ジルーの今季初ゴールでチェルシーがBATEボリゾフを下しGS突破!《EL》2018.11.09 04:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループL第4節でアウェイでBATEボリゾフと対戦し、1-0で勝利した。この結果、チェルシーのグループステージ突破が決まった。▽今季開幕からここまで未だ無敗のチェルシー。ヨーロッパリーグでは格下相手に開幕2戦は最少得点での勝利だったものの、前回のホームでのBATE戦はロフタス=チークのハットトリックの大暴れで3-1で勝利。勝てばグループステージ突破が決まるチェルシーは直近のプレミアリーグ第11節のクリスタル・パレス戦から先発を7人変更。ディフェンスの4人は総入れ替え、その他、ロフタス=チークやジョルジーニョ、アザールらがスタメンに並んだ。

▽立ち上がりに攻め込まれるシーンがあったものの、その後はチェルシーがボールを支配。しかし、幅を利かせて守りを固めるBATEの守備網を掻い潜ることが出来ずなかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。

▽そんな中BATEは12分に仕掛ける。ジュミトリ・バハがボックス端からシュートを放つと右ポストを直撃。立て続けにセットプレーからゴールに迫るなど、チェルシーはヒヤリとさせされた。

▽チェルシーがゴールに迫ったのは18分。バークリーの浮き球のパスでジルーがボックス右に抜けてシュートを放ったがサイドネットを叩く。

▽その後は膠着状態。チェルシーが8割を超えるポゼッションを記録したものの、前半はゴールレスで終えた。

▽後半開始早々にチェルシーは先制に成功する。52分、左サイドのエメルソン・パルミエリが速いクロスを入れると、ジルーがニアで頭で合わせゴールイン。フランス代表FWの今季初得点でリードを得た。

▽そのままチェルシーペ^スで進むかに思われたが、意外にもゴールに迫ったのはBATEだった。59分のシフネビッチのシュートが左ポストを叩くと、直後の90分には左サイドからの折り返しを右サイドバックのリオスがダイレクトシュート。完全にフリーとなっていたが、枠に飛ばすことはできなかった。

▽チェルシーも63分に右CKをジルーが完璧なタイミングで頭で合わせたが、GKシェルビツキがファインセーブ。追加点とはならなかった。

▽その後、チェルシーはアザールとロフタス=チークを下げてウィリアンとコバチッチを投入。そのウィリアンは82分に好機を迎える。自陣からカウンターを発動したチェルシーはペドロがジルーに繋ぎゴール前へ。ジルーは味方の上がりを待ってボックス右にするーぱすを供給。ここにウィリアンが走り込んだがGKの出だしが一歩早く、シュートを打つまでには至らなかった。

▽試合終盤の85分には、前日に18歳になったばかりのハドソン=オドイがペドロに代わってピッチへ。

▽試合終盤には相手のシュートが三度ポストを叩くなど、押し込まれたチェルシーだったが、虎の子の一点を守り切って勝利。4連勝でグループステージ突破を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

イグアインのチェルシー移籍、22日に完了か

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍は22日にも実現しそうだ。 今冬のチェルシー移籍報道が取り巻くイグアイン。保有権を持つユベントスとチェルシーの間で1年間の期間延長オプションが付随した半年間のレンタル移籍で合意に達しているとみられる。 その中、イグアインは21日に敵地で行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外に。ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も「彼の決断を受け入れる」と話しており、もはや移籍濃厚だ。 そして、イギリス『エクスプレス』が21日付けで報じたところによれば、イグアインは22日にもロンドンに到着予定。そこで、契約書にサインを済ませ、晴れてチェルシーの一員になる見込みだという。 これにより、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)がチェルシーからアトレティコ・マドリーへ。ミランもジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の加入が決まる模様だ。 2019.01.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー行き迫るイグアインが21日ジェノア戦メンバー外に! ガットゥーゾも移籍示唆

チェルシー移籍が決定的とされるミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)が21日に行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外となった。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 シーズン半ばを過ぎてエースストライカー不在が顕著なチェルシーは、今冬の移籍市場でスペイン代表FWアルバロ・モラタの退団を認め新ストライカーの確保に動く模様。そして、そのメインターゲットがマウリツィオ・サッリ監督のナポリ時代の教え子であるイグアインだ。 ここ数日、ミランとのレンタル契約を満了し保有元のユベントスからチェルシーに3200万ポンド(約45億4000万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍の可能性が報じられていた中、週明けにも移籍が成立する見込みだ。 ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は20日、ジェノア戦に向けて公式会見の場でイグアイン希望を受け入れたことを認めた。 「私は彼の決断を受け入れる。恐らく、彼はよりうまくやることができたと思う。そして、我々が彼のフィットさせるため助けることができたかもしれない」 「私はすべてに対して正直でありたい。こういった移籍の噂もあり今日のトレーニングセッションは酷いものだった。我々はトレーニングセッション後に彼と話し合ったが、私は彼が次の試合への準備ができているとは考えていない」 2019.01.21 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーが141億円でコウチーニョ獲得へ?

チェルシーが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の獲得に向けてバルセロナに問い合わせたようだ。イギリス『メトロ』が同『デイリー・エクスプレス』の情報を基に報じた。 コウチーニョは、昨年の1月に移籍金1億4000万ポンド(現在のレートで約198億円)でリバプールからバルセロナに加入。すると、初シーズンからインサイドハーフやウィングのポジションで主力として活躍し、得意の左サイドで起用される時間は少なかったものの問題なくクオリティを発揮していた。 しかし、今シーズンは昨シーズンのようなプレーが披露できず。1月中旬ごろからは先発出場を続けているものの、移籍に関する憶測が飛び交う12月から1月の初めにかけてはリーグ4試合連続で先発を外された。 そういった現状から、各紙はコウチーニョの今冬の移籍市場でのバルセロナ退団を取り沙汰し、マンチェスター・ユナイテッド移籍や、古巣リバプールへの復帰の可能性を伝えていた。 それでも、リバプールに関してはユルゲン・クロップ監督が直々に「(コウチーニョ獲得の)ストーリーはない」と述べたことで可能性は低いと見られている。しかし、今回の『メトロ』によると新たにチェルシーが動きを見せているようだ。 伝えられるところでは、チェルシーはバルセロナと既に接触。コウチーニョを取り巻く状況にどのような変化があった場合も最新情報を提示するように求めたという。また、チェルシーが1億ポンド(約141億円)の価値を同選手に感じていること、バルセロナ側がパリ・サンジェルマンFWネイマールを再獲得するために資金を捻出する可能性があることも伝えられている。 とはいえ、コウチーニョ本人がバルセロナでの戦いを希望しており、スペインでの生活を気に入っているとも。元プレミアリーグ屈指のスタープレーヤーが、古巣のライバルクラブを選ぶことはあるのだろうか。 2019.01.20 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ファーディナンドがジョルジーニョをけちょんけちょんに言う

イングランド代表OBのリオ・ファーディナンド氏がチェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョを叩いた。イギリス『メトロ』が報じた。 チェルシーは19日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節でアーセナルと対戦。順位で隣接するアーセナルとの直接対決だけに叩いておきたいところだったが、0-2の敗北を喫した。 イギリス『BT Sports』で同試合の解説を務めたファーディナンド氏は、アンカーポジションで先発したジョルジーニョに言及。厳しい評価をつきつけた。 「ジョルジーニョは試合のテンポを作り出せる選手だ。ピッチ中央でボールを持った彼はとても良いプレーをする。だが、彼は何アシストを記録している? 2000本近くのパス数をマークしているが、いまだアシストがない。彼は守備が得意じゃなく、ビッグクラブとの試合になると、ただ中盤を駆け回るだけ。それに運動量がない。守備面でチームに何も貢献できず、ゴール前での仕事もさっぱりだ」 ジョルジーニョは昨夏、ナポリを指揮したマウリツィオ・サッリ監督の後を追う形でチェルシー入り。ここまでプレミアリーグ22試合に出場して1得点を記録している。 2019.01.20 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーFWハドソン=オドイが巨額新契約拒否か

チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)が、クラブから打診されている新契約のオファーを拒否したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 チェルシーはこの逸材の慰留に向けて週給8万5000ポンド(約1200万円)とも言われる巨額サラリーの新契約を打診。しかし、出場機会確保を優先したいハドソン=オドイは首を縦に振らず、バイエルン行きの意思を固めているという。また、背番号10を背負うFWアリエン・ロッベンが退団した場合、バイエルンはハドソン=オドイにその番号を継承させる考えのようだ。 ハドソン=オドイとチェルシーの現行契約は2020年までとなっており、今シーズンが終了すれば残りの期間は1年間となる。『デイリー・メール』によると、もし今冬の移籍が果たされなければ、移籍金は劇的に下がり1000万ポンド(約14億1000万円)付近の値になるという。したがって、今年夏までの慰留に成功したとしても、更にバイエルン行きの可能性を高める要因を作ることになるだろう、と伝えられている。 2019.01.20 16:40 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース