超ワールドサッカー

ユベントス、トレゼゲ氏をクラブの大使に任命2018.11.09 01:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは8日、ダビド・トレゼゲ氏(41)をクラブの大使に任命したことを発表した。契約期間は3年間となっている。▽ストライカーとして現役時代に活躍したトレゼゲは、2000年から10年間ユベントスでプレー。通算171ゴールを挙げ、ユベントスの外国人選手における最多得点者となっている。

▽ユベントスはそのトレゼゲの大使就任について次のような声明を発表している。

「トレゼゲはユベントスの真のアイコンだ。彼は今日、クラブの公式大使に任命されたわけだが、ユベントスとはこれまで素晴らしい成功を収めてきた絆がある。今後3年間、彼は商業面でユベントスのブランドを世界に発信する役割を担う。ユベントスが今後も発展する上でトレゼゲの大使就任は完璧な人事となるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ピャニッチが筋肉負傷で一足早くユーベに帰還、スペインとの親善試合を欠場

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが負傷を受けて一足早くユベントスに帰還することになった。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ピャニッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ3のオーストリア代表戦で先発。87分に交代していた。同メディアによれば足の筋肉を痛めたとのことだ。なお、オーストリア戦を0-0で引き分けたボスニア・Hはグループ首位を確定させ、リーグAへの昇格を決めている。そのボスニア・Hは18日にスペイン代表との国際親善試合を戦う予定となっている。 ▽代表ウィーク明け、ユベントスはセリエAでSPAL戦を戦った後、チャンピオンズリーグでバレンシアと戦うが、代えの利かないピャニッチを起用することはできるだろうか。 2018.11.17 00:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ディバラ、ユーベ退団に興味なし「移籍市場のことは何も考えていない」

▽ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、自身の将来について言及した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2015年夏にパレルモからユベントスに加入したディバラ。以降、3度のセリエA制覇や3度のコッパ・イタリア制覇に貢献するなどエースの地位を確立していた。今シーズンは開幕当初こそレアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの影響もあり、その地位が微かに揺れたが、ここまで公式戦14試合6ゴールと立て直している。 ▽そんなディバラは、これまで欧州複数クラブから注目を集めており、最近では特にマンチェスター・ユナイテッドが強い関心を示している。一時はユナイテッドが今冬の移籍市場でフランス代表MFポール・ポグバ(25)とのトレードを画策していることも伝えられたが、ディバラ自身にユベントスを離れる気はないようだ。 「移籍市場のことは何も考えていないよ」 「今僕はユベントスで本当に幸せだ。今フォーカスしていることは、すべてのタイトルをここで勝ち取るということだ」 2018.11.16 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

2年間の交際経てゴールイン! C・ロナウドがついにプロポーズ

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、パートナーのジョージナ・ロドリゲスさんにプロポーズをしたようだ。スペイン『アス』が、ポルトガル『コレイオ・デ・マヌハ』の報道を基に伝えた。 ▽約2週間のナショナルウィークをロンドンで過ごしているC・ロナウド。テニスのATPファイナルやロイヤルオペラハウスを訪れ、2年間交際が続いているロドリゲスさんと休暇を満喫している様子が伝えられていた。 ▽そして、どうやらC・ロナウドはこの小旅行を大きな節目としていたようだ。『コレイオ・デ・マヌハ』によると、14日に長男クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君も含む3人でディナーを楽しんだC・ロナウドは、ロドリゲスさんへのプロポーズを敢行。返事は、ポジティブなものだったようだ。なお、詳細はごく一部にしか明かされていないが、結婚式は近日中に行われるものと見られている。 ▽C・ロナウドとロドリゲスさんは、2年前にパリのディズニーランドを訪れた際に交際を公表。その後に2人の間に生を受けたアラナ・マルティナちゃんは、先日1歳の誕生日を迎えたばかり。C・ロナウドは、代理母出産によりマルティナちゃんの他に3人の子供を授かっているが、結婚歴はなく、“パパ”ではなく“夫”になるのは今回が初めてだ。 2018.11.16 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マテュイディ、フランス代表の神童ムバッペに「このまま立ち止まるな」

ユベントスのMFブレーズ・マテュイディが記者会見で、フランス代表でチームメイトのFWキリアン・ムバッペについて語った。<br><br>フランス代表は欧州で行われているUEFAネーションズリーグで、リーグAのグループ1に所属。オランダとドイツという強豪国と同居するグループに入っているが、2試合を終えた時点でフランスがグループ首位に位置している。<br><br>マテュイディは16日に控えたオランダ戦を前に、ロシア・ワールドカップでフランスの優勝に大きく貢献した19歳のFWについて「このまま立ち止まるな」と語った。<br><br>「彼は多くの才能を持った素晴らしいプレーヤーだ。優れた選手は素晴らしいパーソナリティを持っている。ズラタン(イブラヒモビッチ)からもそれを感じたよ。クリスティアーノ(ロナウド)や(リオネル)メッシにも同じことが言えるね」<br><br>「キリアンはより優れた選手に進化するだろう。彼は大きなことを成し遂げてきた。彼のような選手がフランスには必要なんだ。だから、このまま立ち止まるなって僕は促しているよ」<br><br>また10月にドイツを3-0で下したオランダに警戒を強めている。<br><br>「僕らはよく守らないといけなくなると思うよ。オランダはドイツ相手に3点を奪ったんだ。ボールをキープし、相手にプレーさせないようにする。相手は危険なチームだが、フランスも危険さ。僕らの才能溢れるプレーヤーが彼らを困らせるだろうね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.15 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜探しに奔走…有力候補は3人か

▽ユベントスがブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)の後釜探しに奔走しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽ユベントスは現在左サイドバックで地位を確立しているアレックス・サンドロとの契約延長難航が伝えられている。2020年6月まで契約を残しているものの、すでに後任確保に向けて動いている様子だ。 ▽有力候補筆頭はその噂がかねてより伝えられているレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロだ。同メディアによると、マルセロ(30)は引き続きポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの再会を希望。しかし、獲得には最低でも5000万ユーロ(約64億円)が必要とみられている。 ▽また、ユベントスはバルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)と、ベンフィカに所属するスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(23)もリストアップしている模様。ジョルディ・アルバのバルセロナとの現行契約は、アレックス・サンドロ同様2020年6月まで。しかし、バルサは2016年12月を最後に契約延長への動きを見せていない。 ▽グリマルドはバルセロナ下部組織出身選手。今シーズンはここまで公式戦18試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。 2018.11.15 10:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース