超ワールドサッカー

クロアチアとの最終戦に向けたイングランド代表メンバー発表、代表引退試合のルーニーが招集《UEFAネーションズリーグ》2018.11.09 00:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー連盟(FA)は8日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19と国際親善試合に向けたイングランド代表メンバー28名を発表した。

▽先月行われたUNL2戦目のクロアチア代表戦を0-0で引き分け、同3戦目のスペイン代表戦を3-2と制して1勝1分け1敗の2位に付けるイングランドは、最終戦のクロアチア戦に向けて、FWハリー・ケイン(トッテナム)やFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、DFジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)ら主力を招集。

▽そして、今季のプレミアリーグで6ゴールを挙げているFWカラム・ウィルソン(ボーンマス)が初招集された一方、DFハリー・マグワイア(レスター・シティ)が負傷のため招集外となっている。

▽また、代表通算歴代2位の119試合に出場し、歴代トップの53得点をマークして2016年11月のスコットランド代表戦を最後にイングランド代表としての活動から退いたFWウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)が招集された。ルーニーは15日に聖地ウェンブリーで行われるアメリカ代表との国際親善試合が代表引退試合となる見込みだ。

▽イングランドは15日にアメリカ戦を、18日にホームでUNL最終戦のクロアチア戦を戦う。今回発表されたメンバー28名は以下の通り。

◆イングランド代表メンバー28名
GK
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
ジャック・バトランド(ストーク・シティ)
アレックス・マッカーシー(サウサンプトン)
マルクス・ベティネリ(フルアム)

DF
レウィス・ダンク(トッテナム)
マイケル・キーン(エバートン)
ジョー・ゴメス(リバプール)
トレント・アレキサンダー=アーノルド(リバプール)
ベン・チルウェル(レスター・シティ)
キーラン・トリッピアー(トッテナム)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)

MF
ロス・バークリー(チェルシー)
ルベン・ロフタス=チーク(チェルシー)
ファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ハリー・ウィンクス(トッテナム)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/ドイツ)

FW
ハリー・ケイン(トッテナム)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ダニー・ウェルベック(アーセナル)
カラム・ウィルソン(ボーンマス)
ウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)

コメント

関連ニュース

thumb

クロアチア、イングランドとの大一番を前にラキティッチが離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は16日、バルセロナのMFイバン・ラキティッチがクロアチア代表を離脱したことを発表した。 ▽ラキティッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表戦に先発し、67分に交代していた。フランス『レキップ』によればでん部を痛めたとのことだが、軽症と報じている。クロアチアは18日にイングランド代表とUNL準決勝進出を懸けた大一番を迎える。 ▽なお、バルセロナは代表ウィーク明け、リーガエスパニョーラでアトレティコ・マドリーとの首位攻防戦を控えるが、ラキティッチは直近のベティス戦で退場しているため、出場停止となる。 2018.11.17 02:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー「ユナイテッドで辞めたかった」

▽DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が古巣マンチェスター・ユナイテッドに対する本音を吐露した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ルーニーは2004年夏にエバートンからユナイテッドに移籍。在籍13年間で公式戦559試合253得点を誇り、5度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々の栄冠を経験した。だが、晩年は出場機会が減少。2017年夏に古巣エバートンに戻り、今夏からアメリカに活躍の場を移した。 ▽イングランド代表の一員として代表引退試合を控える中、ルーニーは古巣ユナイテッドの公式チャンネル『MUTV』に登場。当時の思いを打ち明けた。 「もちろん、恋しく思う。マン・ユナイテッドは僕のキャリアを通じたハイライトさ。あれだけ長くプレーしたのだからね。でも、(退団は)正しいタイミングだった」 「当時の僕は常にプレーできていたわけじゃない。僕はずっとプレーしたいタイプの選手。監督に話をしてみたけど、その気もなさそうだったから、正しい決断だった」 「理想を言うのであれば、あそこに残り、キャリアを終わりたかった。でも、フットボールは常に変化する。異なることが起きて、また別の理由が生まれる」 「僕は素晴らしい思い出と共に去り、アメリカに行き、プレーする新たなチャンスを手にした。でも、ユナイテッドで素晴らしい時を過ごさせてもらったよ」 「それに、僕は楽しみにしている。かつてのチームメイトや友人、スタッフと再び会えることをね」 2018.11.16 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ファンの反応を「ただただ満喫」…ルーニーが代表キャリアに幕

▽DCユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が代表キャリアにピリオドを打った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽イングランド代表は15日、聖地ウェンブリー・スタジアムで行われた国際親善試合でアメリカ代表と対戦(3-0でイングランド代表が勝利)。この一戦が代表引退試合となるルーニーは、58分からキャプテンマークを巻いてピッチに立ち、観客に最後の勇姿を披露した。 ▽代表キャリア通算120キャップ53得点でスリーライオンズのキャリアに幕を下ろしたルーニー。試合後、次のように振り返り、イングランド代表に別れを告げた。 「今夜、ウェンブリーに帰ってくることができ、待ってくれたファンから素晴らしい反応を受け取った。その瞬間をただただ満喫させてもらったよ」 「このような催しは今回が初。みんな、すべきことを忘れることなく、楽しんでくれたと思う。ほかの選手も今日のような夜を迎えることを願う」 「想像以上だったよ。どのように今のチームが働き、改善しようとしているのか、この数日間でポジティブな印象を受けた」 「良かったよ。今夜、素晴らしい形で代表キャリアを終止符を打つことができて」 「若手が素晴らしい試合をしたと思う。無得点は残念だけど、今日のことは思い出として長く残るだろう」 2018.11.16 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

若手主体のイングランドが3発快勝でルーニー代表引退試合を勝利で飾る!《国際親善試合》

▽イングランド代表は15日、国際親善試合でアメリカ代表とウェンブリー・スタジアムで対戦し、3-0で勝利した。 ▽18日にUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ4のクロアチア代表戦に臨むイングランドは、多くの主力をベンチに温存し、若手メンバーを起用。[4-2-3-1]を採用し、最前線にウィルソン、2列目は右からサンチョ、デレ・アリ、リンガードと並べ、ボランチにデルフ、ウィンクスを配置。最終ラインは右からアーノルド、M・キーン、ダンク、チルウェルと並べ、GKはピックフォードを起用した。 ▽一方のアメリカは、トップ下にグリーン、サイドハーフにウェアらを配置。ウッドが最前線に構える[4-2-3-1]の形で試合に入った。 ▽立ち上がりから押し込む時間が続くイングランドは25分、左サイドを持ち上がったデレ・アリのパスをボックス左で受けたリンガードが素早く右足を振り抜くと、ゴール右上を捉えたコントロールショットがゴールネットを揺らした。 ▽先制点で勢いづくイングランドは、27分にもボックス内の混戦からサンチョのラストパスに反応したアーノルドがボックス右からダイレクトシュートをゴールに流し込んだ ▽迎えた後半、イングランドはピックフォードを下げてマッカーシーを投入。さらに58分には、デレ・アリ、リンガード、チルウェルを下げてルーニー、ヘンダーソン、E・ダイアーをピッチに送り出した。 ▽一進一退の展開が続く中、イングランドは71分にチャンス。サンチョのパスをペナルティアーク内で受けたルーニーが切り返しで相手のマークを外して左足を振り抜くが、シュートは相手GKが正面でキャッチ。 ▽すると、イングランドは77分にデルフの左クロスをニアに走り込んだウィルソンが左足で流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。イングランドが新鋭FWウィルソンの代表初ゴールなどで、ルーニーの代表引退試合を勝利で飾った。 ▽イングランドは今後、18日にホームでクロアチアとUEFAネイションズリーグを戦う。 2018.11.16 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニー、代表引退試合でベンチスタートもキャプテン&10番着用

▽DCユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが15日にウェンブリーで行われる国際親善試合のアメリカ代表戦でキャプテンを務め、10番を着用するようだ。 ▽これまで代表通算119試合に出場し、53ゴールを挙げたレジェンドのルーニーは、2016年11月を最後に代表から引退。今回のアメリカ戦が功労者ルーニーの代表引退試合となる。 ▽その試合に向けてサウスゲート監督は「選手たちはウェインが10番を着ることを強く望んでいる。ウェインが後半のどのタイミングで登場するかはわからない。試合の流れがあるからね。あくまで日曜に行われるクロアチア戦に向けての準備が我々の最優先事項だ。とにかく、我々としてはウェインが気持ちよく代表の活動を終えられることを願っている」とルーニーがベンチスタートになることを明かした一方、登場時間は明言しなかった。 ▽また、この試合で先発し、ルーニーが登場するまでキャプテンを務めるMFファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)は次のように語っている。 「イングランド代表に入った時、ウェインがキャプテンを務めていた。彼は僕を歓迎し、ホームのような雰囲気を作ってくれた。彼がピッチに入ったら、すぐに腕章を返したい。明日はウェインにとって素晴らしい夜になるだろう。彼がこれまで果たしてきた貢献に感謝し、尊敬する夜になるね」 2018.11.15 03:18 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース