超ワールドサッカー

1年以上戦線離脱のA・コンティ、プリマヴェーラの試合で実践復帰も審判に暴言2018.11.08 00:27 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランのイタリア代表DFアンドレア・コンティ(24)が、ユースチームの試合で審判に対し暴言を吐いたとして、3試合の出場停止処分が下されたようだ。『EUROSPORT』が伝えている。▽昨年8月に負った左ヒザ前十字靭帯断裂の大ケガから1年以上戦線を離れているA・コンティ。今月2日にプリマヴェーラのキエーボ戦で実践復帰を果たしたが、試合後に審判への暴言や審判団のロッカールームのドアを殴ったとして、セリエA懲戒委員会から3試合の出場停止処分が下されたという。

▽一方、ミランでディレクターを務めているパオロ・マルディーニ氏も同試合で審判に対し、許可なしで審判のドレッシングルームに侵入し暴言を吐いたとして1週間の活動禁止処分が科されたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

「失望した」…ミラン主将ロマニョーリ、イグアインを守らず

▽ミランに所属するイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリがアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの愚行を悔いた。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽ミランは、11日にサンシーロで行われたセリエA第12節でユベントスと激突。上位追走のためにも勝ちたい一戦だったが、0-2の完敗を喫した。今夏にユベントスから追い出される形でミランに移籍したイグアインもこの一戦に先発。だが、前半にPKを失敗した挙句、83分に退場処分と散々な結果に終わった。 ▽ミランのキャプテンを務めるロマニョーリは試合後、そのイグアインについて次のように言及。イグアインの非を認め、ドレッシングルームで猛省する様子を明かした。 「彼には失望したよ。でも、彼は自分の間違いを理解している。ドレッシングルームに入ったとき、自分に怒りをぶつける彼の姿を見た。あのような形で試合を終わらせるつもりはなかったのだろう」 2018.11.13 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン若手が痛恨の失態…C・ロナウドとの記念撮影でユーベ選手の裸体が流出

▽ミランのプリマヴェーラに所属するU-20イタリア代表DFラウル・ベラノーヴァが先日のミランvsユベントスの試合後に痛恨の失態を犯してしまった。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽3連勝中で4位に付けるミランと、セリエAで10勝1分けの無敗で首位を快走するユベントスの上位対決は、アウェイのユベントスがFWマリオ・マンジュキッチ、FWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールによって2-0で快勝。一方、敗れたミランは古巣対戦のFWゴンサロ・イグアインがPK失敗に退場と非常に後味の悪い形で試合を終えることに。 ▽だが、試合終了後にイグアイン以上に気まずい思いをすることになったのが、同試合を観戦していたミランのプリマヴェーラのベラノーヴァと、ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニの2選手だった。 ▽ベラノーヴァは同試合後にユベントスのロッカールームを訪れ、憧れのC・ロナウドにツーショット写真を要望。これにC・ロナウドが快く応じてベラノーヴァは目標の記念撮影に成功した。 ▽ここまでは良い話だったが、問題が起きたのは同選手が自身のSNSで友人と当該画像を共有したことだった。実は、C・ロナウドとベラノーヴァはユベントスのロッカールームを背景に写真撮影を行っており、そこにはちょうど全裸でシャワールームに向かうと思われるキエッリーニの姿がハッキリと写ってしまっていたのだ。 ▽ベラノーヴァが冷静にこの事実を認識していれば、友人との画像共有を控えるか、キエッリーニの姿を画像処理でぼかしてから共有するなどのやり方があったと思われるが、18歳という若さに加えて、憧れの人とのツーショット写真に舞い上がった同選手は配慮を欠く形で何の処理も行わないままSNSの大海へと画像を流出させる事態を招いてしまった。その後、ユーザーや関係者の指摘でこの事実に気付いて当該の投稿は削除されたものの、すでにこの画像は世界中に広まることになった。 ▽そして、友人がSNSに画像を投稿したことで大事件のキッカケを作ってしまったベラノーヴァは自身のSNSで公式に謝罪を行った。 「今回の一件に関して深く謝罪します。まず初めにジョルジョ・キエッリーニに謝罪したいです。ただ、今回の出来事は私が意図したものではありませんでした。すべてのフットボールファンに対して、私が偉大なチャンピオン(C・ロナウド)と一緒に写真を撮ったことは認めますが、私自身はSNSにこの写真を投稿していません。もちろん、私自身が犯した過ちで後悔していることは何のチェックもなく友人たちと画像を共有してしまったことです。本当に申し訳ありませんでした」 ▽被害者のキエッリーニにとっては不運極まりないことだが、今回の裸体流出が女性人気の高いFWパウロ・ディバラやDFレオナルド・ボヌッチらではなく、男気満載の同選手だったところが、ややオチのように感じる側面も…。 ◆キエッリーニの裸体が…(ちゃんと隠してます) https://twitter.com/marca/status/1062159189273907201 2018.11.13 13:44 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアインのPK失敗は必然? 元同僚シュチェスニー&C・ロナウドに完全に読まれていた…

▽ユベントスは11日に敵地サン・シーロで行われたセリエA第12節のミラン戦を2-0で勝利した。同試合後、殊勲のPKストップなどクリーンシートで勝利に貢献したポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが同試合を振り返った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦で今季公式戦初黒星も、リーグ戦では10勝1分けの無敗で首位を快走するユベントスが、3連勝中で4位に付けるミランのホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は8分にFWマリオ・マンジュキッチのヘディングシュートでアウェイチームが先制に成功。だが、前半終盤にDFメディ・ベナティアのエリア内でのハンドでミランにPKを献上してしまう。それでも、古巣対戦で気合いが入るキッカーのFWゴンサロ・イグアインの左隅を狙ったシュートはGKシュチェスニーが見事な反応で触り左ポストを直撃。守護神の活躍でリードを保ったユベントスは82分にFWクリスティアーノ・ロナウドのタップインで追加点を奪い、直後にベナティアへのファウルを取られて激昂したイグアインの退場もあり、敵地で2-0の快勝を収めた。 ▽そして、試合の行方を左右するPKストップを見せたシュチェスニーは、「僕たちはお互いを良くわかっている」と、かつての同僚の癖を見抜いた末のプレーだったことを説明。また、PK前の同僚C・ロナウドとのやり取りに関しても明かした。 「僕たちはお互いを良くわかっている。僕はイグアインがPKで強く低いボールを蹴る傾向にあることを知っていたんだ。そして、幸運なことにあの場面ではとてもうまくいったよ」 「ロナウドはPKの前にできるだけ早くアクションを起こすようにとアドバイスしてくれた。ピピータがパワフルなPKを蹴る傾向があることもね。ただ、僕は事前にそのことを知っていたけどね」 2018.11.12 14:53 Mon
twitterfacebook
thumb

退場処分のイグアイン、謝罪も主審の判定に恨み節「僕らはロボットじゃなく人間だ」

11日のユベントス戦で退場処分を受けたミランのFWゴンサロ・イグアインが、試合終了後イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>イグアインは、前節のウディネーゼ戦で背中を負傷し、ミッドウィークのヨーロッパリーグのベティス戦を欠場していたが古巣ユベントスとの一戦を前に復帰し、先発メンバーに名を連ねた。しかしこの日のイグアインは悪い意味で目立つ格好となった。41分、1点を追う展開で獲得したPKは、GKヴォイチェフ・シュチェスニーに阻まれて失敗。FWクリスティアーノ・ロナウドに追加点を決められた直後の84分には、DFメディ・ベナティアとの競り合いでファールを取られてイエローカードを提示され、フラストレーションを爆発させて主審に対し猛抗議。すかさず2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を命じられた。ミランはそのまま0-2で敗れ、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に後退した。<br><br>アルゼンチン人FWは、自身の行為を謝罪しつつ、判定に不満を覗かせた。<br><br>「まず、チームや監督、ファンの皆に自分の振る舞いについて謝罪しなければならない。主審は僕が何を言ったのか知っている。自分の行為については責任を取るつもりだ。なぜこんな反応をしたか?僕はベナティアのファウルを受けたのに、主審はユーベにFKを与えて僕を退場させた。僕としては賛同できない判定だったが、受け入れなければならなかった」<br><br>「ユベントスと対戦することで僕の気持ちに変化があったか?当然あるが、今回のようなことは起きないことを願っている。負けていたし、僕はPKを失敗していて、そういうタイミングだった。僕らもロボットではなく、人間なんでね。時によっては審判も状況を理解して欲しいと思う。それでも言い訳を探すつもりはない。子供たちの模範であるべきなのに、僕の態度は適切ではなかった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.12 13:16 Mon
twitterfacebook
thumb

明暗くっきり…C・ロナウドが散々なイグアインに同情

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがミランのアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの心中を察した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ユベントスとミランは、11日にサンシーロで行われたセリエA第12節で激突した。先発のC・ロナウドはユベントスの勝利を決定づける得点をマーク。チームの開幕12試合無敗に貢献した。 ▽一方、C・ロナウドに押し出される形で今夏にユベントスからミランに移籍したイグアインもこの一戦に先発。だが、前半にPKを失敗した挙句、83分に退場処分が科される散々な結果に終わった。 ▽C・ロナウドは試合後、『スカイ・スポーツ・イタリア』で退場判定に激昂したイグアインをなだめに行った際のやり取りを語り、レアル・マドリー時代の同僚に対する処分軽減を願った。 「僕は彼に落ち着くよう話した。もっと最悪な処分を受けるリスクがあったからだ。でも、彼は止まらなかった。だいぶ苛立っていたね。気持ちはわかる。厳しい処分が科されないことを願うよ」 2018.11.12 09:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース