相手の顔面にヒジ打ち…セルヒオ・ラモス「故意ではない」2018.11.08 11:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ビクトリア・プルゼニ戦での“ヒジ打ち”について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。▽マドリーは7日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節でビクトリア・プルゼニと敵地で対戦。試合は5-0でマドリーが勝利したものの、試合中のあるシーンが話題となっている。

▽それは17分、ビクトリア・プルゼニのGKフルシュカの蹴ったロングボールがマドリー陣内に流れ、味方のハヴェルが反応。これに対してマドリーのセルヒオ・ラモスがボールを追いかけると、並走していたハヴェルの顔面に肘が直撃する。ハヴェルはピッチに倒れ込み、鼻からは激しく出血。プレー続行不可能となり、前半途中に退いた。

▽試合後、セルヒオ・ラモスはこの一連の行為について言及し、故意ではなかったことを主張している。

「偶然の出来事だよ。僕に相手をケガさせる意図はないよ。試合後に彼に話をしに行こうと思ったが、いなかった。だからメッセージを残しておいたよ」
コメント
関連ニュース
thumb

モドリッチに更なる名誉…2018年のスポーツ界最優秀男子選手に

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、『インターナショナル・スポーティング・プレス・アソシエーション(AIPS)』が選出する、2018年のスポーツ界全体における最優秀男子アスリートに選ばれた。スペイン『アス』が伝えている。 この賞は87カ国から集まった359人のジャーナリストの投票で決められるもので、モドリッチは、テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチとロジャー・フェデラーを抑えての受賞となった。 同選手は2018年にチャンピオンズリーグ3連覇やワールドカップ準優勝を果たし、バロンドールやUEFAの年間最優秀選手にも選ばれていた。 さらなる名誉を手にしたモドリッチは「僕に投票してくれた人たち全員に感謝したい。特別な名誉だ。本当に嬉しいよ」とコメント。 なお、女性アスリート部門ではアメリカの体操選手、シモーネ・バイルズが最優秀賞に選ばれている。 2019.03.21 18:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに満足感も…ポグバ「マドリーでのプレーは誰にとっても夢」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、レアル・マドリーについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マドリーは今月、今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったことで、サンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任。後任として前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成した同クラブのレジェンドであるジネディーヌ・ジダン監督(46)が約9カ月ぶりに復帰した。 フランス代表として22日のユーロ2020予選グループH第1節のモルドバ代表戦を戦うポグバは、そのマドリーについて問われ、憧れを隠さず。ユナイテッドでの満足感を示しながらも、マドリーでのプレーが「夢」であることを明かした。 「常に言ってきたように、マドリーでプレーすることは誰にとっても夢だよ。世界最大クラブの一つだからね」 「監督にはジダンもいる。それはフットボールが好きな人間からすれば全員が夢見ることだ」 「今、僕はユナイテッドにいる。将来どんなことが待ち受けているかはわからないが、ユナイテッドにいて、幸せだよ」 2019.03.21 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・ヘアとクルトワの大型トレードはなしか

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)とマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)のトレードが行われる可能性はなくなったようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 以前からマドリーが関心を寄せているデ・ヘア。同選手自身もマドリー移籍のためにユナイテッドからの契約延長の打診を断り続けているのではないかと推測されており、果てはデ・ヘアとクルトワのトレードが今夏に成立するという報道まで出ていた。 しかし、今回伝えられるところによると、クルトワはマドリー残留を希望しており、退団するとしてもパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍しか考えていないようだ。 11日にジダン監督の復帰が発表されたマドリーでは、初陣となった16日のリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦は、クルトワではなくGKケイロル・ナバスがゴールマウスを守った。だが、ジダン監督によると、それがナバスが正GKであることを意味するものではないという。 だが、クルトワがナバスとの守護神争いに敗れることになれば、移籍の可能性は一気に高まることになるだろう。 2019.03.20 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、トニ・クロースに100億円超のメガオファー用意か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロース(29)に巨額オファーを用意しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』がスペイン『OK Diario』の情報をもとに伝えている。 今夏の移籍市場もPSGを中心に回るかもしれない。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を目指す同クラブは、マドリーでの大会3連覇を含め、4度の優勝経験を持つクロースの獲得に動いているという。伝えられるところでは、PSGがクロース獲得に用意している移籍金は8000万ユーロ(約101億円)。2014年にバイエルンから加入した際の移籍金がわずか2500万ユーロだった。 PSGはさらに、クロースには現在マドリーから受け取っている1.5倍の年俸も用意しているようで、クラブにも選手にも首を縦に振らざるを得ない甘いオファーを打診している模様だ。 しかし、ここに歯止めをかけそうなのがジネディーヌ・ジダン監督だ。先日マドリーに復帰したジダン監督は、第一次政権時にはクロースを重宝しており、CL3連覇に欠かせない選手だった。 PSGとしては、まずはフランス人指揮官を説得するところから始めなくてはならない。 2019.03.20 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

生きる喜びが帰ってきた…K・ナバスがジダン復帰後の現在の心境を告白

レアル・マドリーに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、ジネディーヌ・ジダン氏が指揮官に戻ってきたことで自身の心境の変化があったことを認めている。フランス『フランス・フットボール』が伝えた。 2014年の加入以降、ラ・リーガやチャンピオンズリーグ(CL)3連覇など、クラブに多大な貢献をしてきたK・ナバスだが、昨年6月に就任したフレン・ロペテギ氏や、同10月から指揮を執っていたサンティアゴ・ソラーリ前監督の下では、新加入GKティボー・クルトワの後塵を拝し、公式戦14試合しか出番は与えれていなかった。 ところが、今月11日にソラーリ前監督が成績不振により解任され、同時にジダン氏が就任したマドリーでは、早速16日のリーグ戦で先発出場。リーグ戦では9試合ぶり4試合目の出場だった。 K・ナバスは今季はここまで苦しい状況だったことを告白。契約は2020年までとなっているが、同じような状況をもう1年過ごすことは考えれなかったようだ。スペイン『Cadena COPE』のインタビューで現在の心境を明かした。 「練習で何をしても、彼(ソラーリ前監督)の下でプレーする機会はないものと思っていた。だが、僕はプロだ。それは僕に与えられた特権で、物事が正しくあるよう努めてきた」 「CLのグループステージでは、彼(ソラーリ前監督)はほとんどの選手に出場の機会を与えていたのに、僕にはそれがなかった。受け入れ難いことだったね。それでもその状況に立ち向かったよ」 「(契約については)僕がここにいる限り続けていく。だけど、同じような1年はもう過ごしたくなかった」 「生きる喜びが帰ってきたよ」 2019.03.20 14:18 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース