C・ロナウドが移籍後CL初得点も、ユナイテッドが敵地で土壇場逆転劇!ユベントス今季初黒星《CL》2018.11.08 07:04 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ユベントスvsマンチェスター・ユナイテッドが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を収めた。▽ここまで3戦全勝のユベントス。第3節では最少得点での勝利となったものの、ユナイテッド相手にスコア以上の差を見せて見事に勝利を収めた。リーグ戦を見ても好調でここまで10勝1分け。公式戦全体で白星を並べている。引き分け以上でグループ突破が決まる今節、直近のリーグ戦のカリアリ戦からスタメンを4選手変更。ボヌッチやキエッリーニ、ディバラ、C・ロナウドらが先発に名を連ねた。

▽一方、グループステージではここまで1勝1分け1敗のユナイテッドは、前回のユベントス戦の敗戦からリーグ戦では2連勝と立ち直りを見せた。中でもマルシャルは絶好調で、自身キャリア初となるリーグ戦4試合連続ゴール中。リーグのボーンマス戦から先発が2名が変更となったがマルシャルは先発出場。その他、スモーリングやエレーラ、サンチェス、リンガードらが起用された。

▽ファーストシュートはユベントス。5分にディバラの浮き球のパスを収めたC・ロナウドがボックス右からシュートを放つがリンデロフの身体に当たりボールは外へ。

▽ユナイテッドも8分にピッチ中央でC・ロナウドからボールを奪い攻撃に転じる。相手の守備が整う前にマルシャルがボックスの外から狙っていったが、DFのブロックに遭う。

▽その後の主導権はユベントスが握る。ディバラやクアドラードが自由にポジションチェンジし相手の守備をかく乱。前半半ばには、左右に振った後、最後はボックス手前からピャニッチがシュートに持っていく。

▽一方のユナイテッドは前線の機動力を生かして攻撃を仕掛ける。すると30分過ぎにサンチェスがゴール正面でFKを獲得。自ら直接狙ったが壁に激突してしまう。その直後、ユベントスは相手のCKからカウンターに転じ、ケディラがシュートに持ち込むがGKデ・ヘアの正面に。

▽流動的な攻撃を見せるユベントスは34分、ボックス右のクアドラードのシュートがマティッチに当たってゴールに向かうが、守護神デ・ヘアがファインセーブ。さらにその後、C・ロナウドの右からの折り返しをボックス中央のケディラがダイレクトシュート。しかしこれは左ポストに嫌われてしまった。

▽守勢を強いられるユナイテッドは前半終盤にポグバが強引にシュートに持ち込むがノーチャンス。逆にその直後にC・ロナウドに危険な場面を作られたが、前半はなんとか無失点に抑えた。

▽ゴールレスで迎えた後半、まずは絶好調男マルシャルのボックス手前左からのシュートでユナイテッドが先制パンチ。直後にユベントスもボックス右端からディバラが強烈なシュートを放つとこれがクロスバーを直撃。互いにアグレッシブな入りを見せる。

▽後半に入ってユナイテッドも少しずつ盛り返してきたかに思われていたが、迎えた65分、この男がユベントスに得点をもたらす。ボヌッチからのロングボールにC・ロナウドが反応。リンデロフをスピードを振り切り、後方からのボールをダイレクトでインサイドステップで丁寧に合わせてネットを揺らした。

▽新エースのスーパーゴールで先制したユベントスは67分にはピャニッチが決定機を迎えるが、シュートはGKデ・ヘアがファインセーブ。さらに73分にもピャニッチがチャンスになるも、シュートを枠に飛ばすことはできなかった。

▽俄然勢いがついてきたユベントス。74分にはカウンターからクアドラードにビッグチャンス。C・ロナウドからの横パスをダイレクトで狙ったが大きくふかしてしまった。

▽その後、ユナイテッドは先に代えていたラッシュフォードに加えマタとフェライニを投入。するとこの交代が試合を動かす。

▽86分、ユナイテッドはボックス手前左よりの位置でFKを獲得。これをマタが直接決めて、土壇場で同点に追いついた。

▽だが、試合はこれで終わりではなかった。後半アディショナルタイムに突入する90分、敵陣左サイドでFKを獲得したユナイテッド。ヤングが右足でゴール前に放り込むと、これがゴール前の混戦でアレックス・サンドロのオウンゴールを誘いアウェイのユナイテッドが逆転に成功した。

▽劇的な幕切れとなった試合は、試合後にモウリーニョが軽く一悶着を起こすシーンもあったものの、見事な逆転劇を演じたユナイテッドがユベントスに今季の公式戦初黒星を与えた。

▽グループHのもう一試合、バレンシアvsヤング・ボーイズの一戦は、3-1でバレンシアが勝利した。

▽試合はサイドを主体に攻めるバレンシアが先制する。14分、味方とのコンビネーションから右サイドを突破したソレールがクロスを送ると、これが左ポストを弾いてゴール前へ。そのボールにいち早く反応したサンティ・ミナが押し込んで幸先の良いスタートを切った。

▽バレンシアは37分にエンサメにGKの股を抜かれ一時同点に追い付かれるも、その5分後に再び右サイドからソレールのクロスにサンティ・ミナが飛び込んで追加点。1点リードで後半へ向かった。

▽後半開始早々にバレンシアが3点目を記録する。56分、ゴールキックを繋いだバレンシアは、ロドリゴ・モレノのパスからソレールが右サイドを突破。ボックス右に侵入し、そのままゴールに流し込んだ。

▽その後はバレンシアが試合の主導権を握り相手の反撃を許すことなく試合終了。

▽この結果、グループHは勝ち点「9」でユベントスが首位、同「7」でユナイテッド、同「5」でバレンシアが続き、ヤング・ボーイズは勝ち点「1」で決勝トーナメント進出の可能性は潰えた。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシとロナウドどっちが上? モウリーニョ「真に称賛に値することは…」

ジョゼ・モウリーニョ氏が、サッカー界のお馴染みの質問に自身の見解を示している。イギリス『メトロ』が伝えた。 現在のサッカー界では、「リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのどちらが上か」という質問がインタビューや対談でお馴染みになっている。どちらの選手もここ10年間はお互いしか比較対象がいない程の活躍を継続しており、まさに甲乙つけ難い二者択一だ。 これまで数々の選手や監督たちが自信の考えを示してきたが、昨年末にマンチェスター・ユナイテッドを去ったモウリーニョ氏は、その問い自体がナンセンスだと主張している。 「片方がもう一方よりも優れていると誰かが話すのは、どちらにもアンフェアだと思う」 「メッシと(クリスティアーノ・)ロナウドについて君に聞かれたけど、その選手たちを比較するのはあんまりにもだと思う。私が唯一言えることは、ロナウドを側に置けた自分が幸せな男だったということだけだ」 「メッシと対戦しなければならなかった時、ロナウドとも数回あったが、私はチームが成功するチャンスを確保するために多くのことを考えなくてはならなかった」 「真に称賛に値することは、トップに留まっている年数だ。一度勝つことはできる。勝利して、勝利して、勝利して、勝利して、勝利し続けることは遥かに困難だ」 「この2人は10年間もその域にいる。彼らに関する全てのことは本人たちが十分か決める。他の人たちはハードルを上げることができるがね」 2019.01.19 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

イグアインがロンドンへ 19日アーセナル戦でチェルシーデビューか

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍が間近の様相だ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、イグアインは18日にもチェルシー移籍に向け、ロンドン入りし、メディカルチェックへ。ユベントスとの話もまとまっており、契約書にサインを交わすのみだという。 また、イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』もイグアインのチェルシー移籍を報道。19日に行われるプレミアリーグ第23節のアーセナル戦に間に合わせるべく、締め切りの18日午後12時までにメンバー登録したい模様だ。 なお、チェルシーとユベントスは、3200万ポンド(約45億4000万円)の買取オプションが付随したレンタルで合意。イグアインはチェルシーで週給15万ポンド(約2100万円)の契約を結ぶとみられる。 2019.01.18 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ラムジーがユベントスと事前契約 英有力メディア報じる

イギリス『スカイ・スポーツ』は17日、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)のユベントス移籍を報じた。 アーセナルとの延長交渉の決裂により、今シーズン終了後にフリーの身となるラムジー。パリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンがラムジーに目を光らせてきたが、ユベントス移籍が決定的な様相だ。 渦中のラムジーは先週末にシーズン終了後のユベントス加入に向け、メディカルチェックを受診。事前合意に達したとみられ、2月にも獲得の公式発表される見通しだという。 ラムジーは2008年夏、アーセナルに入団。3度のFAカップ制覇を誇り、プレミアリーグ通算253試合53得点を記録している。 2019.01.18 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーのイグアイン獲得報道で、モラタのアトレティコ移籍が加速

チェルシーを巡るストライカーの去就が慌ただしくなっている。 先日、チェルシーのミラン所属アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得合意報道が流れた。昨夏から興味を示していたマウリツィオ・サッリ監督の愛弟子の獲得にようやく漕ぎ着けた模様だ。 一方で、イグアインのスタンフォード・ブリッジ到着は、現チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの出発も意味している。イギリス『スカイ・スポーツ』は、イグアインの所属先であるユベントスとチェルシーは、1年間の延長オプション付きの今季いっぱいまでのレンタルで合意したと報道。同時に、以前から噂が上がっていたモラタのアトレティコ移籍に拍車がかかると見込んでいる。 同選手にはセビージャやバルセロナからの関心も伝えられていたが、ここにきてアトレティコがポールポジションに立った模様。交渉も順調に進んでいるようだ。 2017年夏に7000万ポンド(現在のレートで約98億円)の移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに移籍したモラタ。しかし、その高額は移籍金とは裏腹に、プレミアリーグのスタイルに馴染めず、今季もここまで16試合で5ゴールと結果を残せていない。 果たしてモラタはユース時代を過ごした古巣で輝きを取り戻すことはできるのだろうか。チェルシーを巡るストライカーの玉突き移籍が刻一刻と迫っている。 2019.01.17 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

自身の決勝弾でユベントス加入後初タイトル…C・ロナウド「2019年で良いスタートを切りたかった」

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、移籍後初タイトルに歓喜した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ユベントスは16日、スーペル・コッパ・イタリアーナ2018でミランと対戦。サウジアラビアのジッダで行われた2017-18シーズンのセリエA王者ユベントスと、コッパ・イタリア準優勝チームのミランによる一戦は、61分にピャニッチの浮き球パスに反応したC・ロナウドが頭で流し込んで先制した。 その後、ベンタンクール、ドグラス・コスタと2人の負傷者を出し、ケシエの退場によって10人での戦いを強いられていたミランに押し込まれる展開となったが、最後まで守り切り、1-0でユベントスが3年ぶり最多8度目の優勝を果たした。 ユベントス加入後、初のタイトル獲得となったC・ロナウドは試合後、「2019年で良いスタートを切りたかった」と語り、自身の決勝ゴールで手にした優勝を喜んだ。 「とても難しいゲームだった」 「それに非常に暑かったね。このような環境でのプレーは難しいものだ」 「それでも僕らはとても良いプレーをし、優勝することができた。決勝点を決めることができてとても幸せに思うよ。これが僕が望んでいたものだ」 「2019年で良いスタートを切りたかったんだ。ユベントスで最初のタイトルを獲得できてとても満足しているよ」 2019.01.17 11:20 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース