好調リールに新たな助っ人! 元フランス代表FWアネルカがアカデミーでストライカー指導へ2018.11.07 23:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてアーセナルやチェルシーで活躍した元フランス代表FWニコラ・アネルカ氏(39)が、リールのアカデミーでパートタイムのストライカーコーチを務めるようだ。同クラブを率いるクリストフ・ガルティエ監督がフランス『レキップ』で認めた。▽現役時代にパリ・サンジェルマンやアーセナル、レアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・シティなど錚々たるビッグクラブでプレーしたアネルカ氏。2015年にインド・スーパーリーグのムンバイ・シティでプレイング・マネージャーを退任した後、2017年からはオランダのローダJCでコンサルタントを務めていた。

▽ガルティエ監督はそのアネルカ氏がクラブのアカデミーでストライカーコーチを務める見込みであることを明かした。

「彼は我々のトレーニングセンターで彼の豊富な経験やストライカーとしてのスキルを若手プレーヤーにもたらすことになる」

「彼はジェラール・ロペス(会長)と懇意にしており、私とルイス・カンポス(SD)はその可能性に関して話し合っている。ニコラはこの仕事を心から望んでおり、自分にスポットライトが当たることを望んでいない。彼は自身の経験や専門的な知識を若者に伝えたがっているが、現時点でプロフェッショナルレベルでの仕事は望んでいない」

「ただし、現時点で公式な動きはない。ルイスと私はニコラと契約に関する話し合いは行っていないが、仮に契約が締結されれば、彼はトレーニングに関わることになる。ただ、フルタイムで働くことはないはずだ」

▽なお、昨季は残留争いを強いられたリールだが、今季はリーグ・アン第12節終了時点で8勝3敗1分けの戦績で3位に躍進している。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェルビーニョがかつて共演したバロンドール候補2選手に言及

▽パルマに所属するコートジボワール代表FWジェルビーニョがかつてクラブチームで共演したバロンドール候補2選手について言及した。同選手がイギリス『ガーディアン』のインタビューで語った。 ▽これまでリールやアーセナル、ローマとヨーロッパの強豪クラブを渡り歩いてきたジェルビーニョ。超高額のサラリーに惹かれて2016年1月に中国の河北華夏に移籍するも、今夏再びトップレベルでのプレーを求めてセリエA昇格組のパルマに加入。ここまではリーグ戦8試合出場で4ゴールを記録するなど、ブランクを感じさせない活躍ぶりを見せている。 ▽2年半ぶりにヨーロッパの舞台に戻ってきたジェルビーニョは、『ガーディアン』で自身のこれまでのキャリアの歩みや近況について語ると共に、かつてリールとローマで共演したベルギー代表MFエデン・アザール、エジプト代表FWモハメド・サラーという2人のバロンドール候補に関して言及した。 ▽リール時代にルディ・ガルシア監督の下で2年間共にプレーし、リーグ屈指の両翼として2010-11シーズンに57年ぶりのリーグ制覇を含む国内2冠を共に経験したアザールに関してジェルビーニョはその才能を絶賛した。 「アザールが世界的なスターになることはわかっていたよ。彼は特別な足、心、身体、才能とチャンピオンになるために必要なすべてを持っていた」 ▽一方、同じくルディ・ガルシア監督の下、ローマ時代に半年間共にプレーし、当時世界最速の両翼と評されたサラーに関しては、その練習への姿勢と努力を称賛している。 「サラーは本当にタフな男だよ。彼は常に落ち着いていて力強く、ハードワーカーとしてのメンタリティも持っていた。とりわけ、彼のトレーニングセッションでも振る舞いは忘れないよ。とても速いリズム、まるで狂人のような圧力。当時の彼を見たらみんなが驚くはずだよ。彼からはポジティブな影響を受けたんだ。彼を見ていると、自分もよりハードワークしないとダメだと思わされた。才能と犠牲心を持った素晴らしいプレーヤーだよ」 2018.11.23 16:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョー・コールが選ぶ最高のチームメートは?

▽13日に現役引退を発表した元イングランド代表MFジョー・コール(37)がイギリス『スカイ・スポーツ』でキャリアを通じて出会った最高のチームメートを明かした。 ▽“ネクスト・ガッザ”の愛称に相応しい卓越した足下の技術と攻撃センスを武器にウェストハムやチェルシー、リバプール、リールなどで活躍したコールは、アメリカ2部のタンパベイ・ローディーズでのプレーを最後に現役を退く決断をした。 ▽現役時代を通して天才肌のプレーヤーとして認知された同選手は、『スカイ・スポーツ』のインタビューで一緒にプレーしてきた中で最高のチームメートは誰かと問われると、黄金時代を過ごしたチェルシーやイングランド代表の同僚ではなく、レンタルで1年間を過ごしたリール時代の年の離れたチームメートの名前を挙げた。 「イングランド人プレーヤーで考えるなら、ジェラード、ランパード、JT(ジョン・テリー)、ルーニー、リオ(・ファーディナンド)だね」 「同様に外国人プレーヤーなら、ロッベンとアザール…。ただ、名前を挙げ続けるときりがなくなるね。振り返ると、自分がどれだけの天才たちと一緒にプレーしてきたかを気付かさせられるね」 「ただ、誰か1人を選ばなければならないならば、僕はアザールを選ぶよ」 「僕がフランスで一緒にプレーしていたとき、彼はまだ19歳だった。それでも、彼は本当に才能に溢れていたよ。彼はすべてを持ち合わせた偉大なプレーヤーだった」 「個人的に彼はバロンドールを取れると思っている。本当にそれぐらい素晴らしいプレーヤーだと思っているよ」 ▽なお、多くの名選手たちを抑えてコールの最高のチームメートに選出されたチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、リールからチェルシーに移籍する際にコールの助言が大きかったと以前から語っている。 2018.11.19 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

トゥヘルがリール&ナポリ戦でのブッフォンの起用を明言

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が、2日に行われるリーグ・アン第12節のリール戦と6日に行われるチャンピオンズリーグ第4節のナポリ戦で、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの起用を明言した。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今夏に17年間所属したユベントスを退団し、フランス王者のPSGに加入したブッフォン。しかし、トゥヘル監督はフランス代表GKアルフォンス・アレオラを正守護神のポールポジションに据えており、今季はここまでリーグ・アンで5試合の出場に留まっていた。 ▽リール戦に向けた記者会見に出席したトゥヘル監督は、ブッフォンの起用についてコメントした。 「ブッフォンがリール戦とナポリ戦に出場するだろう。彼は偉大なキャリアも歩んできたレジェンドで、我々にとって重要な役割を担ってもらっている」 「彼には多くの経験やスポーツに対するアプローチがあり、それを我々に共有してくれている。これはとても重要なことなんだ」 2018.11.02 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル&エバートンがリーグ・アンの宝石獲りへ!

▽アーセナルとエバートンが、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)争奪戦に参加するようだ。フランス『RMCsports』が伝えた。 ▽2014年に当時リーグ・ドゥのアンジェでプロデビュー。右ウイングを主戦場とするレフティアタッカーで、爆発的な加速力と優れた足下の技術にシュート精度も併せ持つ。昨夏に5年契約で加入したリールではリーグ・アン36試合で13ゴール5アシストを記録。今シーズンもここまで8試合でハットトリックを含む5ゴール5アシストの活躍を披露している。 ▽記事によれば、バルセロナをはじめとした多くのクラブがペペに熱視線を送っており、その争奪戦にアーセナルとエバートンも参戦するとのこと。しかし、当人は1日の夜に『RMC Sport 1』に出演した際に、「もう言っているけど、僕はリールでフルシーズンを戦うつもりだ」と断言しており、獲得が困難であろうことも伝えられている。 ▽また、ペペはリール残留を希望している理由として、「まだリールでのミッションを終えていない。フルシーズンで(レベルを)高く保てるか知りたいんだ」と説明。地に足の着いた感がを明かしていた。 2018.10.02 21:51 Tue
twitterfacebook
thumb

中国挑戦を回想するフォンテ「プレミアより難しいかも」

▽今夏にニースに加入したポルトガル代表DFジョゼ・フォンテが、今年2月に移籍した中国スーパーリーグについて語っている。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 ▽スポルティング・リスボン出身のフォンテは、フェルゲイラスやエストレラ・アマドーラなど幾つかのポルトガルのクラブでプレーした後、クリスタル・パレスに移籍。その後、2010年に加入したサウサンプトンでは、7年間の在籍で公式戦286試合に出場するなど第一線で活躍。その間にポルトガル代表に選ばれるなど、一躍知名度を上げた。 ▽2017年1月にウェストハムに移籍するも、1年で退団し大連一方へ移籍。こちらではリーグ戦7試合に出場するも、加入から半年も経たないうちに退団が発表され、すぐにリール加入が決まった。 ▽新天地をフランスに求めた34歳のDFは、メディアのインタビューに答え、5か月間の中国での生活を振り返った。 「中国移籍は全く想像していないものだった。財政的にも優れているし、レギュラーでプレーできると思ったから決断したんだ」 「中国のサッカーは多くの人が思っているほど簡単ではない。フィジカルも強いし、クラブはどのチームにも3人はトップクラスの選手を揃えているんだ。ワールドカップに出た選手もいる。DFにとってはプレミアリーグでプレーするよりも難しいかもしれない」 2018.08.30 19:56 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース