超ワールドサッカー

ジルーの今季初ゴールでチェルシーがBATEボリゾフを下しGS突破!《EL》2018.11.09 04:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループL第4節でアウェイでBATEボリゾフと対戦し、1-0で勝利した。この結果、チェルシーのグループステージ突破が決まった。▽今季開幕からここまで未だ無敗のチェルシー。ヨーロッパリーグでは格下相手に開幕2戦は最少得点での勝利だったものの、前回のホームでのBATE戦はロフタス=チークのハットトリックの大暴れで3-1で勝利。勝てばグループステージ突破が決まるチェルシーは直近のプレミアリーグ第11節のクリスタル・パレス戦から先発を7人変更。ディフェンスの4人は総入れ替え、その他、ロフタス=チークやジョルジーニョ、アザールらがスタメンに並んだ。

▽立ち上がりに攻め込まれるシーンがあったものの、その後はチェルシーがボールを支配。しかし、幅を利かせて守りを固めるBATEの守備網を掻い潜ることが出来ずなかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。

▽そんな中BATEは12分に仕掛ける。ジュミトリ・バハがボックス端からシュートを放つと右ポストを直撃。立て続けにセットプレーからゴールに迫るなど、チェルシーはヒヤリとさせされた。

▽チェルシーがゴールに迫ったのは18分。バークリーの浮き球のパスでジルーがボックス右に抜けてシュートを放ったがサイドネットを叩く。

▽その後は膠着状態。チェルシーが8割を超えるポゼッションを記録したものの、前半はゴールレスで終えた。

▽後半開始早々にチェルシーは先制に成功する。52分、左サイドのエメルソン・パルミエリが速いクロスを入れると、ジルーがニアで頭で合わせゴールイン。フランス代表FWの今季初得点でリードを得た。

▽そのままチェルシーペ^スで進むかに思われたが、意外にもゴールに迫ったのはBATEだった。59分のシフネビッチのシュートが左ポストを叩くと、直後の90分には左サイドからの折り返しを右サイドバックのリオスがダイレクトシュート。完全にフリーとなっていたが、枠に飛ばすことはできなかった。

▽チェルシーも63分に右CKをジルーが完璧なタイミングで頭で合わせたが、GKシェルビツキがファインセーブ。追加点とはならなかった。

▽その後、チェルシーはアザールとロフタス=チークを下げてウィリアンとコバチッチを投入。そのウィリアンは82分に好機を迎える。自陣からカウンターを発動したチェルシーはペドロがジルーに繋ぎゴール前へ。ジルーは味方の上がりを待ってボックス右にするーぱすを供給。ここにウィリアンが走り込んだがGKの出だしが一歩早く、シュートを打つまでには至らなかった。

▽試合終盤の85分には、前日に18歳になったばかりのハドソン=オドイがペドロに代わってピッチへ。

▽試合終盤には相手のシュートが三度ポストを叩くなど、押し込まれたチェルシーだったが、虎の子の一点を守り切って勝利。4連勝でグループステージ突破を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

アザール、チェルシー加入の理由はリール時代同僚のJ・コール

▽チェルシーに所属するベルギー代表FWエデン・アザールが、現役引退を発表した元イングランド代表MFジョー・コール(37)に感謝を伝えている。 ▽1998-99シーズンに17歳でウェストハムでトップチームデビューを果たしたJ・コールは、2003年にチェルシーに完全移籍。その翌年には指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のもと、右ウイングで活躍してプレミアリーグ2連覇にも貢献した。2009-10シーズン終了後にチェルシーを退団したJ・コールは、その後リバプールやリール、ウェストハムなど複数クラブを渡り歩き、2016年からはUSLプロフェッショナルリーグ(アメリカ2部)に所属するタンパベイ・ローディーズでプレー。今月13日に現役引退を発表した。 ▽そんな中、2012年6月にリールからチェルシーに加入したアザールは、リール時代に共にプレーしたJ・コールからチェルシーに移籍することを勧められたことを告白し、感謝の言葉を告げている。チェルシーのツイッター公式アカウント(@ChelseaFC)が伝えている。 「チェルシーにサインする前に僕は彼と話をしたんだ。チェルシーが僕にとって最高のクラブだと言ってくれたんだ。毎日だよ」 「チェルシーはビッグクラブで毎シーズントロフィーを獲得できるクラブだとね。だからこのクラブと契約したんだ。ありがとう。ジョー・コール!」 2018.11.14 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルー&キンペンベが映画『スパイダーマン』の声優に!

▽チェルシーFWオリヴィエ・ジルーとパリ・サンジェルマンDFプレスネル・キンペンベのフランス代表2選手が来月フランスで公開予定のアニメ映画『スパイダーマン~ニュージェネレーション~』でフランス語版の声優を務めることになった。配給元の『Sony Pictures France』が伝えている。 ▽今回の映画でジルーが声優を務めるのは、主人公スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。一方、キンペンベが声優を務めるのは、同じく敵対するスコーピオンの役だ。 ▽なお、フランス代表ではジルーとキンペンベに先駆けて『レゴバットマン ザ・ムービー』でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスMFブレーズ・マテュイディが、それぞれスーパーマンとフラッシュ役でフランス語版の声優を務めている。 2018.11.13 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表MFジョー・コールが現役引退! チェルシーやハマーズで活躍

▽元イングランド代表MFジョー・コール(37)が13日に現役引退を発表した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽2016年からUSLプロフェッショナルリーグ(アメリカ2部)に所属するタンパベイ・ローディーズでプレーし、今季からアシスタントコーチも兼任していたコールだが、同クラブでのシーズン終了をもってスパイクを脱ぐ決断をした。 「すべての夢を叶えることができた。今後の20年間がこれまでプロとしてやってきたこれまでの20年間と同じように特別なものとなることを願っているよ」 「チェルシーで獲得したトロフィーは僕にとって本当に特別なものだ。それらの思い出は自分と共に永遠に生き続けるはずだ。そして、プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだった」 「すべてのプロキャリアを通じて多くの重要な瞬間があった。そのひとつはウェストハムの若手時代だね」 「キャリアの終盤に差し掛かっていたベテランプレーヤーが“すべてのゲームを楽しめ。そうしないとキャリアはあっという間に過ぎて大事な瞬間を見逃してしまうぞ”って言われたんだ」 「彼の言葉は正しかったよ。そういった言葉は昔も今でさえも響くものだと思うよ。プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだったし、僕は彼からのアドバイスを聞きながら毎日努力してきたんだ」 「ファンとしてはテクニックのある往年のプレーヤーを見ることが好きだったんだ。そういったプレーヤーたちからインスピレーションを受けた」 「スタンドに座ってそういったプレーヤーがプレーするところを見るのは僕にとって特別なものだった。そして、それを自分がプレーヤーとして再現しようとしていたんだ。僕のプレーを長年見守ってくれたファンや多くの人たちにそういう気持ちを与えることができていたとしたら嬉しいな」 ▽ロンドンで生まれ育ったコールはウェストハムのアカデミーに在籍。1998-99シーズンに17歳でトップチームデビューを果たすと、以降は“ネクスト・ガッザ”の愛称に相応しい卓越した足下の技術と攻撃センスを武器にすぐさま主力に定着。4年後には名門ハマーズの若きキャプテンを務めた。 ▽その後、2003年にハマーズの2部降格に伴い、ロマン・アブラモヴィッチ体制1年目のチェルシーに完全移籍を果たすと、その翌年に指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下、右ウイングの主力としてチームのプレミアリーグ2連覇に貢献した。 ▽2009-10シーズン終了後にチェルシーを退団したコールは、リバプールやリール(レンタル)、ウェストハム、アストン・ビラ、コヴェントリー・シティと幾つかのクラブを渡り歩いた後、2016年から大西洋を渡り、タンパベイ・ローディーズに加入し、現役引退までプレーした。 ▽また、2001年にデビューを飾ったイングランド代表では通算56試合に出場し10ゴールを記録。2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会と3大会連続でワールドカップにも出場した。 2018.11.13 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア出場ゼロ…苦境のチェルシーDFクリステンセンが去就に言及

▽チェルシーに所属するデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(22)が、今冬の去就に関して口を開いた。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽2012年夏にチェルシーの下部組織に入ったクリステンセンは、2015年夏からの2年間に渡りボルシアMGへレンタルされ、昨シーズンに復帰。すると、アントニオ・コンテ前監督の下で公式戦40試合に出場するなど、ポジションを確保した。 ▽しかし、マウリツィオ・サッリ監督を招へいして迎えた今シーズンは大幅に出場機会が減少。ここまででプレミアリーグでの出場は一切なく、公式戦全体でも6試合の出場に留まっている。クリステンセンは、苦しい現状について以下のように語った。 「昨シーズンとは違う。僕は多くの試合でプレーしてたけど、今シーズンはそうじゃない。これはプレーヤーにとって困難なものだよ。でも、何が起こるか見ていこう」 ▽また、「トランスファーリクエストを提出するかどうか」と直接的な質問を受けたクリステンセンは、断言はしなかったもののやんわりと否定している。 「それは難しい質問だ」 「どんな選手でも、プレーしていない時に幸せかどうか聞けば『ノー』と答えるだろうね。全員がプレーしたがっているけど、僕には何もできない。トレーニングして、機会を得るためにベストを尽くすだけだ」 「彼(マウリツィオ・サッリ監督)からの信頼を得られるような、良いプレーを見せなければ。そこら辺に座りたいと思ってはいないし、すぐにプレーしたいと思って待っている。それが僕らがフットボールをする理由だよ」 「プレーしなければ楽しくない。けど、(CLを逃した)昨シーズンとは違うんだ。(1月に移籍しようとは)考えてないよ」 ▽チェルシーは今シーズン、プレミア第12節終了時点で8勝4分けと無敗を維持。チームはポジティブな戦いを続けているが、クリステンセンがその輪に加わることはできるのだろうか。 2018.11.13 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

画期的orセコい? セスクのエバートン戦での卑怯行為が物議!

▽チェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスのエバートン戦での卑怯な行為が物議を醸している。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽チェルシーは11日に行われたプレミアリーグ第12節のエバートン戦を0-0のドローで終えた。この試合では後半に入ってホームチームが怒涛の攻撃を見せるも、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードを中心とするエバートンの堅守を最後までこじ開けられず、マウリツィオ・サッリ体制での公式戦無敗を18試合に更新するにとどまった。 ▽この試合で後半途中にイタリア代表MFジョルジーニョに代わって途中出場したセスクだが、同選手が試合途中に見せたひとつの卑怯な行為が話題を集めている。 ▽チェルシーが相手陣内の左サイドでFKを獲得すると、ケビン・フレンド主審がボールをセットする場所にバニシング・スプレーで印を付けた。そして、同主審がその場を離れた直後、セスクはバニシング・スプレーの白い泡をおもむろに右手で掴むと、当初の位置よりも数十cm前に白い泡を置き直し、何食わぬ顔でボールの位置も移動させた。 ▽この大胆かつ素早い技にフレンド主審、エバートン陣営は全く気付かず。セスクと共にキッカーを務めようとしていた同僚MFエデン・アザールが唯一気付いていたものの、同選手も我関せずの態度を決め込んだ。ただ、セスクの卑怯行為も実らず、このFKがゴールチャンスに結びつくことはなかった。 ▽この中継映像が1人のツイッターユーザーによって投稿されると、SNS上で瞬く間に話題に。チェルシーファンを中心にセスクの画期的な発想を好意的に受け止める意見があった一方、エバートンファンやその他のクラブのファンは何らかの処分を科すべきだと糾弾する姿勢を見せていた。 ▽今回の出来事に関してイングランドサッカー協会(FA)が正式に調査に乗り出す可能性は微妙なところだが、今後選手たちの間で流行しないようにセスクとチェルシーに釘がさされる可能性は高そうだ。 ◆画期的orセコい? https://twitter.com/NorthBankNadim/status/1061653798077284352 2018.11.13 15:37 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース