豪華過ぎ…スペイン代表の落選組イレブン2018.11.09 09:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽他国からしてみれば、贅沢な悩み…。スペイン『マルカ』は、スペインサッカー連盟(RFEF)が8日に発表した同国代表メンバーの落選ベストイレブンを紹介した。

▽ルイス・エンリケ監督が率いるスペイン代表は、15日に行われるUEFAネーションズリーグでクロアチア代表と対戦。18日に国際親善試合として、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦する。その代表戦に向けては、ルイス・エンリケ監督との不仲説が取り巻くDFジョルディ・アルバ(バルセロナ)が初のメンバー入りを果たした。

▽これを受け、『マルカ』は今回の落選組をピックアップ。「非常に強力なイレブン」と評して、招集外の主な11名によるベストイレブンを発表した。

◆スペイン代表の落選組イレブン
GK
イケル・カシージャス(ポルト/ポルトガル)

DF
アルバロ・オドリオソラ(レアル・マドリー)
ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー)
マルク・バルトラ(ベティス)
マルコス・アロンソ(チェルシー/イングランド)

MF
パブロ・サラビア(セビージャ)
セルヒオ・カナレス(ベティス)
セスク・ファブレガス(チェルシー/イングランド)
フアン・マタ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

FW
パコ・アルカセル(ドルトムント/ドイツ)
ボルハ・イグレシアス(エスパニョール)
コメント
関連ニュース
thumb

アセンシオ、トレーニング中のケガでユーロ予選2試合を欠場か…

スペイン代表のレアル・マドリーFWマルコ・アセンシオが、今月行われるユーロ2020予選の2試合を欠場する可能性があるようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 報道によると、アセンシオは代表でのトレーニング中にふくらはぎを負傷したとのこと。また、ベティスGKパウ・ロペス・サバタも首に問題を抱えており代表戦の出場が微妙だという。なお、スペイン代表は追加招集が必要な場合は24時間以内に発表するようだ。 スペイン代表では、20日にナポリMFファビアン・ルイスが病気により代表辞退を発表。代わりにアトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスが追加招集されていた。 2019.03.21 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表初招集のファビアン・ルイスが病気で辞退…代役はサウールに《ユーロ2020予選》

スペインサッカー連盟(RFEF)は19日、ナポリMFファビアン・ルイスの招集辞退と、アトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスの追加招集を発表した。 RFEFは15日にユーロ2020予選の2試合、ノルウェー代表戦(23日)と、マルタ代表戦(26日)に臨む代表メンバーを発表した。今回が初招集となっていたファビアン・ルイスだったが、病気により辞退することを自身のツイッターで報告。「いつでもポジティブに。僕は常に前向きに捉えているよ」という言葉を添えた。 昨夏にベティスから移籍したファビアン・ルイスは、カルロ・アンチェロッティ監督の下でここまで公式戦28試合に出場し5ゴールを記録している。 なお、ファビアン・ルイスの代わりにはサウールが追加招集された。代表では15試合に出場しており、今季はアトレティコで公式戦36試合に出場し5ゴール2アシストの成績を残している。 2019.03.20 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン代表メンバーが発表! カナレス&ファビアン&J・マタ初招集にヘスス・ナバス復帰《ユーロ2020予選》

スペインサッカー連盟(RFEF)は15日、3月に行われるユーロ2020予選の2試合に臨むスペイン代表メンバー23名を発表した。 スペインを率いるルイス・エンリケ監督は、引き続きDFジョルディ・アルバ(バルセロナ)やGKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)、MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)らを招集。一方で、DFヘスス・ナバス(セビージャ)が2014年3月以来の復帰を果たし、MFセルヒオ・カナレス(ベティス)、MFファビアン・ルイス(ナポリ/イタリア)、そして今季リーガ24試合13ゴール6アシストとブレイク中のFWハイメ・マタ(ヘタフェ)が初招集となった。 スペインは、23日にノルウェー代表とホームで、26日にアウェイでマルタ代表とのユーロ2020予選を戦う。今回発表されたスペイ代表メンバー23名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆スペイン代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ダビド・デ・ヘア</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ケパ・アリサバラガ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">パウ・ロペス</span>(ベティス) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ホセ・ルイス・ガヤ</span>(バレンシア) <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span>(バルセロナ) <span style="font-weight:700;">フアン・ベルナト</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">マリオ・エルモソ</span>(エスパニョール) <span style="font-weight:700;">イニゴ・マルティネス</span>(アスレティック・ビルバオ) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(レアル・マドリー) <span style="font-weight:700;">セルジ・ゴメス</span>(セビージャ) <span style="font-weight:700;">ヘスス・ナバス</span>(セビージャ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">セルジ・ロベルト</span>(バルセロナ) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span>(バルセロナ) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・エルナンデス</span>(アトレティコ・マドリー) <span style="font-weight:700;">ダニ・セバージョス</span>(レアル・マドリー) <span style="font-weight:700;">ファビアン・ルイス</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダニ・パレホ</span>(バレンシア) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・カナレス</span>(ベティス) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アルバロ・モラタ</span>(アトレティコ・マドリー) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・モレノ</span>(バレンシア) <span style="font-weight:700;">マルコ・アセンシオ</span>(レアル・マドリー) <span style="font-weight:700;">ムニアイン</span>(ビルバオ) <span style="font-weight:700;">ハイメ・マタ</span>(ヘタフェ) 2019.03.15 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

終焉を迎えたレアル・マドリーのサイクル⑦~ソラーリ体制プレイバック~

2018-19シーズン、レアル・マドリーは3月に入ると同時に全てのタイトルへの望みを絶たれた。2009年夏にフロレンティーノ・ペレス会長が2度目の就任を果たして以来、数々の栄光を手にしてきたクラブも、明確な後退を余儀なくされている。本稿では、このサイクルの軌跡を振り返っていく。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆サンティアゴ・ソラーリ体制/2018-19</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190315_20_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>現役時代にもレアル・マドリーで活躍したソラーリ監督は、同クラブの下部組織で指導者としてのキャリアをスタート。2014-15シーズンにU-16年代の指揮官に就任すると、2015-16シーズンからU-19、2016-17シーズンからカスティージャ(Bチーム)と順調にステップアップを果たしていた。 フレン・ロペテギ前監督の下でスタートした2018-19シーズンのマドリーは、近年稀な程の低迷に苦しんでいた。とりわけ得点力不足に苦しみ、公式戦496分間無得点というクラブワーストの記録も。そして、リーガエスパニョーラ第10節でバルセロナに1-5の大敗を喫し、順位も9位に沈む中、ロペテギ前監督の解任が発表。下部組織から引き上げられたソラーリ監督には、得点力不足の改善などチームの立て直しが求められた。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆基本フォーメーション[4-3-3]</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190315_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>シーズン途中の就任だったため、これといった新戦力は加えず。冬の移籍市場でMFブラヒム・ディアスを獲得したが、将来への投資という意味合いが強い。それでも、FWヴィニシウス・ジュニオールとDFレギロン、MFマルコス・ジョレンテ、MFフェデリコ・バルベルデら若手にチャンスを与えることで、チームに刺激を与えた。 基本フォーメーションは[4-3-3]。ロペテギ前監督時代との大きな違いは、MFイスコ、MFベイル、DFマルセロら安定感を欠ていたスター選手をベンチに置き、FWヴィニシウスとDFレギロンを重用した部分だ。特にFWヴィニシウスは攻撃の核とも言えるパフォーマンスを披露。また、守護神の起用法にも変更を加え、リーガだけでなくチャンピオンズリーグ(CL)でもGKケイロル・ナバスではなくGKティボー・クルトワを起用した。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆Turning Point! ~絶望の1週間~</span> 就任から2週間の暫定指揮期間が与えられていたソラーリ監督は、その期間中に公式戦4連勝を達成。特に最初の3試合は連続で完封勝利を果たし、発足直後の成績としては61年ぶりの快挙を成し遂げ、正式にトップチームの監督に就任した。 その後、ロペテギ前監督時代同様に得点力不足こそ指摘されていたソラーリ・マドリーだったが、守備を重視したプランで着々と勝ち星を積み重ね、一時期にはリーガ2位に浮上。コパ・デル・レイ、CLでも順調に勝ち上がり、復活の兆しを垣間見せていた。 しかし、2月末から3月初めのリーガ第26節、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグで宿敵バルセロナとの連戦に連敗すると、続くCLラウンド16・2ndレグのアヤックス戦でも1-4と大敗。わずか1週間で全てのタイトルを実質的に失い、ソラーリ監督は解任されることとなった。<hr>▽サンティアゴ・ソラーリ 【在任期間】 0.5シーズン(2018/10/29~2019/3/11) 【戦績】 公式戦32試合22勝2分け8敗 チャンピオンズリーグ:ベスト16 リーガエスパニョーラ:3位(勝ち点51)※第27節終了時点 コパ・デル・レイ:ベスト4 【主な獲得選手】 MFブラヒム・ディアス 【主な放出選手】 GKキコ・カシージャ 2019.03.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イスコがアディダスと契約! 今季残りは「NEMEZIZ」を着用

アディダスフットボールは14日、レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコとの契約を発表した。 イスコことフランシスコ・ロマン・アラルコンは、シーズンの残りの試合に高伸縮性バンデージ素材のホールドフィットにより、爆発的なアジリティを生み出すスパイク「NEMEZIZ(ネメシス)」を着用して臨むこととなる。 今回の契約に関してイスコは「アディダスは、アスリートが成功するための優れたツールを常に提供しているという点で、プレーヤーから高い評価を得ています。私のプレースタイルは、敏捷性と創造性の上に成り立っています、NEMEZIZ(ネメシス)は、私が結果を出す為に最適なスパイクです」とコメントしている。 また、アディダスのシニアスポーツマーケティングディレクター、グレゴリー・フェルナンデスは、「アディダスのアスリートとして、イスコが加わってくれたことを大変嬉しく思います。 ヨーロッパで最も才能のある選手の1人であり、レアル・マドリードで活躍をしているイスコが、アディダスファミリーの一員になりました。彼がNEMEZIZ(ネメシス)を履いて、彼の試合を次のレベルに引き上げるのを見るのが楽しみでなりません」と語っている。 イスコは、今シーズンのリーガエスパニョーラで16試合に出場し1ゴール1アシストを記録。ジネディーヌ・ジダン監督就任により、これまでより出場機会が増えるとみられている。 2019.03.15 11:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース