ケガ人は多いけど…/原ゆみこのマドリッド2018.11.10 12:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽「一体、何を隠したいのかしら」そんな風に私がいぶかっていたのは金曜日、いやあ、前日のセッションをワンダ・メトロポリターノのジムで実施、ピッチでトレニーングしたのはGKだけだったアトレティコなんですけどね。一晩明けたマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場にはグラウンド周りの金網に幕が張られており、外から様子が覗けないようになっていたと聞いた時のことでした(https://as.com/futbol/2018/11/09/videos/1541772028_009012.html?autoplay=1)。確かに昨季まではほとんどのセッションを敷地内のミニスタジアムで人目に触れず、やっていたシメオネ監督だけに、「上のグラウンドは芝が良くない、カンテラ(アトレティコB)やラージョ・マハオンダ(ミニスタジアムをホームにしている2部Bのチーム)が練習するから、ユースや女子の試合があるからと、まったく使えないんだ」と嘆くのもわかりますけどね。

▽そこで「自分たちには下のグランドしかないから、entendemos que tener un poco de privacidad también es bueno para nosotros/エンテンデモス・ケ・テネール・ウン・ポコ・デ・プリバシダッド・タンビエン・エス・ブエノ・パラ・ノソトロス(プライバシーが少しあった方がいいと思った)」(シメオネ監督)という理由により、マスコミやファンたちから見えなくする手段を講じたようですが、もしや最近の負傷禍で試合翌日など、ピッチに出ているトップチームの選手は4、5人だけ。あとはカンテラから徴用したヘルプメンバーという悲惨な状態を世間にさらして、ファンに不安を与えたくなかった?

▽ちなみにこのフェンスを幕で覆うという方式はスペインのルイス・エンリケ監督も就任後、9月の練習から採用していて、ラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設のメイングランドもこれまで定番だった、谷を挟んだ道から撮影などができないようになってしまったんですが、どうにも昨今は世知辛い。来週木曜のネーションズリーグ最終戦、ファイナルフォー(準決勝)進出の懸かったクロアチア戦に向けて発表された招集リストでは待望のジョルディ・アルバ(バルサ)の復帰やCBエルモーソ(エスパニョール)、同ディエゴ・ジョレンテ(レアル・ソシエダ)、MFフォルナレス(ビジャレアル)、同ブライス・メンデス(セルタ)ら、馴染みでない顔もあって楽しみだったんですけどね。どうやらそれも合宿初日に1度だけある公開練習でしか見られないなんて、あまりに勿体ぶっているじゃないですか。

▽まあ、そのスペイン代表の話はまた来週にでもするとして、今はミッドウィークのCL4節のマドリッド勢の様子を伝えていくことにすると。まずは火曜の夜、ワンダ・メトロポリターノに向かった私でしたが、何せ3週間前にはジグナル・インドゥナ・パルクで4-0と大敗を喫したドルトムントが相手ですからね。ドイツから駆けつけた3000人以上のサポーターが、大音響で天井のスピーカーから聞こえてくるアトレティコのイムノ(クラブ歌)に負けじとばかりに声を張り上げている光景も圧巻でしたが、大丈夫。どうやらロドリも後で「Les hemos estudiado mejor/レス・エモス・エストゥディアドー・メホール(彼らをより良く研究した)」と言っていたように、この日のアトレティコは相手にカウンターのチャンスを作らせず。

▽それはどういうことかというと、単純に相手のホームでは52%もあったポゼッションを36%まで下げ、敵陣エリアを囲んで攻撃なんていう、不毛な状態になるのを避けただけなんでけどね。たまに彼らが上がる場合は速攻を心掛け、序盤から何度もコレアがシュートを撃っていたんですが、これは単なる威嚇に留まることに。それでも前半33分、サウールを起点にフィリペ・ルイスがエリア内に侵攻すると、今度は折り返しのパスをコレアがスルー。サウールがシュートしたボールがCBアカンジに当たってゴールを割り、先制点となってくれたから、どんなに大入りのスタンドが湧いたことか。

▽1-0で折り返したアトレティコはハーフタイムにヒメネスがハムストリングのケガを再発させ、折からサビッチ、ゴディンが負傷でベンチ入りしていなかったため、カンテラーノ(アトレティコBの選手)のモンテーロが先日のコパ・デル・レイ32強対決サン・アントレウ戦1stレグに続き、CLデビューを果たすなんてこともあったんですけどね。そんな苦境も、この日は選手たちに「Teniamos claro que con el 1-0 debiamos seguir en la misma dinámica/テニアモス・クラーロ・ケ・コン・エル・ウノ・セロ・デビアモス・セギール・エン・ラ・ミスマ・ディナミカ(1-0でもボクらは同じ勢いで続けるべきと明確に理解していた)。危険な場所でボールを保持せず、敵陣でプレーしないといけないとね」(ロドリ)という強い意志があったのが幸い。

▽得意の一歩後退をせず、チャンスを伺って攻めたおかげで34分にはとうとう、カウンターからジェルソン、トマスと繋いで、最後はアクラフが後ろから追うのもものともせず、グリーズマンが2点目のゴールを決めてくれたから、もう安心。いやあ、今季はまだ全然、エンジンがかかっていなかった彼なんですけどね。シメオネ監督も「Cuando el esta encendido y practico para leer por donde hacer dano, el equipo lo hace muy bien/クアンドー・エル・エスタ・エンセンディードーイ・プラクティコ・パラ・レエール・ドンデ・アセール・ダーニョ、エル・エキポ・ロ・アセ・ムイ・ビエン(彼が燃えていて、どこで敵にダメージを与えられるか読める時、チームはとても上手くやる)」と褒めていたように、バロンドール賞の投票締め切り前、これがアピールできる最後の試合だったのも当人を発奮させることになったのかも。

▽おかげで2-0勝利とリベンジを果たしたアトレティコは得失点差があるため、2位のままではありますが、ドルトムントと勝ち点で並び、今月28日のモナコ戦の結果次第ではグループ突破が決まることに。うーん、それにしても気になるのはこの週末のアスレティック戦。というのもアトレティコの負傷禍は半端なものではなく、ドルトムント戦後のミックスゾーンではフランス人記者たちと談笑していたリュカまでが太ももの肉離れを起こしていたことが判明したから。ゴディンとジエゴ・コスタこそ、ようやく招集リストに戻って来ましたが、3人のCBに加え、コケ、レマルも欠場となると、土曜午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)からのワンダではまた、カンテラーノの力を借りることになりそうですね。

▽そして翌水曜には近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)でソラリ監督のCLデビューとなるビクトリア・プルゼニ戦を見たんですが、いやあ、とうとうレアル・マドリーのgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)体質が発現したから、驚いたの何のって。ええ、サンティアゴ・ベルナベウでの対戦では2-1と辛勝していたせいもあったんですが、GKがケイロル・ナバスからクルトワに代わったぐらいで、同じ主力選手たちがこうまで豹変していい?

▽そう、序盤にはセルヒオ・ラモスがハベルにcodazo(コダソ/肘打ち)を見舞い、CLにはVAR(ビデオ審判)がないため、被害者が鼻血をダラダラ流していながらもレッドカードを免れるという、ヒヤリとしたシーンもあったんですけどね。前半20分にベンゼマが敵DFをかわしつつ、エリア内を進んで1点目を決めると、その3分後にはCKからカセミロのヘッドで2点目。37分にも今度はセバージョスのクロスをベイルがヘッドで繋ぎ、ベンゼマの頭で追加点が入ったかと思いきや、40分にも今度はレギロンのクロスをベンゼマがアシスト、ベイルがvolea(ボレア/ボレーシュート)で9月のCLローマ戦以来の得点だなんて、こんなにポンポン、ゴールが決まるマドリーを見るのは一体、いつ以来だったかと。

▽後半もベンゼマと交代したビニシウスがクロースに折り返すと、見事なvaselina(バセリーナ/ループシュート)で5点目が決まったマドリーでしたが、相手のレベルを考えると至極普通の0-5のスコアも今季は何故だか、得点効率が最悪で、格下のチームにも僅差で負けていましたからね。これまでロペテギ監督の下ではゴール枠に阻まれていたシュートが入るようになったというツキがソラリ監督のおかげとなれば、「Si sale bien las cosas, ?por que no darle la oportunidad a el?/シー・サレ・ビエン・ラス・コーサス、ポル・ケ・ノー・ダールレ・ラ・オポルトゥニダッド・ア・エル(上手くいっているんだったら、どうして彼にチャンスを与えちゃいけない?)」(カセミロ)と、選手たちが暫定監督の続投を望むのも当然だった?

▽この勝利でCLグループ首位に返り咲き、こちらも次のローマ戦で突破を決められそうなマドリーですが、就任から3連勝。しかも計11得点で失点0とあって、最終試験となる日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からのセルタ戦にもソラリ監督は自信を持って挑めそうですが、気になるのは彼らも負傷者が多いこと。プルゼニ(チェコ、プラハから90キロの都市)遠征に参加しなかった選手のうち、カルバハルだけは金曜から全体練習に戻ったそうですが、マルセロ、バラン、マリアーノ、バジェホは各国代表戦週間後の復帰になりそうだとか。

▽まあ、両SB代役のオドリオソラとレギロンは立派に務めを果たしていますし、CL戦でカンテラーノ(RMカスティージャの選手)のCBハビ・サンチェスもデビューと元々、Bチームを率いていたソラリ監督ならではの強みで、若手を抜擢しながら、何となく上手くは回っているんですけどね。クラシコ(伝統の一戦、バルサ戦のこと)での大敗のせいで、首位の宿敵にすでに勝ち点7差をつけられているとあって、もうこの先、1試合も取りこぼしができないのはちょっと辛いところでしょう。

▽そして今週末のマドリッド弟分チームたちの予定も見ていくと、トップバッターは土曜午後4時15分から、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでバレンシア戦を迎えるヘタフェ。リーガで15位と低迷している相手は水曜にCLヤング・ボーイズ戦があり、いえ、この試合はメスタジャで3-1と快勝し、何とかグループ生き残りを果たしたんですけどね。スイス勢相手に2得点したサンティ・ミナは要注意としても、ボルダラス監督のチームには1週間、じっくり調整できたのがアドバンテージになるかと。前節は土壇場にホルヘ・モリーナのゴールでウエスカと引き分けたのも励みになりそうですしね。日本代表戦のため、里帰りを控えている柴崎岳選手にも出場の機会があるといいんですが。

▽一方、同じ土曜の遅い時間にジローナに臨むのがお隣さんのレガネスで現在、降格圏の18位にいる彼らは17位のアスレティックとはたったの勝ち点1差なんですが、今回は前節ブタルケで1-1と引き分けた兄貴分の援護射撃が当てにできる?ただ今季の彼らはまだアウェイ戦で1勝もしていないのが気掛かりですが、このところのプレーを見る限り、エン・ネシリやカリージョら、FW陣も当たってきましたしね。とにかく守備ミスを減らして、paron(パロン/リーガ停止期間)を気分良く迎えられる順位に上がれるといいですよね。

▽そしてマドリーと共に日曜試合になるのがラージョでこちらは午後6時30分から、エスタディオ・バジェカスでビジャレアルと対戦。何せ、前節は残り3分までバルサを追い詰めながら、むざむざ逆転されてしまった彼らですからね。その悔しさをバネにすれば、相手は木曜のヨーロッパリーグ、ラピド・ウィーン戦でスコアレスドロー、遠征の疲れもあるため、今季ホーム初勝利を掴むいい機会になるかと。19位の彼らはレガネスより勝ち点3下になるんですが、ビジャレアルも16位とはいえ、アスレティックと同じ勝ち点10のレベル。この辺りのチームにはまだ数試合で追い越せる可能性があるため、選手たちもきっと気合が入っているはずですよ。
【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。
コメント
関連ニュース
thumb

先のことを考えても仕方ない…/原ゆみこのマドリッド

▽「自業自得はまさにこのこと」そんな風に私が溜息をついていたのは月曜日、CL16強対決の組み合わせ抽選が終わった時のことでした。いやあ、そもそもグループリーグ最終節でクルブ・ブルージュ相手にゴールレスドローを演じ、1位突破の栄誉をドルトムントに譲って、2位通過となったアトレティコには強豪を避ける術は残されていなかったんですけどね。よって、相手が今季イタリア・セリアAで無敗の首位、ユベントスと決まった瞬間もクリスティアーノ・ロナウドやマンジュキッチを守備陣がしっかり抑えてくれればいいと思ったぐらいで、それがネイマールとムバッペ、アグエロとダビド・シルバ、もしくはレヴァンドフスキと名前が変わっても同じことだったんですが、お隣さんがアヤックス、バルサはオリンピック・リヨンという結果を見ると、運命の不公平さを感じてしまうのは私だけではなかった? ▽ただ1つだけ得したことがアトレティコにはあって、それはレアル・マドリーが2月13日にアウェイでの1stレグを迎えるのに比べ、ワンダ・メトロポリターノでの1stレグは20日になること。おかげで現在、左足小指の中足骨のボルト入れ替え手術をして、母国ブラジルでリハビリ生活を送っているジエゴ・コスタの復帰に更に1週間、余裕ができるからですが、加えて2月第2週にはコパ・デル・レイ準決勝1stレグもありますからね。もしそこまで残っていた場合、ミッドウィークに予定のない週を1つ挟んで挑めるのもラッキーかと。 ▽だからって、アヤックスとユベントスでは準々決勝進出への難易度がまったく違うことは否めず、心の支えになるのはシメオネ監督の時代になってから、グループリーグで敗退して、ヨーロッパリーグに優勝した昨季以外、2013-14シーズンは決勝、14-15シーズンは準々決勝、15-16シーズンは再び決勝、16-17シーズンは準決勝で負けたのは全てお隣さん相手。逆に言うと、CLではマドリーと当たらない限り、アトレティコは勝てるという見方もできることですが、果たしてジンクスは繰り返す? どちらにしろ、まだ2カ月も先の話なので、今から悲観することもないって感じでしょうか。 ▽そんなことはともかく、先週末のリーガのマドリッド勢の試合をお伝えしていくことにすると、一足早く金曜にセルタに挑んだレガネスはエル・ネシリが3度も絶好機に失敗してしまったことも祟り、バライードスで0-0の引き分けに。それでも16位は維持しましたし、彼らには年明け9日にサンティアゴ・ベルナベウでマドリーとのコパ16強対決1stレグが控えていますからね。昨季はそれこそ、その大先輩を破って準決勝まで進出したコパを楽しむためにも、今年最後の試合となるブタルケに2位のセビージャを迎える日曜の大一番で頑張って、ついでにリーガ上位を争っている兄貴分たちに恩を売っておくのもいいかもしれませんよ。 ▽そして残りの4チームがプレーしたのが土曜だったんですが、まずは午後1時、ヘタフェがレアル・ソシエダを迎える試合を見るため、私はコリセウム・アルフォンソ・ペレスへ。着いてみると、この日はサプライズがあって、柴崎岳選手が先発に入っていたんですが、開始3分、「El chico esta trabajando bien, ha mejorado, esta interpretando bien/エル・チコ・エスタ・トラバハンドー・ビエン、ア・メホラード、デスタ・インテルプレタンドー・ビエン(彼はよく練習しているし、向上した。役目を上手く理解している)」という理由で、先日ヒザの靭帯を断裂、今季絶望となってしまったアマトの代わりとして抜擢したボルダラス監督の期待に早速、応えてくれます。 ▽いえ、ホルヘ・モリーナのスルーパスはゴロサベルとGKモジャに邪魔され、自身でシュートすることはできなかったんですけどね。クリアされたボールをエリア外で拾ったモリーナが36才の落ち着きでvaselina(バセリーナ/ループシュート)を放ち、早々に先制点を取ってくれたから、有り難いじゃないですか。前線にサンドロ、ウィリアム・ホセ、フアンミ、そしてオヤルサバルとFWを4人も並べていたレアル・ソシエダは後半途中、バトンタッチしたヤヌザイ、バウティスタも火を噴かず、結局、そのまま1-0で負けてしまいましたが、この勝利で一時的にヘタフェは5位まで上昇(15節終了時には7位、でも6位と勝ち点1差)。 ▽うーん、先週はアンヘル・トーレス会長がファンクラブの集いで「Me consta que quieren que dos equipos de Madrid bajen/メ・コンスタ・ケ・キエレン・ケ・ドス・エキポス・デ・マドリッド・バヘン(マドリッドの2クラブを降格させたがっていると聞いた)」とサッカー協会だか、リーガの陰謀説を口にして、物議を醸していたりもしたんですけどね。今の調子を見る限り、ユーロヘタ(かつてELに出場したヘタフェがこう呼ばれた)復活の方が近そうなのは喜ばしい限りかと。唯一、残念なのは「長い期間、選手がいなくなるのは嬉しくないが、そういう日程だからね」とボルダラス監督も嘆いてように、年明けから、おそらく1月いっぱいはアジアカップのため、日本代表に招集された柴崎選手がチームを離れてしまうことなんですが、それだけに当人も金曜のジローナ戦では今年最後のアピールをしておきたいのでは? ▽その試合後はメトロで北上、サンティアゴ・ベルナベウまで移動して、スタジアム近くのアルゼンチン系レストランでシェラスコ(焼肉)ランチをしながら、アトレティコのバジャドリー戦を見た私でしたが、周りはマドリーファンばかりでも観光客が多いせいか、意外と大丈夫なものです。それより、特に大したこともしていなかったアトレティコが前半17分にはグリーズマンのスルーパスをカリニッチがエリア内からシュート。これが先制点となり、ここ4試合で先発落ちしたクラブ・ブルージュ戦だけ、彼にゴールがなかったことを考えると、かの日のシメオネ監督の選手起用に納得いかなかったりもしたんですが、ハーフタイム間際にはもっと訳がわからない状況が発生することに。 ▽ええ、それはグリーズマンのシュートがGKマシップにキャッチされた後、バジャドリーの攻撃陣がすでにアトレティコのエリアに近づいている時のことでした。ウンディアーノ・マジェンコ審判がプレーを止めたのは。遅まきながら、VAR(ビデオ審判)の指示がイヤホンに届いたようで、どうやらシュートの時にボールがCBオリバスの腕に当たったとされ、いきなりPKをもらえてしまったから、ビックリしたの何のって。これをグリーズマンが決め、先週はマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場でも稽古していたフラメンコ風の踊りを披露。おかげで「よくあるゴールのお祝いだけど、se podia haber ido a hacer el baile un poco mas escorado, no en el punto de penalti/セ・ポディア・アベール・イドー・ア・アセール・エル・バイレ・ウン・ポコ・マス・エスコラードー、ノー・エン・エル・プント・デ・ペナルティ(もうちょっと端に行ってやれたはず。ペナルティマークの上じゃなくてね)」(ミチェル)とバジャドリーの選手に批判されたりもしていたんですが、前半で0-2のリードとなれば、もう安全圏って言っていいかと。 ▽でも違ったんです! グリーズマンのダンスが敵の反骨精神に火をつけたか、後半開始直後のバジャドリーは目を瞠らんばかりの攻勢をかけて何度もCKを獲得。とうとう12分にはカレロのヘッドで1点を返すと、直後にフィリペ・ルイスが太もものケガでトーマスと交代となったのも悪影響しましたかね。せっかくこの日は中盤に戻れて張り切っていたサウールが再び左SBに回され、タスクリストの復習に気を取られていたせいかはわかりませんが、17分のCKでウナルのヘッドを足に当て、オウンゴールを献上しているんですから、どうしていいものやら。 ▽え、それでも37分にはこちらもコケのCKから、ロドリとサビッチのシュートは敵DFに弾かれてしまったものの、最後に撃ったグリーズマンが決めて、スコアは2-3に。「tras el 2-2 mostramos fuerza para levantar un partido que cualquier otro equipo hubiera perdido/トラス・エル・ドス・ドス・モストラモス・フエルサ・パラ・レバンタール・ウン・パルティードー・ケ・クアルキエラ・オトロ・エキポ・ウビエラ・ペルディードー(2-2にされた後、他のどんなチームでも負けていただろう試合に勝つための強さをウチは見せた)」(シメオネ監督)のは素直に褒めてあげてもいいんじゃないかって? そうですね、何せ、このところのアトレティコは毎試合のようにケガから復帰してきた選手がまたケガするという悪循環。 ▽この日もリュカ、ヒメネスに続いてフィリペ・ルイスが仕事納めとなってしまったため、せめて今季はリーガのアウェイ戦でまだ1勝だけという恥ずかしい記録を2勝に伸ばせたのは良かったんですけどね。「0-2として、nos metimos demasiado atras para aguantar/ノス・メティモス・デマシアドー・アトラス・パラ・アグアンタール(スコアを維持するため、必要以上に後ろに下がりすぎてしまった)」とこの日、ゴディンも反省していた、リードしたら即、後退という悪癖はいい加減、直した方がいいかと。ちなみにアトレティコの今年最後の試合は土曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、ワンダでのエスパニョール戦。珍しくミッドウィークが空くため、練習も火曜まで2連休となったんですが、グリーズマンが趣味のNBA観戦のため、ニューヨークまで弾丸旅行というのにはちょっと、口がポッカリですよ。 ▽そしていい気分で通りを渡ったサンティアゴ・ベルナベウにマドリーとラージョのミニダービーを見るため、足を運んだ私でしたが、こちらはヘタフェ戦とどうにも似たような展開だったかと。いえ、虎の子のエース、ラウール・デ・トーマスがマドリーからのレンタル移籍選手で出られないため、ミチェル監督はサイドアタッカーのエンバルバをCFに置くという苦肉の策を取らざるを得なかったんですけどね。前半12分、ルーカス・バスケスからラストパスをもらったベンゼマがゴールを入れた後、スコアは微動だにせず。もちろん、こんな状態に欲求不満に陥ったスタンドのファンはアセンシオが2度目のシュートチャンスに失敗した時など、pito(ピト/ブーイング)寸前だったんですが、先日のイスコの二の舞になる前に幸い(? )、打撲を受けた当人はセバージョスと交代することに。 ▽その後、頼りの綱のベンゼマも接触プレーで足首を痛め、唯一、ベンチに残っていたヴィニシウスがトップを務めることになったマドリーでしたが、ラージョは「Al equipo no le falto ilusion, ganas y convencimiento sino futbol para superar al rival/アル・エキポ・ノーレ・ファルトー・イルシオン、ガナス・イ・コンベンシミエントー・シノ。フトボル・パラ・スペラル・アル・リバル(チームには夢も意欲も自信もあったが、敵を超えるサッカーに欠けていた)」(ミチェル監督)状態でしたからね。終盤、ようやくピッチに入ったFWアレグリアとベラスケスのダブルチャンスもGKクルトワの連続paradon(パラドン/スーパーセーブ)で事なきを得て、そのまま1-0で勝利することができましたっけ。 ▽え、確かに最下位のウエスカとの前節に続いて、19位のラージョ相手にも1点しか取れないマドリーはパッとしないけど、それに対する文句があまり聞こえなかったのは、やっぱり試合後のミックスゾーンで身長199センチのクルトワが仁王立ち。「Simeone critica al Madrid para hacerse popular ante su afición/シメオネ・クリティカ・アル・マドリッド・パラ・アセールセ・ポプラル・アンテ・ス・アフィシオン(シメオネ監督はファンの人気を取るためにマドリーを批判するんだ)」とかつてアトレティコ時代に世話になった恩師に一言、物を申したことに世間の注目が集まってしまったからなんじゃないかって? ▽そうですね、どうやら彼はシメオネ監督に「今だったら、ウチの正GKにはなれない。オブラクの方が上」と言われたことや、FIFAベストGK賞をもらったのもマドリーに入団が決まったせいと決めつけられたことが不服だったようで、いえ、先日、バロンドール受賞にも「自分にとって一番だったのはグリーズマンとヴァラン」とケチをつけられたモドリッチが、母国のスポーツ紙で「2度、アトレティコに勝ったCL決勝を含めて、ボクらが成功するたび、マドリーにはある種の役得があるという、ファンが喜ぶ理屈を持ち出すのはズルいと思う」と反論していたのに便乗した感もなきにしもあらずなんですけどね。 ▽でもだからって、何もこんな日にそんな話を始めなくても良かったんじゃないかというのが私の本音で、おかげでせっかくTVやラジオのインタビューの後、活字媒体マスコミのゾーンにクルトワが来てくれた時、折しも数時間前、クラブW杯で鹿島アントラーズがグアルダハラを破り、準決勝でマドリーと対戦することが決定。ベルギーのGKとして、夏のW杯16強対決で日本に3点も取られていた彼がどう挑むのか、訊くのをすっかり忘れてしまったじゃないですか。 ▽そんなマドリーは日曜には全選手を連れてアブダビに移動、月曜には現地でトレニーングを開始していましたが、ラージョ戦で途中交代をしたベンゼマは回復したようで全体練習に参加しています。すぐにロッカールームに引っ込んでしまったアセンシオの方が重傷のようですが、まだCSKAモスクワ戦で足首を痛めたベイルも個人メニューでしたからね。かといって、そのCL消化試合のようにメンバーを落として負ける訳にはいかないソラーリ監督とあって、おそらくベンゼマ、ベイルの両輪を並べてくることになるかと思いますが、さて。そんなマドリーvs鹿島アントラーズ戦は水曜午後5時30分(日本時間翌午前1時30分)からキックオフ、2年前のクラブW杯決勝のように拮抗する試合になってくれるといいですね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.18 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

もう来年のことを考えないと…/原ゆみこのマドリッド

▽「こっちは大丈夫だったか」そんな風に私がホッとしていたのは木曜日、お昼過ぎに決まったコパ・デル・レイ16強対決の組み合わせを見た時のことでした。来年1月8~10日、15~17日に予定されている2試合に挑むマドリッド勢はラージョを除いた4チーム。その脱落の原因を作ったレガネスが今度はレアル・マドリーとの兄弟分ダービーになってしまったのはちょっと皮肉ですが、実は昨季は準々決勝で大先輩を破ってしまった彼らですからね。もう1つの弟分、ヘタフェがバジャドリーとレベルの近い者同士でカップリングされたのも良しとして、何より助かったのはアトレティコの相手がお隣さんはもちろん、バルサやセビージャといった上位チームではなく、ジローナだったことでしょうか。 ▽だってえ、CLグループリーグ最終節が終わり、2位突破となった彼らは来週月曜の決勝トーナメント16強対決の抽選でPSG、バイエルン、ユベントス、マンチェスター・シティ、ポルトのどれかと当たることになってしまったんですよ。そりゃあ、2月の1stレグでワンダ・メトロポリターノにネイマールやエムバペ、もしくはレバンドフスキ、クリスチアーノ・ロナウド、アグエロ、カシージャスといった有名どころが来るとなったら、観戦旅行を計画してしまうファンもいるかと思いますが、何せ今季はホームのワンダで決勝が開催。2014年、2016年に続いて3度目の大舞台に立つという野望をこっそり抱いているアトレティコですからね。初っ端から、準決勝になってもおかしくないカードを組まれては刺激が強すぎるかと。 ▽ちなみに何故、そんな破目に陥ったのか、火曜のクラブ・ブルージュ戦の顛末をお話しすることにすると。うーん、前日練習でヒメネスがふくらはぎを負傷、リーガ前節のアラベス戦でケガしたリュカに代わり、今季4回目のケガから復帰したばかりというのにまたしても出場できなくなってしまった辺りから、もうケチがついていたんでしょうかね。それでも守備陣はこちらもケガが治ったばかりのゴディンとカンテラーノ(アトレティコBの選手)のモンテーロのCBコンビで問題なく、左SB絶賛修行中のサウールも序盤から、サイドを勢いよく上がり、10分にはゴール前に必殺クロスを入れるぐらい、上達ぶりが伺われたんですが、如何せん、後輩のトマスのシュートはGKホルバスの正面に。 ▽他にも前半にはエリア前からグリーズマンが放った弓なりのシュートがそらされてしまうというアンラッキーがあったアトレティコだったんですが、やっぱり敵に3CB制を敷かれると上手く攻められないんでしょうか。後半もコケが遠目から狙った一撃が外れた以外、ゴール前で大騒ぎをしてもゴールは挙げられず。むしろ28分など、アムラバットのクロスからルアン・ペレスが撃ったヘッドをGKオブラクがparadon(パラドン/スーパーセーブ)してくれなかったら、惜敗もありえたかと。 ▽結局、今季全公式戦でモナコ、ヘタフェ、サン・アンドレウにしか勝利していないという、アウェイでの力不足をこの日も露呈し、「Las ocasiones la estamos teniendo pero nos esta faltando esa pizca de fortuna/ラス・オカシオネス・ラ・エスタモス・テニエンドー・エロ・ノス・エスタ・ファルタンドー・エサ・ピスカ・デ・フォルトゥーナ(チャンスは作っているんだけど、ボクらにはちょっとしたツキが足りていない) (コケ)という理由でスコアレスドローに終わったんですが、まったくもう。 ▽何せその間、前節、まさしくこのクラブ・ブルージュと0-0で引き分けて、首位の座を譲ってくれたドルトムントがモナコに0-2と勝利。再び勝ち点で並んでしまったため、ドイツでの直接対決で4-0と大敗したのが祟って、アトレティコは2位になってしまったんですが、それでも昨季、アゼルバイジャンのカラバフと2引き分けして、3位でヨーロッパリーグに回ることになり、見事に優勝したという悲惨(?)な体験をしているせいですかね。試合後のシメオネ監督は「Estoy feliz porque llegamos a octavos de final/エストイ・フェリス・ポルケ・ジェガモス・ア・オクタボス・デ・フィナル(16強対決に出られて幸せだ)。クラブにとっても大事なことだから、満足しないといけない」とコメント。 ▽まあ、その時はここまで対戦候補に強敵が並ぶとは思っていなかったのかもしれませんが、実は今週末のリーガも彼らはアウェイ戦。土曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、ホセ・ソリージャでバジャッドリー戦となりますが、いえ、レガネスに2-4とやられた後、前節はレアル・ソシエダを1-2で下したセルヒオ監督は「Los partidos malos del Atlético son buenos para muchos de nosotros./ロス・パルティードス・マロス・デル・アトレティコ・ソン・ブエノス・パラ・ムーチョス・デ・ノソトロス(アトレティコの悪い試合というのはウチのような多くのチームにとっては良いもの)」と、彼らを立ててくれていましたけどね。今度はブルージュで出場停止だったサビッチもプレーできますし、守備は問題なさそうとはいえ、とにかくグリーズマンやカリニッチらにゴールが生まれてくれるといいんですが。 ▽え、最後の詰めが甘いのはアトレティコだから仕方ないとしても、水曜にサンティアゴ・ベルナベウでグループ最終戦を迎えたお隣さんも相当なもんじゃなかったかって?そうですね、レアル・マドリーの首位突破はすでに前節で決まっており、16強対決で当たるチームも昨季の決勝で破ったリバプールやマンチェスター・ユナイテッドなど、強豪もいるものの、トッテナム、シャルケ、アヤックス、オリンピック・リヨンと比較的、楽そうに見える相手も複数、ありますからね。それだけは羨ましい限りですが、いくら消化試合だったからと言って、CSKAモスクワにあんなにボコボコにされてはファンが怒ったのも当然だったかと。 ▽そう、来週にはクラブW杯も始まるため、「Asumimos los riesgos de presentar una alineacion asi/アスミモス・ロス・リエスゴス・デ・プレセンタール・ウナ・アリネラシオン・アシー(ああいうラインアップにする危険は承知していた)」というソラリ監督は、「休まないといけない選手やプレー時間と増やすべき選手、ケガが治って調子を整えないといけない選手」を考えてスタメンを構成。それでも前半30分頃まではアセンシオやビニシウスが積極的に攻めていたんですが、オディオソラ、バジェホ、カンテラーノのハビ・サンチェスら若手と故障明けのマルセロによる守備陣が崩壊してしまったんですよ。 ▽ええ、37分にシャロフにエリア内から先制点を決められると、42分にもマリオ・フェルナンデスのシュートはGKクルトワが弾いたものの、フリーのシェニコフに決められてしまう始末。0-2とされて後半は反撃に出るのかと誰もが期待していれば、ベンゼマと交代でベイルがトップって、え、これってただの省エネ温存策じゃない?後半12分にはこちらもケガから戻ってきたクロースを入れ、まだカセミロがいないため、マルコス・ジョレンテを下げて休ませたり、足首を痛めたベイルに我慢してもらい、マルセロにムリをさせないようカルバハルと交代させたりしていましたが、ちょっとお。後半28分にはとうとう、シグルドソンにCSKAモスクワの3点目を決められていながら、得意のremontada(レモンターダ/逆転劇)の気配もないって、これ、本当にマドリー? ▽いやあ、後で相手のゴンチャレンコ監督も「マドリーは先に大事な試合があるから、全力で来なかった」と言っていましたが、とにかく勝敗より、選手たちのコンディション調整が優先されたのにはガッカリしたマドリーファンも多かったかと。そんな折、スタンドの八つ当たりを受けてしまったのはイスコで、後半10分に敵DFに邪魔されて、大きくシュートがそれてしまったのがキッカケとなり、pito(ピト/ブーイング)を浴びることに。いえ、ムカついて当人が「Qué queréis?/ケ・ケレイス(どうしてほしいって言うんだい)」とゴール裏のファンを挑発したのもいけなかったんですけどね。それからしばらく、ボールを持つたび、ピーピーやられていましたが、だからって、マルセロが交代する時、キャプテンマークを引き継ぐのを拒否したというのは悪意のある誤報だったようです。 ▽そう、レギュラー選手たちが出なかったコパ・デル・レイのメリージャ戦2ndレグでイスコはキャプテンを務めており、マルセロが「He intentado dar el brazalete a Isco y me ha dicho que se lo tenia que dar a Carvajal, el por que no lo se/エ・インテンタードー・ダル・エル・ブラサレテ・ア・イスコ・イ・メ・ア・デッチョー・ケ・セ・ロ・テニア・ケ・ダール・ア・カルバハル、エル・ポル・ケ・ノー・ロ・セ(イスコに腕章を渡そうとしたんだけど、カルバハルにあげないとダメだと言われたんだ。何でだかは知らない)」とミックスゾーンでペラペラ話してしまったのも悪かったんですけどね。実は2人は同じ2013年夏の入団で、プレゼンがあったのがイスコの方が2日だけ早かったという事情が。 ▽そこで両者の間で次の機会はカルバハルにキャプテンを譲るという約束をしていただけで、全然、大したことじゃないんですけどね。むしろ問題なのはマドリーがホームでのヨーロッパの試合でクラブ史上初の0-3という大敗を喫してしまったことで、しかもこのCSKAモスクワにはアウェイでも1-0で負けて2連敗。何せ、昨季の王者相手に殊勲の大金星を挙げながら、他会場ではビクトリア・プルゼニがローマに2-1で勝利したため、CSKAモスクワはELにも回れず、最下位で敗退となりましたからね。「サッカーにはよく非論理的なことが起きる」とゴンチャレンコ監督は達観してしましたが、やっぱり天下のマドリーにすれば、恥ずかしい結果ですよね。 ▽え、もしかしてCSKAモスクワには昨夏、ベガルタ仙台から移籍した西村拓真選手がいなかったかって?いやあ、私もメンバー表を見るまで気づかなかったんですが、何せ今季はまだ先発も2回だけ。この日も後半ロスタイムにピッチに立ったものの、ボールに触る前に終了の笛が。ちなみにその点に関しては当人も「あの時間帯に呼ばれるっていうのが、今の評価だと思います」とミックスゾーンでは納得していたよう。「JリーグからCLになってスピード感、フィジカル、全てがワンランク上。近くで見て学べたのは良かった。この半年は我慢の連続だったけど、価値ある3カ月だった」そうで、冬季休暇明けのキャンプからまた、飛躍を目指してチャレンジする意志を表明していたため、来年はもっと出番が増えるといいですね。 ▽そしてそんなマドリーは今週末、土曜午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)から、弟分のラージョを迎えるミニダービーなんですが、今年のサンティアゴ・ベルナベウでの試合はこれが最後。リハビリ最終段階に入っているカセミロやレギロンも伴い、日曜にはチームはアブダビに飛んで来週水曜のクラブW杯準決勝の準備に入ります。決勝、3位決定戦が土曜になるため、年内最終節のビジャレアル戦は1月3日に延期となっていますが、彼らもようやくCL出場圏の4位に戻ったばかりですからね。ここは勝って気分良く、3年連続となる世界一のクラブの称号を狙いに行きたいところかと。 ▽ただ、ラージョも残留ラインと勝ち点差4の18位と心配な位置にいるため、私も微妙な心持ちなんですが、ミチェル監督の辛いところはマドリーからレンタル移籍しているエースのラウール・デ・トマスが契約条項で出場できないこと。ベイルの足首の具合はまだわかりませんが、今度はソラリ監督もそうそう、大掛かりなローテーションはしないでしょうしね。白星は難しいかもしれませんが、先日のエイバル戦のようにマドリーの攻撃を上手くかわせれば、勝ち点1ぐらいは拾えるかもしれませんよ。 ▽最後に他の弟分チームたちの今週末の予定を見ていくと、まず金曜にはレガネスがアウェイでセルタ戦。前節のヘタフェとのミニダービーで累積警告になったニヨムは出場停止、退場したルーベン・ペレスは上訴委員会の判定を待っているため、ビーゴ(スペイン北西部、セルタのホームタウン)まで一緒に行くそうです。そしてEL出場圏まであと勝ち点1に迫っているヘタフェは土曜の午後1時(日本時間午後9時)から、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでレアル・ソシエダ戦なんですが、柴崎岳選手がアジアカップのため、日本代表に呼ばれたのは痛し痒しかも。 ▽というのも1月中、当人がそれこそコパの試合に出られなくなってしまうからですが、巷ではこの1月の市場でいいオファーがあれば放出可のリストに入っているとも言われていますからね。アマトがヒザの靭帯断裂で今季絶望となったため、ベンチに入るチャンスは増えた彼ですが、来年はマドリッドでその雄姿が見れるのかどうか、ちょっと不安ですよね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.14 19:01 Fri
twitterfacebook
thumb

何事もなくて良かった…/原ゆみこのマドリッド

▽「だからシベレスやネプトゥーノは避けたのね」そんな風に私が納得していたのは月曜日、コパ・リベルタドーレス決勝終了後、プエルタ・デル・ソル(マドリッドの中心にある広場)で優勝を祝うリーベル・プレートのファン数人が熊とイチゴノキの銅像の上に乗っているのをお昼のニュースで見た時のことでした。いやあ、大晦日のカウントダウン並の人数が集まっていたものの、懸念されていた暴力沙汰などはまったくなかったんですけどね。レアル・マドリーがお祝いをするシベレスの噴水広場の女神像もアトレティコが祝うネプトゥーノの海神像もかなり凝った彫刻像とあって、とりわけ前者など、昔は選手たちが登っていたこともあったものの、ここ近年は簡易の階段を作り、そこからキャプテンたちだけがバンデラ(クラブ旗)やブファンダ(マフラー)を巻きつける方法に移行。 ▽となると、最初はリーベルが優勝の際はシベレス、ボカ・ジュニアーズならネプトゥーノにお祝い場所が選定されていたのを前者はプエルタ・デル・ソル、後者はコロン広場に変えたのは賢い処置だったかと思いますが、幸い熊の像も無事だったようですし、あとは宿敵を破って浮かれるアルゼンチン人のファンたちが歌ったり、跳ねたりぐらいだったのは助かったかと。ええ、地元のブエノスアイレスではまたしても警官隊が出動する大騒ぎになっていましたしね。バルセロナでのように優勝騒ぎに乗じて、暴れる輩もマドリッドには現れなかったのもいい兆候ではあるんですが…。 ▽まあ、コパ・リベルタドーレス決勝の話はまた後ですることにして、先に先週末のマドリッド勢のリーガ戦を報告していくことにすると。この15節、金曜に先陣を切ったのは弟分ダービーでレガネスがヘタフェをブタルケに迎えることに。ミッドウィークにはコパ・デル・レイ16強進出を果たし、波に乗っている両チームだったんですが、結果は前半39分にダミアンのFKをカブレラがヘッドで先制したヘタフェに後半19分、守備のクリアミスからニヨムのゴールでレガネスが追いついて、いえ、終盤は大型FWペア、カリージョとエン・ネスリ目がけてロングボールを繰り出していたホームチームが大いに押していたんですけどね。 ▽柴崎岳選手もサイドでアップしていたんですが、おかげでボルダラス監督も前半、負傷したアマトの代わりに入ったポルティージョを「No estaba en contacto con balon, queria reforzar la banda y el centro/ノー・エスタバ・エン・コンタクトー・コン・バロン、ケリア・レフォルサール・ラ・バンダ・イ・エル・セントロ(ボールに触れていなかったし、サイドと中央を強化したかった)」という理由で下げ、左SBのアントゥネスを投入する破目に。それでも結局、「チャンスの数からしたら、ウチが勝つのにふさわしかったが、el futbol es eficacia/エル・フトボル・エス・エフィカシア(サッカーは効率性だからね)」(ペレグリーノ監督)ということで、1-1の痛み分けで終了となりましたっけ。 ▽それでもレガネスは降格圏外の16位を維持できましたしね。この試合、終盤に退場となったルベン・ペレスと累積警告枚数に達したニヨムは欠くものの、再び金曜試合となるセルタ戦で勝ってくれればいいんですが、最悪のニュースがあったのはヘタフェの方。いえ、順位は8位で相変わらず、ヨーロッパリーグ出場圏とは勝ち点差1のままなんですが、何とアマトのケガがヒザのじん帯断裂だったことが判明。ずっとレギュラーだった彼が今季絶望となると、早速、この土曜のレアル・ソシエダ戦からボルダラス監督は代理の選手を試していかないといけないことになりますが、え、負傷禍にかけては兄貴分のアトレティコに勝るチームはないんじゃないかって? ▽そうですね、翌土曜午後1時という早い時間にアラベスをワンダ・メトロポリターノに迎えた彼らでしたが、うーん、前半24分にアリアスのクロスをカリニッチがお腹でゴールに。先日のコパ、サン・アンドレウ(3部)戦2ndレグではヘッドでアトレティコ移籍初得点を挙げていたため、次こそは足で決めて、2月まで戻って来ないジエゴ・コスタの穴を埋めるFWなってくれるんじゃないかと、スタンドには明るい希望が広がっていたんですけどね。36分にはアラベスのエース、カジェリともつれ合った際にリュカが負傷。右膝を痛めて、ようやくその日からベンチに復帰したヒメネスと交代って、やっぱりアトレティコのDF陣は厄払いにでも行くべきかと。 ▽おまけに後でアラベスのキャプテン、マヌ・ガルシアも「Ellos se han sentido comodos con el 1-0/エジョス・セ・アン・センティードー・コモドス・コン・エル・ウノ・セロ(彼らは1-0で快適に感じていて)、ウチにピッチを明け渡して自陣エリアで守ることにした」と言っていたように、なかなかアトレティコは追加点を取りに行かないんですよ。それにはシメオネ監督も後半途中にはカンテラーノ(アトレティコBの選手)の本職CBのモンテーロを入れ、「Si fuera el estaria orgulloso de poder cumplir en cualquiera de las posiciones/シーフエラ・エル・エスタリア・オルグジョーソ・デ・ポデール・クンプリール・エン・クアルキエラ・デ・ラス・ポシシオネス(もし自分が彼なら、どんなポジションでもプレーできて誇らしいだろう)」とおだてて、最近はフィリペ・ルイスのケガで人材不足となった左SBをやらせていたサウールを中盤のサイドに上げてみたりもしたんですけどね。 ▽ようやく終盤にはカリニッチから代わったビトロのスルーパスに抜け出したグリーズマンがピッチを縦断、最初のシュートはゴールポストに弾かれたものの、通りすがりにボールを押し込んで2点目が入るまで、いやあ、アベラルド監督は「ウチにもリードされてから、10~15分はいい時間があったんだが、nunca dimos sensacion de poder remontar/ヌンカ・ディモス・センサシオン・デ・ポデール・レモンタール(1度も逆転できる気がしなかった)」と後で告白していましたけどね。今季のアトレティコは1点のリードを守れず、引き分けてしまった試合が複数回あったため、私もドキドキして見ていたんですが、2点差なら安全圏。おまけに残り4分にはGKパチェコがブロックしたコレアのシュートがロドリの前に落ち、そのゴールでスコアが3-0となったとなれば、もう何も心配することはありませんって。 ▽え、この勝利で一瞬、首位に並んだ彼らだったのに次の時間帯ではバレンシアと分けたセビージャに抜かれ、夜にはエスパニョールとのカタルーニャダービーにバルサが0-4と大勝したため、結局、首位と勝ち点3の3位という立ち位置は変わらなかったんだろうって? まあ、そうなんですが、リーガは長いですし、シメオネ監督も「somos pocos y no es facil competir y ganar, ganar y volver a ganar como decia Luis/ソモス・ポコス・イ・ノー・エス・ファシル・コンペティール・イ・ガナール、ガナール・イ・ボルベル・ア・ガナール・コモ・デシア・ルイス(ウチは人数が少ないし、競って、ルイス・アラゴネス監督が言っていたように勝って勝ってまた勝つのは簡単ではない)」と言っていましたしね。 ▽今はこんな調子で上位陣にいてくれるだけでいいかと思いますが、日曜夜にはシメオネ監督を始め、グリーズマン、ゴディン、オブラク、サビッチ、フィリペ・ルイス、コレアと大挙してサンティアゴ・ベルナベウにコパ・リベルタドーレス決勝を観戦に行っていたアトレティコには今週、火曜午後9時(日本時間翌午前5時)から、CLグループリーグ最終節、クラブ・ブルージュ戦が。膝を捻って、一足早く今年は店仕舞いしたリュカに代わり、ゴディンとフィリペ・ルイスが復帰したため、サビッチが出場停止でもDF陣は大丈夫なんですが、果たして勝ってグループ1位の座を確定できるのかどうか。幸い相手もELに回れる3位は決まっていますし、モナコと対戦するドルトムントに勝ち点2差を引っくり返されない結果を出せるといいですよね。 ▽そして翌日はお隣さんがアウェイで最下位のウエスカと対戦したんですが、何ともこれがフラストレーションの溜まる展開で、マドリーの得点は前半8分、オドリオソラのクロスをベイルがvolea(ボレア/ボレーシュート)で決めたものだけ。その後、だんだん元気のなくなった彼らはとりわけ風下に回った後半など、「Era muy dificil jugar al futbol, no sabias hacia donde iba a ir el balon/エラ・ムイ・ヂフィシル・フガール・アル・フトボル、ノーサビアス・アシア・ドンデ・イバ・ア・イル・エル・バロン(サッカーをプレーするのが凄く難しかった。ボールがどこに行くのかわからなくてさ)」(オドリオソラ)という事情はあったようですが、もうほとんどウエスカの独り舞台状態に。 ▽それでもメレロがゴール前から、絶対外さないようなヘッドを失敗したり、GKクルトワのparadon(パラドン/スーパーセーブ)に阻まれたりと相手がゴール運から見放されていたおかげもあって、マドリーは何とか0-1で勝利。ベニト・ビジャマリンで遅い試合を戦ったラージョも優勢に進めながら、後半14分にアマトがゴール前でロレンにファールしたことがVAR(ビデオ審判)で発覚、ロ・セルソのPKでベティスに先制されてしまった上、31分にはシドネイにも決められ、2-0で負けてしまったのと同様に勝負にはやっぱり、ツキが必要ってことですよね。 ▽おかげで前節エイバル戦勝利の勢いを持続できなかった弟分が降格圏の18位のまま、土曜の午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)にはサンティアゴ・ベルナベウに乗り込み、兄弟分ダービーを戦わないといけないのは心もとないんですが、マドリーにはその前、水曜午後6時55分(同2時55分)から、CSKAモスクワを迎えるCL戦をこなさなければならないというハンデが。いえ、もうグループ首位突破が決まっている彼らですから、ウエスカ戦では控えだったイスコやアセンシオがアピールする機会になりそうですけどね。負傷のリハビリが進んでいるクロースやマリアーノ、マルセロなどは来週から始まるクラブW杯を睨んで調整といったところでしょうが、もしかしたらコパ・リベルタドーレス優勝チームが最強の敵となるその大会、別にベストメンバーでなくてもいいんじゃないかと思ってしまったのは私だけではなかった? ▽いやあ、というのも実はボカとリーベルの決勝をサンティアゴ・ベルナベウで見ることができたんですよ。マドリッド当局が厳戒態勢を敷いたため、メトロの駅を出て最初のチェックゲートを抜けるのに30分近くかかったり、ボディチェックで財布まで開けられた時にはアルゼンチン人はそんなところにもbengala(ベンガラ/発煙筒)を隠すのかと驚愕したものでしたけどね。一旦、中に入ってしまえば普通で、南北のfondo(フォンド/ゴール裏席)に分かれた両チームのファンの応援が大きかったのは当然ですが、初めて見る南米チーム同士のサッカーにはただただ、目を瞠るばかり。 ▽だって、アトレティコなど、よく「パスが3回と繋がらない」と解説者たちに怒られているんですが、この2チームはそれどころの話ではなく、1回でも繋がればスタンドから拍手が起きるんですよ。プレーの速度も遅いため、これだったら先日、コパ・デル・レイ32強対決で見たメリリャ(2部B)なんかの方が上手いんじゃないかと思ってしまった私でしたが、前半43分、カウンターからナンデスのパスで抜け出したベネデットが決めたプレーはちょっと、シメオネ監督のチームを彷彿させなくもない? ▽スタンドもボカ・サイドは決して歌うことを止めず、その辺もアトレティコに似た感じがしたんですが、後半にはリーベルが反撃。23分、珍しくエリア内で繋がったプレーからプラットが決め、同点になります。その後、1-1のまま、試合は延長戦に入ったんですが、2分にはバリオスが2枚目のイエローカードをもらって退場するなど、ボカはツキにも恵まれませんでしたね。延長戦後半3分にはキンテーロにエリア外から撃ち込まれてリードされると、途中出場の元マドリーの懐かしい顔、ガゴもアキレス腱を断裂してピッチ外へ。いよいよ9人になってしまった彼らは最後、GKアンドラダも加わったCK全員攻撃が仇となり、ピティ・マルティネスに誰もいないゴールに3点目を決められてしまっては仕方ありませんって。 ▽まあ、そんな感じで約1カ月前にボンボネーラでの1stレグを2-2を引き分けた後、11月24日のモニュメンタルでの2ndレグはボカのチームバスがリーベルのウルトラ(過激なファン)に投石されたりして延期。河岸を変え、大西洋を渡ったマドリッドで開催された決勝はリーベルに軍配が上がったんですが、果たしてこのチームが22日のクラブW杯決勝でマドリーに太刀打ちできるかというと…いえ、ソラーリ監督のチームだって、鹿島アントラーズvsグアダラバラ(メキシコ)戦の勝者と準決勝を戦わないといけませんし、あまり予想を急いではいけませんよね。ちなみに祝杯明けの月曜はホテルで休んだ後、リーベルは火曜に開催地のアラブ首長国連邦のドバイに飛ぶそうですが、来週火曜の準決勝エスペランス(チュニジア)戦までゆっくり休めるのはアドバンテージになるかもしれません。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.11 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

波乱はなかった…/原ゆみこのマドリッド

▽「勝ち抜けたのは嬉しいけど、4カードもあったらまた大変!」そんな風に私が早くも来年正月明けの予定を憂いていたのは木曜日、ここ3日間続いたコパ・デル・レイ32強対決2ndレグでマドリッド勢5チーム中、ラージョ以外の16強対決進出が決まった時のことでした。いやあ、1部チームが参加する初戦から、レガネスとラージョがマドリー・ミニダービーのカードとなってしまったため、どちらかが敗退するのは避けられなかったんですけどね。残り3チームは皆、下位カテゴリーのチームが相手だったため、しっかり次ラウンドに駒を進めることに。来週木曜の抽選会でまたダービーカードが生まれない限り、1月8~10日と15~17日は再び、連日スタジアム通いという羽目に陥りかねないと思ったから。 ▽そう、私のコパ行脚が始まったのは今週の火曜からで、まずはヘタフェがコルドバを迎える2ndレグをコリセウム・アルフォンソ・ペレスへ見に行ったんですが、平日ですし、やはりスタンドはあまり埋まりませんでしたね。加えて1stレグで1-2と勝っていたこともあり、ヘタフェはリーガで先発した選手たちを休ませていたんですが、2部の降格圏にいるコルドバまでそれに倣っていてはねえ。両チームの選手たちの実力差は明らかで前半18分、GKマルコスが弾いて落としたボールをポルティージョが押し込んで先制したヘタフェは、41分にもアンヘルがペナルティをゲット。PKも自身で決め、追い風に乗ると、ここしばらくゴールから遠ざかっていた鬱憤を晴らすかのように後半にもう2発追加、ハットトリックを達成してくれたとなれば、ボルダラス監督も心強かったかと。 ▽え、その試合、柴崎岳選手も久々に先発に抜擢されたんだろうって?その通りでクリストフォロとのダブルボランチでスタートした彼だったんですが、余裕の2点リードで迎えた後半から、「Habiamos cambiado el dibujo en el ecuador/アビアモス・カンビアドー・エル・ディブージョ・エン・エル・エクアドル(ハーフタイムにシステムを変えた)。そんなに急いでパスを出さず、ドリブルしてみたらいいと言った」(ボルダラス監督)という指示により、3分には早速、中盤からスタート。アンヘルに繋いだ後、エリア内にリターンしてくれたボールは行き過ぎて取れなかったんですが、左側にいたロベル・イバニェスがシュートして、ヘタフェの3点目を入れてくれます。 ▽後半にはコルドバもCKからアイタミがヘッドを決めて1点を返したため、最後は5-1で試合は終わったんですけどね(総合スコア7-2)。おかげで1月前半もコパの2試合が保証され、柴崎選手がアピールする機会が増えたとなれば喜ばしい限りかと。実際、まだこの段階ではリーガよりコパの方がチケットも安くて手に入れやすいため、その頃、マドリッド訪問を計画しているファンは来週、対戦相手と時間割が出るのをしっかりチェックして、コリセウムでの試合観戦をスケジュールに入れてみるのも一興かと思いますよ。 ▽そして同じ火曜、ヘタフェより1時間遅れで始まったエスタディオ・バジェカスでのコパ・ダービーではレガネスが前半17分、エル・ザールのシュートをエミリアーノ・バスケスがクリアミスして入ったオウンゴールで先制。その後のラージョは70%以上という凄いポゼッションで反撃したようですが、兄貴分のレアル・マドリーからレンタルで修行に来ている19才のGKルニンがベベのPKまで弾く大活躍をしたんですよ。そのせいもあって、結局、0-1で負けたため、2-2の引き分けた1stレグのアウェイゴールによるアドバンテージを生かせず、早くもラージョはコパから姿を消すことに。 ▽とはいえ、「ゴールチャンスが15回、ボールロスト後のプレスも見事でカウンターも受けなかった。Para mi el resultado es muy injusto/パラ・ミー・レスルタードー・エス・ムイ・インフストー(自分にとって、この結果は全然、正当なものではない)」とミチェル監督が悔しがろうと、彼らの最優先課題は一刻も早くリーガ降格圏を抜け出すことですからね。この金曜午後9時(日本時間翌午前3時)にレガネスがブタルケにヘタフェを迎え、お隣さん同士で星を潰しあっている間、日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)のベティス戦でこそ、前節エイバル戦に続く2連勝を狙ってほしいところかと。ちなみに2節前に降格圏を抜け出したレガネスは3連勝中で残留ラインと勝ち点差5の現在16位、2連勝中のヘタフェは9位ですがヨーロッパリーグ出場圏の6位まで勝ち点1と、こちらのリーガ・ミニダービーも見応えありそうですよ。 ▽そして翌水曜にはワンダ・メトロポリターノにアトレティコのサン・アンドレウ戦を見に行った私でしたが、さすがトップチーム20人という少数精鋭の上、月曜には左足中足骨に入れたボルトの手術をするため、母国ブラジルに帰ってしまったジエゴ・コスタを始め、ゴディン、ヒメネス、ファンフラン、フィリペ・ルイスの5人を負傷で欠いて、とうとう15人になってしまったチーム。そこへ1stレグでは0-1でしか勝てなかったとあって、ベンチを外れてお休みをもらったのはグリーズマンだけというのは大体、アトレティコの選手数がここまで少ないのはその彼を引き留めるため、リーガでメッシに次ぐ高額年棒を払うことになったからだなんて聞くと、ちょっと不公平な気もしますけどね。まあ当人も今週は失意の中、パリでのバロンドール授賞式出席、モドリッチに拍手を贈らないといけなかったため、その辺の心労をシメオネ監督も慮ってあげた? ▽実際、来年2月半ばまで復帰できないコスタの代わりとなる前線候補を試す必要性もあり、CBにカンテラーノ(アトレティコBの選手)のカルロス・モヤを入れただけで、後はトップチームの選手で挑んだアトレティコなんですが、いやあ、前半の恐ろしかったことといったらもう!だってえ、相手は3部というのに何回も危ないシーンがあったんですよ。幸いGKアダンが防いで事なきを得たものの、この日もベンチ入り禁止処分が続き、パルコ(貴賓席)で観戦していたシメオネ監督だって、あの惨状にはきっと呆れていたに違いありませんって。 ▽それでもハーフタイムに「問題はもっと組織だって、コンパクトなチームでいることだったから、hemos hablado entre todos/エモス・ハブラードー・エントレ・トードス(皆で話し合った)」(アダン)のが功を奏したか、いえ、一番はジェルソンをレマルに代えたことだったんですけどね。後半開始早々、そのレマルがエリア前からのシュートを枠に当てて決め、とりあえず2試合でのリードを2点にしてくれたから、不安を覚え始めていたスタンドのファンたちもどんなに安心できたことか。どうやら選手たちも同じ気分だったようで、9分にはアリアスのクロスをカリニッチがヘッドで叩き込み、移籍後初ゴールを挙げると、その1分後にはレマルがエリア内に入れたクロスをコレアが右足外側でネットに収め、あっという間に3点目が決まったとなれば、もう心配することは何もありませんって。 ▽そして最後にはリュカがCBに移動して、再び左SB修行をしていたサウールが36分、ゴール前に送ったラストパスをビトロが押し込んで4点目を奪い、彼らは4-0で勝利(総合スコア5-0)。サン・アンドレウ戦の選手たちがワンダのジャグジーを堪能している間、記者会見に現れたアスパレン監督も「今日の失点をウチが集中力を欠いたせいと言うのは傲慢だと思う」と言っていましたが、そうですよね。いくら「Jugamos muchos futbolistas que teniamos pocos minutos/フガモス・ムーチョス・フトボーリスタス・ケ・テニアモス・ポコス・ミヌートス(あまりプレー時間がなかった選手が大勢いたし)、相手には失うものは何もなかった」(ビトロ)とはいえ、アトレティコは全ての大会で優勝を目指すチームなんですから、これぐらいの力の差は見せてくれないと。 ▽そんな彼らはあまり休む間もなく、次は土曜午後1時(日本時間午後9時)から、再びワンダでアラベス戦となるんですが、相手はすぐ下の4位ながら、ジローナを前にコパ敗退をしてしまいましたし、リーガもここ2試合連続白星なしと少々調子が下降気味。とにかく今季はアウェイで1勝だけと、内弁慶が続いているアトレティコだけにホームゲームでは確実に勝ち点3をゲットしてもらいたいものですが、さて。何せ、負傷者はまだ誰も戻って来ませんからね。とりあえず今はカリニッチやビトロがゴールで自信をつけて、チームに貢献してくれることを祈るばかりです。 ▽え、それで1stレグで0-4と大勝し、モドリッチ、セルヒオ・ラモス、ベイル、ベンゼマ、クルトワを招集外にしてメリージャを木曜にサンティアゴ・ベルナベウに迎えたマドリーはどうだったのかって?いやあ、やはりアフリカ大陸にあるスペインの飛び地領から、フェリーでマラガまで6時間、そこからは飛行機でしたが、計12時間も移動にかかっていてはねえ。そんなお疲れ気味だった2部Bチームの選手たちが意地を見せられたのは前半32分までのことでした。ええ、それまではGKケイロル・ナバスのゴールキックミスなどを利用して、シュートを撃ったりもしていたんですが、ドリブルでエリア内に入り込んだアセンシオに先制点を決められたかと思えば、その2分後にはビニシウスのアシスストで再びアセンシオがゴール。 ▽38分にはその彼の出した弓なりのパスをRMカスティージャ(マドリーのBチーム)のCB、ハビ・サンチェスがvolea(ボレア/ボレーシュート)で決めて、あっという間に3点差になったとなれば、一矢報いてやろうと張り切っていたメリージャ勢だって、もうお楽しみはベルナベウのジャクジーしか残っていない?実際、後半もソラリ監督にこの日、初めて先発を任されたイスコが3分にエリア外からのシュートを突き刺すと、30分にはとうとう、フィニッシュに失敗してばかりだったビニシウスまで、一旦はGKに弾かれたシュートを2度目のトライでゴールにすることに成功。ええ、ほとんどバジャドリーのオウンゴールまがいだったマドリー初得点と違い、こちらは正真正銘、自分が決めたものとなれば、まだ18才ですしね。陽気なブラジル人選手の常として、ついピッチで踊ってしまったとしても仕方なかったかも。 ▽いい加減、この辺りになると総合スコア9-0の大敗に審判も相手が気の毒になったか、36分にはエリア内でハビ・サンチェスがジャシネを倒したプレーをペナルティと判定。おかげでメリージャも記念の1点を挙げ、気分を直したはずだったんですが、まさかその1分後、イスコがまたしてもゴールを決めるってやっぱり、彼って空気が読めない選手?結局、試合は6-1で終わり、マドリーはあっさり16強進出を決定。ビジャレアルに2ndレグだけで8-0の大敗を喫したアルメリア(2部B)よりはマシですが、メリージャの選手たちにとって翌日、直行便で帰還できるのは不幸中の幸いだったんじゃないでしょうか。 ▽そして今週末は日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、アウェイで最下位のウエスカと対戦するソラリ監督のチームなんですが、実はその日のマドリッドは厳戒態勢に。というのもブエノスアイレスで開催できなかったコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグが午後8時30分(日本時間翌午前4時30分)からサンティアゴ・ベルナベウで行われるためですが、すでにボカ・ジュニアーズ、リーベル・プレートの両チームは到着しており、木曜にはそれぞれラス・ロサス(マドリッド近郊)のスペイン・サッカー協会の施設、バルデベバス(バラハス空港の近く)のマドリー練習場で大勢のマスコミの見守る中、セッションに励んでいます。 ▽うーん、1stレグが2-2で終わり、アウェイゴール・ルールがないため、ほぼ一発勝負状態になっているこのアルゼンチンの両雄の対決、いえ、ヘタフェのコパ担当GKチチソラなど、「もちろん見に行くよ。友達もいっぱいいるしね」とリーベル育ちの縁でチケットを融通してもらえるのか、楽しみにしていましたけどね。スペインに25万人いると言われるアルゼンチン人移民を除いて、一般的なマドリッド市民の感覚はとにかく、両チームのファンと警官隊が対決するような騒ぎが起きないでほしいといった風で、試合の結果については、勝者がクラブW杯でマドリーの一番のライバルになるぐらいの認識でしょうか。 ▽どうやらバラス・ブラバス(アルゼンチンのウルトラグループ)の幹部は入国拒否されたようですし、航空券が1500ユーロ(約20万円)程と高額なため、海を渡って来るアルゼンチン人のファンの数は限られており、多分、騒ぎは起きないはずですけどね。一応、この日曜、マドリッド観光をしている日本人ファンに注意点をお伝えしておくと、キックオフ数時間前から、サンティアゴ・ベルナベウ周辺は3重のチェックポイントが設けられ、チケットがないと通れなくなることと、スタジアム北側、メトロのクスコ駅近くのプラサ・デ・クスコはリーベルのファンゾーンに、南側のヌエボ・ミニステリオス駅方面にあるラミムンド・フェルナンデス・ビジャベルデ通りはボカのファンゾーンとなるため、人込みが苦手な方は避けた方が無難といったところですかね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.07 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

景気のいい話ばかりではない…/原ゆみこのマドリッド

▽「同じ旅立ちでも天と地の差だわ」そんな風に私が首を振っていたのは月曜日、夜のスポーツニュースでバロンドール表彰式に向かうレアル・マドリーのモドリッチの映像の後、足を手術するため、バラハス空港からブラジルに発つアトレティコのジエゴ・コスタが映った時のことでした。いやあ、実際、昨年はクリスチアーノ・ロナウドが仁王立ちしていたエッフェル塔から舞台を変え、ファッションショーのパリ・コレなどで使われるグラン・パレで優雅に行われたセレモニーでは予想通り、モドリッチが10年に渡るロナウド、メッシの独占時代に終止符を打ち、UEFA最優秀選手、FIFAベストに続いて、バロンドールも受賞したんですけどね。 ▽その場では、自分に賞が確定している時以外、顔を出さないサッカー界の超巨匠たちとは違い、同僚のリュカやレマルに伴われて出席していたグリーズマンも「フランス人が受賞しないのは残念。もしかしてCLの方がW杯より重要なのかな」と愚痴ったぐらいでそれ程、落ち込んでいる風ではなかったのは有り難いんですが、ファンにとって大事なのは今シーズン。クリスマス休暇を挟んで、2月のCL決勝トーナメント開始までには戻って来るとはいえ、アトレティコの前線のパートナー、コスタが治療のため、この先2カ月間欠場というのは、彼にとっても試練の時期にならない? ▽だってえ、まるでその悪夢の先ぶれのように先週末のリーガでは1チームを除いて、マドリッド勢は皆良かったんですよ。まずは金曜、エスタディオ・バジェカスでとうとう待望の1部復帰ホーム初勝利をラージョがゲット。迎えた相手は前節、イプルアで兄貴分のレアル・マドリーに3-0の大金星を挙げたばかりのエイバルだったんですが、それが却って幸いしましたかね。ここずっと降格圏にいて、最速2部Uターンの恐れが刻々と高まっていたマドリッドの弟分チームは前半、ほとんど攻撃に出ず、どこか「Hemos estado atenazados/エモス・エスタードー・アテナサードス(ウチは怯えていた)」(ミチェル監督)感じだったんですが、それで相手を見くびってしまったのが運の尽き。 ▽「勝つつもりで試合を支配していたが、no se si lo hemos visto sencillo o que, que nos hemos ido relajando/ノー・セ・シー・ロ・エモス・ビストー・センシージョ・オ・ケ、ケノス・エモス・イドー・レラハンドー(簡単にできると思ったのかどうかはわからない。ウチはリラックスしてしまった)」とメンディリバル監督も後で言っていた通り、0-0のまま迎えた後半8分、アレックス・モレノがエリア内奥からゴール前に出したラストパスの軌道をエンバルバが変え、先制点が入ったから、平日にも関わらず、スタンドを埋めたファンがどんなに湧いたことか。 ▽いやあ、このエンバルバ、5年前、アトレティコのサウールがレンタル移籍で修行に来ていた頃からいるカンテラーノ(ユースチーム出身の選手)なんですが、厳しい2部時代の2年間も耐え、堂々26才となった今はキャプテンマークを任される存在に。この日でラージョでの公式戦出場150試合達成などと聞くと、ホントに時の経つのは早いんですが、カンテラーノの大先輩であるミチェル監督も先日、同じブラウグラナ(青と紫のストライプ)をまとったバルサ相手に1点リードしながら、残り4分から同点、逆転とされた痛い教訓に学んだんでしょう。最後はFWラウール・デ・トマスを下げ、ティトを入れて、5人DF体制でこの1点を死守。1-0で今季2勝目を挙げることができましたっけ。 ▽まあ、それでも18位と彼らの順位が変わらず、残留ラインまで勝ち点差4あるのは何ですけどね。実はそのラージョと今週火曜、コパ・デル・レイ32強対決ミニダービーで2ndレグを戦う、もう1つの弟分レガネスも翌土曜、バジャドリー戦でいい結果を残していて、アウェイでの白星自体、2017年10月のマラガ戦以来だったとか。おまけにホセ・ソリージャでは前半にCKから、シオバスとオスカル・ロドリゲスのゴールで2点をリード。後半はトニ・ビジャに1点差にされたんですが、21分にはカリージョがGKマシップのミスから3点目を挙げ、更に30分にはdoblete(ドブレテ/1試合2ゴールのこと)となれば、ロスタイムにウナルに1点を返されても痛くも痒くもありませんって(最終結果2-4)。 ▽実際、4得点というのは1部3年目のレガネスにとって、アウェイでは初めてのことで、これにはペレグリーノ監督も「Ha habido mas efectividad sobre el terreno de juego/ア・アビードー・マス・エフェクティビダッド・ソブレ・エル・テレーノ・デ・フエゴ(ピッチでずっと効率的だった)」と満足顔。順位も16位と1つ上がって、降格圏から勝ち点5差となったとなれば、1stレグをホームで2-2と引き分けたため、ゴールを挙げないと勝ち抜けない火曜午後8時30分からのラージョ戦にも力を避けるというものでしょう。 ▽その後も今週は金曜午後9時から、また弟分ダービーとなるリーガのヘタフェ戦をブタルケで迎えるレガネスなんですが、そのお隣さんも土曜の次の時間帯であったエスパニョール戦では決して撃ち負けてはいないことを証明。いやあ、コリセウム・アルフォンソ・ペレスのファンが前節アスレティック戦で終了間際にマタがゴール前で倒されたペナルティ相当のプレーを主審にもVAR(ビデオ審判)にもスルーされ、引き分けで終わった件を抗議、スタンドから一斉pitada(ピタダ/ブーイング)があった前半は無得点で終わったんですが、後半一時、照明塔の1機が消えるアクシデントがあった後、9分にはホルヘ・モリーナがエリア内での個人技から先制ゴールをゲットしてくれるとは、やはり頼りになる36才のエースです。 ▽更に20分にはマタも続き、35分にはアントゥネスがミドルシュートを決めて、ヘタフェは3-0という立派なスコアで完勝。8位ながら、ヨーロッパリーグ出場圏まで勝ち点1と迫ったんですが、残念だったのは「Es decision tecnica/エス・デシシオン・テクニカ(戦術的な理由だ)」(ボルダラス監督)ということで、この日も柴崎岳選手がベンチに入っていなかったことと、続く時間帯でマドリー戦がサンティアゴ・ベルナベウであったため、私が彼らの勝利に立ち会えなかったこと。 ▽うーん、今週はコパ32強対決2ndレグで火曜午後7時30分から、2部のコルドバをホームに迎えるヘタフェなんですけどね。現在、2部で降格圏の21位に沈む相手は1カ月前の1stレグの後、サンドバル監督を解任し、今はクリストバル・トーレス監督が率いているんですが、先勝しているとはいえ、スコアは1-2の僅差。前日記者会見でボルダラス監督は「Están convocados y es posible que estén en el once/エスタン・コンボカードス・イ・エス・ポシブレ・ケ・エステン・エン・エル・オンセ(招集されていて、スタメンに入ることもありうる)」と柴崎選手やアレホについて話していたんですが、果たしてアピールのチャンスはもらえるんでしょうかね。 ▽え、それで土曜最後の試合、バレンシア戦ではマドリーも兄貴分の貫録を見せたのかって?そうですね、先週はCLでローマを0-2で破り、グループリーグ首位通過も決めていた彼らだったため、当日にクロースとマルセロがケガで抜けるというアクシデントはあったものの、それ程、心配はしていなかったんですけどね。まさか前半7分、カルバハルがゴール前に上げたクロスをヴァスが完璧にヘッド、オウンゴールをプレゼントしてくれるなんて!加えて相手方はユベントスに負け、CL敗退となったショックもあったか、「Hemos hecho una primera parte muy cutre/エモス・エッチョー・ウナ・プリメーラ・パルテ・ムイ・クトレ(ウチは前半、とてもしみったれた試合をしてしまった)」(サンティ・ミナ)こともあり、マドリーは1-0でリードしてハープタイムに入ります。 ▽ただ追加点がなかったため、ロッカールームで心を入れ替えたバレンシアは後半早い時間、サンティ・ミナが2度程、GKクルトワに迫ったんですが、フリーのシュートを撃ち上げるわ、次は蹴る前にボールを取られてしまうわとチャンスをモノにできず。おまけにクルトワは交代で入ったバチュアイの1対1のシュートまでcaradon(カラドン/顔面スーパーセーブ)で弾いてしまったとなれば、今季のバレンシアがゴール不足で下位にいるのも納得できるかと。一方、太ももを痛めたベイルがアセンシオに交代、モドリッチもバルベルデに代わり、最後の枠でイスコが入ったマドリーは38分になって、とうとう本領を発揮することに。 ▽ええ、カルバハルがカウンターで駆け上がると、ソラリ監督に「Que fuera determinante cuando tuvieramos una transicion/ケ・フエラ・デテルミナンテ・クアンドー・トビエラモス・ウナ・トランシシオン(ウチに攻守交代のチャンスがあった時、決定的な役割をするように)」と言い含められたイスコとパス交換をした後、ゴール前にクロス。ボールはアセンシオの体に当たって、エリア内にこぼれたものの、ルーカス・バスケスがベンゼマのアシストで2点目を決めてくれたとなれば、もう安心ですって。そのまま2-0で勝利となり、前節のエイバル戦の大敗でミソをつけたソラリ監督も早々に汚名挽回することができましたっけ。 ▽それにしたって、マルコス・ジョレンテやレギロン、ベルベルデら、ソラリ監督がRMカスティージャを率いていた時代から熟知しているカンテラーノを活用しているのとは対照的に、アセンシオやイスコがあまり出してもらえなくなったのは心配じゃないかって?まあ、指揮官の好みもあるでしょうけど、とりわけ気の毒なのは後者でバレンシア戦の後など、ピッチに入る前の着替えの時、アンダーシャツになった姿をTVが後ろから捉えた映像がネタに。深夜のサッカー番組で腰に贅肉がついている、ついていないと延々議論していたのには私もただただ、呆れるばかり。そこへ、これには当人も頭にきたか、インスタグラムに自身の上半身裸体の写真を上げ、「Estoy gordo?/エストイ・ゴルドー(ボクは太っている?)」というアンケートを実施していた日にはもうどっちもどっちかと(https://www.marca.com/futbol/real-madrid/2018/12/02/5c03e6efca47410c1d8b458b.html)。 ▽結果、太ってはいないというファンからの答えがわずかに過半数を超える程度だったのはご愛敬として、こんな技術の進歩した時代ですからね。昔の写真を上げたんじゃないかとか、加工しているんじゃないかとか、散々、茶々を入れられていたのは仕方ない?ちなみにマドリーは今週、憲法記念日の祝日である木曜、午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、コパ32強対決メリージャ(2部B)戦2ndレグをサンティアゴ・ベルナベウで開催。1stレグが0-4の大勝だったこともあり、慣例的にこのラウンドでは控え選手がスタメンとなることを踏まえ、「次の試合、イスコはtitulalismo(ティトゥラリシモ/不動のレギュラー)」なんてラジオに揶揄されていたのも気の毒だったかと。 ▽そしてその日曜にはマドリッド勢のトリとして、アトレティコがジローナ戦に挑んだんですが、実は彼らは昨季、1部に上がったばかりの相手にホーム、アウェイ共、引き分けるという失態を犯していたんですよね。おまけにゴディン、ヒメネス、ファンフランに加え、先日のCLモナコ戦後にはフィリペ・ルイスまで負傷してしまったDF 陣は最小人員でのオペレーションを余儀なくされ、この日はとうとう、マルチ選手のサウールが左SBとしてプレーすることに。まあ、それでも前半には彼のシュートがゴールバーに弾かれたり、後半もGKボノがケガでイライソスに代わった後、絶好機にparadon(パラドン/スーパーセーブ)されてしまったりと、アタッカーとして存在感を示してはくれたものの…。 ▽もう敵がアトレティコの苦手な3CB制を敷いているせいなのか、バルサ戦、CLモナコ戦と緊張する試合が続いて選手たちが疲れているのか、それとも7000万ユーロ(約91億円)でこの夏、加入したレマルが値段にふさわしい働きをしてくれないせいなのか、私にも理由はわからないんですけどね。メッシに次ぐリーガ2番目の高給取りであるグリーズマンも先週頃から、最後の希望だったバロンドールも逃したという情報が優勢になっていたせいでふて腐れてしまったか、左足小指の中足骨に12年前、埋め込んだボルトの不具合でずっと、痛みに悩まされていたジエゴ・コスタもムリして先発してくれていたんですが、いつになっても点が取れず。 ▽挙句の果てに前半終了間際、ロドリが自陣でパスミス、ロバーツからパスを受け、今季すでに10ゴール挙げてピチチ(得点王)だったストゥアーニがエリアに突っ込んで来るのを見て、さすがのGKオブラクも慌ててしまったんでしょうかね。ボールを奪おうとして相手を倒してしまったから、さあ大変!しかも最初は審判がファールはエリア外として、FKを指示していながら、まさかVAR判定でペナルティにされてしまうとはツイていないにも程がある?ええ、ストァーニがPKを決め、アトレティコは1-0とリードされてしまったんですよ。 ▽え、それでも後半の彼らは途中出場したコレアが自陣から放ったロングパスをコスタが見事にトラップ。シュート寸前に先に足を出したラマーニョがオウンゴールにして同点に持ち込んだんだろうって?そうなんですが、その後のジェルソンの一撃はイライソスに弾かれてしまい、そのまま1-1で終わった彼らはこれで今季アウェイ戦7試合中、5回目の引き分け。実際、ここまでワンダ・メトロポリターノの外ではヘタフェに勝っただけですからね。もうこうなると、夜の試合ではバルサがビジャレアルに勝って首位奪還、セビージャがアラベスと引き分けくれたため、3位は変わらず、1位との差もたった勝ち点3だけといったって全然、慰めになりませんよ。 ▽そしてこの試合、「Está haciendo un esfuerzo. Dejó el alma en cada jugada/エスタ・アシエンドー・ウンエスフエルソ。デホ・エル・アルマ・エン・カーダ・フガダ(大いなる努力をしている。1つ1つのプレーに全霊を懸けてくれた)」(シメオネ監督)コスタがとうとう、このまま足の痛みを我慢するのは不可能と悟ったため、この水曜に母国で手術を受けることになったんですが、いやはや。アトレティコの次の試合は水曜午後7時30分(日本時間翌午前3時30分)から、ワンダでのコパ32強対決サン・アンドレウ戦2ndレグ。相手は3部のチームなんですが、1stレグでは0-1と辛勝でしたからね。抜擢されるであろうアトレティコB(2部B)の精鋭たちに頑張ってもらいたいところですが、この場合、やっぱり念のため、グリーズマンがベンチに入るんですかね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.04 12:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース