超ワールドサッカー

乾不出場のベティス、ミラン圧倒もドローでGS突破はお預け《EL》2018.11.09 07:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループF第4節、ベティスvsミランが8日に行われ、1-1で引き分けた。ベティスのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。▽前節アウェイでのミラン戦を2-1と勝利して首位に浮上したベティス(勝ち点7)は、ホアキンやテージョ、カナレスといった面々が先発し、乾はベンチスタートとなった。

▽一方、2位に転落したミラン(勝ち点6)は、スソやチャルハノール、クトローネが先発し、直近の試合で腰を負傷したイグアインは欠場となった。

▽共に[3-4-2-1]で臨んだ一戦。立ち上がりからポゼッションしたベティスは12分に先制する。バイタルエリアでパスを細かくつないで、ボックス左のフィルポが上げたクロスをゴール前のロ・セルソが左足ボレーで蹴り込んだ。

▽ロ・セルソのEL3試合連続ゴールで先制したベティスがその後もミランをパスワークで圧倒すると、21分に追加点のチャンス。左サイドを崩してフィルポのクロスをサナブリアがダイレクトで合わせたシュートがわずかに枠の右に外れた。

▽ハーフタイムにかけてもベティスが試合を支配してミランに何もさせず、1点をリードしたまま前半を終えた。

▽迎えた後半もベティスが主導権を握っていたが、59分にCKの流れからミランがこの試合初めてゴールに迫る。ルーズボールを拾ったボックス右角のスソが枠の左上を捉えるコントロールシュートを放ってGKパウ・ロペスを脅かした。

▽そして62分、ボックス右角で得たFKからミランが同点とする。スソが味方に合わせたインスウィングのボールが誰にも触らずゴール左へ決まった。

▽その後、ボリーニが枠内シュートを浴びせるなどミランが勢い付く中、流れの悪いベティスはホアキンに代えてグアルダードを投入。

▽ここからベティスが盛り返し、互角の攻防が続いた中、83分にミランにアクシデント。ケシエと激しく衝突したムサッキオがプレー続行不可能となり、ロマニョーリが投入された。

▽終盤はベティスが勝ち越しゴールに迫ったが、GKレイナの好守もあって1-1で終了。ベティスが首位をキープしたものの、今節でのグループステージ突破はお預けとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

バルベルデ、ピケの攻撃参加を認めていなかった「くそ、またかよ? 」

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケへのフラストレーションを露わにした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽バルセロナは11日、リーガエスパニョーラ第12節でベティスを本拠地カンプ・ノウに迎えて3-4で敗北。0-2で試合を折り返すと、復帰したFWリオネル・メッシがPKから1点を返したが、その後も打ち合いが続きスコアは一時2-4に。試合終盤に再びメッシが決めて1点差にまで迫ったものの、試合をひっくり返すことはできなかった。 ▽試合終盤には、ピケも攻撃に参加。すると、味方のクロスからヘディングを放つシーンも見られたが、千載一遇のチャンスをモノにすることはできなかった。また、そのシーンでは、MFアルトゥーロ・ビダルやFWムニル・エル・ハダディがより良いポジションに位置しており、ピケは批判に晒されている。 ▽また、試合後にはFWルイス・スアレスがピケに対して「俺にパスを出さないなんて最悪だな。ふざけんな」と言い放った様子をスペインテレビ局『Movistar』のカメラがキャッチ。さらに、『マルカ』によると同僚のみならずバルベルデ監督までもピケの攻撃参加を許していなかったようだ。以下のように叫んでいたことが報じられている。 「ジェラール、お前はどこに居るんだ? くそ、またかよ? 」 「また負けてはいけないんだ、ジェラール! 」 ▽今シーズン、度々失点に絡んでいることや、ピッチ外でのビジネス活動に没頭していることが批判を集めているピケ。コンディションを取り戻し、見返すことはできるのだろうか。 2018.11.13 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ、ベティス戦の敗戦を歓迎「競争力が生まれるのは良いこと」

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ベティス戦の敗北について語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽バルセロナは11日、リーガエスパニョーラ第12節でベティスを本拠地カンプ・ノウに迎え、3-4で敗北。負傷していたメッシの復帰戦だったが、1-2で土を付けられた第6節レガネス戦に続き、2度目の黒星を喫すこととなった。 ▽しかし、自身の完全復活を彩る試合にできなかったメッシは、ベティスのようなチームを歓迎している。 「このリーグにこれまで以上の競争力が生まれるのは良いことだ。簡単なことは何もない。どのクラブにもどの相手でも倒す可能性があるし、時々こういったことが起こるというのが続くと良いな」 「僕は(負傷した)ヒジを少し怖がっていた。(復帰まで)あんまり接触はしていなかったからね。でも、試合が進むにつれてほぐれてきたよ」 ▽今シーズンは、リーガエスパニョーラ第12節終了時点で無敗チームはゼロ。首位バルセロナ(勝ち点24)から6位レアル・マドリー(勝ち点20)までの勝ち点差は4ポイント差だ。この2つのメガクラブの間には、2位セビージャ、3位アトレティコ・マドリー、4位アラベス、5位エスパニョールが入り込んでおり、混戦の様相を保っている。 2018.11.13 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

カンプ・ノウで喝采受けたスペインフットボールの伝説ホアキン「超感謝してる」

11日のリーガエスパニョーラ第12節、ベティスは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を4-3で制した。チーム2点目を決めたのは現在37歳、ベティス、ひいてはスペインフットボールの生ける伝説MFホアキン・サンチェスだ。<br><br>ホアキンはこの試合の34分、難しいバウンドをするグラウンダーのクロスに右足の足裏で見事に合わせてネットを揺らした。ホアキンは今季2得点目。それもセビージャダービーの決勝点に続き、大一番で結果を残した。<br><br>ホアキンは試合後、スペイン『Beinスポーツ』とのインタビューで次のようにコメントしている。<br><br>「思うに、僕たちはあらゆる意味で勇敢なチームだった。ここまでの結果は悪いものだったけど、でも本当に自信を持ってここにやって来たんだよ」<br><br>「僕たちはとても良い形で試合に入った。少しずつ、ボールを持ってプレーできるようになったね」<br><br>後半途中に交代でピッチから下がったホアキンを、カンプ・ノウの観衆はスタンディングオベーションで見送った。ホアキンはバルセロナのファンに感謝を述べている。<br><br>「喝采を受けるなんて、本当に美しいことだ。自チームに負けているにもかかわらず拍手を送ってくれるなんて&hellip;&hellip;、決して忘れられないことになった。超感謝してるよ。驚異的なことだった」<br><br>ホアキンはまた、再びスペイン代表に招集されるという夢も語っている。<br><br>「いつの日か鐘の音が鳴る期待を抱えながら眠りにつくんだ。まあ、困難なことだよ。難しく、ほとんど不可能に近い。僕のキャリアの先は長くないし、若手がどんどん出てくる。それでも、僕は鐘の音を待ち続けているんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.12 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサvsベティスで怪記録! メッシ2ゴール以上での敗戦は史上初

▽バルセロナは11日にカンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第12節でベティスと対戦し、3-4で敗戦した。バルセロナはこの敗戦によって記録上でも大きなダメージを受けたようだ。サッカーのデータを扱う『@OptaJose』が伝えている。 ▽リーグ戦3連勝中のバルセロナは、ベティスをホームで迎え撃ったこの一戦でエースFWリオネル・メッシが公式戦6戦ぶりに復帰。だが、相手の鋭いカウンターから前半に2失点を喫すると、後半はメッシのPKによるゴールで点差を縮めるも、直後に守護神テア・シュテーゲンのミスから失点。 ▽その後、MFビダルの得点で再び1点差とするもMFラキティッチの退場で数的不利を背負った中、MFカナレスにトドメの4失点目を喫すると、試合終了間際にはメッシのこの試合2点目で意地を見せたものの、最終的にホームで3-4の敗戦を喫することになった。 ▽さらに、この敗戦ではメッシの不敗神話が崩壊することに。『@OptaJose』が伝えるところによれば、バルセロナはこれまでメッシが2ゴール以上記録した試合で1度も負けたことがなかったが、今回のベティス戦で初の敗戦を喫することになったという。 ▽また、カンプ・ノウでの1試合4失点は2003年4月に行われたデポルティボ戦(2-4で敗戦)以来、約15年半ぶりの出来事となった。 ▽一方、敵地で金星を挙げたベティス側ではチームを率いるキケ・セティエン監督が偉大な記録を樹立。昨季、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーを破っている同監督は、今回のカンプ・ノウでの勝利によってここ10数年のリーガ指揮官で初めて2強の本拠地を攻略することになった。 ▽なお、近年、レアル・マドリー、バルセロナと3強時代を築くアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、相性が良いマドリー相手にサンティアゴ・ベルナベウで幾度か勝利しているが、苦手とするカンプ・ノウでは一度も勝利したことがない。 2018.11.12 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

フットボール哲学を共にするバルセロナを破ったベティス、セティエン「クライフは自チームの敗戦にも満足しているはず」

11日のリーガエスパニョーラ第12節、ベティスは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦に4&minus;3で勝利した。試合後会見に出席したキケ・セティエン監督は、難攻不落に近いスタジアムで金星をつかんだことに大きな満足感を表した。スペイン『マルカ』と『アス』がコメントを伝えている。<br><br>バルセロナのようなポゼッションフットボールを志向しているセティエン監督のベティスは、このカンプ・ノウでの一戦で本家顔負けのパフォーマンスを披露。ほかの試合では欠くことを常とする決定力も存分に発揮して、ベティスを20年ぶりに同スタジアムでの勝利に導いた。<br><br>セティエン監督は試合後、次のように試合を分析している。<br><br>「このピッチを訪れる人間は、苦しむことになると知っている。しかし私たちには私たちのプレーメカニズムがあり、それをうまく使うことができる。もし意思の強さを持って、ストレスに耐えることができるならば、ボールを保持して良いプレーを見せることも可能なんだ。バルセロナはボールを持たなければ苦しみ、奪い返すことに苦労するんだよ」<br><br>「立ち上がりは完全に劣勢だった。私たちは自陣ペナルティーエリアからほとんど去ることができなかったね。だが、その後には見事に試合を支配でき、これまでには持ち得なかった決定力も手にした。もう少しゴールを決めていてもおかしくはなかったよ。彼らもチャンスは手にしていたが、しかし私たちは偉大なチームを相手に偉大な試合を演じたんだ」<br><br>また、両チームともミスが多かったとの指摘に対しては、こう返した。<br><br>「フットボールはいつもミスと的中だ。そして各試合では的中よりもミスの方が多く、間違いを可能な限り少なくするように努めくてはいけない。しかし今日に関しては、バルセロナとベティスのファンが大きな苦しみを味わい、そのほかの人々が喜んだ試合だった。この試合は勝利を、ボール保持を欲して、前へと進んで行く勇敢な両チームの対戦だった」<br><br>将来的なバルセロナの指揮官候補ともされるセティエン監督だが、現在はベティスで幸せであることを強調する。<br><br>「私は今日の勝利にとても満足している。私たちが行っていることに対する強力な後押しになるよ。それと言うのも、こうした形でのプレーを信用しない人々が存在しているからだ。だからこそ、この勝利は私たちが信じ続けるため、選手たちを確信させるための助けとなる」<br><br>「あと言えるのは&hellip;&hellip;私はこのフットボールをずっと、ずっと愛してきた。現役時代、ここにプレーするためにやって来て、ボールに触れられなかった頃からね。バルセロナは敗戦こそしたが、本当に素晴らしい監督に率いられているよ。現在の私は、自分がいる場所で幸せを感じている」<br><br>またバルセロナにポゼッションフットボールを植え付けた人物であり、自身も信奉して止まない故ヨハン・クライフ氏がこのベティスを誇り高く思っているかを問われると、次のように返答している。<br><br>「うん、絶対にそうだ。結果より少し先にある、本当のフットボールが好きな人々は気に入ってくれているはずだ。結果は必要不可欠なものだが、しかし今日のような試合は、本当のフットボールを愛している人々にとって記念すべきものだ。クライフは自チームの敗戦にも満足しているはずだよ」<br><br>提供:goal.com 2018.11.12 10:55 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース