アトレティコ、シメオネ監督と契約延長へ2018.11.15 21:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーを指揮するディエゴ・シメオネ監督(48)の契約延長が近づいているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽2011年からアトレティコの監督を務めているシメオネ監督。当初は1年半契約だったが、就任1年目にヨーロッパリーグ(EL)を優勝すると、翌シーズンにはコパ・デル・レイとUEFAスーパーカップの2冠を達成し、2013年3月に4年間の契約延長を勝ち取った。2013-14シーズンにはバルセロナとレアル・マドリーの2強だったリーガエスパニョーラを制するなど、世界有数の名指導者になっている。

▽今回伝えられるところによると、夏から新契約締結に動いていたアトレティコはシメオネ監督に対し、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを上回る年俸を提示した模様。

▽一方で、シメオネ監督側は、契約が残っている場合でも容易に退任ができる条項を盛り込むことを要求しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

グリーズマン、アトレティコ通算130得点でトーレス超え! 歴際5位に

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがクラブ通算得点で歴代5位に躍り出た。 グリーズマンは16日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のラージョ戦で74分に先制ゴール。試合はこれが決勝点となり、連敗を止めたアトレティコは3試合ぶり白星を手にした。 アトレティコによると、グリーズマンはこのゴールでクラブ通算130点目を記録し、FWフェルナンド・トーレスを抜いて単独5位に躍り出た。なお、1位は172得点のルイス・アラゴネス氏だ。 ラージョ戦のゴールで、今季リーグ戦ゴール数を12としたグリーズマンだが、先月26日に行われたリーガ第21節のヘタフェ戦で10点目を記録し、レアル・ソシエダ時代の2012-13シーズンから続けていたリーグ戦での二桁ゴール記録を7年に更新していた。 2019.02.17 04:07 Sun
twitterfacebook
thumb

グリーズマン幸運弾に守護神オブラクが躍動! 辛勝アトレティコが連敗ストップでCLユーベ戦へ《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節、ラージョvsアトレティコ・マドリーのマドリード自治州ダービーが16日に行われ、アウェイのアトレティコが1-0で勝利した。 前節、宿敵レアル・マドリーとのダービーで大敗し、今季初のホーム黒星と連敗を喫したアトレティコは3位に転落。来週にユベントスとのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を控える中、勝利を取り戻したいロヒブランコは18位に低迷するラージョとの自治州ダービーに臨んだ。 前節のレアル・マドリー戦からは先発3人を変更。出場停止のトーマス、負傷のリュカ、レマルに代えてフィリペ・ルイス、ロドリゴ・エルナンデス、ビトロを起用。また、負傷明けのジエゴ・コスタがベンチに入った。 連敗ストップを目指すアトレティコは開始2分にグリーズマンの右サイドからのアーリークロスに反応したサウールが際どいヘディングシュートを放つ上々の入りを見せる。 しかし、その後は守備時に5バックで守りきっちり中央のスペースを消す相手の守備を前になかなか効果的な攻めを見せられない。 完全に攻めあぐねる状況が続くアウェイチームは徐々に不用意なボールの失い方からカウンターを許し始める。25分と34分にはいずれもデ・トーマスの巧みなポストワークからエンバルバにボックス内への侵入を許し、続けて決定的なシュートを許す。だが、ここはGKオブラクの好守で凌ぐ。その後、セットプレーのサインプレーからボックス左にフリーで抜け出したフィリペ・ルイスのクロスから決定機も、ここは相手DFにディフレクトしてゴール前に飛び込んだゴディンは合わせ切れず。 前半をシュート2本の低調な内容で終えたアトレティコは、後半も思うように決定機を作り出せない。何とか流れを変えたいシメオネ監督はコレアとビトロの両サイドハーフに代えて古巣対戦のジエゴ・コスタとレマルを60分に同時投入。この交代でグリーズマンとレマルの両サイドハーフにモラタとジエゴ・コスタの2トップという攻撃的な布陣にシフトする。 ジエゴ・コスタの投入により前線の収まりどころができたアトレティコは74分にようやくゴールをこじ開ける。左サイドからのクロスをDFがクリアし損ねると、ゴール前のモラタがマイナスに落とす。これをグリーズマンが左足ボレーで合わせると、相手DFの胸に当たって大きくコースが変わったボールがニアポストに吸い込まれた。 幸運な形から先制に成功したアトレティコは直後にロドリゴ・エルナンデスを下げてサビッチを投入。この交代でホセ・ヒメネスを中盤に上げてモラタを最前線に配した[4-1-4-1]に変更。逃げ切り態勢に入った。 その後、幾度かのカウンターチャンスを逸したアトレティコは後半アディショナルタイムにポソの左クロスからアブドゥライ・バに打点の高いヘディングシュートを許すが、この試合再三の好守を見せたGKオブラクが冷静にキャッチし事なきを得た。 低調な試合内容ながらも勝負強さを生かして勝ち切ったアトレティコがリーガの連敗をストップすると共に、今週に2022年までの新契約にサインした闘将を勝利で祝った。 2019.02.17 02:11 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ、契約延長の理由は「選手たちの存在。私の最高の遺伝子、競争心を掻き立てる」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、2022年まで契約を延長した理由として選手たちの存在を挙げている。<br><br>先にアトレティコとの契約を2022年まで延長したシメオネ監督。16日のリーガエスパニョーラ第24節、敵地バジェカスでのラージョ・バジェカーノ戦の前日会見に出席したシメオネ監督は、契約を延長した理由を次のように説明している。<br><br>「契約延長を後押ししたのは、選手たちだ。私たちは成長していけるし、競い、闘い続けることができる。それが競争に臨むという私の最高の遺伝子を掻き立てるんだよ」<br><br>「2022年の契約延長によって、これから望むこと? 自分は望むのではなく、与える場所にいる。私は7年にわたってこの仕事を行ってきた。監督として、選手たちに競争に望むための手段を与えたい」<br><br>また自身がアトレティコにとって、バルセロナにおける故ヨハン・クライフ氏のような存在かと問われると、こう返した。<br><br>「行ってきたことを分析するために立ち止まりはしない。。フットボールと人生は、今、何ができるかに依存している。私たちは大きな挑戦に立ち向かっているんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 22:56 Sat
twitterfacebook
thumb

F・トーレスら育てたアトレティコの元下部組織責任者、過去に性的虐待を行っていたと告発される

現サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスの才能を発見し、育てた人物でもあるアトレティコ・マドリーの元下部組織責任者アンヘル・マヌエル・ブリニャス氏が過去に性的虐待をしていた事実を認めた。スペイン『エル・パイス』が報じている。<br><br>現在88歳のブリニャス氏は、過去20年にわたってアトレティコ下部組織責任者を務めていた人物。ラウール・ゴンサレス氏(後にレアル・マドリーの下部組織に移籍)やF・トーレスの才能を見出した人物でもあり、トーレスはアトレティコ通算100得点目を同氏に捧げている。そんなブリニャス氏は、過去に性的虐待を行っていたとして被害者から告発された。<br><br>被害者のH・M氏によれば、ブリニャス氏がマドリーのカラバンチェル地域にある学校の体育部門やスカウトの責任者を務めていた1973~1975年、夏のスクールキャンプなどで性的虐待を受け続けたという。<br><br>H・M氏はスペインの一般紙『エル・パイス』に対して、「彼はテントで僕に近づいてきた。何が起こったのか分からず、それ以降は彼から離れて眠ることに必死だった」と証言している。<br><br>ブリニャス氏は同紙に対して、そうした行為に及んだことを認めた。ただし「あれはアクシデントだった。結婚するはずの女性が亡くなった直後だった。しかし1回か2回の話であり、すぐに止めている」と数年にわたって虐待し続けたことをは否定している。<br><br>『エル・パイス』はその後、新たに4人の性的虐待の被害者の証言を紹介。被害者たちの証言によると、ブリニャス氏は臀部をまさぐったり、マスターベーションを強要したり、マッサージのクリームと称して精液を浴びせたりするなどの行為に及んでいたという。すべての証言を合わせると、そうした虐待を行っていた期間は1972年から1985年までとなる。<br><br>アトレティコは先に行われたFWアルバロ・モラタの入団発表でもブリニャス氏を登壇させるなどしたが、今回の報道を受けて同氏との関係を解消することを発表。クラブでも独自に調査を進める意向も示している。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第24節プレビュー】前節アラベスデビューの乾が早くも古巣対戦!

先週末に行われた第23節では注目の上位対決となったアトレティコ・マドリーとレアル・マドリーによるマドリード・ダービーを制したレアル・マドリーが2位に浮上。さらに、首位のバルセロナ、4位のセビージャがいずれもドローに終わった。また、MF乾貴士がアラベスデビューを飾り、先発出場で勝利に貢献している。 チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメント1回戦を挟んで行われる今節は上位チームが比較的下位チームとの対戦となっており、前回のような波乱は起きないはずだ。その中で注目を集めるのは6位のアラベス(勝ち点35)が、7位のベティス(勝ち点32)のホームに乗り込む一戦だ。 昨夏加入したベティスでポジション争いに敗れ、アジアカップ参戦後、アラベスにレンタル移籍した乾は、デビュー戦となった前節のレバンテ戦でいきなり先発デビューを飾り、決定機逸でデビューゴールこそ逃したものの、チームの5試合ぶり勝利に大きく貢献した。そして、デビュー戦で信頼を勝ち取った乾は今節、数週間前まで本拠地としていたエスタディオ・ベニート・ビジャマリンに乗り込む。前節、レガネスに大敗したうえ、ミッドウィークにELレンヌ戦を戦い疲弊するレンタル元に対して存在感を示したい。 前節、アスレティック・ビルバオ相手に今季初のリーグ戦無得点でドローに終わった首位のバルセロナ(勝ち点51)は公式戦3戦連続ドローとやや調子が下降気味だ。来週ミッドウィークにCLリヨン戦を控える中で行われる今節は15位のバジャドリー(勝ち点26)をホームで迎え撃つ。1試合平均1得点以下と深刻な得点力不足で下位に沈む昨季セグンダ王者だが、堅守を生かした粘り強いスタイルは上位チームを苦しめている。したがって、ターンオーバーを採用する中でやや迫力を欠く攻撃陣が前半のうちにゴールを奪い、ラクな展開に持ち込みたい。なお、同試合では今冬トゥールーズから加入した若手DFトディボもデビューも見込まれている。 そのバルセロナに勝ち点6差に迫るレアル・マドリーは前節、アトレティコを敵地で粉砕する会心の勝利で目下リーガ5連勝と最も調子が良いチームだ。ミッドウィークに行われたCLアヤックス戦ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助けを借りる辛勝ながらも敵地で2-1の先勝に成功。そして、今節は前回対戦で4-1、コパ・デル・レイでも大勝を収めている17位のジローナ(勝ち点24)と対戦。いくつかのポジションでターンオーバーを行う可能性が高いが、公式戦6連敗中で13戦未勝利の絶不調の相手に取りこぼす可能性は低い。 前節、宿敵とのダービーで大敗し、今季初のホーム黒星と連敗を喫したアトレティコは3位に転落。さらに、来週にはユベントスとのCL初戦を控えている。その大一番を前に勝利を取り戻したいロヒブランコは18位に低迷するラージョ(勝ち点23)との自治州ダービーに挑む。対戦相手も連敗中という状況の中、FWモラタに移籍後初ゴールが生まれれば、CLに向けて大きな弾みとなるが果たして…。 そのほかでは5位に浮上したMF柴崎岳を擁するヘタフェ(勝ち点35)と、10位のエイバル(勝ち点35)が対峙するフライデーナイト開催の一戦。また、共にELを戦った19位のビジャレアル(勝ち点20)と、4位のセビージャ(勝ち点37)の名門対決も要注目だ。 《リーガエスパニョーラ第24節》 ▽2/15(金) 《29:00》 エイバル vs ヘタフェ ▽2/16(土) 《21:00》 セルタ vs レバンテ 《24:15》 ラージョ vs アトレティコ・マドリー 《26:30》 レアル・ソシエダ vs レガネス 《28:45》 バルセロナ vs バジャドリー ▽2/17(日) 《20:00》 レアル・マドリー vs ジローナ 《24:15》 バレンシア vs エスパニョール 《26:30》 ビジャレアル vs セビージャ 《28:45》 ベティス vs アラベス ▽2/18(月) 《29:00》 ウエスカ vs ビルバオ 2019.02.15 19:00 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース