ラツィオが決勝トーナメント進出、酒井フル出場のマルセイユは敗退決定《EL》2018.11.09 04:53 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節ラツィオvsマルセイユが8日に行われ、2-1でラツィオが勝利した。マルセイユDF酒井宏樹はフル出場している。▽前節アウェイでのマルセイユ戦を3-1と快勝した2位ラツィオ(勝ち点6)は、インモービレやパローロ、アチェルビといった主力が先発になり、ミリンコビッチ=サビッチがベンチスタートとなった。

▽一方、ホームでラツィオに敗れた最下位マルセイユ(勝ち点1)は、トヴァンやグスタボが先発し、パイエがベンチスタートとなった中、酒井が5バックの右サイドでスタートとなった。

▽試合は7分、まずはマルセイユがゴールに迫る。スローインの流れからゴール前に詰めていた酒井が押し込みにかかるも、GKストラコシャのセーブに阻まれた。

▽その後も勝利が必要なマルセイユが前がかり、酒井も攻撃参加を図るが、慎重に試合を進めるラツィオ相手にシュートに持ち込むことはできない。

▽前半終盤の43分、ボックス手前右からトヴァンがミドルシュートを浴びせてGKストラコシャを脅かしたマルセイユだったが、前半終了間際の追加タイム1分に失点する。左サイドに流れたインモービレのクロスをパローロにヘッドで押し込まれた。

▽少ないチャンスを生かして先手を取ったラツィオは迎えた後半、マルセイユの攻撃を受け止めると、55分に追加点を奪った。インモービレのスルーパスをボックス左で受けたコレアがGKとの一対一を制した。

▽2点を追いかける展開となったマルセイユは60分、相手陣内でパスをカットしてショートカウンターを仕掛けると、サンソンのパスを受けたトヴァンがボックス右からシュートを流し込んで1点差に詰め寄った。

▽勢いに乗るマルセイユは続く65分、ストロートマンがミドルシュートでゴールに迫ると、パイエを投入。一方のラツィオはミリンコビッチ=サビッチを投入し、71分にはインモービレがヘディングシュートで3点目に迫った。

▽終盤、サールの投入によって左サイドに回った酒井が攻撃の活性化を図ったマルセイユだったが、試合終了間際のエンジエのボレーシュートはGKストラコシャのビッグセーブに阻まれ、ラツィオが逃げ切り。昨季ファイナリストであるマルセイユの敗退が決まり、ラツィオが決勝トーナメント進出を決めている。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオがFWアレッサンドロ・ロッシと2022年まで契約延長

ラツィオは11日、イタリア人FWアレッサンドロ・ロッシ(22)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 14歳でラツィオの下部組織に入団したA・ロッシは、2015年にトップチームへ昇格。しかし、出場機会には恵まれず、昨シーズンはセリエBに所属するサレルニターナへレンタル移籍。 ラツィオに復帰した今シーズンも、ここまでヨーロッパリーグ2試合の出場にとどまっている。 2019.01.12 03:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ザッパコスタが今冬にラツィオ移籍へ! チェルシーが買取OP付きレンタルを受け入れ

チェルシーがイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(26)のラツィオ移籍を受け入れる模様だ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 前指揮官アントニオ・コンテの希望によって2017年夏にトリノからチェルシーに加入したザッパコスタ。加入1年目となった昨シーズンは右ウイングバックを主戦場に公式戦35試合に出場した。 しかし、マウリツィオ・サッリ新監督が就任した今季は[4-3-3]のシステム変更に加え、メンバーを固定する指揮官の起用法の影響もあり、リーグ戦は途中出場2試合に留まり、控えメンバー主体のヨーロッパリーグ(EL)や国内カップ要員に甘んじている。 『Il Messaggero』によれば、そのザッパコスタに関してモンテネグロ代表MFアダム・マルシッチのバックアッパーを探すラツィオが関心を示しているという。そして、1500万ユーロ(約18億5000万円)の買い取りオプションが付く今シーズン終了までのレンタル移籍に関してクラブ間での合意に迫っているようだ。 2019.01.07 19:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチの弾丸ミドル弾もラツィオ、トリノにドロー《セリエA》

▽ラツィオは29日、セリエA第19節でトリノをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節フィリッポ率いるボローニャとの兄弟対決を制して2連勝としたシモーネ率いる4位ラツィオ(勝ち点31)が、ここ5試合で1敗と好調な8位トリノ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。 ▽立ち上がりから右サイドのマルシッチを起点に攻勢をかけたラツィオだったが、16分にピンチ。左クロスからデ・シルベストリにバー直撃のヘディングシュートを浴びてしまった。 ▽その後、パローロのミドルシュートで牽制したラツィオは、25分にインモービレが右クロスを受けてGKを強襲するシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続いたが、43分に決定機。L・アルベルトのヘッドでのパスをボックス左で受けたインモービレがループシュートを狙う。しかし、GKにセーブされてしまった。 ▽すると追加タイム1分、右クロスに反応したボックス内のベロッティをマルシッチが倒したとしてラツィオはPKを献上してしまう。これをベロッティに決められ、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、互角の攻防が続いた中、1点を追うラツィオは57分、ラドゥに代えてルーカス・レイバを投入。ルリッチを左センターバックに下げた。 ▽そのラツィオは60分に大ピンチ。ルーカス・レイバのクリアボールが流れてボックス右でフリーとなっていたデ・シルベストリがシュート。しかし、枠の上に外して助かった。 ▽すると62分、ルーカス・レイバのパスを受けたボックス手前右のミリンコビッチ=サビッチが右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール左上に突き刺さって試合を振り出しに戻した。 ▽攻勢に出るラツィオはインモービレ、ミリンコビッチ=サビッチ、L・アルベルトが立て続けにゴールに迫っていったが、ゴール前で身体を張るトリノ守備陣に阻まれて逆転弾とはならない。 ▽終盤、86分にマルシッチが、90分にメイテがそれぞれ一発退場となって互いに10人となった一戦は1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2018.12.30 01:05 Sun
twitterfacebook
thumb

インザーギ兄弟対決はラツィオ率いる弟シモーネに軍配!《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第18節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節カリアリ戦を3発快勝して6試合ぶりの勝利を収め、4位に浮上したラツィオ(勝ち点28)が、10試合勝利のない18位ボローニャ(勝ち点13)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽ラツィオを率いる弟シモーネとボローニャを率いる兄フィリッポによるインザーギ兄弟の初対決となった試合は、インモービレとパローロをベンチスタートとしたラツィオがポゼッションする流れで立ち上がっていく。そして、10、13分とL・アルベルトが際どいミドルシュートを浴びせると、30分にラツィオが押し切った。L・アルベルトの右CKからニアサイドのルイス・フェリペがゴール左へヘディングシュートを流し込んだ。 ▽先制後も主導権を握ったラツィオは、41分にボックス左からコレアがカットインシュートを浴びせるなど、追加点に迫って前半を終えた。 ▽後半に入ってボローニャにボールを持たせて時間を進めたラツィオは、61分にインモービレを投入。すると64分、ボックス右からインモービレが決定的なシュートを浴びせてボローニャを牽制する。 ▽終盤にかけてはパラシオやデストロを投入してきたボローニャをラツィオがいなしながら時間を進め、90分に勝負を決定付ける。右CKからニアサイドのルイス・フェリペがヘッドで逸らすと、ファーサイドのルリッチがボレーで押し込んだ。 ▽このまま2-0で試合を終わらせたラツィオが勝利。シモーネが兄弟対決を制し、ラツィオが連勝としている。 2018.12.27 01:20 Thu
twitterfacebook
thumb

インザーギ兄弟が指揮官としてセリエA初対決!父は複雑「感極まるが応援はできない」

フィリッポ・インザーギおよびシモーネ・インザーギの父であるジャンカルロさんが24日、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』のインタビューで複雑な思いを明かした。<br><br>ジャンカルロさんの息子2人は現在、いずれもセリエAで指揮を執る。元ミランのレジェンドである兄フィリッポは今夏からボローニャ監督に就任。一方、3歳年下の弟シモーネは2016年春から古巣ラツィオで指揮官を務める。26日にスタディオ・ダッラーラで行われるボローニャvsラツィオ戦では、インザーギ兄弟がセリエAの舞台で初めて相まみえる。父ジャンカルロさんは、指揮官である息子2人の対戦が実現したことを喜んだ。<br><br>「全く想像できなかった。素晴らしいことだ。セリエAでは初めてのことかもしれない。生涯忘れられない思い出として記憶に残るだろう。2人がベンチに座るラツィオ対ボローニャ戦を見たら、感極まってしまうだろう。普段は部屋にこもり、天戸を閉めて真っ暗闇の中で酒を飲みながら試合を見る。独りきりになって激しい応援をするんだ。私の妻は別の部屋で観戦しているよ」<br><br>■兄弟ともに譲れない一戦にしかし26日の試合は兄弟2人にとって譲れない一戦となる。フィリッポのボローニャは現在、降格圏の18位に沈んでおり、結果次第では指揮官の責任が問われる。一方、ラツィオのシモーネも勝利し、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位を死守したいところだ。父親のジャンカルロさんは頭を悩ませる。<br><br>「応援は絶対できない。どうしたものか。難しいだろう。何を考えれば良いのか分からないな。シモーネは4位に再浮上したばかりで勝利は重要だろうし、ピッポにとってもボローニャを勝利へ導くことが本当に重要だ。だからスタジアムには行きたくなかったんだよ。だけどね、私は妻と一緒にダッラーラに行くつもりだ。フィリッポに説得されてね。『パパ、最初で最後のチャンスかもしれないから絶対来ないとダメだよ』と言われたよ」<br><br>▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント<br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた<br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介<br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?<br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ<br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2018.12.25 22:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース