パコ・アルカセルが凄すぎる! 5大リーグ断トツNo.1の得点率2018.11.14 18:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルが、欧州No.1の得点率を誇っている。スペイン『マルカ』が称賛した。

▽アルカセルは、今夏にバルセロナからドルトムントに買い取りオプション付きのレンタルで加入し、公式戦23試合7ゴール4アシストに終わった昨シーズンが嘘のように爆発。ここまでブンデスリーガ6試合に出場して8ゴールを奪っている上に、先発出場はわずか2試合のみだ。

▽凄まじいまでの得点率を記録するアルカセルを、『マルカ』が称賛。5大リーグの内、5試合以上に出場している選手の中では、プレー時間当たりの得点数が抜きん出ている。

1G当たりの所要時間(今季5大リーグ5試合以上出場)
1位パコ・アルカセル(25)/ドルトムント
[6試合8G 29分間]
2位レイス・ネルソン(18)/ホッフェンハイム
[7試合6G 55分間]
3位ルカ・ヨビッチ(20)/フランクフルト
[9試合9G 62分間]
4位キリアン・ムバッペ(19)/パリ・サンジェルマン
[9試合11G 64分間]
5位アルフレッド・フィンボガソン(29)/アウグスブルク
[6試合7G 70分間]
6位エミリアーノ・サラー(28)/ナント
[12試合11G 77分間]
7位エディンソン・カバーニ(31)/パリ・サンジェルマン
[8試合8G 82分間]
コメント
関連ニュース
thumb

ロナウジーニョに憧れていたサンチョの今好きな選手は?「相手をからかうプレーは良くないけど…」

▽ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョが、自身のアイドルについて明かした。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽マンチェスター・シティ下部組織出身のサンチョはトップチーム契約を打診されるも、プレー機会を求めて昨夏にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガで12試合1ゴール4アシストに留まったが、今シーズンはここまで公式戦21試合で6ゴール9アシストを記録している。 また、10月にフル代表デビューを飾るなど、急速に評価を高めている。 ▽そのサンチョは昔からトリックスターが大好きな模様。少年時代は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏に憧れていたことを告白し、現在の好きな選手についてはブラジルが誇るあの選手を挙げた。 「子どもの頃、僕のお気に入りの選手はロナウジーニョだった。それはもう間違いない。彼は偉大な選手でいつも笑顔でプレーしていた」 「今だとネイマールかな。彼は他の選手とは違う。相手をからかうようなプレーは良くないことだけど、彼は自分自身を表現している。そこが大好きなんだ。多くの人たちは自分らしさを出すことに物怖じしないかもしれないが、彼ほど自分らしさを出すことはなかなかできることではないよ」 「人と違うことをすれば目立つ。そして、僕はそれが好きだ。人が異なることは個性であり、ピッチで個性を観ることは毎日できることではないからね」 2018.12.10 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチョ&デラネイ弾でドルトムントがシャルケとのレヴィア・ダービーを制す《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、シャルケvsドルトムントの“レヴィア・ダービー”が8日に行われ、1-2でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節フライブルク戦をロイスのPK弾と試合終了間際のアルカセル弾で2-0と辛勝してリーグ戦4連勝とした首位ドルトムント(勝ち点33)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を控える中、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽昨季、壮絶な4-4の打ち合いを演じた12位シャルケ(勝ち点14)との今季最初のダービー。[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは、3トップに右からサンチョ、アルカセル、ラーセン、トップ下にロイスと並べた。そのドルトムントがシャルケにポゼッションを譲る慎重な入りを見せた中、最初のチャンスを生かして7分に先制する。左サイド絞った位置からのロイスの鋭いFKを、デラネイがヘッドで流し込んだ。 ▽先制後、前がかるシャルケをいなすドルトムントは18分、アルカセルがボックス手前左から際どいミドルシュートを浴びせて牽制。 ▽一方、追うシャルケは28分に決定機。CKの流れからゴール前のブルクシュタラーが右足でシュートに持ち込むも、GKビュルキに好守で阻まれた。 ▽前半半ば以降は互角の攻防が続いた中、シャルケは37分にブルクシュタラーが足を負傷してメンディルとの交代を強いられ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もシャルケがややポゼッションで勝る中、ドルトムントは57分にPKを献上する。クロスのルーズボールをボックス右のアリが拾うとロイスに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをカリジウリが決めて試合を振り出しに戻した。 ▽失点を受けてラーセンに代えてラファエウ・ゲレイロを投入したドルトムントは、74分に勝ち越した。ラファエウ・ゲレイロのパスを受けたサンチョがドリブルでボックス左に侵入。身体を開いてうまくゴール右にシュートを流し込んだ。 ▽再び追う展開となったシャルケはオチプカに代えてコノプリャンカを投入。しかし、85分にラファエウ・ゲレイロのシュートがポストに直撃するなど、3点目に迫ったドルトムントが2-1で逃げ切り。ダービーを競り勝ち、リーグ戦5連勝とした。 2018.12.09 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

出場機会減のヴァイグル、ローマにレンタルか

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(23)にローマ行きの可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2015年夏に1860ミュンヘンからドルトムントに加入して間もなく定位置の座を掴み取り、新たな注目株として名を轟かせたヴァイグル。だが、今シーズンは、ルシアン・ファブレ新監督の下で出場機会を減らしており、ブンデスリーガ3試合の出場にとどまっている。 ▽そのヴァイグルを巡っては現在、ミランが動向を追っているとされるが、本命はチェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスだという。そうした中で、ヴァイグルを狙うローマは来年1月の獲得に向け、既に代理人と接触した模様だ。 ▽なお、ドルトムントは2021年まで契約を残しているヴァイグルを手放すとなれば、レンタル移籍を検討しているとみられる。 2018.12.08 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第14節プレビュー】レヴィア・ダービー開催、久保がバイエルンと対戦

▽前節は首位ドルトムント(勝ち点33)と4位バイエルン(勝ち点24)が順当に勝利し、ライプツィヒが2位ボルシアMG(勝ち点26)との上位対決を制した。そして大迫がバイエルン相手に今季3ゴール目を記録している。迎える第14節、土曜にシャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが開催される。 ▽前節フライブルク戦をロイスのPK弾と試合終了間際のアルカセル弾で2-0と辛勝してリーグ戦4連勝としたドルトムント。火曜にチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を控えるが、勝利した上でアトレティコ・マドリーがクラブ・ブルージュに勝利を逃すことが逆転での首位通過の条件なため、ダービーに勢力を傾けたい状況だ。昨季は壮絶な4-4の打ち合いを演じたダービーだが、12位と低調なシーズンを送っているシャルケ(勝ち点14)を下して更なる首位固めとなるか。 ▽バイエルンは前節ブレーメン戦をニャブリの古巣に対するドッペルパックで逃げ切り勝利を飾り、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にした。そのバイエルンは久保の15位ニュルンベルク(勝ち点11)とホームで対戦する。水曜には首位通過を懸けたCLアヤックス戦を控えるが、リーグ戦2連勝としてドルトムントを追走できるか。 ▽一方、前節レバークーゼン戦で2試合連続スタメンとなった久保は、水溜まりのピッチにも苦しんで見せ場を作ることができなかった。バイエルン相手に出場のチャンスがあった際には大迫に続くゴールを狙いたい。 ▽今節は大迫と宇佐美の日本人対決が金曜に開催される。前節バイエルン戦で今季3ゴール目を記録した大迫だがチームは1-2と敗戦し、9位に後退した。5試合勝利がない中、今節こそは大迫のゴールで勝利を取り戻して浮上のキッカケを掴みたい。 ▽対する宇佐美は前節マインツ戦で4試合ぶりに先発を外れた中、終盤に出場したものの大きな見せ場を作ることはできなかった。そんな中でチームも敗れて最下位に沈んでいる状況だが、大迫の前でゴールを決めて最下位からの脱出を狙う。 ▽ヴォルフスブルクに1-2と競り負けて8試合ぶりの黒星を喫し、2位浮上のチャンスを逸した5位フランクフルト(勝ち点23)は、7位ヘルタ・ベルリン(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。ヴォルフスブルク戦ではカウンターを狙われて攻守に良さを出せなかったフランクフルトだが、長谷部は守備を修正してチームに勝利を取り戻させることができるか。 ▽最後に原口と浅野が所属する17位ハノーファー(勝ち点9)は、10位マインツ(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。古巣対決となった前節ヘルタ戦では原口が途中出場となった中、見せ場を作れずチームを敗戦から救うことはできなかった。いよいよ降格圏に沈んでしまった中、原口と浅野はチームを勝利に導くゴールで貢献したい。 ◆ブンデスリーガ第14節 ▽12/7(金) 《28:30》 ブレーメン vs デュッセルドルフ ▽12/8(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs ホッフェンハイム フライブルク vs ライプツィヒ バイエルン vs ニュルンベルク レバークーゼン vs アウグスブルク シャルケ vs ドルトムント 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs フランクフルト ▽12/9(日) 《23:30》 マインツ vs ハノーファー 《26:00》 ボルシアMG vs シュツットガルト 2018.12.07 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「最も親しいのは香川真司。ダービーに出て欲しいね」“兄貴分”が熱いエール

ボルシア・ドルトムントは、8日に行われるブンデスリーガ第14節で敵地シャルケでの&ldquo;ルールダービー&rdquo;に臨む。この一戦に向けて胸を熱くしている元ドルトムントのケヴィン・グロスクロイツは『シュポルト1』のインタビューに応じ、MF香川真司についても語った。<br><br>元ドイツ代表でもあり、ドルトムント生まれのグロスクロイツ。現在はドイツ3部のユルディンゲンでプレーする30歳は、ドルトムントの熱狂的なファンでもあることが知られており、今でも古巣へ強い想いを持っている。インタビューでは「当然ながらドルトムントに勝ってほしい。2-0、3-0とかでね。そうすれば完璧だし、街全体がお祭り騒ぎになれるからね」と明かすと、ルシアン・ファーヴル監督が率いる今シーズンのチームについて次のように語った。<br><br>「今のところ本当に上手くやっているし、ちょっとばかり僕らの時代を思い出させてくれている。非常にハングリーなグループで、アクセル全開でプレーする。首位に立つのにふさわしいけど、これからも常に全力で臨んでほしいね」<br><br>グロスクロイツは「僕のクラブだ。今でもみんなと連絡し合っているよ。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケ(CEO)ともね」と古巣との関係は良好であることを強調。ドルトムントで過ごした最高の時期は「最初のリーグタイトル(2010-11シーズン)と2冠(2011-12)を獲得したとき。誰も僕たちの躍進を予想していなかったのでね」と振り返った。<br><br>また、現ドルトムントで最も親しい選手について問われると、「僕の&ldquo;リトルフレンド&rdquo;の香川真司だよ」と即答。「なんとか土曜日の試合に出られることを祈っている。彼はダービーに強いからね」と、&ldquo;兄貴分&rdquo;は過去のシャルケ戦で輝いていたことにも触れた。<br><br>先日、スペイン行きを希望していることを告白した香川。クラブ側は移籍要請を受け入れる構えを示したと言われる中、親友が期待するようにダービーで出番が回ってくるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.06 19:27 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース