超ワールドサッカー

マドリー、スペイン代表初選出のエスパニョールDFを連れ戻しか2018.11.09 16:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーが、エスパニョールのスペイン代表マリオ・エルモソ(23)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽マドリー下部組織出身のエルモソは、Bチームであるカスティージャまで上り詰めたもののトップチームで試合に出ることなく、2017年夏にエスパニョールに移籍を果たした。すると、加入初年度こそ公式戦24試合の出場に留まったが、今シーズンはここまでのリーグ戦全11試合にフル出場し2得点をマーク。リーガエスパニョーラ2位に付ける躍進チームで欠かせない存在になっている。この活躍を受け、8日に発表されたUEFAネーションズリーグに挑むスペイン代表の一員にも初選出された。

▽レアル・マドリーはDFぺぺの退団以降、信頼できるセンターバックはスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランスDFラファエル・ヴァラン、スペイン代表DFナチョの3選手しか擁しておらず。同ポジションのトップレベルの選手の獲得にプライオリティーを置いていることを、先月にスペイン『マルカ』が伝えていた。

▽この状況下の中、マドリーはエルモソの来年1月の買い戻しを検討。同選手の放出時には、750万ユーロ(9億6000万円)の買い戻し条項が盛り込まれていたようだ。しかし、エスパニョ―ルはエルモソをキープレイヤーと位置付けており放出には否定的。とはいえ、エスパニョールのチェン・ヤンシェン会長がクラブの収益バランスを気にかけており、売却の可能性もあるという。

▽また、エルモソのパフォーマンスにはアーセナルも注視。同クラブのウナイ・エメリ監督がかなり気に入っており、一度のみならずプレーをチェックしているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

「彼はニュー・クリスティアーノ・ロナウド」カフー氏が18歳のヴィニシウスを大絶賛

レアル・マドリーに所属するブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールを同国のレジェンドであるカフー氏が絶賛した。<br><br>今夏、長年にわたりレアル・マドリーのエースに君臨したクリスティアーノ・ロナウドが退団。その後、レアル・マドリーは低調な戦いを続けるなど同選手の偉大さを改めて証明する結果となってしまった。<br><br>しかし、フレン・ロペテギ前監督解任後に正式な指揮官に就任したサンティアゴ・ソラーリ監督の下、4連勝とチームは復調。中でも、4600万ユーロ(当時約55億円)を叩いてフラメンゴから獲得し、今シーズンよりレアル・マドリーでプレーする18歳のヴィニシウスは一気に出場機会を手にするなど頭角を現している。<br><br>この活躍を受け、カフー氏は『FOXスポーツ・メキシコ』で18歳の逸材に賛辞を送った。<br><br>「現段階でヴィニシウスはレアル・マドリーのスターではないが、すぐにそうなるだろう。クラブに多くの成功をもたらしたクリスティアーノ・ロナウドの代役なんて誰にも務まらないが、私が見る限りヴィニシウスもスペシャルな選手だ。彼がクリスティアーノの代役として最善の候補者であり、マドリーとともに世界制覇できると信じている」<br><br>「もちろんそのためには時間とハードワークが必要だ。彼はまだスターではないが、これからレアル・マドリーに勝利をもたらす選手になるはずだ。ヴィニシウスはニュー・ロナウドになることができる。ただ、今はそのためにたくさんの汗をかかなくてはならない」<br><br>ここまでファーストチームで全公式戦5試合に出場するヴィニシウスは、バジャドリー戦で初ゴールをマークするなど1ゴール3アシストを記録する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.16 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

フィテッセに武者修行中の神童・ウーデゴール「目標はマドリーでのプレー。そのためならなんだってする」

▽フィテッセに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(19)が、所属元のレアル・マドリーでの成功を夢見ているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽かつて神童と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず。2017-18シーズンには日本代表MF小林祐希も所属するヘーレンフェーンにレンタル移籍し、公式戦26試合2ゴール2アシストを記録した。 ▽昨シーズン終了後、マドリーに復帰し、インターナショナル・チャンピオンズカップでは3試合に出場。しかし、トップチームに食い込むことは叶わず、今季はフィテッセで武者修行を継続している。 ▽そんなウーデゴールはフィテッセで徐々に出場時間を増加。10月31日に行われたKNVBカップ2回戦のヘラクレス戦で移籍後初ゴールを決めると、迎えた11月10日のエールディビジ第12節のヘラクレス戦でFKを鮮やかに決めて、公式戦2試合連続ゴールとなる移籍後リーグ戦初ゴールを記録した。 ▽オランダで経験値を積むウーデゴールは、ヘラクレス戦でのゴールで肩の荷が下りたと主張。ここからの更なる成長に意気込み、レアル・マドリーで将来活躍することを思い描いている。 「僕は満足しているよ。このクラブで自分が進むべき道のりを見つけることができているんだ。最近のヘラクレス戦でようやくゴールを決めることができ、少し肩の荷が下りたよ。これまでのシーズンよりも多くのゴールやアシストを記録することを一つの目標にしているんだ」 「僕はプレーしなくてはいけないし、できる限りのことを学んでいかなくてはいけない。もちろん僕はマドリーに残ることを望んでいたさ。(プレシーズンで)長い間チームで練習し、トップチームでも数分間の出場機会も得た。ただ、夏が終わる頃にクラブと話して、他のクラブでプレーすることが最善だという結論に至ったんだ」 「でもそれは僕の成長のためにベストな選択になると思う。今は最高のコンディションを模索している。レオニード・スルツキー監督と話して、ここでならそれができると思ったんだ」 「謙虚でいなくてはいけないし、ゴールも獲り続けないとね。レアル・マドリーのトップチームでどれだけ多くの19歳の選手がプレーできている? 道のりは長いけど、自分自身を信じているよ」 「全ての試合で一生懸命プレーして、多くを学び出場機会も増やしていかなくてはならない。僕の目標は明確だよ。レアル・マドリーでプレーすることさ。そのためならなんだってするよ。僕の契約自体はすでに更新されている。僕はそれを信頼の証だと感じている。フィテッセへの移籍は後退ではない。トップへ登り詰めるための前進なんだ」 2018.11.16 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーに朗報! マルセロ&カルバハルが復帰へ

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロとスペイン代表DFダニエル・カルバハルの復帰が迫っているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽マルセロは、10月28日に行われたリーガエスパニョーラ第10節、バルセロナとの“エル・クラシコ”に先発出場。しかし、後半立ち上がりの50分に反撃の狼煙を上げる1ゴールを記録した後、82分にFWマリアーノ・ディアスとの負傷交代を強いられていた。 ▽一方のカルバハルは、10月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)CSKAモスクワ戦に先発出場。しかし、前半終了間際に負傷し、43分にスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラと交代していた。 ▽今回伝えられるところによると、マルセロ、カルバハル、マリアーノは、主力組とは別のトレーニングに参加。それでも、11月24日に行われるリーガエスパニョーラ第13節エイバル戦に復帰の目途を立てており、練習のピッチを速めているようだ。 ▽負傷の程度にバラつきがあるものの、DFアルバロ・オドリオソラ以外の守備陣全員が離脱していたマドリーにとっては朗報だ。 2018.11.16 16:44 Fri
twitterfacebook
thumb

クロアチアで躍動するU-21スペイン代表MF巡ってクラシコ勃発!

▽ディナモ・ザグレブに所属するU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(20)を巡ってバルセロナとレアル・マドリーによる争奪戦が勃発しているようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 ▽バルセロナのラ・マシア出身の攻撃的MFであるダニ・オルモは、同クラブのトップチームでプレーするU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャと鎬を削ってきた逸材MFだ。しかし、2014年には将来的なトップレベルでの出場機会を求めてクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブに完全移籍。そして、2016年2月にトップチームデビューを飾ると、主力に定着した昨シーズンはリーグ戦26試合に出場し8ゴール6アシストの記録を残した。 ▽その逸材MFには古巣バルセロナを始め、以前からマルセイユやドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ミランなど錚々たるビッグクラブが関心を集めてきた。さらに、ここ最近に入ってマドリーとバイエルンが争奪戦に参戦した模様だ。 ▽ただ、ディナモ・ザグレブはダニ・オルモの移籍金を2500万ユーロ(約32億1000万円)という強気な金額設定にしており、今冬の移籍市場での放出に関しても否定的な構えだ。したがって、本格的な争奪戦に発展するのは来夏になる見込みだ。 2018.11.16 14:11 Fri
twitterfacebook
thumb

ロブレン「セルヒオ・ラモスは自分よりもミスしている」に本人が反応

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンのコメントに反応した。<br><br>先日、バラエティー色もある『Copa90』の番組インタビューで、「僕は世界でも最高のDFの一人だ。間違ったことは言ってないよ!」などとサービストークを展開したロブレン。その中で、自身のミスが大きく報じられることについても触れた同選手は「(セルヒオ・)ラモスを見てみてよ。僕よりミスしているだろう! でも彼はレアル・マドリーにいる。僕はちょっとアンラッキーなんだ。僕がミスした時は1-0で終わったりするんだ!」とコメントしていた。<br><br>このロブレンの発言にセルヒオ・ラモス本人が反応。セルヒオ・ラモスは「こういった発言が出るのはフラストレーションからなのか、他の理由があるのかはわからない。僕はロブレンのことや、新聞のフロントページ、トップニュースとして使われることを狙うものについて答えるつもりはない。みんなと同様、ピッチ上で自分自身を証明するつもりだ」と話した。<br><br>なお、ロブレンは当時のインタビューで、レアル・マドリーでセルヒオ・ラモスとコンビを組むラファエル・ヴァランについて、「僕はヴァランが好きなんだ。彼は大きな信頼に値するよ。でもセルヒオ・ラモスほどは評価されていない。納得できないな。(ヴァランはセルヒオ・ラモスより素晴らしいか?)間違いないね」ともコメントしていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.16 13:21 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース