超ワールドサッカー

鹿島MF三竿健斗は”向上心”を重視「自分を磨く」《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 18:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽鹿島アントラーズのMF三竿健斗は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。三竿はチームへの貢献と向上心を誓った。

◆MF三竿健斗
「今回も日本代表に選出されてすごく光栄です。高いレベルの環境のなかで自分を磨き、試合では自分の特徴を最大限発揮してチームが勝てるようにプレーしたいと考えています」

コメント

関連ニュース

thumb

負傷で辞退の鹿島FW鈴木優磨に代わりC大阪FW杉本健勇が日本代表に追加招集《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、キリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦、キルギス代表戦に臨む日本代表に、セレッソ大阪のFW杉本健勇を追加招集することを発表した。 ▽当初招集されていた鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が、AFCチャンピオンズリーグのペルセポリス戦で負傷。そのため代表招集を辞退し、代わりに杉本が招集された。 ▽杉本は、9月に行われたコスタリカ代表戦に臨む日本代表に招集。森保ジャパンの初陣のメンバー入りを果たしていたが、トレーニング中に負傷し途中離脱していた。なお、試合出場となれば今年3月に行われたベルギー遠征のウクライナ代表戦以来となる。 ▽今シーズンの杉本は、ここまで明治安田生命J1リーグで28試合に出場し5得点を記録。10日に行われた川崎フロンターレ戦でもゴールを記録していた。 2018.11.13 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、鹿島初制覇のACL決勝でケガ…初招集の代表辞退

▽鹿島アントラーズは13日、FW鈴木優磨の負傷離脱を発表した。 ▽鈴木は、10日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦のペルセポリス戦の78分に負傷交代。チームドクターの検査を受けたところ、右足関節ねん挫で約2週間の治療期間を要する見込みだという。これにより、初招集を受けた日本代表も辞退が決まった。 ▽2015年に鹿島下部組織出身からトップチームに昇格の鈴木は今シーズン、明治安田生命J1リーグ30試合に出場してキャリアハイの11得点を記録。クラブとして初制覇したACLでも全14試合に出場して2得点を挙げ、日本人選手4人目のMVPに輝いた。 2018.11.13 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島MF遠藤康ら多くのJリーガーを輩出した小幡忠義氏が本音で語る育成理論が書籍に!

「だから日本ではイニエスタが育たない」 ▽そう語るのは、日本中から視察者が訪れるスポーツクラブ「塩釜FC」の理事長を務めた小幡忠義氏だ。 ▽小幡氏は、宮城県サッカー協会会長も務めた人物。人口わずか5万6千人の宮城県塩釜市から、悲願のアジアチャンピオンに王手をかけた鹿島アントラーズで活躍するMF遠藤康や、モンテディオ山形、ガンバ大阪などJリーグで活躍した佐々木勇人氏ら、多くのJリーガーを輩出してきた。 ▽「育成」の強化が叫ばれる昨今のサッカー界。そんな中、自身の信念をブラさずに育成指導に長年携わってきた小幡氏が、日本サッカーの持つ問題点に本音で切り込んだ一冊『小幡忠義の子供とともに育つそれが私のサッカー』が、Kindleストアで電子書籍として発売中だ。 ▽ヴィッセル神戸で活躍する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを例に挙げ、なぜ日本ではイニエスタの様な選手が育たないのか。高いポテンシャルを持つ子供たち、原石と言われる選手たちが大成しない理由は…。 ▽子供たちと向き合い、苦難を乗り越えてきた小幡氏からのメッセージを是非感じていただきたい。 『小幡忠義の子供とともに育つそれが私のサッカー』 Kindleストアにて好評発売中! 価格:¥1,000 頁数:61ページ <div style="text-align:center;" id="cws_ad">↓↓購入はコチラ↓↓ <a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://amzn.to/2EJ8ycc&c=news_obata_20181106" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181106_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆購読の手順 (1)スマホ、タブレットに「Kindle」アプリを入れる (2)本書を購入する ・お使いの スマホやタブレットで <a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://amzn.to/2EJ8ycc&c=news_obata_20181106" target="_blank">こちら</a>をクリックする ・「1-clickで今すぐ買う」もしくは「今すぐダウンロード」をクリックしてください。 2018.11.12 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「鹿島に関わる全ての方々が本気で獲りにいった結果」JFA田嶋会長がアジア王者を祝福

▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が、鹿島アントラーズのアジア制覇を祝福している。 ▽鹿島アントラーズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦でペルセポリス(イラン)と対戦。第1戦を2-0で勝利した鹿島は、この日もGKクォン・スンテと安定した守備陣が相手にゴールを許さず、0-0で試合を終わらせた。この結果、2戦合計スコア2-0とし、鹿島が初のアジア制覇を成し遂げ、12月にUAEで行われるクラブ・ワールドカップへの切符を手にした。 ▽鹿島の初のACL優勝を受け、田嶋会長はJFAの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「念願のアジア王者に輝いた鹿島アントラーズの関係者とサポーターの皆さんにお祝いを申し上げます」 「2016年のFIFAクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリーと延長戦まで戦って惜しくも敗れましたが、ACLで優勝して再びFIFAクラブワールドカップに出場したいという並々ならぬ思いが伝わってきた試合でした」 「完全アウェイの中での勝利はチームや選手たちの自信につながり、それがFIFAクラブワールドカップや来年のJリーグにもつながっていくことになると思います」 「ACLの優勝は、大岩監督や選手のみならず、庄野社長やジーコテクニカルディレクター、クラブやサポーターの皆さんなど、鹿島アントラーズに関わる全ての方々が本気でこのタイトルを獲りにいった結果だと思います」 「日本サッカー界の一員として、鹿島アントラーズの関係者の皆さんに感謝を申し上げます」 2018.11.11 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

村井満氏、鹿島のアジア制覇を祝福「チェアマンとして誇りに思う」

▽Jリーグの村井満チェアマンが、鹿島アントラーズのアジア制覇を祝福している。 ▽鹿島アントラーズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦でペルセポリス(イラン)と対戦。第1戦を2-0で勝利した鹿島は、この日もGKクォン・スンテと安定した守備陣が相手にゴールを許さず、0-0で試合を終わらせた。この結果、2戦合計スコア2-0とし、鹿島が初のアジア制覇を成し遂げ、12月にUAEで行われるクラブ・ワールドカップへの切符を手にした。 ▽鹿島の初のACL優勝を受け、村井満チェアマンはJリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「鹿島アントラーズの皆さん、AFCチャンピオンズリーグ優勝おめでとうございます。数々のタイトルを獲得してきたアントラーズに名誉あるタイトルがまた1つ増えたことを心からお祝い申し上げます。日本サッカー界においては、昨年優勝の浦和レッズに続き、Jリーグクラブから2年連続でタイトルを掴み取ることができましたことをチェアマンとして誇りに思います」 「今シーズンは例年以上の過密日程の中、若手選手と経験豊富なベテラン選手の融合が功を奏し、グループステージから1つずつ勝利を積み上げてきました。満員で埋め尽くされた決勝第1戦では2-0の快勝とし、悲願の優勝まであと1つと迫り、そして迎えた第2戦では、完全アウェイの中でも動じることなく相手の攻撃を無失点におさえて試合を終えることができました。この勝利はファン・サポーター、クラブスタッフをはじめとしたアントラーズに関わる全ての皆様の努力に心から敬意を表します」 「12月12日から開催される「FIFA クラブワールドカップ UAE2018」ではアジア代表として出場します。ACLの勢いそのままに、トップの座を掴むべく勝ち上がることを期待しています」 2018.11.11 13:45 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース