ロッベン、ドルトムントとのデア・クラシカー欠場が決定2018.11.10 01:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは9日、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが、ドルトムント戦を欠場することを明らかにした。

▽バイエルンは10日にドルトムントとの大一番“デア・クラシカー”を戦う。しかし、ヒザに問題を抱えるロッベンはこの試合を欠場することが決まった。

▽ここまで公式戦13試合に出場し、リーグ戦では8試合で3ゴールを挙げているロッベン。だが、先日にヒザを負傷し、7日に行われたチャンピオンズリーグのAEKアテネ戦は招集外となっていた。

▽ブンデスリーガでは現在3位のバイエルン(勝ち点20)にとって、首位のドルトムント(勝ち点24)との一戦はマイスターシャーレの行方を占う重要な一戦。しかし、バイエルンはロッベンの他、MFチアゴ・アルカンタラとFWキングスレー・コマンが足首のケガで離脱中。さらにMFコランタン・トリソもヒザのケガを抱えており、多くの主力を欠いて臨むことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、オドイのイングランド代表招集を歓迎せず?

チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得を狙うバイエルンだが、夏の移籍市場に向けて懸念点があるようだ。イギリス『メトロ』がドイツ『ビルト』の情報をもとに伝えている。 FWフランク・リベリとFWアリエン・ロッベンという2人の重鎮が今季限りで退団濃厚となっているバイエルンは、彼らの代わりとなり得る若く有望なウインガーを探している。その中でもとりわけ強い関心を示してきたのがオドイだ。今冬の移籍市場では数回にわたってオファーを出し続けたが、最終的な3500万ポンド(約50億円)のオファーもチェルシーに拒否されたことが伝えれれている。 だが、バイエルンのオドイへの関心は留まることを知らず、夏にも獲得に動くと見られているが、懸念されているのが、オドイがイングランド代表に初招集されたこと。イングランドサッカー協会(FA)は18日、前線の選手に故障者が続出していることから、18歳のオドイに初招集をかけた。 これにより、オドイの市場価格が高騰することが予想されており、現在2500万ポンドと見積もられている同選手の価値が急上昇してしまうことをバイエルンは恐れているようだ。 今後、オドイがさらなる活躍を見せればその価値はどんどん高まっていくことになるが、バイエルンはどのように対応していくのだろうか。 2019.03.21 17:27 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、今夏にクラブ史上最大の投資プログラムへ動く! 会長が250億円の資金を用意

バイエルンのウリ・ヘーネス会長が、今夏の移籍市場に2億ユーロ(約253億円)の資金を用意することを明らかにした。ドイツ『RTL』が伝えている。 記事によると、ウリ・ヘーネス会長は「我々はチームの活性化を目指している。これは、バイエルンにとってかつてないほど大きな投資プログラムになるだろう」と公に発表。今夏の移籍市場に向けて2億ユーロの資金を準備していることを明らかにした。 その中で、『RTL』は6000万~8000万ユーロが1人の選手に充てられる可能性があると推測。リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)には8000万ユーロ程度の移籍金がかかると、フランスメディアの情報をもとに伝えている。なお、バイエルンの現在の移籍金史上最高額は4150万ユーロでリヨンから獲得したフランス代表MFコランタン・トリッソとなっている。 また、トリッソが加入した2017年夏には、バイエルンは1億1600万ユーロ(約146億円)の移籍金を費やしており、1回の移籍市場においてはこれが同クラブの最大値となっている。 2019.03.20 16:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル、バイエルン行きの可能性が浮上! 関係者「成立し得る」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)に、バイエルン移籍の可能性が浮上した。イギリス『TeamTalk』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ケガ癖による稼働率の低さや、スペイン語不習得によるコミュニケーション不足が指摘され続け、マドリーでの将来が危ぶまれるベイル。先日復任したジネディーヌ・ジダン監督の下でチームが今夏大型補強に乗り出すとも見られており、ベイルの去就に関して様々な憶測が飛び交っている。 そして、『TeamTalk』はベイルのバイエルン移籍に関して、関係者が「この移籍は多方面に対し、そして選手自身にとって魅力的なものだ。バイエルン・ミュンヘンのためにプレーしたくない選手がいるのか? 」と述べていると報道。さらに、「レアルとバイエルンは良好な関係を築いている。これは、成立し得る取引だ」とも語られたようだ。 また、バイエルンからは、今シーズン終了後にFWアリエン・ロッベン、MFフランク・リベリという2人の偉大なウインガーが去る。適切な後釜を探す同クラブにとっても魅力的な選択肢になるかもしれない、と『アス』は伝えている。また、バイエルン側はオファーを検討している段階で、選手当人は移籍に興味を示しているという。 2019.03.19 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーとバイエルン、近く会談へ ハメス語る

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が将来に言及した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル移籍期間が失効するハメス。レアル・マドリー復帰説やプレミアリーグクラブの関心など様々な憶測が取り沙汰されているが、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が最近の発言で3500万ユーロ(約44億3000万円)の買取条項を行使する可能性をちらつかせており、どのような結末を迎えるのか不透明な状況だ。 そうしたなか、当のハメスは17日にホームで行われたブンデスリーガ第26節のマインツ戦(6-0でバイエルンが勝利)でハットトリックの活躍を披露。試合後、騒がしくなりつつある去就について問われると、次のように話したという。 「今後、クラブ同士で僕の将来について話し合う。現時点でどうなるのかなんて誰にもわからないことだけどね」 「僕はこのクラブにすごく満足していて、気分も良い。(ニコ・)コバチは偉大な監督で、一緒に多くのトロフィーを獲得していきたいね」 2019.03.18 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

将来を約束するクロップ…「私はリバプールが大好き」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督(51)がアン・フィールドでの将来を約束した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 クロップ監督は2015年10月からリバプールを指揮。ドルトムント時代から続くプレッシングスタイルを落とし込み、年々完成度を高めると、今シーズンのプレミアリーグにおいて首位争いを演じるまで成長を遂げている。そのクロップ監督率いるリバプールはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でバイエルンを退け、見事にベスト8へ。ドイツが誇るレジェンドであるフランツ・ベッケンバウアー氏から「将来的なバイエルン指揮」を待望視する声が挙がった。 だが、現在のクロップ監督にリバプールを去るプランはないという。ベッケンバウアー氏のコメントについて問われると、次のように返答した。 「ドイツにフランツ・ベッケンバウアー以上のレジェンドはいない。そんな彼が私についてポジティブな話をしてくれるのは嬉しい」 「そういった言葉はリバプールに対する称賛の言葉でもある。バイエルンは過去10〜15年間でほとんど間違わず、正しい道を歩んできた」 「だが、私は自分のいる場所が性に合っている。ここが大好きだ。本当に良いチームを指導する機会があるのだからね」 「今の私はリバプールに相応しい監督だという自負がある。フットボールだと、常にそれを証明していかなければならないのだがね」 「これまでのところ、うまくてやっていて、この先もうまくいき続けることを願う。現状に満足しているよ」 2019.03.18 13:35 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース