出場となった。 ▽迎えた後半、50分にベンゼマはクロスバー直撃のシュートを放つ。56分にベンゼマがボックス右から放ったシュートが、GKの股を抜きポストを跳ね返ると、これがカブラルに当たってゴールイン。オウンゴールでマドリーはリードを広げた。 ▽ところがその5分後の61分、セルタは右サイドバックのマージョがブライス・メンデスに預けて一気にゴール前へ。ここに右サイドのブライス・メンデスからピンポイントのクロスが入り、DFのギャップを突いたマージョが右足ボレーでゴールに流し込み1点を返した。 ▽その後の69分、セルタのアスパスのボックス手前からのシュートを、クルトワの再びのビッグセーブで凌いだマドリーだったが71分、ナチョが足の痛みで座り込んでしまい、アセンシオを交代。3枚の交代カードをすべて負傷交代に使ってしまった。 ▽この緊急事態に、センターバックにハビ・サンチェス、左サイドバックにL・バスケスを据えて対応。ボランチはダニ・セバージョス、アセンシオは中盤の右に配置された。 ▽そんな中81分に、オドリオソラがボックス内でフンカに倒されマドリーがPKを獲得。これをセルヒオ・ラモスが決めてスコアを3-1とした。 ▽さらにマドリーは後半アディショナルタイムに、ダニ・セバージョスがボックス手前からミドルシュートを突き刺しトドメの一発。試合終了間際にブライス・メンデスのゴールを許すも4-2で勝利。ソラーリ体制4連勝を収めた。 2018.11.12 06:40 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース