超ワールドサッカー

【質疑応答2】アジア杯前最後の2試合…森保一監督、テーマは“対応力” 五輪世代のA代表入りにも期待2018.11.07 17:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。

▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。

▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。メンバー発表後、メディア陣からの質疑に応対した森保監督は、今回の2試合が違った試合になり、「対応力」が求められると主張した。また、自身のA代表での指揮が始まり、東京五輪世代に落とし込みたい部分も言及した。

◆森保一監督(日本代表兼U-21日本代表監督)
──アジアカップを見据えた上で、今回重要になるテーマは
「アジアカップに向けて、今回初戦のベネズエラと2戦目のキルギスは、全く違う戦いになるのかなと思います。ベネズエラもキルギスも我々に対してどういう対策をとってくるかということは試合前なので分かりませんが、キルギスに関しては次のアジア大会を見据えた時にアジアでの戦いを想定できる試合ができるのかなと思います」

「ベネズエラ戦とキルギス戦、まだしっかり分析している訳ではないですが、まったく別の戦い方をしていかなくてはいけません。選手たちはこれまで非常にアグレッシブに、チームとしても個人としても自分たちの力を発揮してくれ、良いトライをしてくれたと思います。今回のキリンチャレンジカップの中で、アジアの戦い方とアジア以外の諸国との戦い方、違う戦いをしなくてはいけないということ、そして対応力が求められると思います」

「これまで通り選手たちにはアグレッシブにプレーして欲しいと思います。相手を崩していくために、相手に勝っていくために、どういう戦い方をしたら良いかを学べる、そしてアジアカップに向けて良いシミュレーションになると思っています」

──A代表のメンバーは初招集のメンバーを除くとほぼ前回と同じメンバーになるが、その理由は
「全てが基本的にということですが、これまでキリンチャレンジカップで招集させてもらった選手を中心にアジアカップに臨んでいくということは考えています。ただ、まだ我々のチームに情報は吸い上げていますけど、招集していない選手はたくさんいます。その選手たちがアジアカップに入ってくるということも考えながらやっていきたいと思っています」

「選考していく中で、今回のキリンチャレンジカップの戦いは、このメンバー選考がベストだろうということで決めました。決めた結果、あまり変わらなかったということは今言われて気づきました(笑)」

──A代表を指揮して、五輪世代に落とし込みたい部分は
「まずは全てのクオリティを上げるということが大切かなと思います。技術的なクオリティや判断の速さ、的確な判断をするというところをもっと上げていかなくてはいけないと思います。その技術を発揮するために、戦う球際の部分、インテンシティを上げていくというところ、これまで日本代表の監督をしてこられた方々が言ってきたインテンシティを高く持ってやっていくということ、デュエルの部分で強くやっていくということ、そこをベースとして持ちながら日本人の持っている技術を西野さん(西野朗前監督)が言われた通りに発揮していくということは、東京オリンピック世代の選手に全てを上げていくということに伝えていければと思います」

「そういった意味で、今回A代表のコーチとして9月、10月のキリンチャレンジカップを経験したコーチたちがまたUAEの遠征に行って、彼らに伝えていくということ、感覚的に伝えられるというのはすごく大きな経験をチームとしてもやれたと思います。より高いものを求めていけると思います。先ほども言いましたが、A代表を経験した選手がまたアンダー世代の活動に入っていくということ、そこでいろいろな部分を東京オリンピック世代の選手たちには刺激を受けて欲しいなと思います。A代表で経験した選手、伊藤達哉に関してはそこで経験したことをUAEの遠征で発揮してもらいたいと思います」

「U-21の活動に関しては、直近のアジア大会で準優勝することができました。そこは非常に自信を持ってほしいなと思います。ただ、自信が過信にならないようにもっともっと高めていくことを忘れずに、アンダー世代の代表で満足するのではなく、いつも言っているように東京オリンピック世代の選手たちは、A代表を目標にしながら、A代表で活動しながら東京オリンピックに関わっていくということへの強い気持ちを持ってもらいたいなと思っています」

「アジア大会の決勝で韓国に敗れてしまいましたが、非常に良い試合をしてくれました。今、彼らが持っている力を100パーセント出し切ってくれたかなと思います。ただ、韓国代表は素晴らしいチームでしたが、その戦いを最低限に持ってさらに高いものを目指して欲しいと思います。韓国代表との決勝でのインテンシティ、球際の戦い、粘り強く戦うというベースの部分を選手たちは見せてくれましたが、そこからどれだけ攻撃にできたかというところは満足できないものだったと思います。激しく厳しい戦いを東京オリンピックでは最低限6試合やって目標とするものが得られるので、そこのレベルアップの部分では厳しい気持ちを持って、UAEの遠征に臨んで欲しいなと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

ベネズエラ戦に臨む森保ジャパン、これまで通り4バック採用も「状況に応じて連動・連係を大切に」3バックの可能性も示唆

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、翌日に控えるキリンチャンレンジカップ2018のベネズエラ代表戦に向けた記者会見を行った。 ▽登壇した日本代表の森保一監督はいくつかの質問に答える中で、個の良さだけでなくチームとして対応力を持って、連係や連動を深めていくことが大切だと主張した。 ◆森保一監督(日本代表) ──ベネズエラの印象と対策、どんなメンバーで臨むのか 「(ラファエル・ドゥダメル)監督はアンダー世代の監督も経験しているので、非常に戦術の浸透がされているチームだと思っています。個の力もありますし、何よりも規律がとれていてチームとして戦うことが出来る相手だと思っています」 「我々の明日のベネズエラ代表とキルギス代表とのキリンチャンレンジカップ2試合において、一人でも多くの選手にプレーしてもらうという考えを持ってやっていきたいです。ベネズエラ戦ではウルグアイ代表戦のメンバーをベースにして戦っていきたいと思います」 ──3バックは試す予定は 「はっきりとした形で3バックを使うことはないです。スタートの地点でこれまでの4バックでいこうと思っていますけど、私の中で3バックと4バックに戦い方の違いがあるとは捉えてなくて、選手たちも状況に応じて3バックは自然とやってくれているので、そういう状況になればやっていくということで考えています」 ──これまでの合宿でも攻守の手応えや明日の試合で試したいことは 「今回のキャンプでは選手たちが9月、10月の結果を踏まえて緩むことなくこれまでやってきたことをベースにしながらさらに上を目指して成長しようとする姿勢を見せてくれたと思っています」 「明日の試合は個の良さを出すということと、チームでの戦いを向上させていくことを選手たちにはトライしてほしいなと思っています」 ──南野選手、堂安選手、中島選手について 「彼らは思い切ってプレーしてくれて個の良さを出していますし、連係・連動のコンビネーションやチームとしての戦い方も考えてくれていると見てます。若いアタッカーをベテランの選手がサポートして良いところを引き出そうとしてくれているので、これを続けてやってほしいなと思います」 「アグレッシブにプレーすることは非常に大切ですけど、試合の流れの中では相手を揺さぶったりとか落ち着いて戦うとか、緩急を持ちながら、選択肢を持ちながらやっていくことも大切だと思いますので、相手が嫌がる攻撃をしてもらえたらと思っています」 ▽日本代表vsベネズエラ代表は、16日19時30分にキックオフ予定となっている。 2018.11.15 19:19 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表の一員になり、仲間と共に世界と戦え!

▽ロシア・ワールドカップでベスト16の成績を残した日本代表。その後に就任した森保一監督の下では、国際親善試合で3連勝と結果を残している。 ▽新生日本代表には新たな風が吹き込み、選手たちの立ち位置にも変化が。監督をはじめ、ワールドカップを戦った選手たちの半数以上が入れ替わっており、来年1月のアジアカップ、そして4年後のカタール・ワールドカップに向けて、新たなチームを作り上げている。 ▽ワールドカップ終了後、日本代表は9月~11月まで3度新チームで活動。森保監督は、その全てで初招集となる選手を呼んでおり、9月、10月はその初招集選手たちがデビューを果たしている。 ▽また、2020年の東京オリンピックに出場するU-23日本代表も兼任で指揮を執る森保監督は、若手選手もA代表で起用。顔ぶれだけでなく、取り組みとしても新たな風を吹かせている。 ▽過去を超える目標達成を目指し、新たなチーム作りをスタートさせた日本代表。そんな日本代表の一員になれるゲームが『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_1" target="_blank">新規登録でガチャが引ける!!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div>▽『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』は、日本代表選手が実名実写で登場。ユーザーが1人の選手となり、ギルド形式で試合を楽めるゲーム。他ユーザーと1つのチームを組み、ギルド形式で試合に臨み、勝利を目指すゲームだ。 ▽試合に臨むフォーメーションや各ユーザーが担当するポジションは、「チームチャット」を利用して相談が可能。各ユーザーが担当する選手の能力を最大限に生かし、チーム力を高めて勝利に近づくことができるぞ。 ▽また、ゲーム内ではリーグ戦やカップ戦が開催。頂点を目指し、白熱のバトルが繰り広げられる。また、日本代表選手は定期的に最新の代表招集選手が追加されるので、新たな選手が呼ばれた場合でも、しっかりとゲーム内に登場するのでご安心を。 ▽さらに、『myGAMECITY』の『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』で今新規登録をすると、様々な特典が!「新規登録&1,500GCコイン還元キャンペーン」として、10回分のガチャが引ける【激スターメダル】をプレゼント。さらに、初回無料のガチャが引ける、お得なキャンペーンを実施している。 ▽また、選手を一気に成長させられるアイテム【シンドウコーチ24時間契約チケット】もプレゼントされるため、今から始めてもすでにプレーしているユーザーに追いつくことができるぞ。選手の体力を回復させる【体力ドリンク】も200個プレゼントされるので、練習や試合に最初から励むことができる。 ▽その他にも、1,500GCコイン以上を使用すると、キャンペーン期間終了後に1,500GCコインを還元。10連ガチャを引くことで、その分がしっかり還元されるので、今のうちにガチャを利用してはいかがだろうか。また、毎月15日にはGCコインがお得にチャージ可能となるため、この機会を逃さないことをオススメする。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_2" target="_blank">日本代表選手が実名・実写で登場!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div> 2018.11.15 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀の同僚FWロンドンらベネズエラ代表21名が来日!《キリンチャレンジカップ2018》

▽16日に日本代表とキリンチャレンジカップ2018で対戦するベネズエラ代表メンバーが発表された。 ▽ラファエル・ドゥダメル監督率いるベネズエラ代表は、21名が来日。FW武藤嘉紀とチームメイトのFWサロモン・ロンドン(ニューカッスル)やMFダルウィン・マチス(ウディネーゼ)、MFトマス・リンコン(トリノ)らが招集されている。 ▽ベネズエラ代表は、16日の19時30分から日本代表と対戦。その後、20日にイラン代表と対戦する。 ◆ベネズエラ代表メンバー21名 GK 1.ウイルケル・ファリニェス(ミジョナリオスFC/コロンビア) 22.ラファエル・ロモ(アポエル・ニコシア/キプロス) DF 3.ヨルダン・オソリオ(ビトリア・ギマラエス/ポルトガル) 4.ジョン・チャンセジョール(アンジ・マハチカラ/ロシア) 6.ナウエル・フェラレーシ(ペララダジローナB/スペイン) 14.ルイス・マゴ(カラボボFC) 16.ロベルト・ロサレス(エスパニョール/スペイン) 18.ベルナルド・アニョル(カラカスFC) 20.ロナルド・エルナンデス(スターベクIF/ノルウェー) MF 5.フニオール・モレーノ(DCユナイテッド/アメリカ) 7.ダルウィン・マチス(ウディネーゼ/イタリア) 8.トマス・リンコン(トリノ/イタリア) 10.ジェフェルソン・サヴァリーノ(レアル・ソルトレイク/アメリカ) 11.ルイス・ゴンサレス(アトレティコ・トリマ/コロンビア) 13.ヤンヘル・エレーラ(ニューヨーク・シティ/アメリカ) 15.ジョン・ムリージョ(CDトンデラ/ポルトガル) 19.アリストテレス・ロメロ(FCクロトーネ) FW 9.アンドレス・ポンセ(アンジ・マハチカラ/ロシア) 17.ホセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド/アメリカ) 21.セルヒオ・コルドバ(アウグスブルク/ドイツ) 23.サロモン・ロンドン(ニューカッスル/イングランド) 2018.11.15 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ウズベキスタンにリベンジならず…U-21日本は2度追いつきドロー《ドバイカップU-23》

▽U-21日本代表は14日、ドバイカップU-23の初戦でU-21ウズベキスタン代表と対戦し2-2のドローに終わった。 ▽森保一監督が率いるU-21日本代表だが、キリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦、キルギス代表戦に臨むため、横内昭展コーチが監督代行を務める。 ▽試合は14分に先制を許すも、17分に藤谷壮のクロスが直接決まり同点に。29分に再びリードを許すも、45分には小川航基がPKを決めて、2-2とした。 ▽この世代の日本は、M-150カップ決勝、AFC U-23選手権の準々決勝でウズベキスタンに敗れており、アジアを勝ち抜く上での宿敵となっていたが、引き分けに終わった。 ▽日本は、17日に第2戦でクウェートと、20日に第3戦でUAEと対戦する。 U-21ウズベキスタン代表 2-2 U-21日本代表 【日本】 藤谷壮(前17) 小川航基(前45) 【メンバー】 GK:小島亨介 DF:板倉滉、大南拓磨、立田悠悟 MF:藤谷壮(→46分 長沼洋一)、中山雄太、松本泰志、杉岡大暉 MF:三好康児、伊藤達哉(→61分 岩崎悠人) FW:小川航基(→81分 上田綺世) 2018.11.15 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMから初招集のDF山中亮輔は背番号5番! 日本代表メンバー背番号が発表《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、11月に行われるキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーの背番号を発表した。 ▽前回に引き続き、背番号10はFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が着用し、「9」はMF南野拓実(ザルツブルク)が背負う。また、初招集となったDF山中亮輔(横浜F・マリノス)には、DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が着用していた「5」が与えられている。 ▽日本代表は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する。 ◆日本代表メンバー GK 1.東口順昭(ガンバ大阪) 12.権田修一(サガン鳥栖) 23.シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) DF 20.槙野智章(浦和レッズ) 22.吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 4.佐々木翔(サンフレッチェ広島) 19.酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 5.山中亮輔(横浜F・マリノス) 3.室屋成(FC東京) 2.三浦弦太(ガンバ大阪) 16.冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) MF 8.原口元気(ハノーファー/ドイツ) 7.柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 6.遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) 14.伊東純也(柏レイソル) 10.中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル) 9.南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 17.守田英正(川崎フロンターレ) 18.三竿健斗(鹿島アントラーズ) 21.堂安律(フローニンヘン/オランダ) FW 15.大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) 11.杉本健勇(セレッソ大阪) 13.北川航也(清水エスパルス) 2018.11.14 19:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース