超ワールドサッカー

攻撃陣爆発のシティが6発圧勝! しかし、リヨンが10人ホッフェンハイムに土壇場被弾ドローで突破は決まらず…《CL》2018.11.08 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節、マンチェスター・シティvsシャフタールが7日にシティ・オブ・マンチェスターで行われ、ホームのシティが6-0で快勝した。▽折り返しの時点でシティが勝ち点6で首位に立ち、2位にリヨン(勝ち点5)、3位と4位に同じ勝ち点2のシャフタール、ホッフェンハイムが並ぶ予想通りの順位表となっているグループF。

▽前節、敵地でシャフタールに3-0で快勝したシティは以降の公式戦3試合も全勝。トッテナムとの敵地でのリーグ戦を1-0で競り勝つと、直近のサウサンプトン戦は攻撃陣の躍動によって6-1の圧勝。デ・ブライネの再離脱というアクシデントこそあったもののチームとして好調が続く。今週末に宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えるチームは、サウサンプトン戦から先発3人を変更。メンディとアグエロ、ザネに代えてジンチェンコ、マフレズ、ガブリエウ・ジェズスを起用した。

▽立ち上がりからホームチームがボールを握る展開の中で序盤は拮抗した状況が続く。しかし、13分にはボックス右で仕掛けたマフレズが細かい切り返しから利き足とは逆の右足で鋭いクロスを供給。これをゴール前のシルバが冷静にワンタッチで合わせ、シティが幸先良く先制に成功した。

▽この先制点で勢いづくシティは引き続き相手を押し込むと、信じられない形から追加点を奪う。24分、ボックス左で縦に仕掛けたスターリングが地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込む。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告するお人好しな姿は見せず、キッカーのジェズスが冷静に決めて2点目とした。

▽この2点目で完全に主導権を掴んだシティは30分過ぎにもスターリングのスルーパスからジェズスに3点目のチャンスが訪れたものの、相手DFのブロックに阻まれ、前半は2-0のスコアで終了した。

▽しかし、迎えた後半の立ち上がり48分に左サイドのハーフスペースで縦パスを受けたスターリングが相手DF2枚を振り切る力強い突破からペナルティアーク付近で右足の見事なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、開始早々に3点目を奪った。

▽61分にウォーカーを下げてダニーロを投入し、週末のダービーを見据えた戦い方にシフトした中、72分にはボックス内でシルバが相手DFに倒されて今度は正真正銘のPKを獲得。これを再びジェズスが際どいコースに決め切って4点目を奪取した。

▽この4点目で勝利を確信したグアルディオラ監督はシルバとフェルナンジーニョを下げてギュンドアン、デルフを続けてピッチに送り込む。すると、84分にはカウンターから左サイドのスペースに抜け出したギュンドアンのクロスをボックス右で収めたマフレズが右足のシュートを流し込み5点目。

▽さらに試合終了間際には再びカウンターからマフレズのラストパスに抜け出したジェズスがGKとの一対一を制してハットトリックまで達成して見せた。そして、シャフタールを6-0で粉砕したシティが週末のダービーに大きな弾みを付けた。

▽また、同日行われたリヨンvsホッフェンハイムは、2-2のドローに終わった。

▽ホッフェンハイムのホームで行われた前節で壮絶な3-3の打ち合いを演じた両者が、舞台をパルク・オリンピック・リヨンに移して再び対峙した今回の一戦。試合は立ち上がりからリヨンペースで進むと、19分にゴール前の混戦からフェキル、28分にはエンドンベレのミドルシュートが相手DFに当たって大きくコースが変わる幸運な形からホームチームが2点を奪った。

▽そして、リヨンの2点リードで折り返した試合は後半立ち上がりにもホッフェンハイムのDFヌフが2枚目のイエローカードをもらって退場となり、完全にリヨンの流れとなる。

▽しかし、ここから驚異の粘りを見せたホッフェンハイムは65分にクラマリッチのゴールで1点を返すと、試合終盤にかけて決死の猛攻に打って出る。すると、3-3のドローに終わった前回対戦を再現するかのように後半アディショナルタイムに劇的同点ゴールが生まれる。92分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーがニアに鋭いボールを入れると、これをジョエリントンがバックヘッドでファーへとすらす。これにフリーで反応したカデラベクのシュートがゴールネットを揺らし、10人のホッフェンハイムが土壇場でドローに持ち込んだ。

▽この結果、リヨンの勝利で決まるはずだった首位シティの決勝トーナメント進出は次節以降にずれ込む結果になった。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョが世界最高…マラドーナ「ティキ・タカはグアルディオラのものではない」

▽元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の方が、ジョゼップ・グアルディオラ監督よりも優れていると感じているようだ。『YAHOO! SPORT』が伝えている。 ▽現在のプレミアリーグでは、グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティが首位であるのに対し、モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドは8位に甘んじている。 ▽これまで数々のタイトルを獲得してきた名将である両者だが、マラドーナ氏はモウリーニョ監督の方が優れているという持論を展開した。 「私にとってモウがベストだ」 「私でもペップにヨハン・クライフが与えたようなアドバンテージを与えることが出来る。ティキ・タカはグアルディオラのモノではない。クライフが生み出したものだ」 「現在ペップは世界中からどんな選手でも集めることが出来る。そうなればティキ・タカは簡単になる」 「もし再び監督になるとしたら、私は多くのことを学ぶ必要がある。マンチェスターに行ってモウリーニョに色々訪ねるだろう。彼が最高の監督であることは間違いないからね」 2018.11.14 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービーの歓喜の裏で…YouTuberがシティファンによる人種差別被害に

▽マンチェスター・シティのファンによる、ダービー後の差別的発言が問題になっている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽シティは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、3-1で完勝。マンチェスターの街に暮らすサッカーファンの明暗は、次のダービーが来るまでくっきりと分かれることとなった。 ▽しかし、そんな中でも喜び方を間違えてしまったシティのファンが居たようだ。オンラインプラットフォーム『チーキー・スポーツ』で活躍するYouTuberのジョエル・ボヤ氏が、試合後にスタジアム周辺でビデオ撮影を行っていたところ、あるシティのファンが登場。黒人男性である同氏に向けて、「お前のアフリカの家族に金を送ってやるよ」と、差別的発言を投げかけた。 ▽この一連の様子を捉えた動画を、ボヤ氏自身がSNS上に投稿。「完璧な人間は居ないが、美しいフットボールの試合や世間の中でこういったことは看過できない」と非難し、「この問題はクラブの適切な部門に報告させてもらう。完全な調査が行われるだろう」と、男性に対する処分を求めている。 2018.11.14 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

“ジャンケン”の代償は21日間の職務停止…コインを忘れた主審が処分

▽ジャンケンの代償は、21日間の職務停止だった。FA(イングランドサッカー協会)は、デイビッド・マクナマラ主審に対し処分を下した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽事件は10月26日に行われた、マンチェスター・シティvsレディングのFA女子スーパーリーグの一戦で起こった。 ▽試合前の恒例行事であるコイントス。エンドとボールを選択するものだが、通常は主審のコイントスで決定される。 ▽イングランド女子代表でもキャプテンを務める、シティのステフ・ホートンも参加したコイントスだったが、マクナマラ主審が失態。大事なコインを忘れてしまったのだ。 ▽困ったマクナマラ主審は、両キャプテンに「ロック、ペーパー、シザーズ」、いわゆるジャンケンを行わせた。このことが問題となった。 ▽FAのスポークスマンは「FAはデイビッド・マクナマラ主審に21日間の職務停止処分を下す。11月26日から適用される。試合の最大の利益を決める行動をしなかった事を認めたためだ」とコメント。コイントスを行えなかったことで処分が下された。 [※写真はイメージです] 2018.11.14 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

インスが古巣を斬る! 「まるでシティにビビっているような…」

▽マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表MFのポール・インス氏がマンチェスター・ダービーの感想を口にした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ユナイテッドは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・シティと対戦。上位浮上のためにも負けられない一戦だったが、宿敵を相手に立ち上がりから完成度の違いを見せつけられ、1-3の敗北を喫した。 ▽ポール・インス氏は、古巣ユナイテッドを問答無用にぶった斬った。 「彼らはまるでマンチェスター・シティにビビっているようだった。それはあってはならないことだ」 「(モウリーニョの先発メンバー?) デ・ヘア以外、ワールドクラスの選手はいなかったね。マン・シティの方が良い買い物をしている」 「モウリーニョは、たただ金使いが荒いだけさ」 2018.11.13 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アグエロ、新たなマンチェスター・ダービー男に! ルーニーに並ぶ歴代最多8得点

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(30)がマンチェスター・ダービーの歴史に名を刻んだ。 ▽アグエロは11日、エティハド・スタジアムで行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発。48分にスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの肩口をぶち抜くシュートでチーム2得点目をマークした。 ▽その得点は、プレミアリーグのマンチェスター・ダービー通算8ゴール目。データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、元ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーに並ぶ歴代最多得点記録だという。 ▽30歳のアグエロは2011年夏からシティでプレー。シティ在籍8年目の今シーズンは、ここまで出場したプレミアリーグ12試合で得点ランキングトップの8得点を挙げ、全公式戦でも15試合11得点の成績を収めている。 2018.11.12 16:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース