超ワールドサッカー

C・ロナウドが移籍後CL初得点も、ユナイテッドが敵地で土壇場逆転劇!ユベントス今季初黒星《CL》2018.11.08 07:04 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ユベントスvsマンチェスター・ユナイテッドが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を収めた。▽ここまで3戦全勝のユベントス。第3節では最少得点での勝利となったものの、ユナイテッド相手にスコア以上の差を見せて見事に勝利を収めた。リーグ戦を見ても好調でここまで10勝1分け。公式戦全体で白星を並べている。引き分け以上でグループ突破が決まる今節、直近のリーグ戦のカリアリ戦からスタメンを4選手変更。ボヌッチやキエッリーニ、ディバラ、C・ロナウドらが先発に名を連ねた。

▽一方、グループステージではここまで1勝1分け1敗のユナイテッドは、前回のユベントス戦の敗戦からリーグ戦では2連勝と立ち直りを見せた。中でもマルシャルは絶好調で、自身キャリア初となるリーグ戦4試合連続ゴール中。リーグのボーンマス戦から先発が2名が変更となったがマルシャルは先発出場。その他、スモーリングやエレーラ、サンチェス、リンガードらが起用された。

▽ファーストシュートはユベントス。5分にディバラの浮き球のパスを収めたC・ロナウドがボックス右からシュートを放つがリンデロフの身体に当たりボールは外へ。

▽ユナイテッドも8分にピッチ中央でC・ロナウドからボールを奪い攻撃に転じる。相手の守備が整う前にマルシャルがボックスの外から狙っていったが、DFのブロックに遭う。

▽その後の主導権はユベントスが握る。ディバラやクアドラードが自由にポジションチェンジし相手の守備をかく乱。前半半ばには、左右に振った後、最後はボックス手前からピャニッチがシュートに持っていく。

▽一方のユナイテッドは前線の機動力を生かして攻撃を仕掛ける。すると30分過ぎにサンチェスがゴール正面でFKを獲得。自ら直接狙ったが壁に激突してしまう。その直後、ユベントスは相手のCKからカウンターに転じ、ケディラがシュートに持ち込むがGKデ・ヘアの正面に。

▽流動的な攻撃を見せるユベントスは34分、ボックス右のクアドラードのシュートがマティッチに当たってゴールに向かうが、守護神デ・ヘアがファインセーブ。さらにその後、C・ロナウドの右からの折り返しをボックス中央のケディラがダイレクトシュート。しかしこれは左ポストに嫌われてしまった。

▽守勢を強いられるユナイテッドは前半終盤にポグバが強引にシュートに持ち込むがノーチャンス。逆にその直後にC・ロナウドに危険な場面を作られたが、前半はなんとか無失点に抑えた。

▽ゴールレスで迎えた後半、まずは絶好調男マルシャルのボックス手前左からのシュートでユナイテッドが先制パンチ。直後にユベントスもボックス右端からディバラが強烈なシュートを放つとこれがクロスバーを直撃。互いにアグレッシブな入りを見せる。

▽後半に入ってユナイテッドも少しずつ盛り返してきたかに思われていたが、迎えた65分、この男がユベントスに得点をもたらす。ボヌッチからのロングボールにC・ロナウドが反応。リンデロフをスピードを振り切り、後方からのボールをダイレクトでインサイドステップで丁寧に合わせてネットを揺らした。

▽新エースのスーパーゴールで先制したユベントスは67分にはピャニッチが決定機を迎えるが、シュートはGKデ・ヘアがファインセーブ。さらに73分にもピャニッチがチャンスになるも、シュートを枠に飛ばすことはできなかった。

▽俄然勢いがついてきたユベントス。74分にはカウンターからクアドラードにビッグチャンス。C・ロナウドからの横パスをダイレクトで狙ったが大きくふかしてしまった。

▽その後、ユナイテッドは先に代えていたラッシュフォードに加えマタとフェライニを投入。するとこの交代が試合を動かす。

▽86分、ユナイテッドはボックス手前左よりの位置でFKを獲得。これをマタが直接決めて、土壇場で同点に追いついた。

▽だが、試合はこれで終わりではなかった。後半アディショナルタイムに突入する90分、敵陣左サイドでFKを獲得したユナイテッド。ヤングが右足でゴール前に放り込むと、これがゴール前の混戦でアレックス・サンドロのオウンゴールを誘いアウェイのユナイテッドが逆転に成功した。

▽劇的な幕切れとなった試合は、試合後にモウリーニョが軽く一悶着を起こすシーンもあったものの、見事な逆転劇を演じたユナイテッドがユベントスに今季の公式戦初黒星を与えた。

▽グループHのもう一試合、バレンシアvsヤング・ボーイズの一戦は、3-1でバレンシアが勝利した。

▽試合はサイドを主体に攻めるバレンシアが先制する。14分、味方とのコンビネーションから右サイドを突破したソレールがクロスを送ると、これが左ポストを弾いてゴール前へ。そのボールにいち早く反応したサンティ・ミナが押し込んで幸先の良いスタートを切った。

▽バレンシアは37分にエンサメにGKの股を抜かれ一時同点に追い付かれるも、その5分後に再び右サイドからソレールのクロスにサンティ・ミナが飛び込んで追加点。1点リードで後半へ向かった。

▽後半開始早々にバレンシアが3点目を記録する。56分、ゴールキックを繋いだバレンシアは、ロドリゴ・モレノのパスからソレールが右サイドを突破。ボックス右に侵入し、そのままゴールに流し込んだ。

▽その後はバレンシアが試合の主導権を握り相手の反撃を許すことなく試合終了。

▽この結果、グループHは勝ち点「9」でユベントスが首位、同「7」でユナイテッド、同「5」でバレンシアが続き、ヤング・ボーイズは勝ち点「1」で決勝トーナメント進出の可能性は潰えた。

コメント

関連ニュース

thumb

ピャニッチが筋肉負傷で一足早くユーベに帰還、スペインとの親善試合を欠場

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが負傷を受けて一足早くユベントスに帰還することになった。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ピャニッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ3のオーストリア代表戦で先発。87分に交代していた。同メディアによれば足の筋肉を痛めたとのことだ。なお、オーストリア戦を0-0で引き分けたボスニア・Hはグループ首位を確定させ、リーグAへの昇格を決めている。そのボスニア・Hは18日にスペイン代表との国際親善試合を戦う予定となっている。 ▽代表ウィーク明け、ユベントスはセリエAでSPAL戦を戦った後、チャンピオンズリーグでバレンシアと戦うが、代えの利かないピャニッチを起用することはできるだろうか。 2018.11.17 00:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ディバラ、ユーベ退団に興味なし「移籍市場のことは何も考えていない」

▽ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、自身の将来について言及した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2015年夏にパレルモからユベントスに加入したディバラ。以降、3度のセリエA制覇や3度のコッパ・イタリア制覇に貢献するなどエースの地位を確立していた。今シーズンは開幕当初こそレアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの影響もあり、その地位が微かに揺れたが、ここまで公式戦14試合6ゴールと立て直している。 ▽そんなディバラは、これまで欧州複数クラブから注目を集めており、最近では特にマンチェスター・ユナイテッドが強い関心を示している。一時はユナイテッドが今冬の移籍市場でフランス代表MFポール・ポグバ(25)とのトレードを画策していることも伝えられたが、ディバラ自身にユベントスを離れる気はないようだ。 「移籍市場のことは何も考えていないよ」 「今僕はユベントスで本当に幸せだ。今フォーカスしていることは、すべてのタイトルをここで勝ち取るということだ」 2018.11.16 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

2年間の交際経てゴールイン! C・ロナウドがついにプロポーズ

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、パートナーのジョージナ・ロドリゲスさんにプロポーズをしたようだ。スペイン『アス』が、ポルトガル『コレイオ・デ・マヌハ』の報道を基に伝えた。 ▽約2週間のナショナルウィークをロンドンで過ごしているC・ロナウド。テニスのATPファイナルやロイヤルオペラハウスを訪れ、2年間交際が続いているロドリゲスさんと休暇を満喫している様子が伝えられていた。 ▽そして、どうやらC・ロナウドはこの小旅行を大きな節目としていたようだ。『コレイオ・デ・マヌハ』によると、14日に長男クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君も含む3人でディナーを楽しんだC・ロナウドは、ロドリゲスさんへのプロポーズを敢行。返事は、ポジティブなものだったようだ。なお、詳細はごく一部にしか明かされていないが、結婚式は近日中に行われるものと見られている。 ▽C・ロナウドとロドリゲスさんは、2年前にパリのディズニーランドを訪れた際に交際を公表。その後に2人の間に生を受けたアラナ・マルティナちゃんは、先日1歳の誕生日を迎えたばかり。C・ロナウドは、代理母出産によりマルティナちゃんの他に3人の子供を授かっているが、結婚歴はなく、“パパ”ではなく“夫”になるのは今回が初めてだ。 2018.11.16 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マテュイディ、フランス代表の神童ムバッペに「このまま立ち止まるな」

ユベントスのMFブレーズ・マテュイディが記者会見で、フランス代表でチームメイトのFWキリアン・ムバッペについて語った。<br><br>フランス代表は欧州で行われているUEFAネーションズリーグで、リーグAのグループ1に所属。オランダとドイツという強豪国と同居するグループに入っているが、2試合を終えた時点でフランスがグループ首位に位置している。<br><br>マテュイディは16日に控えたオランダ戦を前に、ロシア・ワールドカップでフランスの優勝に大きく貢献した19歳のFWについて「このまま立ち止まるな」と語った。<br><br>「彼は多くの才能を持った素晴らしいプレーヤーだ。優れた選手は素晴らしいパーソナリティを持っている。ズラタン(イブラヒモビッチ)からもそれを感じたよ。クリスティアーノ(ロナウド)や(リオネル)メッシにも同じことが言えるね」<br><br>「キリアンはより優れた選手に進化するだろう。彼は大きなことを成し遂げてきた。彼のような選手がフランスには必要なんだ。だから、このまま立ち止まるなって僕は促しているよ」<br><br>また10月にドイツを3-0で下したオランダに警戒を強めている。<br><br>「僕らはよく守らないといけなくなると思うよ。オランダはドイツ相手に3点を奪ったんだ。ボールをキープし、相手にプレーさせないようにする。相手は危険なチームだが、フランスも危険さ。僕らの才能溢れるプレーヤーが彼らを困らせるだろうね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.15 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜探しに奔走…有力候補は3人か

▽ユベントスがブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)の後釜探しに奔走しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽ユベントスは現在左サイドバックで地位を確立しているアレックス・サンドロとの契約延長難航が伝えられている。2020年6月まで契約を残しているものの、すでに後任確保に向けて動いている様子だ。 ▽有力候補筆頭はその噂がかねてより伝えられているレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロだ。同メディアによると、マルセロ(30)は引き続きポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの再会を希望。しかし、獲得には最低でも5000万ユーロ(約64億円)が必要とみられている。 ▽また、ユベントスはバルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)と、ベンフィカに所属するスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(23)もリストアップしている模様。ジョルディ・アルバのバルセロナとの現行契約は、アレックス・サンドロ同様2020年6月まで。しかし、バルサは2016年12月を最後に契約延長への動きを見せていない。 ▽グリマルドはバルセロナ下部組織出身選手。今シーズンはここまで公式戦18試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。 2018.11.15 10:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース