墜落事故後初のホーム戦臨むレスター、カサビアンのあの名曲は自粛2018.11.08 02:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティは10日、本拠地キング・パワー・スタジアムでプレミアリーグ第12節バーンリー戦を戦う。だが、同試合で地元出身の世界的ロックバンド『カサビアン』のあの名曲が鳴り響くことはないようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。▽レスターでは10月27日にホームで行われたウェストハム戦後、ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長ら搭乗者5名を乗せたヘリコプターがスタジアム近くの駐車場に墜落し、搭乗者全員が死亡する悲劇的な事故に見舞われた。

▽そして、先月30日にスタジアムでの追悼セレモニーを行い、今月3日のカーディフ戦後には選手や監督を含むクラブ関係者一同がタイのバンコクで行われたスリヴァッダナプラバ会長の葬儀に参列。悲しみに暮れるチームは10日、悲劇に見舞われたキング・パワー・スタジアムで事故後、初めてのリーグ戦に臨む。

▽このバーンリー戦に向けては様々な追悼の催しが行われる予定だが、故人への配慮からお馴染みの名曲が自粛される模様だ。

▽通常、キング・パワー・スタジアムでレスターの選手がゴールを決めた場合、地元出身でレスターファンを公言する世界的ロックバンド『カサビアン』の名曲『Fire』が流されることになっている。

▽しかし、『Fire』はそのタイトルに加え、歌詞の中に「I'm on fire(私は火の中にいる)」という一節があり、この一節が墜落事故を想起させることが懸念されており、クラブは故人たちへの配慮から今回の試合ではゴールセレブレーションを行わないことを決めたようだ。

▽事故を目撃した守護神カスパー・シュマイケルを始め、心に深い傷を抱えるレスターの人々に対して、細やかな気配りが必要な状況だが、いつの日かこの苦難を乗り越えて再びキング・パワー・スタジアムにカサビアンの名曲が鳴り響く時を待ちたい。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズがレスター撃破でCLドルト戦に弾み付ける4連勝! 守護神ロリスのPKストップにソン・フンミンが3戦連発!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、トッテナムvsレスター・シティが10日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-1で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司は88分からプレーしている。 リーグ戦3連勝で3位に位置するトッテナム(勝ち点57)と、直近3敗1分けと4戦未勝利の11位レスター(勝ち点32)による一戦。 リーグ戦3連勝で上位2チームとの差を詰めるトッテナムは、12日にチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を控える中、難敵レスターをホームで迎え撃った。前節のニューカッスル戦からは先発3人を変更。アルデルヴァイレルト、ラメラ、ルーカス・モウラに代えてローズ、スキップ、ジョレンテを起用した。 一方、上位相手に前線も勝利から遠ざかるレスターは前節のマンチェスター・ユナイテッド戦から先発2人を変更。モナコからの新戦力ティーレマンスをデビューさせたほか、ゲザルが先発入り。なお、ウォームアップ中に負傷したメンディに代わって急遽エンディディがピッチに立った。岡崎はヴァーディらと共にベンチスタートとなった。 立ち上がりからホームのトッテナムがボールを保持して押し込む展開となったが、最初の決定機はアウェイのレスターが掴む。8分、セットプレーの場面でマディソンのクロスをマグワイアが頭で合わして枠に飛ばすが、これはGKロリスの好守で凌いだ。 エリクセンと両サイドバックの攻撃参加を起点に攻勢を続けるトッテナムは18分、ボックス左でソン・フンミンからパスを受けたローズがカットインから右足を振り抜くが、これはGKシュマイケルのセーブに遭う。 前半20分を過ぎると、ボールを保持するトッテナム、鋭いカウンター、セットプレーで応戦するレスターという構図の下で一進一退の攻防が続く。その流れの中でより効率の良い攻めを見せるレスターは、ティーレマンス、マディソンを経由する形からチルウェルとバーンズの左サイドを起点に良い攻めを見せる。31分にはショートカウンターからボックス内のバーンズに決定機もシュートを枠の左に外す。 一方、一連のピンチを冷静に凌いだトッテナムは33分、右CKの場面でショートコーナーからエリクセンが入れた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだダビンソン・サンチェスがダイビングヘッドで合わせ、ゴールネットを揺らした。 D・サンチェスの移籍後初ゴールでリードを手にしたトッテナムはその後もエリクセンを起点に試合を優勢に進めていくが、前半のうちに追加点を奪うまでには至らず。 迎えた後半、ビハインドを追うレスターが立ち上がりから積極果敢に攻めに出る。51分と55分にはいずれもボックス内のグレイがシュートを放つが、GKロリスの正面を突く。さらに58分には鋭いカウンターからボックス内に次々と選手がなだれ込むと、マディソンがDFヴェルトンゲンに倒されてPKを獲得。 この場面でキッカーを務めたのは直前からグレイとの交代の準備をしていたヴァーディ。ファーストプレーがPKとなったヴァーディはいつも通り豪快に右足を振り抜いたが、ゴール左を狙った強烈なシュートはGKロリスが完璧な反応ではじき出した。 守護神の値千金のPKストップでピンチを逃れたホームチームは直後の63分に追加点を奪う。相手陣内ボックス付近でリカルド・ペレイラのクリアをスキップがブロック。このこぼれ球を拾ったエリクセンがジョレンテとのパス交換から右足の強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。 試合巧者の戦いぶりで流れを引き寄せたトッテナムだったが、65分にはヴァーディのスルーパスからボックス左に抜け出したバーンズに絶好機を許すが、ここもGKロリスのビッグセーブで凌ぐ。ただ、リスク管理を意識するポチェッティーノ監督はスキップを下げてアルデルヴァイレルトを投入。システムを[3-4-3]に変更して逃げ切り態勢に入る。 一方、ゲザルを下げてイヘアナチョを投入したレスターはPK失敗のエースがミスを帳消しにする意地のゴールを奪う。76分、右サイド深くでパスを受けたリカルド・ペレイラがティーレマンスとのワンツーでボックス内に侵入してグラウンダーのクロス。これをゴール前に飛び込んだヴァーディがワンタッチで流し込んだ。 この1点によって息を吹き返したレスターはボールの主導権を握ってホームチームを押し込んでいく。苦しいトッテナムはワニャマ、ウォーカー=ピータースと守備的な選手交代を行う。対してレスターは88分に岡崎をピッチに送り出した。 試合最終盤にかけても拮抗した状況が続いたが、試合を決めたのは絶好調の韓国代表。91分、自陣深くのムサ・シソコから縦パスを受けたソン・フンミンはハーフウェイライン付近から相手陣内を独走。そのままボックス内までボールを運び落ち着いた左足のシュートでGKとの一対一を制して3試合連続ゴールを達成した。 そして、レスターとのタフな戦いをきっちり勝ち切ったトッテナムがリーグ戦4連勝を飾り、中2日で迎えるドルトムント戦に向けて大きな弾みをつけた。 2019.02.11 00:36 Mon
twitterfacebook
thumb

レスターに大打撃! オルブライトンがハムストリング手術で今季絶望

レスター・シティのイングランド人MFマーク・オルブライトンが今季絶望の危機に直面している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 記事によると、オルブライトンは3日に行われたプレミアリーグ第25節のマンチェスター・ユナイテッド戦前の練習でハムストリングを負傷。ケガの具合をクロード・ピュエル監督は「悪いニュースだ」として、手術が必要であることを明かした。 「それはそう、深刻なものだ。彼はおそらく今季はもうプレーできないだろう。経過を見極めなければならないがね」 「マークは我々にスピリットを示しくれた。ピッチの上でハードワークしチームを助けた。もちろん、我々はまた新たなチームバランスを探さなければならない」 「これは彼にとっても我々にとっても悪いことだが、他の選手がプレーするチャンスにもなる」 オルブライトンは今季ここまでリーグ戦22試合に出場し2ゴール3アシストをマークしていた。 2019.02.09 04:04 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア100戦目のラッシュフォードの決勝弾でユナイテッドが辛勝! 岡崎途中出場のレスターは善戦も4戦未勝利…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第25節、レスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが3日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが1-0で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司は74分からプレーしている。 共に前節をドローで終えた11位のレスター(勝ち点32)と6位のユナイテッド(勝ち点45)による一戦。 前節、首位のリバプール相手に敵地でドローに持ち込んだレスターはその試合からオルブライトンに代えてバーンズを起用した以外、同じメンバーを起用。一方、バーンリー相手に2点差を追いつき辛くもドローに持ち込んだユナイテッドはスールシャール体制での連勝がストップ。仕切り直しの一戦に向けては先発4人を変更。フィル・ジョーンズ、マタ、アンドレアス・ペレイラ、ルカクに代えてバイリー、エレーラ、リンガード、リーグ14戦ぶりの先発復帰となったサンチェスを起用した。 立ち上がりから拮抗した展開が続いた中、アウェイのユナイテッドが相手のミスを突いて先制に成功する。9分、リカルド・ペレイラの不用意な中央への斜めのパスをカットしたポグバがボックス内に走り込むラッシュフォードへ絶妙なミドルループパス。これを巧みなファーストタッチで収めたラッシュフォードが冷静にゴール左隅へ流し込み、自身のプレミアリーグ通算100試合出場を自らゴールで祝った。 好調ポグバとラッシュフォードのホットライン開通で先手を奪ったユナイテッドは、その後も冷静にゲームをコントロール。フィニッシュの数こそ少ないものの、ヴァーディを起点としたレスターの縦に早い攻撃を許さず。逆に、カウンターからリンガードやラッシュフォードがフィニッシュのシーンに絡んでいく。 一方、前半のうちに追いつきたいレスターは得意のセットプレーやセカンドボールを回収しての波状攻撃から幾度かチャンスシーンを創出も、ボックス外からのマディソンやメンディのシュートはGKデ・ヘアを脅かすまでには至らなかった。 迎えた後半、1点のビハインドを追うホームチームが勢いを持った入りを見せる。開始直後にボックス内でバーンズ、マディソンと決定的なシュートを放つと、その後もスピーディーな連係で相手を押し込んでいく。対するユナイテッドはカウンターからラッシュフォードが見事な中央突破を見せたが、味方へのラストパスが合わない。 徐々に試合は膠着状態に陥るが60分にレスターに決定機。ボックス手前で得たFKの場面で得たFKの場面でマディソンのシュートが壁に当たってゴール前にこぼれると、この浮き球をヴァーディがアクロバティックなボレーで合わせるが、GKデ・ヘアのセーブに阻まれた。 主導権は握るものの決定機を作れないレスターはマディソンに代えてゲザル、74分にはグレイを下げて今季の残留が決定した岡崎を続けて投入。対するユナイテッドは精彩を欠いたサンチェスに代えてマルシャル、殊勲のラッシュフォードに代えてルカクと2トップを入れ替えた。 試合終盤にかけては完全にホームのレスターペースに。中盤のスペースでボールを引き出す岡崎を起点にサイドの深い位置を取ってクロスやセットプレーを得てチャンスに繋げていくと、76分にはゲザルが直接FK、81分にはマグワイアの落としからエバンスに決定機も最後の場面でうまくいかず。 結局、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、ラッシュフォードの虎の子の1点を最後まで守り切ったユナイテッドがスールシャール体制無敗を継続すると共に2戦ぶりの白星を手にした。一方、内容面では相手を上回るも決定力不足に泣いたレスターはリーグ4戦未勝利となった。 2019.02.04 01:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスとアドリエン・シウバのレンタルでのトレードが成立!

レスター・シティは1月31日、モナコに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。一方でレスターのポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(29)が同じく今季終了までのレンタルでモナコに移籍することが発表されている。 アンデルレヒト下部組織出身のティーレマンスは、2013年に16歳という若さでプロデビュー。正確なパスに加え強烈なシュートが持ち味の同選手は、”スナイデル2世”とも評されており、2017年にモナコに引き抜かれると、今シーズンは低迷するチームでここまで公式戦30試合5ゴールを記録している。 また、トレード要員となったレスターのアドリエン・シウバは2017年8月にスポルティング・リスボンからレスターへ加入。しかし、移籍手続きが14秒遅れたために、6カ月プレーできず。今シーズンはここまでリーグ戦2試合に出場していたが、第7節以降はベンチ外が続いていた。それでもモナコのレオナルド・ジャルディム新監督は、ポルトガル代表MFを高評価したようだ。 2019.02.01 05:11 Fri
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスとアドリエン・シウバのトレード成立が目前か

モナコに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)とレスター・シティに所属するポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(29)のレンタルでのトレードが決定的となったようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 アンデルレヒト下部組織出身のティーレマンスは、2013年に16歳という若さでプロデビュー。正確なパスに加え強烈なシュートが持ち味の同選手は、”スナイデル2世”とも評されており、2017年にモナコに引き抜かれると、今シーズンは低迷するチームでここまで公式戦30試合5ゴールを記録している。 そんなティーレマンスは、レオナルド・ジャルディム監督の復帰によって退団を考慮していることが伝えられていた。そして今回、レスター移籍が目前に。ティーレマンスは30日にメディカルチェックを実施するべくイギリスに向かったようだ。 また、トレード要員となったレスターのアドリエン・シウバはモナコへ。まだこの取引は完了してはいないが大きな障害はないと、同メディアは伝えている。 アドリエン・シウバは2017年8月にスポルティングからレスターへ加入。しかし、移籍手続きが14秒遅れたために、6カ月プレーできず。今シーズンはここまでリーグ戦2試合に出場していたが、第7節以降はベンチ外が続いていた。それでもモナコのレオナルド・ジャルディム新監督は、ポルトガル代表MFを高評価しているようだ。 2019.01.31 21:47 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース