負傷者続出もベンフィカがホームでアヤックスとドロー… GS逆転突破へ望みをつなぐ《CL》2018.11.08 07:29 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節のベンフィカvsアヤックスが7日に行われ、1-1の引き分けに終わった。▽敗戦でグループステージ敗退の決まるベンフィカは、0-1と惜敗した前回対戦から先発メンバーを4人変更。セフェロビッチやラファ・シウバ、ピッツィ、コンティに代えてジョナス、セルヴィ、ガブリエウ、ルベン・ジアスを先発で起用した。

▽一方、ここまでグループステージ無敗のアヤックスは、直近のリーグ戦でも2-0と完勝氏好調を維持。そのアヤックスは、前回対戦から先発メンバーを1人のみ変更。ドルベリに代えてネレスを起用した。

▽試合が動いたのは29分、右サイドからサルビオがロングスローを供給すると、距離感の目測を誤って飛び出したGKオナナの脇を抜けたボールをファーサイドのジョナスが胸トラップからのボレーシュートでゴールネットを揺らした。

▽先制を許したアヤックスは、前半アディショナルタイムに決定機。46分、ゴール正面約30mの位置で獲得したFKをシェーネフが直接狙うと、相手GKの弾いたボールをタディッチが押し込むがこれも相手DFがスライディングブロック。さらにこぼれ球に反応したファン・デ・ベークがシュートを狙ったが、このボールはゴール左に逸れた。

▽迎えた後半、ベンフィカは立て続けにアクシデントに見舞われる。48分、前半に左足を負傷していたサルビオがピッチに座り込み交代を要求。さらに55分には左足内転筋を痛めたジョナスが担架でピッチを後にした。

▽すると、満身創痍の相手にアヤックスが襲い掛かる。61分、中盤でボールを受けたジイェフが前線にロングフィードを供給。相手DFの間を抜け出したタディッチが、飛び出したGKをかわしゴールエリア左深くからシュートを流し込み、同点弾を奪った。

▽その後も一進一退の展開が続く中、ベンフィカは後半アディショナルタイムに決定機。95分、ピッツィの右CKでボックス内が混戦となると中央にこぼれたボールをA・アウメイダがシュート。これが相手DFにディフレクトしたこぼれ球をガブリエウが左足で狙ったが、シュートはGKオナナのファインセーブに防がれた。

▽結局、試合は痛み分けのドローで終了した。この結果、アヤックス決勝トーナメント進出は持ち越し、ベンフィカも逆転突破への望みを繋げた。
コメント
関連ニュース
thumb

フレンキー・デ・ヨングってどんな子? 母がバルサ加入決定の息子を語る

アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの母が、息子の性格について明かした。スペイン『マルカ』がオランダ『Telegraaf』を引用して報じている。 2015年から名門アヤックスでプレーするF・デ・ヨング。中盤とセンターバックの複数ポジションをこなし、長短のパスセンスを兼備する将来を嘱望されているプレーヤーだ。今冬の移籍市場では幾多のビッグクラブから注目を集めた中、来シーズンのバルセロナ加入が決定している。 そんなF・デ・ヨングとはどんな人間なのか。同選手の母がエピソードを交えながら語り、息子を誇りに思っていることを明かした。 「バルセロナの選手になったとしても、彼は普通の少年で居続けると思うわ」 「フレンキーは落ち着いていて、思いやりのある子なの。私は息子を誇りに思っているわ。彼が何も考えずに決断するということはないの」 「お金のために決断することはしないわ。いつも何か一歩踏み出す時には数回考えてから決断するの」 「彼が良いフットボーラーであることは重要。でも、良い人間であることがより重要なの。私たちは彼を穏やかで謙虚な人になるよう育ててきたつもりだわ」 「多くの選手たちはタトゥーを入れてたりするわよね。私は息子に『中には年齢を重ねた時に、そのタトゥーが美しく見えないものもある』と言ったの。そしたら息子は笑って『どんなタトゥーも入れるつもりはないよ(笑)』と話していたわ」 2019.03.20 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、来季新指揮官にアヤックスコーチのスロイデル氏が内定! 昨年1月までナーゲルスマン監督の下でコーチを歴任

ホッフェンハイムは19日、現在アヤックスでアシスタントコーチを務めているアルフレッド・スロイデル氏(46)を来季からの新指揮官に迎えることが内定したことを発表した。契約期間は2019年7月1日からの4年間となる。 ホッフェンハイムでは昨年6月に、ここまで3年間に渡ってチームを指揮して2017-18シーズンにはクラブ史上初となるチャンピオンズリーグの出場権獲得に導いたユリアン・ナーゲルスマン監督(31)の今季限りでの退任を発表していた。 そして、その後任に任命されたのは、2015年10月から2018年1月までナーゲルスマン監督の下でアシスタントコーチを務めた経験があるスロイデル氏。 スロイデル氏は今回の発表に際して、ホッフェンハイム公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでの挑戦は私にとってとても魅力的で素晴らしいチャレンジになると思っている。今から本当に楽しみだよ」 「私はホッフェンハイムの監督になることを望んでいた。私のエッセンスを加え、これまで以上の成績残したいと思っている。また、すでにクラブの構造や関係するすべての人々について知っていることもプラスに働くと思っているよ」 現役時代、フェイエノールトででキャリアをスタートさせたスロイデル氏は、トゥベンテやフィテッセなどオランダ国内のクラブで活躍。現役引退後は古巣のフィテッセでアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタートし、2013年2月にトゥベンテの暫定監督に就任すると、一度はアシスタントコーチに戻ったが2014年7月に正式監督に就任し監督業初挑戦。その後はホッフェンハイムとアヤックスでアシスタントコーチを歴任していた。 2019.03.20 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが引き抜きを画策していたオーフェルマルスSD、アヤックスと2024年まで契約延長

アヤックスは18日、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルク・オーフェルマルス氏(45)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 現役時代にウインガーとしてアーセナルやバルセロナ、アヤックスにオランダ代表などで活躍したオーフェルマルス氏は現役引退後、2012年からアヤックスのSDに就任していた。 そのオーフェルマルスSDに対しては、スヴェン・ミスリンタート氏の退団によりSDが不在となっているアーセナルが引き抜きを画策していたと報じられていたが、今回の契約延長により失敗に終わった格好だ。 また、アーセナルはモンチSDにも興味を示していたが、こちらも先日、セビージャへの復帰が決まり、クラブの命運を左右する補強担当が決まらない状況でいる。 2019.03.19 01:53 Tue
twitterfacebook
thumb

来季バルサのアヤックス秀英、CLユーベ戦に強気コメント!

アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングがユベントス戦を心待ちにした。『フットボール・イタリア』が報じた。 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の対戦カードは15日に決定。ベスト16でレアル・マドリーを退けたアヤックスは、ユベントスと対戦する。来シーズンからバルセロナでプレーするデ・ヨングは、抽選結果について次のように言及。ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの対峙に心を踊らせつつ、レアル・マドリーとのベスト16に続く番狂わせに意欲を示した。 「彼らが3-0でアトレティコ・マドリーを倒す姿は観たよ。すごく良い戦いぶりだったね」 「僕が10〜12歳のとき、ロナウドは既に世界最高の選手の1人だった。そんな彼と実際にマッチアップできるのは嬉しいよ」 「ユベントスは突破の期待が集まるチームだけど、レアル・マドリーもそうだった。(アヤックスにも突破の)チャンスはあると思っている」 2019.03.16 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー撃墜のアヤックス逸材がセレソン初招集! 「中国に行ってたら呼ばれなかったかも」

アヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)が代表初招集に喜びのコメントを残した。オランダ『Telegraaf』が報じた。 ネレスは育ったサンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集めた逸材で、2017年冬にアヤックスへ。そのアヤックスで攻撃の要として存在感を際立たせ、先の敵地で行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのレアル・マドリー戦でもチームのベスト8進出に大きく繋がる1得点を記録した。 そのネレスを巡っては今冬、中国屈指のジャイアントクラブである広州恒大から移籍金4500万ユーロ(現レートで約56億3000万円)のオファーを受けたが、最終的にアヤックス残留を決断。その後、負傷離脱したレアル・マドリーに所属するFWヴィニシウス・ジュニオールの代わりとして、8日にネレスの代表招集が決まった。 この1週間で取り巻く環境が大きく一変したネレスは代表招集の電話を受けた当時を次のように回想した。 「携帯に同じ番号の着信が入った後、これが誰からのものなのかを知って、すぐに折り返しの電話をしたのさ。電話の主はあのセレソンの監督だった」 「今週の出来事はすごいことだよ。僕のフットボールキャリア史上最も最高の1週間だったことは明らかさ。中国に行っていたら、今回の追加招集はなかったかもね」 「(中国移籍が実現せず、がっかり?) 僕はアヤックスでプレーしていて、契約もある。常に最善も尽くしてきた。それ以来、多くの物事が変化したよ」 2019.03.12 16:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース