攻撃陣爆発のシティが6発圧勝! しかし、リヨンが10人ホッフェンハイムに土壇場被弾ドローで突破は決まらず…《CL》2018.11.08 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節、マンチェスター・シティvsシャフタールが7日にシティ・オブ・マンチェスターで行われ、ホームのシティが6-0で快勝した。▽折り返しの時点でシティが勝ち点6で首位に立ち、2位にリヨン(勝ち点5)、3位と4位に同じ勝ち点2のシャフタール、ホッフェンハイムが並ぶ予想通りの順位表となっているグループF。

▽前節、敵地でシャフタールに3-0で快勝したシティは以降の公式戦3試合も全勝。トッテナムとの敵地でのリーグ戦を1-0で競り勝つと、直近のサウサンプトン戦は攻撃陣の躍動によって6-1の圧勝。デ・ブライネの再離脱というアクシデントこそあったもののチームとして好調が続く。今週末に宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えるチームは、サウサンプトン戦から先発3人を変更。メンディとアグエロ、ザネに代えてジンチェンコ、マフレズ、ガブリエウ・ジェズスを起用した。

▽立ち上がりからホームチームがボールを握る展開の中で序盤は拮抗した状況が続く。しかし、13分にはボックス右で仕掛けたマフレズが細かい切り返しから利き足とは逆の右足で鋭いクロスを供給。これをゴール前のシルバが冷静にワンタッチで合わせ、シティが幸先良く先制に成功した。

▽この先制点で勢いづくシティは引き続き相手を押し込むと、信じられない形から追加点を奪う。24分、ボックス左で縦に仕掛けたスターリングが地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込む。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告するお人好しな姿は見せず、キッカーのジェズスが冷静に決めて2点目とした。

▽この2点目で完全に主導権を掴んだシティは30分過ぎにもスターリングのスルーパスからジェズスに3点目のチャンスが訪れたものの、相手DFのブロックに阻まれ、前半は2-0のスコアで終了した。

▽しかし、迎えた後半の立ち上がり48分に左サイドのハーフスペースで縦パスを受けたスターリングが相手DF2枚を振り切る力強い突破からペナルティアーク付近で右足の見事なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、開始早々に3点目を奪った。

▽61分にウォーカーを下げてダニーロを投入し、週末のダービーを見据えた戦い方にシフトした中、72分にはボックス内でシルバが相手DFに倒されて今度は正真正銘のPKを獲得。これを再びジェズスが際どいコースに決め切って4点目を奪取した。

▽この4点目で勝利を確信したグアルディオラ監督はシルバとフェルナンジーニョを下げてギュンドアン、デルフを続けてピッチに送り込む。すると、84分にはカウンターから左サイドのスペースに抜け出したギュンドアンのクロスをボックス右で収めたマフレズが右足のシュートを流し込み5点目。

▽さらに試合終了間際には再びカウンターからマフレズのラストパスに抜け出したジェズスがGKとの一対一を制してハットトリックまで達成して見せた。そして、シャフタールを6-0で粉砕したシティが週末のダービーに大きな弾みを付けた。

▽また、同日行われたリヨンvsホッフェンハイムは、2-2のドローに終わった。

▽ホッフェンハイムのホームで行われた前節で壮絶な3-3の打ち合いを演じた両者が、舞台をパルク・オリンピック・リヨンに移して再び対峙した今回の一戦。試合は立ち上がりからリヨンペースで進むと、19分にゴール前の混戦からフェキル、28分にはエンドンベレのミドルシュートが相手DFに当たって大きくコースが変わる幸運な形からホームチームが2点を奪った。

▽そして、リヨンの2点リードで折り返した試合は後半立ち上がりにもホッフェンハイムのDFヌフが2枚目のイエローカードをもらって退場となり、完全にリヨンの流れとなる。

▽しかし、ここから驚異の粘りを見せたホッフェンハイムは65分にクラマリッチのゴールで1点を返すと、試合終盤にかけて決死の猛攻に打って出る。すると、3-3のドローに終わった前回対戦を再現するかのように後半アディショナルタイムに劇的同点ゴールが生まれる。92分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーがニアに鋭いボールを入れると、これをジョエリントンがバックヘッドでファーへとすらす。これにフリーで反応したカデラベクのシュートがゴールネットを揺らし、10人のホッフェンハイムが土壇場でドローに持ち込んだ。

▽この結果、リヨンの勝利で決まるはずだった首位シティの決勝トーナメント進出は次節以降にずれ込む結果になった。
コメント
関連ニュース
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、フェルナンジーニョの後釜確保か…クロアチアの18歳鋭才と契約合意

マンチェスター・シティが、ハイドゥク・スプリトのU-19クロアチア代表MFアンテ・パラヴェルサ(18)と契約合意に達したようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ハイドゥク・スプリトの下部組織出身のパラヴェルサ。ユースリーグのベストプレーヤー賞を獲得したこともあり、今シーズンにトップチームに昇格すると、昨年7月のヨーロッパリーグのスラヴィア・ソフィア戦でデビューを果たした。 セントラルMFを主戦場としており、広い視野と巧みな戦術眼、パサーにもフィニッシャーにもなれる高いキック精度も持ち合わせている。クロアチアリーグでは最も優れたセントラルMFの一人として数えられ、"トニ・クロース2世"と呼ばれている。 また、各年代のクロアチア代表に選ばれており、U-19では直近3試合でキャプテンマークを巻いている。 伝えられるところによると、シティはパラヴェルサをMFフェルナンジーニョの後釜と見ており、700万ポンド(約9億8000万円)の移籍金で獲得合意に至ったという。今シーズンはレンタルという形でハイドゥク・スプリトでプレーを続ける可能性が高いようだ。 2019.01.17 15:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ウエスカ、シティからベネズエラ代表MFエレーラをレンタル! 昨年11月の日本代表戦にも出場

ウエスカは16日、マンチェスター・シティからベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 10代半ばからベネズエラ国内で将来を嘱望される逸材の1人と評されたエレーラは2017年2月にシティに完全移籍で加入。その後、すぐさまシティの姉妹クラブのニューヨーク・シティFCに武者修行に出されて2シーズンで公式戦38試合に出場していた。 また、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017でベネズエラ代表の3位入賞にキャプテンとして大きく貢献した逸材セントラルMFはフル代表でもここまで9試合に出場し1ゴールを記録。昨年11月に行われた国際親善試合の日本代表戦でもプレーしていた。 2019.01.17 00:07 Thu
twitterfacebook
thumb

バランス悪すぎない!? ヤヤ・トゥーレ選出のベストイレブンにファンも困惑

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が選んだベストイレブンのバランスが悪すぎると話題になっている。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 バルセロナやマンチェスター・シティで世界最高峰のミッドフィルダーとして名を馳せたヤヤ・トゥーレ。昨シーズン限りでマンチェスター・シティを退団し、昨年9月からは古巣オリンピアコスに復帰していたが、同年12月11日にオリンピアコスが契約解除を発表。現在は新天地を模索している状況だ。 そのヤヤ・トゥーレは、14日に『Monday Night Football』に出演。番組内では、同選手が共にプレーしたことがある選手の中で選んだベストイレブンが紹介されたのだが、「ストライカーが多すぎる」「今まで見てきたこういうベストイレブンで最悪だ」「ヤヤは大好きだが、監督はやらないほうが良い…」「監督をやってくれ。俺はシーズンチケットを買うぞ」「5歳の子どもが選んだようなチームだ」と多くのファンが困惑する結果に。一体、どんなベストイレブンなんだろうか…。 ◆ヤヤ・トゥーレ選出ベストイレブン GK エデルソン DF ヴァンサン・コンパニ ラファエル・マルケス カルレス・プジョール MF アンドレス・イニエスタ レロイ・ザネ セルヒオ・アグエロ リオネル・メッシ ティエリ・アンリ FW サミュエル・エトー ディディエ・ドログバ 2019.01.16 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「フェルナンジーニョの完璧な後継者になる可能性」…海外メディアがシティ経由蘭行きの板倉滉に注目

『FOXスポーツ』がU-22日本代表DF板倉滉(21)の才能を高く評価している。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。 仙台でクラブ初の天皇杯決勝進出、U-21日本代表ではAFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される板倉は、15日にマンチェスター・シティへの完全移籍が決定。同日にはフローニンヘンへのレンタル移籍が発表された。 『FOXスポーツ』は、板倉を「センターバックもそつなくこなす守備的ミッドフィルダー」と紹介。現在シティが長きに渡ってブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の後釜探しに苦戦していることを指摘し、板倉がオランダで成功を収めることができれば、フェルナンジーニョの「完璧な後継者になるかもしれない」とポテンシャルを高く評価している。 フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は最近、板倉を「中盤で起用することを考えている」とコメント。シティ復帰は厳しい道のりだが、東京五輪での成功や日本代表を目指す板倉にとって大きな挑戦になりそうだ。 2019.01.16 12:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース