超ワールドサッカー

元オーストリア代表MFイヴァンシッツが35歳で現役引退! 多くの国を渡り歩いた天才MF2018.11.07 23:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元オーストリア代表MFアンドレアス・イヴァンシッツ(35)が現役引退を発表した。同選手が5日に自身のSNSで明かした。

▽母国のレジェンド、“アンドレアス・ヘルツォークの再来”と評された天才型の攻撃的MFは19年のキャリアに幕を閉じることに際して以下のようなコメントを残している。

「今日、19年を過ごしてきたプロキャリアを終える決断をした。このスポーツは僕に多くのものを与えてくれた」

「勝利、敗北、情熱、興奮、異なる国の異なるチームに加入すること。だけど、素晴らしいことはいつか終わりを迎えるものなんだ。家族やクラブ、監督やスタッフ、チームメート、そのすべてに大きな感謝を示したい」

「そして、僕のキャリアを通じて常にサポートしてくれたすべてのファンに感謝したい。あなた方はいつでも自分がホームにいることを感じさせてくれたんだ。そのことは生涯忘れない。本当に素晴らしい旅立った。みんな、ありがとう!」

▽母国の名門、ラピド・ウィーンでプロキャリアをスタートしたイヴァンシッツは、その後パナシナイコスやマインツ、レバンテで活躍。その後、メジャーリーグサッカーのシアトル・サウンダーズでのプレーを経て2017年からはビクトリア・プルゼニでプレー。だが、昨季限りで同クラブとの契約が終了した後はフリーの状態が続いていた。

▽また、高精度の左足を生かしたプレースキックを売りとする攻撃的MFは、オーストリア代表として通算69試合に出場して12ゴールを記録。母国オーストリアとポーランドの共催となったユーロ2008本大会でもプレーしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

オーストリア代表、ブルクシュタラーに代わってヤンコを追加招集

▽オーストリアサッカー協会(OFB)は14日、シャルケのFWグイド・ブルクシュタラーに代わってルガーノのFWマルク・ヤンコを追加招集したことを発表した。 ▽ブルクシュタラーは鼠径部を痛めているとのことで代表合流を辞退した。196cmの長身FWであり、これまで代表で28ゴールを決めているヤンコだが、今季のスイス・スーパーリーグでは6試合に出場してノーゴールとなっている。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ3の2位に位置するオーストリアは、15日に行われるボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦、18日に行われる北アイルランド代表戦を連勝すれば首位に浮上でき、逆転でのリーグA昇格を決められる状況となっている。 2018.11.15 01:53 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストリア代表メンバー発表、アラバやアルナウトビッチが選出《UEFAネイションズリーグ》

▽オーストリアサッカー協会(OFB)は28日、来月のUEFAネイションズリーグ2018-19に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ▽予選敗退に終わったロシア・ワールドカップを経て、フランコ・フォーダ監督は、主軸のDFダビド・アラバ(バイエルン)やFWマルコ・アルナウトビッチ(ウェストハム)らを順当に選出している。 ▽UEFAネイションズリーグ2018-19・リーグB・グループ3に属するオーストリアは、来月11日にボスニア・ヘルツェゴビナ代表とのアウェイ戦を、同6日に親善試合でスウェーデン代表とのホーム戦を戦う。今回発表された代表メンバー23名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆オーストリア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ハインツ・リンドナー</span>(グラスホッパーズ/スイス) <span style="font-weight:700;">シカン・スタンコビッチ</span>(ザルツブルク) <span style="font-weight:700;">リヒャルト・シュトレビンガー</span>(ラピッド・ウィーン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">シュテファン・ライナー</span>(ザルツブルク) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・ウルマー</span>(ザルツブルク) <span style="font-weight:700;"> マルティン・ヒンテレッガー</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;"> ケビン・ヴィマー</span>(ハノーファー/ドイツ) <span style="font-weight:700;"> セバスティアン・プリョードル</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アレクサンダル・ドラゴビッチ</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">シャーヴァー・シュラガー</span>(ザルツブルク) <span style="font-weight:700;">ステファン・ヒールレンダー</span>(シュトルム・グラーツ) <span style="font-weight:700;">ペテル・ズリ</span>(シュトルム・グラーツ) <span style="font-weight:700;">ルイス・シャーブ</span>(ケルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">シュテファン・イルザンカー</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マルセル・サビッツァー</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">フロリアン・グリリッチュ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">フロリアン・カインツ</span>(ブレーメン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヴァレンティノ・ラザロ</span> (ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アレッサンドロ・シェプフ</span>(シャルケ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ダビド・アラバ</span> (バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・アルナウトビッチ</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">グイド・ブルクシュタラー</span>(シャルケ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ミヒャエル・グレゴリッチュ</span>(アウグスブルク/ドイツ) 2018.08.28 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ストーク、今冬加入のオーストリア代表DFと5年間の契約延長

▽ストーク・シティは4日、オーストリア代表DFモリッツ・バウアー(26)との契約延長を発表した。契約期間は2023年までの5年間となる。 ▽スイス生まれながら、オーストリア代表として活躍するM・バウアーは、2011年にスイスの名門グラスホッパーでプロデビュー。2016年の夏にルビン・カザンへの移籍を果たした後、今冬にストーク・シティへ移籍。ストークでは、プレミアリーグ15試合に出場した。 ▽長期契約を勝ち取ったM・バウアーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕は1月にストークに加入してから素晴らしい時間を過ごした。昨シーズンの結果には失望したが、僕はストークをプレミアリーグに復帰させる一員になりたいと思ったんだ。僕は一人の選手として挑戦することが好きなんだ。だから、僕たちの待ち受ける挑戦には興奮しているよ」 2018.07.05 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:フランス 2-1 オーストラリア《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節、フランス代表vsオーストラリア代表が16日にカザン・アリーナで行われ、2-1でフランスが勝利した。 ▽フランス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180616_19_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 PKは被弾したがその他の場面では安定のパフォーマンス DF 2 パヴァール 5.5 前半は攻撃にも絡んだが、後半からは徐々にフェードアウト 4 ヴァラン 6.0 ヴァランの脅威になる相手はいなかった 5 ユムティティ 5.5 言い訳のできないハンドでPKを与えてしまった 21 リュカ 5.5 右サイドで攻守に貢献 MF 13 カンテ 6.0 中盤での存在感はさすがの一言 6 ポグバ 6.5 決勝点を挙げるなど攻撃の中心として活躍 12 トリッソ 5.5 ポグバやカンテをサポート。攻守で良い働きを見せた (→ マテュイディ -) FW 10 ムバッペ 5.5 序盤からチャンスに絡み相手の脅威になり続けた 7 グリーズマン 6.5 自身で得たPKで得点をマーク。その他シュートやパスでチャンスを演出 (→ ジルー 5.0) あまりボールに触れることが出来ず。高さも生かせなかった 11 デンベレ 5.0 周囲との息が合わなかった (→ フェキル 5.5) 才能の片鱗を見せた 監督 デシャン 5.5 リスクを冒さない采配でフランスに勝利をもたらした ▽オーストラリア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180616_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ライアン 5.5 初っ端にピンチを凌ぐなど安定していたが2失点… DF 19 リズドン 5.0 グリーズマンを倒してしまいPKを献上 5 マーク・ミリガン 5.5 集中した守りを見せていた 20 セインズベリー 5.5 こちらも集中していたが相手との個の差が出たか 16 ベヒッチ 5.5 攻撃に積極的に参加したが、守備ではムバッペを止められなかった MF 15 ジェディナク 5.5 PK弾でフランスに食らいついた 23 ロギッチ 5.0 攻撃のタクトを振るったが効果的なパスは出せず (→ アーバイン 5.0) 途中出場も見せ場作れず 13 ムーイ 5.5 豊富な運動量でオーストラリアの堅い守備を築いた FW 7 レッキー 5.5 右サイドから果敢に仕掛けたが… 10 クルーズ 5.0 武器のスピードを生かす場面はほとんどなかった (→ アルザニ -) 11 アンドリュー・ナバウト 4.5 存在感が希薄だった。前線でターゲットにもなれず (→ ユリッチ 5.0) 高さを生かそうとするもヴァランやユムティティの壁はさらに高かった 監督 ファン・マルバイク 5.0 組織的な守備を見せていたが個の力では適わなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ポグバ(フランス) ▽序盤から効果的なパスを生み、フランスの中盤に君臨。カンテやトリッソのサポートを得ながら自由に攻撃参加し、決勝点を決めてみせた フランス 2-1 オーストラリア 【フランス】 グリーズマン(後13[PK]) ポグバ(後35) 【オーストラリア】 ジェディナク(後17[PK]) 2018.06.16 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールの2戦連発弾などでブラジルが3発快勝! 親善試合4連勝でW杯へ《国際親善試合》

▽ブラジル代表は10日に国際親善試合でオーストリア代表と対戦し、3-0で勝利した。 ▽強豪ひしめく南米予選を圧倒的な強さで制し、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会ではスイス代表、コスタリカ代表、セルビア代表と同居するグループEに組み込まれたブラジルが、敵地メルボルン・クリケット・グラウンドに乗り込んだ一戦。 ▽3日に行われたクロアチア代表戦をネイマールの復帰弾などで勝利したブラジルは、その試合の先発からフェルナンジーニョに代えて、ネイマールを起用した以外同じメンバーを起用。クロアチア戦で3トップの左を務めたコウチーニョをインサイドハーフに下げて、ネイマールを3トップの左に配置した。なお、トレーニング中に足首を負傷したと報道されていたフレッジもベンチ入りしている。 ▽立ち上がりからオーストリアが前線からの素早いプレスを仕掛けるも、これを巧みにいなすブラジルは8分、ボックス右付近からカットインしたウィリアンのラストパスをボックス手前に走り込んだカゼミロがダイレクトシュート。しかし、このシュートはわずかに右に逸れた。 ▽対するオーストリアは21分、アラバのアーリークロスにアルナウトビッチが飛び込むも、これはわずかに届かず。さらに22分にも、シェプフのパスをボックス右で受けたライナーの折り返しから再びアルナウトビッチにチャンスが訪れるも、シュートは枠の上に外れた。 ▽ブラジルは35分、右サイドを突破したガブリエウ・ジェズスの折り返しをボックス中央でネイマールが受けると、ボックス内で倒されるも、このこぼれ球を拾ったパウリーニョがゴール左からシュート。これはGKリンドナーに弾かれたが、これで獲得したCKから得点が生まれる。 ▽36分、右CKのクリアボールをバイタルエリア中央で拾ったマルセロがミドルシュート。これは相手DFにディフレクトするも、こぼれ球をボックス左で拾ったガブリエウ・ジェズスが縦に切り込み、ゴール左付近から冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽迎えた後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、1点を追うオーストリアは58分にシェプフとシュラガーを下げてブルクシュタラーとヒールレンダーを投入。対するブラジルは、60分にチアゴ・シウバとカゼミロを下げてマルキーニョスとフェルナンジーニョを投入した。 ▽すると63分、ウィリアンのパスをボックス左で受けたネイマールが巧みなフェイントで相手DFを振り切り、飛び出したGKの股下を抜くシュートで追加点。さらに65分には、右からのクロスをニアサイドのウィリアンがヒールで流すと、ボックス中央に走り込んだパウリーニョがダイレクトで合わせたが、これはGKリンドナーの好守に防がれた。 ▽リードを広げたブラジルは、67分にガブリエウ・ジェズスとマルセロを下げてフェルミーノとフィリペ・ルイスを投入。すると、直後の69分にもブラジルは、フィルミーノとのワンツーで左サイドを突破したコウチーニョがボックス左まで侵攻。冷静にシュートをゴール右隅に流し込み、試合を決定付ける3点目を決めた。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。ネイマールの2戦連続弾などで3ゴールを奪ったブラジル代表が、ロシアW杯前最後の親善試合を快勝で締めくくった。3月から国際親善試合で4連勝のブラジルは、17日にW杯初戦でスイス代表と対戦する。 2018.06.11 01:07 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース