超ワールドサッカー

ミラン大打撃…ルーカス・ビリアが4カ月アウト、ふくらはぎを手術2018.11.09 09:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは8日、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの長期離脱を発表した。▽ビリアは、右ふくらはぎを負傷。8日にフィンランドで手術を受け、無事に成功したが、全治4カ月が見込まれているという。

▽2017年夏にラツィオからミラン入りのビリアは、今シーズンのここまで公式戦11試合に出場。1アシストを記録している。

▽ミランは11日に行われる次戦、セリエA第12節でユベントスをホームに迎え撃つ。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトガル戦を控えるイタリア、ロマニョーリ離脱でアチェルビ招集へ《UEFAネーションズリーグ》

▽ミランのDFアレッシオ・ロマニョーリがイタリア代表を離脱したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ロマニョーリは16日の練習中に足の筋肉を痛めたようで、17日に行われるUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3のポルトガル代表戦を前に離脱となった。代役にはラツィオのDFフランチェスコ・アチェルビが招集されるとのことだ。 ▽ミランではレギュラーセンターバックのアルゼンチン代表DFマッテオ・ムサッキオが全治6~8週間の離脱を強いられており、ディフェンスリーダーのロマニョーリも離脱となると、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督にとっては頭の痛い問題となる。 2018.11.17 02:19 Sat
twitterfacebook
thumb

19歳ドンナルンマ、C・ロナウドとの初対決は「ドキドキして話しかけられなかった」

ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが15日、イタリア国営放送『RAI』のインタビューに応じ、同僚のFWゴンサロ・イグアインやユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドらについて語った。<br><br>ミランの守護神ドンナルンマは、11日に行われたユベントス戦(2-0でユベントスが勝利)においてC・ロナウドと初めて対峙した。軍配は81分にユーヴェの2点目を決めたポルトガル代表FWに上がったが、19歳GKは子供の頃からの憧れの存在であったユベントスFWとの対戦に興奮を隠せなかったようだ。<br><br>「ものすごく感動したよ。僕はいつもプレイステーションで彼と対戦していたくらいだからね。試合終了後もドキドキしてしまって話しかけることはできなかったよ」<br><br>続いてドンナルンマは、ユベントス戦において退場処分を受け、2試合の出場停止が決まったイグアインを擁護した。<br><br>「彼は素晴らしい青年だよ。あの後、僕らやメディアの前でも謝罪した。あの試合は彼にとって非常に重要な試合だったんだ。それに大切なことは、過ちを犯したことを自覚し、今後、繰り返さないことだと思う。それに主審の所へ謝罪にも行っている。(ジェンナーロ)ガットゥーゾは彼に何も言わず、見守っていた。彼は全員に謝罪したし、酷く落ち込んでいるようだった。僕もそばに行って、少し励ましたんだ。彼には心配しないでほしい。そして僕らの力になってほしい」<br><br>■40歳ブッフォンからの助言ロベルト・マンチーニ率いるイタリア代表では、レジェンドGKジャンルイジ・ブッフォンの後継者として守護神の座を託された。<br><br>「代表でレギュラーになれたことを誇りに思う。子供の頃から夢見てきたんだ。信頼してくれたマンチーニには感謝したい。ブッフォン?一緒に練習するときは、いつでも僕にアドバイスをしてくれてそばで支えてくれた。『常に地に足をつけるように』と常に言われていたよ。ジジ(ブッフォンの愛称)は世界最強のGKだし、(ロシア)ワールドカップに出場できず、イタリア代表でのキャリアをこんな形で終えるのは相応しくなかったと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.16 16:58 Fri
twitterfacebook
thumb

心臓の問題で休養中のストリニッチ、ミラン練習復帰へ…ボナヴェントゥーラは手術か

ミラン加入直後に心臓の問題が発覚し、休養中だったクロアチア代表DFイヴァン・ストリニッチの復帰が決まった。ミランが15日、公式ウェブサイトで発表している。<br><br>ロシア・ワールドカップにも出場したストリニッチは今夏、サンプドリアとの契約を満了し、フリーでミランに加入した。しかし8月に行われたクラブの定期健診において、心筋に初期の肥大が見られることが発覚。約3カ月の休養を経た上での再検査が必要との診断を受けていた。<br><br>3カ月の休養期間を終えたストリニッチは先日、パドヴァの専門医の下で再検査を実施したところ、スポーツ活動への復帰に支障がないことが認められた。このため選手が来週の19日からミラネッロで練習を再開することをクラブは発表している。<br><br>一方、『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数のイタリアメディアは、左ひざのトラブルにより戦列を離れているMFジャコモ・ボナヴェントゥーラが軟骨の除去手術を決断したことを伝えている。ボナヴェントゥーラは10月25日に行われたヨーロッパリーグのベティス戦を最後にひざの治療に専念しており、これまでは保存療法を選択していた。しかしここ数週間で期待されていた回復が見られず、手術へ踏み切る形となった。これにより、ボナヴェントゥーラの復帰は4~5カ月後となる。<br><br>ミランではこのほか、MFルーカス・ビリア(3月復帰見込み)やMFマテオ・ムサッキオ(2月復帰見込み)、DFマッティア・カルダーラ(3月復帰見込み)ら長期離脱者が相次いでいる。ストリニッチ復帰の朗報が届いたものの、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督にとって厳しい台所事情は続きそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.16 16:18 Fri
twitterfacebook
thumb

スソ、アトレティコの接触認めたが…心はミランに!

▽ミランに所属するスペイン代表MFスソ(24)がアトレティコ・マドリーの接触を認めつつ、忠誠心を示した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽スソは2015年1月にミラン入りし、2016年1月に期限付き移籍でジェノアへ。2016-17シーズンにミラン復帰を果たして以降、信頼を勝ち取り、2017年8月にスペイン代表初招集を受けるなど株を上げた。スペイン『Es Radio』で注目を集める去就について次のように語っている。 「僕は物静かな男さ。家族に感謝するよ。僕の希望をわかってくれているし、スペインに帰りたくなればそうするだろう。僕の両親は戻ってきてもらいたいみたいだけどね」 「でも、今の僕は国外でプレーしたい。夏にアトレティコ・マドリーからコンタクトがあったけど、4000万ユーロ(約51億3000万円)の解除条項があった。時間が経てば、もっと高くなるだろう」 「あの額を支払えるスペインのクラブはほとんどいない。僕はイタリアや、ACミラン、そして、ミラノの街を愛している。だから、ラ・リーガに戻ることなんて考えてない」 「ここ2年間、様々なオプションがあったにも関わらずだ」 ▽なお、スソは今シーズンのここまで公式戦15試合に出場して5得点8アシスト。現在、レアル・マドリーの関心も取り沙汰されている。 2018.11.16 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

サッリ体制で出場激減のケイヒルはミランへ?

▽ミランが、チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス方面の報道を基としてイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽ミランでは現在、センターバックを務めるイタリア代表DFマッティア・カルダーラとアルゼンチン代表DFマッテオ・ムサッキオが負傷離脱中。今冬の移籍市場での同ポジションの補強が急務になっており、ケイヒル獲得に白羽の矢が立ったという。 ▽今シーズンからチェルシー指揮官に就任したマウリツィオ・サッリ監督は、ブラジル代表DFダビド・ルイスとドイツ代表DFアントニオ・リュディガーをセンターバックのファーストチョイスに。優先順位の低いケイヒルは、リーグ戦わずか21分間のプレーに留まっている。 ▽また、チェルシーとの現行契約は今シーズン限りとなっており、ケイヒルはイギリス『ミラー』のインタビューで、来年1月にクラブを去る可能性について「おそらく、イエスだ」と退団を示唆していた。その後、残留を匂わせる発言もしていたが、就去に注目が集まっている。 2018.11.16 14:23 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース