超ワールドサッカー

コウチーニョが大腿二頭筋損傷で2~3週間の離脱… ウルグアイ&カメルーン戦に向けたブラジル代表の招集も辞退2018.11.09 02:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは8日、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが負傷したことを発表した。▽コウチーニョは6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節のインテル戦(1-1のドロー)に先発出場していた。

▽同試合でフル出場を果たしたコウチーニョだが、8日に受診した検査で左足の大腿二頭筋に小さな裂傷が見つかったという。なお、バルセロナはコウチーニョに関して2~3週間の離脱になると明かしている。

▽これにより、11日に行われるリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦の欠場がを欠場することが決定。また、16日にウルグアイ代表、20日にカメルーン代表との国際親善試合が予定されていたブラジル代表にも招集されていたが、このケガが理由に回避することになった。

コメント

関連ニュース

thumb

クロアチア、イングランドとの大一番を前にラキティッチが離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は16日、バルセロナのMFイバン・ラキティッチがクロアチア代表を離脱したことを発表した。 ▽ラキティッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表戦に先発し、67分に交代していた。フランス『レキップ』によればでん部を痛めたとのことだが、軽症と報じている。クロアチアは18日にイングランド代表とUNL準決勝進出を懸けた大一番を迎える。 ▽なお、バルセロナは代表ウィーク明け、リーガエスパニョーラでアトレティコ・マドリーとの首位攻防戦を控えるが、ラキティッチは直近のベティス戦で退場しているため、出場停止となる。 2018.11.17 02:31 Sat
twitterfacebook
thumb

プジョルからピケへのアドバイス「フットボールに集中すべき」

▽バルセロナのレジェンドである元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏が、現役時代にコンビを組んでいたDFジェラール・ピケにアドバイスを送った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナの下部組織出身のピケは、キャリアの最初期にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したが、2004年から2008年までの在籍期間中にレギュラーを掴むことは叶わず。2008年夏にバルセロナに復帰した。すると、バルセロナではすぐにポジションを確保。当時カピタンを務めていたプジョル氏らとともに強固な守備組織を作り上げた。 ▽現在では、クラブの中でもFWリオネル・メッシやMFセルヒオ・ブスケッツに次ぐ重鎮となっているピケ。しかし、今シーズンは度々失点に絡む軽率なミスを犯すなど、期待値を下回るプレーも多い。 ▽「ピケが好調を取り戻すためにはどうするべきか? 」という質問を受けたプジョル氏は、以下のように語っている。 「ジェラール(・ピケ)が、結局フットボールは24時間働く仕事なんだ、ということに気付いたことが素晴らしいことだと思う」 「真剣にそう思う。皆知っている通り、彼はやっているよ。ジェラールがバルサに戻ってきたことは重要だった。私は本当に1日24時間フットボール生活だったからね」 「でも、リラックスしたり、人生を楽しんだり、良い時間を過ごすことも少し必要なんだ。それは彼が私に教えたことだよ」 「それでも、あの超一流のコンペティションに参加していれば、自身をよく見つめフットボールに集中することが求められるのは事実だ」 「フィットし続けてトップでプレーしたいなら、それがすべきことだよ」 2018.11.16 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサGMがO・デンベレの素行に言及

▽バルセロナのゼネラルマネージャー(GM)を務めるペップ・セグラ氏が、所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)の放出を否定している。イギリス『メトロ』が、スペインのラジオ『SER』での発言を引用して報じた。 ▽遅刻や素行不良が囁かれ、来年1月の移籍が噂されたO・デンベレ。『メトロ』の情報によれば、移籍金8500万ポンド(約123億円)以上でのリバプール、アーセナル行きも取り沙汰されているようだ。 ▽しかし、先日にはO・デンベレの代理人が遅刻や素行不良、移籍を全面否定。さらに、バルセロナ側の大きな決定権を持つセグラGMも「問題ない」と語った。また、セグラGMとジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が代理人と話し合いO・デンベレを残留させるよう決定した、とする報道についても触れている。 「(ウスマーヌ・)デンベレに問題はない」 「私たちは話し合ったし、昨日も丁度3人の別の代理人たちと会ってきた。だが、(様々な噂が立つが)それは正常なことであり、私の仕事の一部だ。自然なことなんだよ」 「デンベレは非常に若く、今直面しているバルサに適応するための努力のようなものはしてこなかった。私たちは、それが彼にとってハードなことだと認識しているし、彼本人もそう思っている。出来るだけ早く状況が変わるように努力しているよ」 ▽今シーズンここまで公式戦15試合6ゴール2アシストを記録しているO・デンベレ。現時点でも上々の成績だが、有無を言わさない更なる活躍で周囲の喧騒を振り払いたいところか。 2018.11.16 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

クロアチアで躍動するU-21スペイン代表MF巡ってクラシコ勃発!

▽ディナモ・ザグレブに所属するU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(20)を巡ってバルセロナとレアル・マドリーによる争奪戦が勃発しているようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 ▽バルセロナのラ・マシア出身の攻撃的MFであるダニ・オルモは、同クラブのトップチームでプレーするU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャと鎬を削ってきた逸材MFだ。しかし、2014年には将来的なトップレベルでの出場機会を求めてクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブに完全移籍。そして、2016年2月にトップチームデビューを飾ると、主力に定着した昨シーズンはリーグ戦26試合に出場し8ゴール6アシストの記録を残した。 ▽その逸材MFには古巣バルセロナを始め、以前からマルセイユやドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ミランなど錚々たるビッグクラブが関心を集めてきた。さらに、ここ最近に入ってマドリーとバイエルンが争奪戦に参戦した模様だ。 ▽ただ、ディナモ・ザグレブはダニ・オルモの移籍金を2500万ユーロ(約32億1000万円)という強気な金額設定にしており、今冬の移籍市場での放出に関しても否定的な構えだ。したがって、本格的な争奪戦に発展するのは来夏になる見込みだ。 2018.11.16 14:11 Fri
twitterfacebook
thumb

566ゴールのメッシが単一クラブでのゴール数歴代2位

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがまた1つ記録を作った。バルセロナ公式サイトが伝えた。 ▽メッシは11日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のレアル・ベティス戦で2ゴールを記録。このゴールにより、バルセロナでの公式戦のゴール数を「566」に伸ばした。なお650試合で達成した。 ▽メッシは、バルセロナのカンテラからトップチームへと昇格。移籍することなく、バルセロナ一筋でプレー。1つのクラブで記録したゴール数で歴代2位となり、バイエルンでプレーした元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏を抜いて2位となった。 ▽なお、1位はサントスでプレーし、神様とも呼ばれている元ブラジル代表FWペレ氏。「643」ゴールを18シーズンで記録している。メッシはあと78ゴールを記録すればペレ氏を抜くことになるが、これまでのペースで行けば早ければ来シーズン中にも抜く可能性がある。 ▽ちなみに、最も多くゴールを決めた相手はセビージャで「32」ゴール。アトレティコ・マドリーの「28」、レアル・マドリーの「26」と続いている。また、アウェイで最もゴールを決めたスタジアムはサンチャゴ・ベルナベウで「15」、ビセンテ・カルデロンで「14」、リアソールで「13」となっている。 ◆リオネル・メッシ ゴール内訳 リーガ・エスパニョーラ…392ゴール チャンピオンズリーグ…105ゴール コパ・デル・レイ…48ゴール スーペル・コパ…13ゴール クラブ・ワールドカップ…5ゴール UEFAスーパーカップ…3ゴール 2018.11.15 12:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース