墜落事故後初のホーム戦臨むレスター、カサビアンのあの名曲は自粛2018.11.08 02:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティは10日、本拠地キング・パワー・スタジアムでプレミアリーグ第12節バーンリー戦を戦う。だが、同試合で地元出身の世界的ロックバンド『カサビアン』のあの名曲が鳴り響くことはないようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。▽レスターでは10月27日にホームで行われたウェストハム戦後、ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長ら搭乗者5名を乗せたヘリコプターがスタジアム近くの駐車場に墜落し、搭乗者全員が死亡する悲劇的な事故に見舞われた。

▽そして、先月30日にスタジアムでの追悼セレモニーを行い、今月3日のカーディフ戦後には選手や監督を含むクラブ関係者一同がタイのバンコクで行われたスリヴァッダナプラバ会長の葬儀に参列。悲しみに暮れるチームは10日、悲劇に見舞われたキング・パワー・スタジアムで事故後、初めてのリーグ戦に臨む。

▽このバーンリー戦に向けては様々な追悼の催しが行われる予定だが、故人への配慮からお馴染みの名曲が自粛される模様だ。

▽通常、キング・パワー・スタジアムでレスターの選手がゴールを決めた場合、地元出身でレスターファンを公言する世界的ロックバンド『カサビアン』の名曲『Fire』が流されることになっている。

▽しかし、『Fire』はそのタイトルに加え、歌詞の中に「I'm on fire(私は火の中にいる)」という一節があり、この一節が墜落事故を想起させることが懸念されており、クラブは故人たちへの配慮から今回の試合ではゴールセレブレーションを行わないことを決めたようだ。

▽事故を目撃した守護神カスパー・シュマイケルを始め、心に深い傷を抱えるレスターの人々に対して、細やかな気配りが必要な状況だが、いつの日かこの苦難を乗り越えて再びキング・パワー・スタジアムにカサビアンの名曲が鳴り響く時を待ちたい。
コメント
関連ニュース
thumb

レスターMFマーク・オルブライトンが2022年までの新契約締結! 「全くもって簡単だった」

レスター・シティは18日、イングランド人MFマーク・オルブライトン(29)との契約を2022年6月まで更新したことを発表した。 オルブライトンは、2014年夏にアストン・ビラを退団してレスターに加入。そして、2015-16シーズンには卓越した走力と献身的な守備、正確なクロスを武器に左サイドハーフのレギュラーとしてプレミアリーグ全試合に出場し、奇跡の初優勝の立役者の一人になっていた。 今シーズンもここまでの公式戦26試合に出場し、3ゴール4アシストを記録。また、レスター通算では公式戦177試合に出場し13ゴール30アシストの成績を残している。 「(新契約へのサインは)全くもって簡単だったよ。レスターが僕にオファーをしてきて、僕はいつでもサインするつもりだった。ここで楽しい時間を過ごしてきているし、このまま続くといいね」 「最初にサインした時、僕はドレッシングルームやクラブそのもの、ファンのグループを、どんな種類のクラブなんだろうという観点で眺めたんだ」 「その時はファミリークラブで、今でもファミリークラブだ。全ての点で僕に合っている。人としても本当にフィットするし、完全に僕にぴったりだよ」 2019.01.18 19:40 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎レスターが監督交代を考慮か…候補は元リバプールのブレンダン・ロジャーズ

レスター・シティが、ブレンダン・ロジャーズ監督(45)の招へいを考慮しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 プレミアリーグでは第22節を終えて8位に位置しているレスター。昨年末にはチェルシーとマンチェスター・シティ相手に連勝を収めたものの、公式戦ここ4試合で3敗。FAカップではフットボールリーグ2(イングランド4部相当)のニューポート・カウンティに敗れ、一昨年10月に就任したクロード・ピュエル監督への風当たりが日に日に強くなっている。 8位という状況から即刻解任はないとされていたが、最近の成績を受けてレスター幹部は監督交代の算段立てている模様。その候補に挙がっているのが、セルティックで指揮を執るロジャーズ監督だ。 北アイルランド人指揮官は2016年夏にセルティックに就任すると、そのシーズンにスコティッシュ・プレミアシップでは1898-99シーズンのレンジャーズ以来となる無敗優勝を達成。昨季も優勝に導き、セルティックはリーグ7連覇を果たした。今季もここまで13勝3分け4敗で首位に立っている。 ロジャーズ監督には、現在ラファエル・ベニテスが監督を務めるニューカッスルも関心を示しているとされ、昨夏には中国からのオファーもあった模様。同監督はセルティックと2021年まで契約を残しているが、新たな挑戦に踏み出すことになるのだろうか。 また、監督交代となれば、退団を希望していると噂されるFW岡崎慎司の去就にも影響が出てくるが、果たして。 2019.01.16 14:06 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司、レスター退団を希望か ハダースフィールド筆頭プレミア複数クラブが興味?

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司(32)が、退団を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2015年6月にレスターに加入した岡崎。同シーズンには豊富な運動量でクラブ史上初のプレミアリーグ優勝に貢献したが、今シーズンはここまでリーグ戦での出場時間はわずか169分と激減。この状況に岡崎はレスター退団を希望しているという。 伝えるところによると、岡崎にはハダースフィールドを筆頭に複数のプレミアリーグクラブが獲得に興味。しかし、レスター側はFWの選手層が十分ではないことから今冬での放出を避けたいと考えているようだ。 2019.01.15 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎と吉田不在の対決は10人のセインツが逃げ切り勝利で降格圏脱出《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、レスター・シティvsサウサンプトンが12日に行われ、1-2でサウサンプトンが勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ外、サウサンプトンのDF吉田麻也はアジアカップ参戦中のため欠場となった。 新年初戦の前節エバートン戦を1-0と勝利して7位に浮上したレスター(勝ち点31)は、直近のFAカップで4部相手に先発しながらもチャンスを決めきれなかった岡崎がベンチ外となった。 一方、前節チェルシー戦を吉田の活躍もあってゴールレスドローに持ち込んだ18位サウサンプトン(勝ち点16)は、吉田がアジアカップ参戦中のため欠場となった。 日本人が不在となった一戦は、アームストロングが序盤に際どいシュートを2本放つなどサウサンプトンが良い入りを見せると、10分にPKを獲得した。ロングがボックス左に侵入したところでメンディに倒された。このPKをワード=プラウズが決めてサウサンプトンが先制した。 失点を受けて前がかるレスターに対し、シュートを打たせないサウサンプトンは28分に追加点のチャンス。しかし、CKからスティーブンスの放ったヘディングシュートはGKシュマイケルにセーブされた。 すると35分、レスターに同点のチャンス。FKの流れからルーズボールをボックス左のモーガンがプッシュ。しかし、ゴールライン前に戻ったベドナレクに決死のクリアで阻まれた。 だが45分、レスターは数的優位となる。チルウェルと再三やりあってイエローカードを受けていたヴァレリがオルブライトンを倒して2枚目のイエローカードを受け、退場となった。 ところが追加タイム2分、10人のサウサンプトンがロングの今季初ゴールで加点する。ロングボールを収めたロングがメンディとの競り合いを制してボックス左に侵入。ゴール右にシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。 後半からメンディとオルブライトンに代えてグレイとバーンズを投入したレスターは開始4分、マグワイアのミドルシュートでGKを強襲。続く52分にもマディソンもミドルシュートでGKを強襲したレスターが攻勢に出ると、58分に1点差に詰め寄った。 リカルド・ペレイラが右サイドゴールライン際までえぐって折り返したクロスをエンディディが身体で押し込んだ。 その後もレスターが攻勢に出る中、76分にチョーダリーに代えてゲザルを投入し、3枚の交代枠を使い切った。そのレスターが終盤にかけても押し込む流れが続いたが、決定的なチャンスは作れずに1-2で敗戦。 一方、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にしたサウサンプトンは17位に浮上し、降格圏を抜け出している。 2019.01.13 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

思わぬ形で発表? レスター奇跡の優勝を含む3度優勝の元ドイツ代表DFフートが現役引退

チェルシー、そしてレスター・シティでプレミアリーグを制したことがある元ドイツ代表DFロベルト・フート(34)が引退を発表した。自身のツイッター(@robert_huth)で明かした。 フートはウニオン・ベルリンの下部組織から、チェルシーの下部組織へと入団。2003年7月にトップチームへと昇格していた。しかし、ジョン・テリー、ウィリアム・ギャラす、リカルド・カルバーリョとチェルシーの厚いセンターバックの層の前に控えに回り、満足いく出場機会は得られず。それでも、パワープレー要員や守備固めとして起用され、2005年、2006年にはプレミアリーグ優勝を経験。しかし、2006年にミドルズブラへと完全移籍した。 移籍したミドルズブラでは、ケガの影響もありレギュラーとしてプレーはできず。2009年にストーク・シティへと移籍すると、その強靭な肉体を生かしてレギュラーに定着。2015年にはレスター・シティへ完全移籍すると、センターバックとしてチームを支え、奇跡のプレミアリーグ優勝に貢献。しかし、2017-18シーズン限りで退団していた。 その後は無所属状態が続いていたフートだったが、フリーの選手として移籍の噂が絶えず。すると11日にエージェントを務めるジョン・ハリオット氏がツイッター(@JHFootballAgent)で「フートと代理人はダービーに加入するため、18カ月間の契約に合意した。フランク・ランパードとダービーの幹部は1月18日までにサインしてもらいたいと伝えた。条件面ではフートとクラブが合意している」とツイートしていた。 しかし、このツイートに対して、フートが自身のツイッターで反論。「書いてあるような事実はない。僕は引退しました!」とコメントし、思わぬ形で現役引退を明かすこととなった。 フートはプレミアリーグで323試合に出場し21ゴール12アシストを記録。FAカップで35試合に出場し6ゴール、EFLカップで14試合に出場。欧州の舞台では、チャンピオンズリーグでは16試合に出場、ヨーロッパリーグで8試合に出場していた。また、ドイツ代表としては19試合に出場し2ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップのメンバーに選ばれ、1試合でプレーしていた。 2019.01.12 18:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース