超ワールドサッカー

ジルーの今季初ゴールでチェルシーがBATEボリゾフを下しGS突破!《EL》2018.11.09 04:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループL第4節でアウェイでBATEボリゾフと対戦し、1-0で勝利した。この結果、チェルシーのグループステージ突破が決まった。▽今季開幕からここまで未だ無敗のチェルシー。ヨーロッパリーグでは格下相手に開幕2戦は最少得点での勝利だったものの、前回のホームでのBATE戦はロフタス=チークのハットトリックの大暴れで3-1で勝利。勝てばグループステージ突破が決まるチェルシーは直近のプレミアリーグ第11節のクリスタル・パレス戦から先発を7人変更。ディフェンスの4人は総入れ替え、その他、ロフタス=チークやジョルジーニョ、アザールらがスタメンに並んだ。

▽立ち上がりに攻め込まれるシーンがあったものの、その後はチェルシーがボールを支配。しかし、幅を利かせて守りを固めるBATEの守備網を掻い潜ることが出来ずなかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。

▽そんな中BATEは12分に仕掛ける。ジュミトリ・バハがボックス端からシュートを放つと右ポストを直撃。立て続けにセットプレーからゴールに迫るなど、チェルシーはヒヤリとさせされた。

▽チェルシーがゴールに迫ったのは18分。バークリーの浮き球のパスでジルーがボックス右に抜けてシュートを放ったがサイドネットを叩く。

▽その後は膠着状態。チェルシーが8割を超えるポゼッションを記録したものの、前半はゴールレスで終えた。

▽後半開始早々にチェルシーは先制に成功する。52分、左サイドのエメルソン・パルミエリが速いクロスを入れると、ジルーがニアで頭で合わせゴールイン。フランス代表FWの今季初得点でリードを得た。

▽そのままチェルシーペ^スで進むかに思われたが、意外にもゴールに迫ったのはBATEだった。59分のシフネビッチのシュートが左ポストを叩くと、直後の90分には左サイドからの折り返しを右サイドバックのリオスがダイレクトシュート。完全にフリーとなっていたが、枠に飛ばすことはできなかった。

▽チェルシーも63分に右CKをジルーが完璧なタイミングで頭で合わせたが、GKシェルビツキがファインセーブ。追加点とはならなかった。

▽その後、チェルシーはアザールとロフタス=チークを下げてウィリアンとコバチッチを投入。そのウィリアンは82分に好機を迎える。自陣からカウンターを発動したチェルシーはペドロがジルーに繋ぎゴール前へ。ジルーは味方の上がりを待ってボックス右にするーぱすを供給。ここにウィリアンが走り込んだがGKの出だしが一歩早く、シュートを打つまでには至らなかった。

▽試合終盤の85分には、前日に18歳になったばかりのハドソン=オドイがペドロに代わってピッチへ。

▽試合終盤には相手のシュートが三度ポストを叩くなど、押し込まれたチェルシーだったが、虎の子の一点を守り切って勝利。4連勝でグループステージ突破を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ、ジルー獲得へ

▽マルセイユが、チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(32)の獲得に興味を示しているようだ。フランスメディアのレポートをイギリス『TalkSport』が伝えた。 ▽今年1月に1年半契約でアーセナルから加入したジルー。今シーズンからチェルシーで指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督はスペイン代表FWアルバロ・モラタとのローテーションを採用しており、ジルーはここまでプレミアリーグ9試合に出場しているが先発出場は4試合に留まっている。 ▽今回伝えられるところによると、チェルシーとの契約が切れる来年6月にフリーでの獲得を目指すとみられているマルセイユだが、それまでレンタルするのではないかとも推測されている。 ▽今夏にも退団の可能性があったジルーだが、先月に、昨年にもマルセイユからの接触があったことを認めながらも、その意思はなかったと主張している。 「昨年もマルセイユからの接触はあった。しかし、今夏は具体的には何もなかった」 「僕はちょうどチェルシーに到着したばかりだった。その3カ月後にもう1回移籍のチャンスがあったが荷物をまとめるタイミングではなかった」 2018.11.14 20:28 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、バルサMF獲得か…サッリ監督はナポリ時代にも興味

▽チェルシーが、バルセロナのスペイン代表MFデニス・スアレス(24)に関心を持っているようだ。イギリス『メトロ』がスペイン『マルカ』の報道をもとに伝えている。 ▽現在、バルセロナで苦境に立たされているデニス・スアレス。2013年にクラブの下部組織に入団し、セビージャやビジャレアルへの移籍を経て2016年に復帰したものの、満足のいく出場機会に恵まれず、今季に至っては公式戦1試合しか出られていないのが現状だ。 ▽そんな不遇の時を過ごすデニス・スアレスには、ビジャレアル時代の恩師であるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いるバレンシアやナポリが興味。さらにナポリ時代にも興味を示していたとされるマウリツィオ・サッリ監督のチェルシーも触手を伸ばしているようだ。 ▽ただしチェルシーは、現在レアル・マドリーからレンタルしているクロアチア代表MFマテオ・コバチッチの去就が影響してくるようで、同選手を来期以降も確保できるかどうかが、デニス・スアレス獲得の鍵となるようだ。 2018.11.14 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

アザール、チェルシー加入の理由はリール時代同僚のJ・コール

▽チェルシーに所属するベルギー代表FWエデン・アザールが、現役引退を発表した元イングランド代表MFジョー・コール(37)に感謝を伝えている。 ▽1998-99シーズンに17歳でウェストハムでトップチームデビューを果たしたJ・コールは、2003年にチェルシーに完全移籍。その翌年には指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のもと、右ウイングで活躍してプレミアリーグ2連覇にも貢献した。2009-10シーズン終了後にチェルシーを退団したJ・コールは、その後リバプールやリール、ウェストハムなど複数クラブを渡り歩き、2016年からはUSLプロフェッショナルリーグ(アメリカ2部)に所属するタンパベイ・ローディーズでプレー。今月13日に現役引退を発表した。 ▽そんな中、2012年6月にリールからチェルシーに加入したアザールは、リール時代に共にプレーしたJ・コールからチェルシーに移籍することを勧められたことを告白し、感謝の言葉を告げている。チェルシーのツイッター公式アカウント(@ChelseaFC)が伝えている。 「チェルシーにサインする前に僕は彼と話をしたんだ。チェルシーが僕にとって最高のクラブだと言ってくれたんだ。毎日だよ」 「チェルシーはビッグクラブで毎シーズントロフィーを獲得できるクラブだとね。だからこのクラブと契約したんだ。ありがとう。ジョー・コール!」 2018.11.14 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルー&キンペンベが映画『スパイダーマン』の声優に!

▽チェルシーFWオリヴィエ・ジルーとパリ・サンジェルマンDFプレスネル・キンペンベのフランス代表2選手が来月フランスで公開予定のアニメ映画『スパイダーマン~ニュージェネレーション~』でフランス語版の声優を務めることになった。配給元の『Sony Pictures France』が伝えている。 ▽今回の映画でジルーが声優を務めるのは、主人公スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。一方、キンペンベが声優を務めるのは、同じく敵対するスコーピオンの役だ。 ▽なお、フランス代表ではジルーとキンペンベに先駆けて『レゴバットマン ザ・ムービー』でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスMFブレーズ・マテュイディが、それぞれスーパーマンとフラッシュ役でフランス語版の声優を務めている。 2018.11.13 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表MFジョー・コールが現役引退! チェルシーやハマーズで活躍

▽元イングランド代表MFジョー・コール(37)が13日に現役引退を発表した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽2016年からUSLプロフェッショナルリーグ(アメリカ2部)に所属するタンパベイ・ローディーズでプレーし、今季からアシスタントコーチも兼任していたコールだが、同クラブでのシーズン終了をもってスパイクを脱ぐ決断をした。 「すべての夢を叶えることができた。今後の20年間がこれまでプロとしてやってきたこれまでの20年間と同じように特別なものとなることを願っているよ」 「チェルシーで獲得したトロフィーは僕にとって本当に特別なものだ。それらの思い出は自分と共に永遠に生き続けるはずだ。そして、プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだった」 「すべてのプロキャリアを通じて多くの重要な瞬間があった。そのひとつはウェストハムの若手時代だね」 「キャリアの終盤に差し掛かっていたベテランプレーヤーが“すべてのゲームを楽しめ。そうしないとキャリアはあっという間に過ぎて大事な瞬間を見逃してしまうぞ”って言われたんだ」 「彼の言葉は正しかったよ。そういった言葉は昔も今でさえも響くものだと思うよ。プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだったし、僕は彼からのアドバイスを聞きながら毎日努力してきたんだ」 「ファンとしてはテクニックのある往年のプレーヤーを見ることが好きだったんだ。そういったプレーヤーたちからインスピレーションを受けた」 「スタンドに座ってそういったプレーヤーがプレーするところを見るのは僕にとって特別なものだった。そして、それを自分がプレーヤーとして再現しようとしていたんだ。僕のプレーを長年見守ってくれたファンや多くの人たちにそういう気持ちを与えることができていたとしたら嬉しいな」 ▽ロンドンで生まれ育ったコールはウェストハムのアカデミーに在籍。1998-99シーズンに17歳でトップチームデビューを果たすと、以降は“ネクスト・ガッザ”の愛称に相応しい卓越した足下の技術と攻撃センスを武器にすぐさま主力に定着。4年後には名門ハマーズの若きキャプテンを務めた。 ▽その後、2003年にハマーズの2部降格に伴い、ロマン・アブラモヴィッチ体制1年目のチェルシーに完全移籍を果たすと、その翌年に指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下、右ウイングの主力としてチームのプレミアリーグ2連覇に貢献した。 ▽2009-10シーズン終了後にチェルシーを退団したコールは、リバプールやリール(レンタル)、ウェストハム、アストン・ビラ、コヴェントリー・シティと幾つかのクラブを渡り歩いた後、2016年から大西洋を渡り、タンパベイ・ローディーズに加入し、現役引退までプレーした。 ▽また、2001年にデビューを飾ったイングランド代表では通算56試合に出場し10ゴールを記録。2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会と3大会連続でワールドカップにも出場した。 2018.11.13 19:10 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース