元ロシア代表FWアルシャビンが37歳で現役引退! ゼニトやアーセナルで活躍2018.11.12 13:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カザフスタンのカイラトに所属する元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン(37)が、今季限りでの現役引退を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽先週初め11日に行われる今季カザフスタンリーグ最終節のシャフチョール・カラガンダ戦を最後に現役引退の意向を示していたアルシャビンは、自身ラストマッチとなった同試合に後半の50分から途中出場。だが、試合はゴールレスドローに終わり、有終の美を飾ることは叶わなかった。

▽なお、カイラトは今月24日に国内カップ決勝のアティラウ戦を残しているものの、アルシャビンは同試合でプレーすることはないようだ。また、引退後は指導者としての道を歩むことも決定している。

▽ゼニトでプロキャリアをスタートさせたアルシャビンは、2006-07シーズンにリーグ最優秀選手賞を受賞。また、ロシア代表として臨んだユーロ2008での活躍を受け、2009年2月に引き抜かれる形でアーセナルに移籍した。アーセナルでは2009年4月のリバプール戦で1試合4ゴールの圧巻のパフォーマンスを披露しサポーターのハートを一気に掴むなど公式戦144試合31得点の記録を残した。

▽その後、ゼニトに復帰を果たすも2014-15シーズン終了後に契約満了で退団。母国クバン・クラスノダールでの1年間のプレーを経て、2016年に加入したカイラトでは在籍3年間で公式戦97試合に出場し28ゴール34アシストの数字を残した。

▽また、2002年にデビューを果たしたロシア代表では通算76試合に出場し16ゴールを記録。ワールドカップ本大会でのプレーは叶わなかったものの、2度のユーロ本大会出場を果たしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

リンデロフ&ベリ弾のスウェーデンがロシアに快勝、逆転でリーグA昇格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ2のスウェーデン代表vsロシア代表が20日に行われ、2-0でスウェーデンが快勝した。 ▽勝利すれば逆転でのリーグA昇格が決まる2位スウェーデン(勝ち点4)と、引き分け以上でリーグA昇格が決まる首位ロシア(勝ち点7)の一戦。 ▽開始5分にオルソンのミドルシュートでゴールに迫ったスウェーデンが攻勢に出る立ち上がりとなると、11分にはベリのヘディングシュートでロシアを牽制していく。 ▽その後も押し込むスウェーデンは22分、M・オルソンがスルーパスに抜け出してネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。さらに31分、左CKからグランクヴィストのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルニョフの好守に阻止された。 ▽それでも41分、スウェーデンが押し切る。右CKのルーズボールをボックス中央のリンデロフが左足ボレーで蹴り込んだ。 ▽劣勢のロシアは迎えた後半、ポロズに代えてカンバロフを投入する。しかし、引き続き攻め手を見いだせず、スウェーデンペースが続いた。 ▽そして72分、スウェーデンが勝負を決定付ける。ボックス左からのクロスをラーションがダイレクトで合わせたシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをベリが押し込んだ。 ▽これで勝負は決し、スウェーデンが2-0で快勝。逆転でリーグAへの昇格を決めた。その他、リーグAへの昇格を決めたのはウクライナ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、デンマークとなっている。 2018.11.21 06:43 Wed
twitterfacebook
thumb

若手躍動のドイツが久々の快勝、ロシアに3発《国際親善試合》

▽ドイツ代表は15日、国際親善試合でロシア代表とホームで対戦し、3-0で快勝した。 ▽先月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2試合を連敗したドイツは、4日後にUNL最終戦のオランダ代表戦を控える中、[3-4-3]を採用。GKにノイアー、3バックに右からギンター、ジューレ、リュディガー、中盤に右からケーラー、キミッヒ、ハフェルツ、ヘクター、3トップに右からニャブリ、ヴェルナー、ザネと並べた。 ▽5日後にUNL最終戦のスウェーデン代表戦を控えるロシアに対し、立ち上がりからドイツが仕掛けると、8分に先制した。ケーラーのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス右から折り返し、ザネが難なく押し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るドイツは23分、ハフェルツの左クロスにザネがヘディングで合わせたシュートはGKの守備範囲に飛ぶ。それでも26分、右CKからルーズボールを拾ったジューレ右足で蹴り込み、リードを広げた。 ▽一方的な展開とするドイツは30分にヘクターがボレーシュートで牽制すると、40分に3点目を奪った。ハフェルツのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス中央に侵入し、GKとの一対一を制した。 ▽後半開始直後、イオノフに際どいシュートを打たれたドイツだったが、その後は試合をコントロール。互いに選手も入れ替えたことで試合のテンションは落ち、そのまま3-0でドイツが勝利。不振に喘いでいたドイツが若手の躍動で久々の快勝としている。 2018.11.16 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

最終戦のスウェーデン戦に臨む首位ロシアがメンバー発表《UEFAネーションズリーグ》

▽ロシアサッカー連合(RFS)は5日、今月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19と国際親善試合に臨む同国代表メンバー26名を発表した。 ▽先月行われたUNL2戦目のスウェーデン代表戦を0-0で引き分け、同3戦目のトルコ代表戦を2-0と勝利し、2勝1分けの首位としたロシアは、最終戦のスウェーデン戦で勝利すればグループAへの昇格が決まる中、MFアレクサンドル・ゴロビン(モナコ)、MFデニス・チェリシェフ(バレンシア)、FWアルチョム・ジューバ(ゼニト)といった主力が選出されている。 ▽UNL 2018-19・リーグB・グループ2に属するロシアは、15日にドイツ代表との国際親善試合をアウェイで、20日にUNL最終戦のスウェーデン戦をアウェイで戦う。ロシア代表メンバー26名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ロシア代表メンバー26名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">アンドレイ・ルニョフ</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">ギリェルメ</span>(ロコモティフ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">アントン・シュニン</span>(ディナモ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ゲオルギ・ジキヤ</span>(スパルタク・モスクワ) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・セミョノフ</span>(テレク) <span style="font-weight:700;">コンスタンティン・ラウシュ</span>(ディナモ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">イェゴール・ソロキン</span>(ルビン・カザン) <span style="font-weight:700;">ヒョードル・クドリャショフ</span>(ルビン・カザン) <span style="font-weight:700;">キリル・ナバブキン</span>(CSKAモスクワ) <span style="font-weight:700;">マリオ・フェルナンデス</span>(CSKAモスクワ) <span style="font-weight:700;">ロマン・ノイシュテッター</span>(フェネルバフチェ/トルコ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">イルザット・アフメトフ</span>(CSKAモスクワ) <span style="font-weight:700;">ユーリ・ガジンスキー</span>(FCクラスノダール) <span style="font-weight:700;">ダレル・クジャイェフ</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">アレクサンドル・エロヒン</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">アレクセイ・イオノフ</span>(ロストフ) <span style="font-weight:700;">ロマン・ゾブニン</span>(スパルタク・モスクワ) <span style="font-weight:700;">アントン・ミランチュク</span>(ロコモティフ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">アレクセイ・ミランチュク</span>(ロコモティフ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">ルスラン・カムボロフ</span>(ルビン・カザン) <span style="font-weight:700;">デニス・チェリシェフ</span>(バレンシア/スペイン) <span style="font-weight:700;">アレクサンドル・ゴロビン</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アルチョム・ジューバ</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">アントン・ザボロトニー</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">ドミトリー・ポロズ</span>(ルビン・カザン) <span style="font-weight:700;">ヒョードル・チャロフ</span>(CSKAモスクワ) 2018.11.06 03:12 Tue
twitterfacebook
thumb

まさに奇跡体験! アンビリー○○ー ロシアで7年前と全く同じ奇跡的なゴール!

▽先日に行われたロシア3部リーグの一戦でまさに奇跡体験! アンビリー○○ーのような奇跡的なゴールが生まれた。イギリス『101greatgoals』が伝えている。 ▽『101greatgoals』が伝えるところによれば、この奇跡的なゴールが生まれたのは今月19日に行われたアラニア・ウラジカフカスvsヴォルガリ・アストラハンの一戦(4-1でアラニアが勝利)だった。 ▽そして、この奇跡を演出したのはヴォルガリに所属するロシア人DFロマン・ロクティオノフだった。同選手はこの試合の前半17分に相手陣内中央30メートル超の位置から右足で直接FKを狙うと、強烈な弾丸シュートがゴール右上隅を見事に射抜いた。 ▽もちろん、このゴールそれ自体が素晴らしいものだったが、このゴールを奇跡たらしめたのは同選手が7年前に同じ対戦相手、スタジアム、同じ時間、同じような位置からの直接FKを決めていたことだった。 ▽ステファノ・コンフォルティ氏が自身の公式ツイッター『@confortistefano』に投稿した短い動画にはロクティオノフが2011年と今回決めたゴールを比較した様子が映されていたが、そのゴールは極めて似ているまさに奇跡のゴールだった。 ◆まさに奇跡のゴール! https://twitter.com/confortistefano/status/1057198701335191552 2018.10.31 22:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ノイシュテッター&チェリシェフ弾でロシアがトルコ相手に2連勝!《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグBのグループ2、ロシア代表vsトルコ代表が14日に行われ、2-0でロシアが勝利した。 ▽前回対戦では2-1で勝利したロシアはここまで1勝1分けで首位に立つ。勝てばグループ突破がグッと近づくロシアは、スタメンにノイシュテッターやゴロビン、クジャイェフ、ジューバらが顔を揃えた。 ▽そのロシアを勝ち点「1」差で追うトルコは、前回のスウェーデン代表戦は後半アディショナルのゴールで劇的勝利。連勝を目指す今回はチャルハノールやトスン、ジェンギズ・ユンデルらが先発となった。 ▽互いに隙を与えない堅い展開を見せる試合は、トルコが先にチャンスを作った。16分、カウンターからチャルハノールが左サイドを侵攻。ゴール前の味方にクロスを送るも、DFにクリアされてしまった。 ▽その直後、ロシアもゴロビンのパスからゴールチャンスが訪れたがここは相手に軍配。さらにその後に得た右CKの場面、ファーサイドのジキヤの放ったシュートが左ポストを直撃。その跳ね返りをノイシュテッターが押し込んでロシアが先制した。 ▽前回の対戦に続いて先制点を奪われたトルコは33分にユンデルがボックスの外から強烈なシュートを放つが、GKギリェルメがファインセーブを見せる。さらに43分にも、味方のロングボールからユンデルがゴール前に飛び込むが、DFのチェックに遭いシュートできなかった。 ▽後半は互いに硬さがほぐれてきたか、よりオープンな展開に。後半開始早々からロシアが華麗なパスワークでトルコ守備陣を脅かすと、トルコも右サイドからロシアを攻略。CKの好機も訪れたが惜しくもゴールとはならなかった。 ▽56分には、トルコの相手陣内からのFKを跳ね返したロシアが、イオノフの右サイドの突破からチャンスに。そのイオノフのクロスにジューバが頭で合わせたが、惜しくも枠を捉えることができなかった。 ▽61分にはトルコのトスンがクロスの跳ね返りを狙っていったが、GKギリェルメがここでもファインセーブを見せた。 ▽ロシアは71分、クジャイェフを下げてチェリシェフを投入。この交代がすぐに功を奏す。投入から7分後の78分、GKのフィードからカウンター気味に右サイドを独走したゴロビンが、グラウンダーのクロスを供給。これに合わせたのがチェリシェフ。敵の裏を突いてフリーとなっていたチェリシェフがダイレクトでゴール右隅を突いて追加点を奪った。 ▽試合はそのまま終了。トルコ相手に2連勝を収めたロシアが勝ち点を「7」に伸ばし、グループ突破に大きく前進した。 2018.10.15 02:57 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース