超ワールドサッカー

ヴァラン、バロンドール獲得に向け「できることは全てやった」2018.11.07 19:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランがバロンドールに関して言及した。『フランス・フットボール』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。▽ヴァランはクラブではチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献。代表では、ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝の立役者になる活躍を見せていた。

▽当然ながら、2018年バロンドールの候補者30選出にも選出されており、母国のレジェンドであるミシェル・プラティニ氏が強く推すなど、ヴァランの受賞を望む声も大きい。『フランス・フットボール』のインタビューを受けた同選手は、バロンドール獲得への意気込みを語った。

「今年はゴールデン・イヤーだった」

「確かなことは、ピッチで起こることだ」

「投票する人々の立場に立ってみれば、簡単なことではない。素晴らしいシーズンを過ごした多くの優秀な選手がいるんだ」

「僕はできることを全てやった」

▽また、ヴァランはクラブやフランス代表で多くの代表と対戦しているが、この賞で対立は起こすとは考えていないようだ。

「好ましい受賞者は、フランス人であろうとなかろうと僕の友人だね」

「僕たちの間に何も問題はない。もしフランス人プレーヤーの誰かが獲得するならば、それが誰であろうと僕らは幸せだ」

▽なお、バロンドールの発表は12月3日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、FFP制裁危機PSGに選択迫る! ムバッペorネイマール獲得へ

▽レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)からスーパースターを奪う準備を開始したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反の疑いで、欧州サッカー連盟(UEFA)からの継続的な調査を受けているPSG。2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)でバルセロナから獲得したブラジル代表FWネイマール(26)、モナコから1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)で買い取ったフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)のオペレーションに関連した違反の可能性が追及されており、『アス』によれば厳密な取り調べが行われている段階のようだ。 ▽また、もし違反していた場合には、PSGへの罰としてチャンピオンズリーグ(CL)の参加停止処分が検討される模様。そういった状況を回避するため、ネイマールかムバッペどちらか1人の売却を強いられることになるかもしれない。 ▽この一連の流れに目を光らせているのが、マドリーだ。同クラブは今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したが、代わりとなるアタッカーは獲得しておらず。以前から獲得を目指していたPSGのアタッカーのどちらかを、確保しようとしているようだ。 ▽記事は、ネイマールがより有力な候補になると主張。PSGは以前は同選手を最優先でキープしようとしていたが、現在ではロシア・ワールドカップ(W杯)で王者となったムバッペにプライオリティーが移ったという。また、ムバッペはPSGがFFPによりCLから排除された場合の補償を契約に盛り込もうとしており、最悪の場合でもクラブを離れようとはしていないようだ。 2018.11.14 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルー&キンペンベが映画『スパイダーマン』の声優に!

▽チェルシーFWオリヴィエ・ジルーとパリ・サンジェルマンDFプレスネル・キンペンベのフランス代表2選手が来月フランスで公開予定のアニメ映画『スパイダーマン~ニュージェネレーション~』でフランス語版の声優を務めることになった。配給元の『Sony Pictures France』が伝えている。 ▽今回の映画でジルーが声優を務めるのは、主人公スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。一方、キンペンベが声優を務めるのは、同じく敵対するスコーピオンの役だ。 ▽なお、フランス代表ではジルーとキンペンベに先駆けて『レゴバットマン ザ・ムービー』でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスMFブレーズ・マテュイディが、それぞれスーパーマンとフラッシュ役でフランス語版の声優を務めている。 2018.11.13 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

O・デンベレ代理人が噂を全否定「遅刻はしてない。バルサ残留は確実」

▽バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)の代理人が、遅刻や移籍に関する報道を否定している。スペイン『マルカ』が、フランス『RMC Sports』のインタビューを引用して伝えた。 ▽今シーズン、ここまでの公式戦15試合6ゴール2アシストと、高いレベルのプレーを続けているO・デンベレ。しかし、11日にホームで行われたリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦ではメンバー外になっており、その理由が“遅刻”によるものではないかと憶測を呼んでいる。 ▽また、それまでにもO・デンベレの素行の悪さに関しての報道が噴出しており、来年1月の移籍報道まで取り沙汰されていた。しかし、同選手の代理人を務めるムサ・シッソコ氏は全ての疑惑を否定している。 「彼は21歳でバルセロナでプレーしている」 「6ゴールと2アシストを記録していて、彼への批判が理解できないよ。彼に改善が必要だということは認識しているし、それは明らかなことだ。彼は21歳で、それは普通だよ」 「真面目な新聞がこの種の報道をしたことに驚いている。ウスマーヌ(・デンベレ)は遅刻していないし、(エルネスト・バルベルデ)監督は彼の欠場理由が遅刻ではないことを認めた」 「胃腸炎に関しては、ウスマーヌは患っていた。一晩中眠れなくて疲れていたんだ。彼が病気の間に彼ら(報道陣)が大事にしたことに驚かされた」 「ウスマーヌがバルセロナで続けることは確実だ」 「(スポーツディレクターの)エリック・アビダルとも話したけど、彼はウスマーヌに満足している。非常に良くトレーニングに励んでいると語っていたよ」 ▽約2週間の代表ウィーク後、バルセロナは24日のリーガ第13節でアトレティコ・マドリーのホームに乗り込む。宿敵レアル・マドリーが最悪のスタートを切っただけに、アトレティコがリーグタイトル獲得への最大の障壁となる可能性もあるが、その重要な直接対決でO・デンベレに出番は与えられるのだろうか。 2018.11.13 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハム加入へ最後の山場…ナスリ、メディカル後に週給アップ要求!

▽元フランス代表FWサミル・ナスリ(31)とウェストハムの契約交渉が、締結目前で最後の山場を迎えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽かつてアーセナルやマンチェスター・シティでプレーしていたナスリは、セビージャに所属していた2016年冬に点滴静脈注射を受け、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。その後、欧州サッカー連盟(UEFA)は同選手に対して18ヶ月間のフットボール活動禁止処分を科した。 ▽今年1月に所属していたアンタルヤシュポルとの契約を解消しフリーの状態となっているナスリは、12月末に前述の処分が終了し来年1月から公式戦でのプレーが可能となり、今月に入ってからはトレーニングも開始している。 ▽ナスリの新天地候補としては、エバートンやMLSのクラブなどが挙がっていたが、イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』はウェストハム加入が確定的になったと12日に報道。週給8万ポンド(約1170万円)の契約にサインする予定であることが、伝えられていた。 ▽そして、『デイリー・メール』によると12日の夜にナスリはメディカルチェックを通過。あとは6ヶ月+1年間の延長オプション付きの契約にサインするのみとなっていた。 ▽しかしながら、ナスリはこの土壇場のタイミングで9万5000ポンド(約1395万円)の週給を要求。マンチェスター・シティ時代にも共闘したマヌエル・ペジェグリーニ監督は獲得を望んでいるものの、クラブがこの金額に尻込みしているようだ。 ▽また、ナスリには中国クラブも来夏の獲得に興味を示している模様。同選手当人が、中国であれば更に巨額の賃金を得ることができると認識していることが、状況を複雑にしているようだ。 2018.11.13 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

プライベートジェット要求報道のムバッペ「僕は控えめな家の出。お金の話は下品」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペは、莫大な金額が動くフットボール界を良く思っていないようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽“神童”と呼ばれ、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもフランス代表の優勝に貢献したムバッペ。19歳にしてスーパースターの仲間入りを果たしており、今シーズンもクラブでの公式戦13試合13ゴール6アシストと活躍を継続中だ。 ▽2017年夏にモナコからPSGにレンタル移籍した際の買い取りオプションの額が1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)と報じられるなど、当然ながらムバッペの周囲には莫大な金額が渦巻いている。しかし、当人はそのことについてあまり良くは思っていないようだ。 「僕はかなり控えめな家の出身で、僕にとってそれ(お金の話)は本当に下品だよ」 「それが下品だということは真実だけど、マーケットはそうなってるし、フットボールの世界もそんな感じで動く」 「僕はフットボールに革命を起こそうとはしない。あるシステムにおいてはそれを尊重する必要があって、同時に自分の場所を守る必要もあるんだ」 ▽“下品”という表現で現状のフットボール界に苦言を呈したムバッペだが、今月初めには暴露サイト『フットボール・リークス』が、「ムバッペが年間50時間のプライベートジェット使用権をPSGに要求」とリーク。バロンドールを獲得した場合に高額サラリーを貰えるよう求めていたことも漏らされており、その報道と今回の発言の矛盾を『アス』は突いている。 2018.11.13 15:50 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース