ディバラ、ユーベ退団に興味なし「移籍市場のことは何も考えていない」2018.11.16 14:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、自身の将来について言及した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

▽2015年夏にパレルモからユベントスに加入したディバラ。以降、3度のセリエA制覇や3度のコッパ・イタリア制覇に貢献するなどエースの地位を確立していた。今シーズンは開幕当初こそレアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの影響もあり、その地位が微かに揺れたが、ここまで公式戦14試合6ゴールと立て直している。

▽そんなディバラは、これまで欧州複数クラブから注目を集めており、最近では特にマンチェスター・ユナイテッドが強い関心を示している。一時はユナイテッドが今冬の移籍市場でフランス代表MFポール・ポグバ(25)とのトレードを画策していることも伝えられたが、ディバラ自身にユベントスを離れる気はないようだ。

「移籍市場のことは何も考えていないよ」

「今僕はユベントスで本当に幸せだ。今フォーカスしていることは、すべてのタイトルをここで勝ち取るということだ」
コメント
関連ニュース
thumb

イタリアに来いよ! C・ロナウドがメッシにラブコール

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにラブコールを送った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽C・ロナウドは2009年夏、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに加入。メッシと共にリーガエスパニョーラ屈指の2大プレーヤーとして活躍したが、今夏にユベントス移籍を決断した。 ▽C・ロナウドは長らく凌ぎを削り合ってきたそのメッシについて、「恋しいか?」と問われると、次のように返答。将来的なセリエA参戦を願った。 「いや、彼の方が僕のことを恋しがっているんじゃないかな!」 「僕はこれまでイングランドやスペイン、イタリア、ポルトガル、そして代表チームでプレーしてきた」 「僕の人生は挑戦さ。それが好き。それに、人々を幸せにしたい」 「いつか彼がイタリアに来ることを願うよ。僕のように、チャレンジしてほしいね」 「でも、彼があの場所で幸せなら、僕はその決断を尊重する」 「彼は素晴らしい選手でナイスガイ。でも、僕は寂しくない。これは僕の新しい人生さ。幸せだよ」 2018.12.10 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

CR7とは練習意識も違う? ロナウド氏「私は必要だからトレーニングをしたが…」

▽元ブラジル代表FWのロナウド氏が、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと自身の練習観の違いを語っている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューをスペイン『アス』が抜粋して伝えた。 ▽共に圧倒的な得点力を誇る選手として、サッカー史、そしてファンたちの記憶に刻み込まれている2人のロナウド。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じる中で「ポジションや演じる役割も違うけど、ゴールへの貪欲さは同じだ」と、自身とC・ロナウドを比較するロナウド氏は、練習面でも異なる部分があると語った。 「私たちのトレーニングについての考えや取り組みへの重要さが、完全に反対だと言うことはできない」 「だが、確かに違いはある。私は必要に迫られてトレーニングをしていて、彼がするのは(トレーニングが)大好きだからだ」 ▽今夏、レアル・マドリーを離れて、ユベントスで新たな挑戦を始めているC・ロナウド。現代のゴールマシーンは、今シーズンもここまでの公式戦19試合11ゴール7アシストと、トレーニングの成果を出し続けている。 2018.12.08 19:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リバウド「2強時代に終止符を打ちたかったからでは」モドリッチのバロンドール受賞に懐疑的な見方

2018年のバロンドールはクリスティアーノ・ロナウドが獲得すべきだったと、元ブラジル代表のリバウド氏が語った。<br><br>2008年からバロンドール受賞者はリオネル・メッシかC・ロナウドのどちらかとなっていたが、それも2018年で終焉。3日に発表された2018年のバロンドールは、今年の個人タイトルを総なめにするルカ・モドリッチの手に渡り、2強時代にピリオドが打たれた。<br><br>モドリッチの受賞に対してネガティブな意見も多い中、1999年に同賞を受賞したリバウド氏は『Betfair』で自身の見解を明らかにした。「この件についてコメントするのはいつも難しい。モドリッチはチャンピオンズリーグで優勝したり、クロアチアをワールドカップ決勝にまで導いたりと2018年は最高のシーズンを送った」<br><br>「しかし、私が1人を選ぶとすれば、C・ロナウドに票を投じるね。彼は多くのゴールを挙げ、ユヴェントス戦では最高のゴールを決めるなどチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。それに、ワールドカップではスペイン代表戦でのハットトリックを含む4ゴールを挙げた。だから誰よりもこの賞に相応しいと私は信じている」<br><br>「そして、リオネル・メッシ。彼は最低でもトップ3には入るべきだった。正直言って良いシーズンを送ったC・ロナウドとメッシが受賞できなかった理由が、私には分からないよ」<br><br>「C・ロナウドに関してはユヴェントスへ移籍したことが受賞を逃した要因になったと言っている人もいるが、私は同意できない。C・ロナウドからメッシ、メッシからC・ロナウドという流れに終止符を打ち、新たな名前を歴史に刻みたかったから、彼らは受賞できなかったと考えている。クラブで決定的な仕事をした2人が外れたことはアンフェアだと思う」<br><br>2018年のバロンドールでC・ロナウドは2位に入ったものの、メッシに至っては2007年以降トップ3を逃したのは初めてのことで、投票結果は5位に終わっている。<br><br>提供:goal.com 2018.12.08 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベが強すぎる! 開幕15戦の勝ち点、欧州5大リーグ新記録

▽ユベントスが強すぎる。 ▽ユベントスは7日に行われたセリエA第15節で3位のインテルと激突。66分に生まれた元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチのゴールが決勝点となり、リーグ6連勝を飾った。 ▽これにより、セリエA8連覇にまい進を続けるユベントスは開幕から15戦無敗(14勝1分け無敗)。暫定ながら2位のナポリに11ポイント差をつけ、首位をより確固たるものにした。 ▽データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』によれば、リーグ開幕15試合終了時点の勝ち点43という数字は、欧州5大リーグの新記録だという。 ◆ユベントスの開幕15試合成績 第1節vsキエーボ 3-2 ◯ 第2節vsラツィオ 2-0 ◯ 第3節vsパルマ 2-1 ◯ 第4節vsサッスオーロ 2-1 ◯ 第5節vsフロジノーネ 2-0 ◯ 第6節vsボローニャ 2-0 ◯ 第7節vsナポリ 3-1 ◯ 第8節vsウディネーゼ 2-0 ◯ 第9節vsジェノア 1-1 △ 第10節vsエンポリ 2-1 ◯ 第11節vsカリアリ 3-1 ◯ 第12節vsミラン 2-0 ◯ 第13節vsSPAL 2-0 ◯ 第14節vsフィオレンティーナ 3-0 ◯ 第15節vsインテル 1-0 ◯ 2018.12.08 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 1-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第15節、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、1-0でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 運にも助けられ無失点で勝利に貢献 DF 2 デ・シリオ 5.5 サイドを走り回り攻守に貢献 19 ボヌッチ 6.0 読みの利いたシュートブロックで相手の決定機を阻止 3 キエッリーニ 6.5 空中戦に強さを見せた。こちらも鋭いシュートブロックで無失点に抑えた 20 カンセロ 6.0 マンジュキッチのゴールをお膳立て。効果的に攻撃に参加していた MF 5 ピャニッチ 6.0 相手の攻撃にいつでも対応できる絶妙なポジショニング (→エムレ・ジャン -) 30 ベンタンクール 6.0 守備に重きを置きながらも要所で攻撃参加。前半には先制のチャンスも 14 マテュイディ 6.0 中盤から激しいプレスでインテルを嫌がらせた FW 10 ディバラ 5.5 ゴールに絡めずも何度か惜しいシュートを放った (→ドグラス・コスタ 5.5) 途中交代から攻撃にアクセント 17 マンジュキッチ 6.5 インテル戦初ゴールとなる決勝弾を記録 7 C・ロナウド 5.5 徹底マークに遭い、なかなか勝負所を作れなかった 監督 アッレグリ 6.5 長所を封じられながらも勝負強さを見せて15戦無敗。無敗優勝も現実味を帯びてきたか ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 失点はノーチャンス。要所で好セーブが光った DF 2 ヴルサリコ 5.5 ガリアルディーニとのコンビでC・ロナウドに自由を与えなかった 23 ミランダ 5.0 光るところがなかった 37 シュクリニアル 5.5 空中戦で劣るところがあったものの、統率の取れた守備を続けた 18 アサモア 5.0 失点シーン、マンジュキッチにマークを振り切られてしまった MF 77 ブロゾビッチ 5.5 前半には相手の決定機を阻止するビッグプレー。試合を通して守備への貢献が目立った 5 ガリアルディーニ 5.5 右サイドで攻守に貢献。切り替えが早かった (→ケイタ 5.0) 途中出場も見せ場なく 15 ジョアン・マリオ 5.5 豊富な運動量でいろんな場面に顔を出した (→L・マルティネス 5.0) 試合終盤に同点チャンスもあったが… FW 16 ポリターノ 5.5 ウイングでも若干低めの位置を取りつつ前線からのチェック。攻撃のアクセントにも (→ボルハ・バレロ 5.0) ピッチ上に変化をもたらせたが通じなかった 9 イカルディ 4.5 相手のマークに遭いシュート0本に終わった 44 ペリシッチ 5.5 攻撃では最も気を吐いた男。が、今日は同胞のマンジュキッチに軍配 監督 スパレッティ 5.5 試合を通して互角に戦った。前半の決定機が決まっていれば… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マンジュキッチ(ユベントス) ▽なかなかシュートチャンスが来ない中で、虎視眈々とゴールを狙い続けていた。ウノ・ゼロ勝利にインテル戦初ゴールを決めるところはさすがの一言。 ユベントス 1-0 インテル 【ユベントス】 マンジュキッチ(後21) 2018.12.08 06:52 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース