超ワールドサッカー

サンプドリア、ビッグクラブ注目のDFアンデルセンと2022年まで契約延長2018.11.09 03:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンプドリアは8日、U-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。現行の契約からは1年間延長した形だ。

▽オランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは、192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームでの出場機会を増やして評価を高めると、2017年にサンプドリアに加入した。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応し、ここまでのリーグ戦全試合に出場していた。

▽パワフルな対人守備や守備的MFとしてもプレー可能な足下の技術が持ち味のアンデルセンには、アーセナルやドルトムント、ユベントス、インテルといったメガクラブが獲得に興味を示していたが、サンプドリアと新たな契約を結ぶ格好となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ファラオーネのドッピエッタやシックの今季初弾などでローマがサンプに4発快勝! リーグ戦4試合ぶり勝利《セリエA》

▽ローマは11日、セリエA第12節でサンプドリアをホームに迎え、4-1で快勝した。 ▽前節フィオレンティーナ戦を終盤のフロレンツィ弾で1-1の引き分けに持ち込んだものの、リーグ戦3試合勝利のない8位ローマ(勝ち点16)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦では相手が10人となった中2-1で逃げ切り、決勝トーナメント進出に大きく近付いた。そのCSKAモスクワ戦のスタメンから3選手を変更。ジェコ、ファシオ、サントンに代えてシック、エル・シャーラウィ、ファン・ジェズスを起用した。 ▽2連敗中の10位サンプドリア(勝ち点15)に対し、3トップに右からクライファート、シック、エル・シャーラウィと並べ、トップ下にペッレグリーニを配置する[4-2-1-3]で臨んだローマは、一進一退の攻防で立ち上がっていく。 ▽徐々に圧力を強めるローマは17分、クリスタンテのミドルシュートでGKアウデーロを強襲すると、19分に先制した。右CKからクリスタンテのヘディングシュートがゴール左を捉えると、ゴールライン前のファン・ジェズスが押し込んでネットを揺らした。 ▽その後も拮抗した展開が続いた中、ローマは33分にピンチ。FKをコラロフがヘディングでクリアにかかったボールがポストを直撃した。ひやりとしたローマは34分に追加点のチャンス。クライファートが右サイドを仕掛けてボックス内に侵入して右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 ▽少ないチャンスを生かしたローマが1点をリードして迎えた後半、49分にシックがディフェンスライン裏を取るチャンスを迎えるもDFに戻られてシュートを打ち切れない。 ▽その後、53分にガストン・ラミレスのミドルシュートでGKオルセンが強襲されると直後、マノラスがボックス左で仕掛けたガストン・ラミレスを倒したとしてPKの判定となってしまう。しかし、VARでノーファウルに覆り、ローマは助かった。 ▽すると59分、ローマに追加点が生まれる。エル・シャーラウィのスルーパスでオーバーラップしたコラロフがボックス左深くからグラウンダーのクロスを入れると、ニアサイドのシックが流し込んだ。 ▽シックの今季初ゴールで加点したローマは、シックに代えてジェコを投入。そして72分、コラロフのスルーパスを受けたエル・シャーラウィがボックス左でボールをキープし、反転からの華麗なループシュートを決めて決定的な3点目を奪った。 ▽86分にCKからヴィエイラのヘディングシュートをGKオルセンがビッグセーブで防いだローマは、89分にデフレルに恩返し弾を食らうも、追加タイム3分にエル・シャーラウィがドッピエッタとなるこの試合2点目を決めて4-1で快勝。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。 2018.11.12 01:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッククラブ注目のアンデルセンがサンプドリア残留を示唆「今だけに興味がある」

▽サンプドリアに所属するU-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)が残留を明言した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽オランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは、192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームでの出場機会を増やして評価を高めると、2017年にサンプドリアに加入した。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応。持ち味のパワフルな対人守備や守備的MFとしてもプレー可能な足下の技術を生かし、ここまでのリーグ戦全試合に出場している。 ▽そんなアンデルセンに対しては、アーセナルやドルトムント、バレンシア、セビージャ、ユベントス、インテルが獲得に興味を示しているという報道が噴出。しかし、人気銘柄のアンデルセン当人はサンプドリア残留を明言している。 「僕はサンプドリアだけに興味がある」 「将来は後になって分かるよ。僕はまだ成長する必要がある。ここでは多くの視線に晒されるし、それは以前は決して感じていなかったものだ。でも、僕はあまり心配せずに前に進むよ」 「僕は将来に注目してはいなくて、今だけに興味があるんだ。僕が言えることは自分の周囲で起こっていることに満足しているということだけだよ。僕たちはみんな良い仕事をしているからね」 2018.11.02 21:43 Fri
twitterfacebook
thumb

攻撃陣揃い踏みのミラン、難敵サンプドリアに競り勝って公式戦3試合ぶり勝利《セリエA》

▽ミランは28日、セリエA第10節でサンプドリアをホームに迎え、3-2で競り勝った。 ▽前節インテルとのミラノ・ダービーをイカルディの試合終了間際の一撃に沈んで連勝を止められた12位ミラン(勝ち点12)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のベティス戦を1-2と敗戦した。公式戦連敗となった中、ベティス戦のスタメンから5選手を変更。イグアインやビリア、ロマニョーリらが引き続きスタメンとなって、スソやGKドンナルンマ、R・ロドリゲスらが先発に復帰した。 ▽5位サンプドリア(勝ち点15)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだミランは、2トップにクトローネとイグアイン、右サイドにスソ、左にラクサールを配置した。 ▽そのミランが押し込む流れで立ち上がっていくと、17分に先制した。右サイドのスペースをスソが突き、左足で上げたクロスをファーサイドのクトローネがヘディングシュートを決めた。 ▽しかし21分、ボックス左角で仕掛けたサポナーラにゴール右下にシュートを決められて試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽さらに31分、ロングボールに抜け出したクアリアレッラにボックス中央から見事なボレーシュートを蹴り込まれ、逆転されてしまった。 ▽瞬く間に追う展開となったミランは36分、クトローネとのパス交換でボックス中央に侵入したイグアインが同点弾を決めて2-2とし、打ち合いの前半を終えた。 ▽迎えた後半立ち上がり、イグアインのボレーシュートでGKアウデーロを強襲したミランが押し気味に試合を進めると、62分に勝ち越した。 ▽右サイドから中に切れ込んだスソがボックス手前右から左足を振り抜くと、枠の左にシュートが決まった。 ▽スソのファインゴールでリードしたミランは自陣に引きながら時間をうまく消化していく。終盤の87分にはラクサールが左ポスト直撃のシュートを浴びせるなど、サンプドリアを牽制しつつ3-2で勝利。公式戦3試合ぶりの白星を飾っている。 2018.10.29 04:07 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、サンプドリアの新星DFアンデルセンの獲得に興味か

▽トッテナムはサンプドリアに所属するU-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)の獲得に動きだしているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽デンマーク出身もオランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームで出場機会を増やすと、2017年にサンプドリアに加入。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応。持ち味のパワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を生かしてリーグ戦全試合に出場している。 ▽今回伝えられるところによると、トッテナムはアンデルセン獲得に向けて既に8月に行われたセリエA第2節のウディネーゼ戦にスカウトを派遣していたという。そして、同選手を高く評価するクラブは今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。 ▽今シーズン、サンプドリアはセリエAで最少失点(4点)の堅守を誇っており、アンデルセンはチームに欠かせない存在になっている。サンプドリアはセリエAで屈指の若手DFと評される逸材を安売りするつもりはないが、トッテナム側は相手の要求する金額を十分に支払えると考えている模様だ。 ▽その一方で、イタリア『トゥットスポルト』によれば、ユベントスもアンデルセンの獲得に興味を示しているようだ。 2018.10.16 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

悪童カッサーノがサッカー人生に幕…「これからは自分の足に頼らなくても美しいことができる」

▽元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが13日を以って、現役引退を発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽2017年夏、ヴェローナを1週間余りで退団したのを最後に現役引退が囁かれていたカッサーノは今年に入って現役続行の意思を示し、ついに先日、セリエC(イタリア3部)に所属するヴィルトゥス・エンテッラの練習に参加し、復帰は間もなくと伝えられていた。しかしこの度、同選手は「ほかに優先すべきことが見つかった」として引退を宣言。19年のキャリアに幕を閉じた。 ▽カッサーノのデビューは1999年。当時セリエAだったバーリでプロデビューを果たし、1年半後にセリエAチャンピオンだったローマに引き抜かれた。そこからスターダムを駆け上がるかと思いきや、度重なる問題行動で多くのクラブを転々としていった。 ▽レアル・マドリーやサンプドリア、ミランにインテルなどビッグクラブでの経歴を持つカッサーノだが、どのクラブでも問題行動を起こした。 ▽監督や選手との衝突は当たり前で、時には審判に暴言やツバを吐くことも。バーリやローマ時代には無免許運転で逮捕。ゴールを決めてもユニフォームを脱いでコーナーフラッグをぶち蹴るなど、どこを切り取っても問題児だった。ローマやマドリー時代の最大の恩師ともいえるファビオ・カペッロ監督とも起用法に関して問題発言。「ローマでも助けてやったんだから俺を使え」と述べていた。 ▽最近では2017年7月10日にエラス・ヴェローナと契約するものの、同18日にモチベーションの低下などを理由に突如現役引退を表明。その後、考えを改めてその日のうちに引退を撤回したが、6日後の24日に自身のツイッターで再び引退を発表していた。しかし、前述したように引退を撤回し今月6日にはエンテッラが練習参加を発表。現役復帰かに思われた矢先の引退宣言となった。 ▽カッサーノは引退に際し、以下のようにコメントしている。 「ヴィルトゥス・エンテッラとゴッジ会長、そしてすべてのファンに感謝している。そしてすべての敵にも」 「ここ数日、もはや練習についていけなくなってきていることに気づいた。フットボールは俺をストリートから抜け出してくれた。素晴らしい人々に会わせてくれた。大切な家族を与えてくれた。すべてを貰ったんだ」 「僕を楽しませてくれた。これから俺の第二の人生が始まる。自分の足の助けを借りなくても、美しいことができると自分に言い聞かせるよ」 ▽世紀の悪童はキャリアを通じて、クラブで515試合139ゴール91アシストを記録。イタリア代表では39試合で10ゴールを記録した。 2018.10.13 22:35 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース