スポルティング、元アヤックス指揮官のカイザー氏を新指揮官に招へい2018.11.10 13:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは9日、オランダ人指揮官のマルセル・カイザー氏(49)の新指揮官就任を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。

▽今月2日に今夏就任したジョゼ・ペセイロ前監督(58)との契約を解消したスポルティングは、その後任に元アヤックスの指揮官であるカイザー氏を招へいすることになった。

▽現役時代にアヤックスやカンブールで活躍したカイザー氏は、2007年から監督キャリアをスタート。古巣カンブールで指揮を執ると、2016年夏にはアヤックスのリザーブチームの指揮官に就任。

▽現在、同クラブの主力で活躍するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトらを育て上げた手腕が評価され、翌年にピーター・ボス監督の退任に伴い、トップチームの指揮官に昇格も成績不振とクラブ内部の権力争いに巻き込まれる形でシーズン途中に解任されていた。その後、直近まではUAEのアル・ジャジーラで指揮を執っていた。

▽なお、スポルティングはプリメイラ・リーガ第9節終了時点で首位ポルトと勝ち点2差の3位に位置し、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループE第4節終了時点でアーセナルに次ぐ2位に付けている。
コメント
関連ニュース
thumb

慶南FCが“アンリ2世”とも呼ばれたオランダ人FWカスタイニョスを獲得…ACLでは鹿島と同組

Kリーグ1の慶南FCは20日、スポルティング・リスボンからオランダ人FWルク・カスタイニョス(26)をフリートランスファーで獲得した。スポルティングは、19日に契約解除を発表していた。 カスタイニョスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2009年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にはインテルへと移籍した。 2012年7月にはトゥベンテへと移籍すると、2015年7月にはフランクフルトに加入。2016年8月にスポルティングへ完全移籍すると、2017年8月からはフィテッセにレンタル移籍。2018年1月に復帰していた。 フェイエノールトでは公式戦通算42試合に出場し15ゴールを記録。インテルでは8試合1ゴールと結果を残せなかったが、トゥベンテでは114試合で42ゴール11アシストを記録した。フランクフルトでは1シーズンで22試合に出場し5ゴール3アシスト。スポルティングでは17試合に出場しゴールはなかった。エールディビジでは通算159試合54ゴール11アシストを記録している。 世代別のオランダ代表にも選出され、16歳のときにU-17欧州選手権で得点王に。2009年のU-17ワールドカップにも出場。 2010年には、ソン・フンミンやネイマール、ロメル・ルカクらとともに、IFA公式サイトの10代の有望選手23人の中の1人として名を連ねていた。また、“アンリ2世”とも呼ばれていたが、本人が拒否していた。 慶南FCは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。グループEに入り、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、鹿島アントラーズ(日本)、山東魯能(中国)と同居している。 2019.02.20 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季21G11Aのブルーノ・フェルナンデスに関心か

リバプールがスポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『Correio de Manha』の情報を引用してイギリス『ミラー』が伝えている。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦38試合で21ゴール11アシストをマークしている。 リバプールでは現在、[4-2-3-1]のシステムを採用することが増加しており、ユルゲン・クロップ監督は中盤の強化を望んでいる模様。昨夏に目指していたリヨンに所属するフランス代表MFナビ・フェキル(25)の獲得は失敗したため、新たにブルーノ・フェルナンデスに白羽の矢を立てたようだ。 しかし、ポルトガル代表MFはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。とはいえ、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況だ。 この状況にはリバプールだけでなくミランも注視しており、どちらのクラブも契約解除金以下での獲得を狙っているようだ。 2019.02.20 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

スポルティング、元インテルのオランダ人FWカスタイニョスとの契約を解除

スポルティング・リスボンは19日、オランダ人FWルク・カスタイニョス(26)との契約を解除したことを発表した。 カスタイニョスはフェイエノールト下部組織出身のアタッカーで、2009年にトップチームに昇格。フェイエノールトでブレイクし、2011年にはインテルへと完全移籍するも、期待に応えられずわずか1年の在籍でトゥベンテへと移籍していた。 そのトゥベンテで復活を遂げ、2015年にフランクフルトへと移籍し、2016年からスポルティングに在籍。だが、主力になりきれず昨季はフィテッセにレンタル移籍し、今季はスポルティングに復帰していたものの、ポルトガルリーグで3試合に途中出場するに留まっていた。 2019.02.20 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ナニ、新天地をアメリカへ! オーランド・シティと3年契約締結!

MLS(メジャーリーグ・サッカー)のオーランド・シティは18日、元ポルトガル代表MFナニ(32)をスポルティング・リスボンからフリーで獲得したことを発表した。契約は3年となる。 スポルティングの下部組織出身のナニは、2007年に加入したマンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグ4回、FAカップ2回、チャンピオンズリーグ1回の優勝を経験。在籍期間8年で13ものトロフィーを獲得した。 その後、フェネルバフチェやバレンシア、ラツィオを渡り歩き、昨年6月に古巣のスポルティングに復帰。今季はここまでリーグ戦18試合、ヨーロッパリーグ5試合など公式戦28試合に出場し9ゴール7アシストを記録していた。 また、ポルトガル代表では112キャップを誇るナニは2016年のユーロは全試合に出場。フランス代表との決勝戦では延長戦にまで及んだ120分の死闘を戦い抜き優勝に貢献した。 なお、MLSは来月3日に開幕する。初戦の相手はニューヨーク・シティだ。 2019.02.19 02:29 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティング・リスボンの10番、元コロンビア代表FWモンテーロが退団

スポルティング・リスボンは15日、元コロンビア代表FWフレディ・モンテーロ(31)との契約を双方合意の下、解除したことを発表した。 2013年からスポルティングでプレーするストライカーのモンテーロは、同クラブで公式戦131試合に出場して46ゴール18アシストを記録。今季はポルトガルリーグで9試合に出場して2ゴール3アシストを、ヨーロッパリーグで5試合に出場して2ゴールをマークしていたが、負傷の影響もあって年明け以降は出場機会を得られずにいた。 また、2007年5月にデビューしたコロンビア代表ではこれまで4試合に出場していた。 なお、今後の去就に関しては2017年にレンタルで在籍したMLSのバンクーバー・ホワイトキャップス行きが報じられている。 2019.02.15 22:57 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース