南野が前半だけで衝撃のハット! ザルツブルクが4連勝で決勝T進出《EL》2018.11.09 06:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節でローゼンボリとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。▽ホームで行われた前節ローゼンボリ戦を3-0と快勝して3連勝とした首位ザルツブルク(勝ち点9)は、南野が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]のトップ下で先発となった。

▽最下位ローゼンボリ(勝ち点0)に対し、開始5分に南野が魅せる。バイタルエリア中央でパスを受けた南野がボックス右までドリブルで持ち上がって右足を振り抜くと、正確にコントロールされたシュートがゴール左隅に決まった。

▽さらに11分、味方のシュートのルーズボールをボックス中央にいた南野が詰めるもシュートを枠の上に外してしまう。それでも19分、南野が前日のC・ロナウドを彷彿とさせる圧巻のゴールを決めた。後方からのロングボールをボックス左の南野が左足ボレーで一閃。見事にミートしたシュートがネットを揺らした。

▽一方的な展開としたザルツブルクは37分にグルブランドセンが3点目を決めると、45分に南野がハットトリックを達成した。味方とのパス交換でボックス中央に侵入した南野が1度はシュートをGKに防がれるも、ルーズボールをねじ込んだ。

▽前半だけでハットトリックを達成した南野の活躍もあって4-0で後半を迎えたザルツブルクは、52分に失点するも、57分に南野が絡んで5点目を決めた。南野がボックス中央でスルーパスを受け、シュートに持ち込みかけたところで相手DFのクリアボールがゴールに吸い込まれた。

▽その後、ベントナーにゴールを許したザルツブルクだったが、5-2のまま試合を終わらせ圧勝。2試合を残してグループステージ突破を決めている。
コメント
関連ニュース
thumb

「どんな格上の相手も隙は絶対ある」南野拓実、ELの経験を引き合いに強豪撃破に意欲《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 アジアカップに続く選出となったMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)は、同大会から「何を学んできたかを証明したい」と意気込み。また、コロンビアとの一戦に向けては、自身のヨーロッパリーグ(EL)での経験から「どんな格上の相手でも隙というのは絶対にあります」と強豪撃破への可能性について言及した。 ◆南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) ──改めてチームに合流して 「(香川)真司くんだけではなく、実績もあってレベルの高い選手ばかりですし、練習をしていてすごく楽しいです。自分も刺激を貰いながら、試合に向けて良い準備ができているのではないかなと思います」 ──森保一監督は明日のコロンビア戦を「アジアカップの主力+新戦力」で戦いたいと言っていた。これまでとは違い自身が1トップ、MF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)がトップ下の可能性もありそうだが 「僕が1トップに入ったとしても、このチームでプレーするイメージはあります。ただ、どうなるかは分からないですし、いろいろな状況を想定しながらやっていければと思います」 ──1トップに入った場合のイメージは 「このチームではまだやったことがないので、なんとも言えないです。イメージはサコくん(大迫勇也)のように前で起点になって、ゴール前でも存在感を出していけるようなプレーが必要になると思います。まずは、自分が良いプレーができるようにどうやっていくかということを意識していきたいです」 ──自身がトップ下で前にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)やFW鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)が入った場合は 「(鈴木)武蔵に関しては今までも一緒にプレーしてことがある選手です。彼の裏に抜けるスピードやダイナミックさを活かしていければチームとしても良いと思います」 「(鎌田)大地に関しては、武蔵よりも足元で受けたいタイプだと思いますし、引いてプレーもできると思います。大地が入ったとしたら、どちらもポジションをチェンジしながらやっていけると思います。そういうイメージはあります」 ──MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)がアジアカップが復帰。昨年の良いイメージは残っているか 「(中島)翔哉のボールを持てば前を向いて仕掛けるプレーというのは、武器になります。そういうプレーを練習からしてくれています。もし一緒に出れば、翔哉が前を向いた時にチームのスイッチが入ると思います」 ──MF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)とは競争になるか、共存になるかという見方があるが、自身はどう思っているか 「どちらも競争だと思います。真司くんは誰が見ても日本で一番実績のある選手で、経験も実力もある選手です。真司くんの良い部分を見て学んで、自分らしいプレーをしていければと思います」 ──鈴木とはリオ五輪以来だと思うが、裏に抜けるスピードやダイナミックさはスケールが増しているか 「練習の中で11vs11をやることはないですし、それは今の所、難しいですね。ただ今年、札幌で見せているプレーは、ハイライトで観たりしていますけど、彼の良さがどんどん出てきているのかなと思います」 ──コロンビア代表のイメージ 「ミーティングでビデオを観ましたけど、強烈な選手が何人かいます。そこをどう対応するかがチームとしてのポイントになると思います。攻撃の部分では、どれだけこちらが前向きにボールを持てるか、自信を持って押し込めるかだと思います。そういう風にプレーしたいです。格上ですけど、自信を持ってプレーしないといけないと思います」 ──ヨーロッパリーグなどで格上との対戦を経験していると思うが 「そうですね。どんな格上の相手でも隙というのは絶対にあります。そういうところを自分や攻撃の選手が突いていくなり、隙を作れるようにどうやってプレーするかというのは意識していければと思います」 ──今回、FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)が不在。FW陣は初招集の選手だが、自身の役割が変わる部分はあるか 「正直、試合になってみないとわかりません。試合の中でそういうことは出てくると思います。というのも、サコくんと今回招集された2人はタイプが違います。その中で考えながらプレーしていかないといけない場面は出てくると思います」 ──アジアカップから13名が変更。この2試合はどういうものにしたいか 「まずは結果にこだわる。ホームですし、2チームとも良いチームなので、自分たちがアジアカップで何を学んできたかを証明したいです。それを結果で出さればと思います」 2019.03.21 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリが南野先発のザルツブルクに敵地で敗戦もベスト8進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、ザルツブルクvsナポリが14日に行われ、3-1でザルツブルクが勝利した。しかし、2戦合計スコア3-4でナポリがベスト8に進出している。ザルツブルクのFW南野拓実は86分まで出場した。 先週ホームで行われた1stレグを3-0と快勝したナポリは、2点差での敗戦でも突破となる中、クリバリとマクシモビッチを出場停止で欠き、直前に負傷したインシーニェを除いて現状のベストメンバーを送り込んだ。 一方、少なくとも3点が必要なザルツブルクは1stレグでは途中出場だった南野が先発となった。 南野が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角でスタートした一戦。ハイプレスをかける入りを見せたザルツブルクに対し、地力に勝るナポリがポゼッションを高めていくと、10分にCKの流れからミリクがダイビングヘッドでオンターゲットを記録した。 そして14分、決定的なアウェイゴールを奪う。左サイドでマリオ・ルイがエムウェプからボールを奪ってジエリンスキへ。リターンパスを受けたボックス左のマリオ・ルイが入れたクロスのルーズボールをゴールエリア右のミリクがバイシクルシュートで蹴り込んだ。 これで5点が必要となったザルツブルクは、25分にショボスライのパスをボックス左で受けたダブールが1点を返したが、余裕のナポリはファビアン・ルイスのミドルシュートが右ポストに直撃するなど主導権を渡さない。 自陣に引いてザルツブルクの攻撃を受け止めるナポリに対し、ザルツブルクは43分、右サイドから中に切れ込んだ南野が左足ミドルを狙ったが枠の右に外れ、前半を1-1で終えた。 迎えた後半も守備に徹していなすナポリに対し、ザルツブルクは65分に左クロスに合わせた途中出場のグルブランドセンのボレーでさらに1点を返す。 会場が盛り上がりを見せる中75分、南野がミドルシュートでGKを強襲したザルツブルクに対し、ナポリは手薄なセンターバックにアクシデント。キリケシュが負傷し、78分にマルキュイが投入され、センターバックにはヒサイが入った。 終盤にかけてもザルツブルクが攻勢に出ると、87分にはダブールのボレーシュートが左ポストに直撃。そして追加タイム2分にはFKの流れからライトゲプがゴールを挙げ、あと2点で逆転の局面まで持ち込んだが、これ以上ゴールは生まれずナポリが逃げ切り。2戦合計スコア4-3でナポリがベスト8進出を決めている。 2019.03.15 04:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリが南野途中出場のザルツブルクに3発完勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL) ラウンド16・1stレグ、ナポリvsザルツブルクが7日に行われ、3-0でナポリが完勝した。ザルツブルクのFW南野拓実は76分から出場している。 ラウンド32でチューリッヒを下したナポリは、直近のユベントス戦を落とし、現実的に残された今季のタイトルがELのみとなった中、インシーニェをベンチスタートとし、メルテンスとミリクの2トップで臨んだ。 一方、クラブ・ブルージュを下したザルツブルクは南野がベンチスタートとなった。 テンション高く入ったナポリは10分、幸先よく先制する。遅攻の流れからメルテンスのラストパスを受けたミリクがGKとの一対一を制した。 その後もナポリが圧倒する中、16分にピンチ。マクシモビッチの自陣での不用意なボールロストからダカ・パトソンにネットを揺らされるも、オフサイドで助かった。 すると18分、ナポリがファインゴールで加点する。カジェホンの浮き球パスをボックス手前右のファビアン・ルイスが綺麗なボレーシュートでゴール左に流し込んだ。 2点を追う展開となったザルツブルクが前がかる中、いなして主導権を渡さないナポリが2点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半開始2分、ザルツブルクはゴール至近距離からダブールのシュートでGKメレトを強襲。 それでも、52分にメルテンスがGKとの一対一を迎えたナポリが58分に3点目を挙げた。マリオ・ルイのアーリークロスがオンゲネのオウンゴールを誘った。 その後もカジェホンのボレーシュートでゴールに迫るなど圧倒するナポリに対し、ザルツブルクは76分に南野を2トップの一角に投入。すると82分にはグルブランドセンがボックス内から決定的なシュートを浴びせれば、追加タイムにもグルブランドセンのシュートが枠を捉えたが、いずれもGKメレトの好守に阻まれ、ベスト8進出が絶望的な0-3で完敗した。 2019.03.08 06:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ強豪のレバークーゼンが日本代表MF南野拓実に関心か

レバークーゼンが、ザルツブルクに所属する日本代表MF南野拓実(24)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 セレッソ大阪下部組織出身の南野は、2015年1月にザルツブルクに完全移籍で加入すると、途中出場も多い中、2015-16シーズンからは毎シーズン公式戦2桁得点を記録。今シーズンもすでに公式戦30試合で11得点と、4年連続の公式戦2桁得点を達成している。 また、2015年にデビューを飾った日本代表ではこれまで13試合で5得点。森保一体制ではブレーメンのFW大迫勇也の6得点に次いで5得点を記録している。 そんな南野に関しては先日、ボルシアMGが関心を抱いているとドイツメディアが報道。今回伝えられるところによれば、レバークーゼンも日本代表アタッカーに照準を絞っているという。 2019.03.07 14:28 Thu
twitterfacebook
thumb

南野途中出場のザルツブルク、ホームでクラブ・ブルージュを下しラウンド16進出! 《EL》

日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは21日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでクラブ・ブルージュ(ベルギー)とホームで対戦し、4-0で勝利した。南野は64分からプレーした。 この結果、2戦合計5-2でザルツブルクがラウンド16進出を決めた。 14日に行われた敵地での1stレグで敗戦を喫したザルツブルクは、前回対戦から先発を2人変更。グルブランドセンとラマーリョに代えてダカ・パトソンとオンゲネが先発で起用。南野は1stレグに続きベンチスタートとなった。 ラウンド16進出へ勝利が絶対条件のザルツブルクは、10分に最初のチャンスを迎える。左サイドでパスを受けたサマセクがワンタッチでボックス内へクロスを供給すると、これに反応したダカ・パトソンが飛び出したGKに倒され、PKを獲得。しかし、ダブールのPKは完璧にシュートコースを読んだGKホルバスが弾いた。 チャンスを逃したザルツブルクだが、17分に左クロスのセカンドボールをボックス手前のヴォルフが落とすと、これを受けたシュラガーのミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 先制したザルツブルクは、29分にもポングラチッチとのワンツーでゴールエリア右横まで侵入したダカ・パトソンがダイレクトで流し込み、追加点。さらに43分には、シュラガーのスルーパスでゴール前に抜け出したダカ・パトソンがゴールネットを揺らし、3点目を奪った。 迎えた後半は立ち上がりから一進一退の攻防が続くと、ザルツブルクは64分にヴォルフを下げて南野を投入した。さらに71分に左モモ裏を痛めたユヌゾビッチに代えてエムウェプをピッチに送り出した。 すると73分、南野の強引な中央突破からボックス内まで持ち上がると、混戦から最後はダカ・パトソンがシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。86分にはボックス手前まで切り込んだ南野がミドルシュートでゴールを脅かしたが、これも相手GKに弾かれた。 試合も終盤に差し掛かりこのまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにスコアが動く。 94分、南野が中盤でパスカットすると素早く前線へスルーパス。これを受けたダブールがボックス左からゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま終了のホイッスル。ホームで4ゴールを挙げるなど快勝したザルツブルクがラウンド16進出を決めている。 2019.02.22 05:02 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース