超ワールドサッカー

C・ロナウド、終盤2失点で逆転負けも1位通過に自信「負けるのは嫌なものだけど…」2018.11.08 13:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループHで首位に立つユベントス(勝ち点9)は7日、第4節でユナイテッド(勝ち点4)をホームに迎えた。引き分け以上でグループ突破が決まるユベントスは、65分にボヌッチからのロングボールをボックス内に走り込んだC・ロナウドが巧みに右足インサイドを合わせて先制点を奪う。しかし、86分にマタの直接FKでユナイテッドに1点を返されると、90分にはヤングのクロスをアレックス・サンドロがオウンゴールをしていまい、わずか4分間で逆転を許し、1-2での逆転負けを喫した。

▽今シーズン初の公式戦黒星を喫したユベントス。試合後、C・ロナウドは改めてCLを勝ち抜く厳しさについて説いた。それでも「負けるのは嫌なものだけど、負けるタイミングとしては良かったかもしれない」と前向きに捉え、1位通過への自信をあらわにしている。クラブ公式サイトが伝えた。

「チャンピオンズリーグは特別な大会だ。勝っている時でも、集中を切らせることはできない。僕たちは90分間試合を支配していた。2、3回大きなチャンスがあったし余裕を持って勝つべき試合だったけど、スイッチが切れてしまった」

「負けるのは嫌なものだけど、負けるタイミングとしては良かったかもしれない。僕たちは優れたチームであり、まだグループの首位にも立っている。1位で通過できることを確信しているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、国内ライバルのローマDFマノラス獲得に興味か

▽ユベントスが、ローマに所属するギリシャ代表コスタス・マノラス(27)の獲得を検討しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽今夏、FWクリスティアーノ・ロナウドをレアル・マドリーから獲得するなど、多くのスター選手を擁しているユベントス。しかし、センターバックの陣容はイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)、元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリ(37)、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(34)、モロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)と、ベテランの域に達している選手ばかりだ。 ▽特にバルザーリは来シーズンには38歳になり、ベナティアは就去が不透明と伝えられており、ユベントスではディフェンスラインの若返りが急務となっている。そこで、候補として挙げられているのがマノラスだ。 ▽守備の要であるマノラスはローマとの契約を2022年まで残しており、国外クラブに限り契約解除金は3600万ユーロ(約46億円)に設定されている。さらに、先日にはローマへの忠誠を示し契約解除条項を設定しない新契約の締結を熱望していることが報じられていた。しかし、未だ契約更新に関する動きはないと伝えられており、不透明な状況が続いている。 ▽マノラスには今夏にもチェルシーが獲得に興味を示していたほか、バイエルンがユベントスと競合する可能性も。来夏の移籍市場での主役候補の1人だと、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は評価している。 2018.11.14 20:44 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、C・ロナウドとサラーを破って2018年『Goal 50』を制す!

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの牙城を崩し、2018年の『Goal 50』を制した。<br><br>2010年にヴェスレイ・スナイデルが受賞したのを最後に、ロナウドとメッシは『Goal』が12カ月ごとに選出する50人のベストプレーヤーのトップを独占。しかし、レアル・マドリーのチャンピオンズリーグ3連覇やクロアチア代表のワールドカップ決勝進出など輝かしい1年を送ったモドリッチが2018年のアワードに輝いた。<br><br>チャンピオンズリーグの得点王としてレアル・マドリーの優勝に一役買ったロナウドは、『Goal 50』の3年連続となる受賞を目指したが、ポルトガルのスーパースターは惜しくも2位。リバプールでセンセーショナルな1シーズンを送ったモハメド・サラーは、アンフィールドでのデビューシーズンながらプレミアリーグ新記録となる32ゴールをマークしたことを評価され、初のトップ3入りを果たす。<br><br>4位に入ったのはキリアン・ムバッペ。ロシア・ワールドカップラウンド16のアルゼンチン代表戦では2ゴールをマークし、メッシに引導を渡すなどフランス代表が優勝したロシアの舞台で脚光を浴びた。リーガ・エスパニョーラ36試合で34ゴールを奪って欧州ゴールデンシューに輝き、国内2冠にバルセロナを導いたメッシは、トップ5をキープした。<br><br><br><br><br><br><br><br>数々のプレミアリーグ記録を打ち立てたマンチェスター・シティの中心選手として活躍したケビン・デ・ブライネが6位に入る。また、ディフェンダーとして最高位となる7位にはラファエル・ヴァラン。レアル・マドリーとフランス代表のセンターバックは、同じ年にチャンピオンズリーグとワールドカップを制した史上4人目の選手となった。<br><br>トッテナムとイングランド代表のストライカー、ハリー・ケインは8位にランクイン。ロシアではゴールデンブーツに輝き、母国を28年ぶりとなるベスト4に導いた。9位にはワールドカップ王者のフランス代表からアントワーヌ・グリーズマンが選出される。そして、チャンピオンズリーグ決勝で2アシストを記録し、ビッグイヤー獲得に貢献したレアル・マドリー左サイドバックのマルセロがトップ10最後の椅子を射止めた。<br><br>『Goal 50』は、年に1度、過去12カ月の活躍に基づいて世界から50人のベストプレーヤーを選出し、ランキングするアワードである。世界42カ国にあるGoalの編集長や記者たちが、ビッグマッチにおけるプレーぶり、前年と比べたパフォーマンスレベルの一貫性、記憶に残る活躍だったかどうか、所属クラブと各国代表での実績を判断し、投票する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.14 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ戦退場のイグアイン、2試合出場停止

▽イタリア『スカイ・スポーツ』は、セリエAがミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに2試合の出場停止処分を科したことを発表したと報じた。 ▽ミランは11日、セリエA第12節でユベントスと対戦。古巣対決となったイグアインは、この一戦に先発するが、0-2のビハインドで迎えた83分にベナティアへのファウルでイエローカードを受けると、主審への抗議で立て続けにイエローカードを受けて退場していた。 ▽これにより、イグアインは2試合出場停止。インターナショナルウィーク明けに行われる25日の第13節ラツィオ戦、12月2日の第14節パルマ戦に出場できない。 2018.11.14 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「失望した」…ミラン主将ロマニョーリ、イグアインを守らず

▽ミランに所属するイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリがアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの愚行を悔いた。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽ミランは、11日にサンシーロで行われたセリエA第12節でユベントスと激突。上位追走のためにも勝ちたい一戦だったが、0-2の完敗を喫した。今夏にユベントスから追い出される形でミランに移籍したイグアインもこの一戦に先発。だが、前半にPKを失敗した挙句、83分に退場処分と散々な結果に終わった。 ▽ミランのキャプテンを務めるロマニョーリは試合後、そのイグアインについて次のように言及。イグアインの非を認め、ドレッシングルームで猛省する様子を明かした。 「彼には失望したよ。でも、彼は自分の間違いを理解している。ドレッシングルームに入ったとき、自分に怒りをぶつける彼の姿を見た。あのような形で試合を終わらせるつもりはなかったのだろう」 2018.11.13 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン若手が痛恨の失態…C・ロナウドとの記念撮影でユーベ選手の裸体が流出

▽ミランのプリマヴェーラに所属するU-20イタリア代表DFラウル・ベラノーヴァが先日のミランvsユベントスの試合後に痛恨の失態を犯してしまった。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽3連勝中で4位に付けるミランと、セリエAで10勝1分けの無敗で首位を快走するユベントスの上位対決は、アウェイのユベントスがFWマリオ・マンジュキッチ、FWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールによって2-0で快勝。一方、敗れたミランは古巣対戦のFWゴンサロ・イグアインがPK失敗に退場と非常に後味の悪い形で試合を終えることに。 ▽だが、試合終了後にイグアイン以上に気まずい思いをすることになったのが、同試合を観戦していたミランのプリマヴェーラのベラノーヴァと、ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニの2選手だった。 ▽ベラノーヴァは同試合後にユベントスのロッカールームを訪れ、憧れのC・ロナウドにツーショット写真を要望。これにC・ロナウドが快く応じてベラノーヴァは目標の記念撮影に成功した。 ▽ここまでは良い話だったが、問題が起きたのは同選手が自身のSNSで友人と当該画像を共有したことだった。実は、C・ロナウドとベラノーヴァはユベントスのロッカールームを背景に写真撮影を行っており、そこにはちょうど全裸でシャワールームに向かうと思われるキエッリーニの姿がハッキリと写ってしまっていたのだ。 ▽ベラノーヴァが冷静にこの事実を認識していれば、友人との画像共有を控えるか、キエッリーニの姿を画像処理でぼかしてから共有するなどのやり方があったと思われるが、18歳という若さに加えて、憧れの人とのツーショット写真に舞い上がった同選手は配慮を欠く形で何の処理も行わないままSNSの大海へと画像を流出させる事態を招いてしまった。その後、ユーザーや関係者の指摘でこの事実に気付いて当該の投稿は削除されたものの、すでにこの画像は世界中に広まることになった。 ▽そして、友人がSNSに画像を投稿したことで大事件のキッカケを作ってしまったベラノーヴァは自身のSNSで公式に謝罪を行った。 「今回の一件に関して深く謝罪します。まず初めにジョルジョ・キエッリーニに謝罪したいです。ただ、今回の出来事は私が意図したものではありませんでした。すべてのフットボールファンに対して、私が偉大なチャンピオン(C・ロナウド)と一緒に写真を撮ったことは認めますが、私自身はSNSにこの写真を投稿していません。もちろん、私自身が犯した過ちで後悔していることは何のチェックもなく友人たちと画像を共有してしまったことです。本当に申し訳ありませんでした」 ▽被害者のキエッリーニにとっては不運極まりないことだが、今回の裸体流出が女性人気の高いFWパウロ・ディバラやDFレオナルド・ボヌッチらではなく、男気満載の同選手だったところが、ややオチのように感じる側面も…。 ◆キエッリーニの裸体が…(ちゃんと隠してます) https://twitter.com/marca/status/1062159189273907201 2018.11.13 13:44 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース