【質疑応答2】アジア杯前最後の2試合…森保一監督、テーマは“対応力” 五輪世代のA代表入りにも期待2018.11.07 17:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。

▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。

▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。メンバー発表後、メディア陣からの質疑に応対した森保監督は、今回の2試合が違った試合になり、「対応力」が求められると主張した。また、自身のA代表での指揮が始まり、東京五輪世代に落とし込みたい部分も言及した。

◆森保一監督(日本代表兼U-21日本代表監督)
──アジアカップを見据えた上で、今回重要になるテーマは
「アジアカップに向けて、今回初戦のベネズエラと2戦目のキルギスは、全く違う戦いになるのかなと思います。ベネズエラもキルギスも我々に対してどういう対策をとってくるかということは試合前なので分かりませんが、キルギスに関しては次のアジア大会を見据えた時にアジアでの戦いを想定できる試合ができるのかなと思います」

「ベネズエラ戦とキルギス戦、まだしっかり分析している訳ではないですが、まったく別の戦い方をしていかなくてはいけません。選手たちはこれまで非常にアグレッシブに、チームとしても個人としても自分たちの力を発揮してくれ、良いトライをしてくれたと思います。今回のキリンチャレンジカップの中で、アジアの戦い方とアジア以外の諸国との戦い方、違う戦いをしなくてはいけないということ、そして対応力が求められると思います」

「これまで通り選手たちにはアグレッシブにプレーして欲しいと思います。相手を崩していくために、相手に勝っていくために、どういう戦い方をしたら良いかを学べる、そしてアジアカップに向けて良いシミュレーションになると思っています」

──A代表のメンバーは初招集のメンバーを除くとほぼ前回と同じメンバーになるが、その理由は
「全てが基本的にということですが、これまでキリンチャレンジカップで招集させてもらった選手を中心にアジアカップに臨んでいくということは考えています。ただ、まだ我々のチームに情報は吸い上げていますけど、招集していない選手はたくさんいます。その選手たちがアジアカップに入ってくるということも考えながらやっていきたいと思っています」

「選考していく中で、今回のキリンチャレンジカップの戦いは、このメンバー選考がベストだろうということで決めました。決めた結果、あまり変わらなかったということは今言われて気づきました(笑)」

──A代表を指揮して、五輪世代に落とし込みたい部分は
「まずは全てのクオリティを上げるということが大切かなと思います。技術的なクオリティや判断の速さ、的確な判断をするというところをもっと上げていかなくてはいけないと思います。その技術を発揮するために、戦う球際の部分、インテンシティを上げていくというところ、これまで日本代表の監督をしてこられた方々が言ってきたインテンシティを高く持ってやっていくということ、デュエルの部分で強くやっていくということ、そこをベースとして持ちながら日本人の持っている技術を西野さん(西野朗前監督)が言われた通りに発揮していくということは、東京オリンピック世代の選手に全てを上げていくということに伝えていければと思います」

「そういった意味で、今回A代表のコーチとして9月、10月のキリンチャレンジカップを経験したコーチたちがまたUAEの遠征に行って、彼らに伝えていくということ、感覚的に伝えられるというのはすごく大きな経験をチームとしてもやれたと思います。より高いものを求めていけると思います。先ほども言いましたが、A代表を経験した選手がまたアンダー世代の活動に入っていくということ、そこでいろいろな部分を東京オリンピック世代の選手たちには刺激を受けて欲しいなと思います。A代表で経験した選手、伊藤達哉に関してはそこで経験したことをUAEの遠征で発揮してもらいたいと思います」

「U-21の活動に関しては、直近のアジア大会で準優勝することができました。そこは非常に自信を持ってほしいなと思います。ただ、自信が過信にならないようにもっともっと高めていくことを忘れずに、アンダー世代の代表で満足するのではなく、いつも言っているように東京オリンピック世代の選手たちは、A代表を目標にしながら、A代表で活動しながら東京オリンピックに関わっていくということへの強い気持ちを持ってもらいたいなと思っています」

「アジア大会の決勝で韓国に敗れてしまいましたが、非常に良い試合をしてくれました。今、彼らが持っている力を100パーセント出し切ってくれたかなと思います。ただ、韓国代表は素晴らしいチームでしたが、その戦いを最低限に持ってさらに高いものを目指して欲しいと思います。韓国代表との決勝でのインテンシティ、球際の戦い、粘り強く戦うというベースの部分を選手たちは見せてくれましたが、そこからどれだけ攻撃にできたかというところは満足できないものだったと思います。激しく厳しい戦いを東京オリンピックでは最低限6試合やって目標とするものが得られるので、そこのレベルアップの部分では厳しい気持ちを持って、UAEの遠征に臨んで欲しいなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

香川真司、代表リスタート! 「刺激を受けた」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表入りとなり、森保ジャパン初招集のMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)。復帰戦を次のように振り返った。 ◆香川真司(ベシクタシュ/トルコ) ──代表復帰戦。途中出場だったが 「これは良いチャンスというか、『こういう状況のなかでどれだけ見せられるか』という意気込みで入りましたけど、最終的に負けたので非常に悔しいです」 「ただ、僕自身は初めての試合だったということもあり、色々なことを感じながら、90分を通じて見て、プレーできたことは次に繋がると思います」 「チームとして分析して次の試合に生かして、やっていかなければならないが、それ以上に良いところもあったので、これから改善していければ良いと感じています」 ──過去と今の代表における変化とは 「チームとしてアグレッシブに早い攻撃ができていたし、個人個人としても全員が自信を持ってプレーしていたので、僕自身、前半45分を見て刺激を受けた部分があった。だからこそ、今後もっとやっていければ良いサッカーができるようになると思いました」 「ただ、僕自身も毎日、代表でプレーするわけじゃないので、短い期間のなかで『どれだけ結果を残していけるか』というところを次の試合を含め、明日からみんなと話し合いながらやっていきたいです」 ──南野拓実との縦関係における新たな発見はあったか 「みんながみんな、短い時間しかないですし、初めての選手もいるので。本当にこれからだと思います。チームとして、前半と後半のなかで課題が出て、修正をしなくちゃいけない部分はあると思いますので、個人というより、チームに目を向けたい。そして、0点に終わった攻撃陣の課題を次に生かしていきたいです」 ──無得点の攻撃陣について 「前半は本当にあと一歩のところまでいっていて、あと決め切るだけだった。ただ、みんなの姿勢やアグレッシブさにすごく良いものがあると感じました。新しい体制でアジアカップを含めて半年間やっているので、前半ひチームとしての形、ストロングポイントが見えたと思います」 ──ピッチに出て意識したプレーとは 「後半、相手が修正してきたこともあり、リズムが生まれてこなかった。そのなかで、60分ぐらいに失点してしまった。90分の流れで良い時間帯と悪い時間帯が絶対にあるので、そこをどう耐え凌ぐか。そこは非常に大事。ホームゲームだからこそ、みんながイケイケになってしまった」 「そこは僕も経験しているし、理解できること。コロンビアはあれだけ前半悪くても、後半に点を取ってきた。あれこそ『アウェイでの戦い』と言ったら変ですけど、そういう意味で学ぶ部分は非常にありました。なので、この経験を次に生かしていくためにも、僕自身も準備をやっていくだけです」 2019.03.23 01:52 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安律「全ては前半の0点に限る」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 先発でピッチに立ち、積極果敢な仕掛けとシュートで攻撃陣の主軸を担ったMF堂安律(フローニンヘン/オランダ)。ノーゴールに終わった前半を悔やみ、そのなかで「チーム全体におけるイメージのズレ」や「香川真司との共存性」について口にした。 ◆堂安律(フローニンヘン/オランダ) ──シュートイメージは良い感じだったが 「そうですね。ドリブルのコースとかすごく良く、身体のキレも良かった。だからこそ、前半が勿体なかったし、その前半に決め切れていれば、僕らがもっと後半をうまく運べていたと感じます。全ては前半の0点に限ると思います」 ──もっとパスコースの選択肢を増やすために何が必要か 「やっぱりもっと縦パスを受けるシーンをみんなで共有していかないといけない。僕自身、(中島)翔哉君がボールを持ったとき、『今、このタイミングで突破するんや』っていう瞬間が正直、多かった」 「多分、翔哉君自身もボールを持ったとき、『1トップしか(狙うところが)ない』という印象があるから、僕らは連動できてない。だから、チーム全体で『ここで前向く』というのを共有できれば、全員で前に勢いよく飛び込んでいけると思う」 「もうひとつかなというところです。ただ、アジアカップのときに比べれば、良くなってきていると思います」 ──メンバーが変わり、期間が空くのが代表の難しさ。その辺はどう感じるか 「そこは、素晴らしい選手たちが揃っているので」 ──大迫勇也がいると良い形になるが 「迫くんにボールが入るとき、『前に行く』というのがみんなで共有できているから、それがうまくハマっているのかもしれない」 ──そこに新しい選手が入ると、やはり時間がかかるか 「少しプレースタイルが違う。そこに対して、『迫くんみたいにプレーしろ』とは誰も要求しないですし、そこは変化がある。そのなかで、僕や翔哉君のところでタメを作ることが前半できていたので、サイドバックの攻撃参加も多かった」 ──香川真司が入って、『何かできそうな雰囲気があった』と言っていたが、パスコースが増えるイメージが湧いたということか 「そうですね。彼はボールを触ってテンポを作る選手。右サイドで起点になってくれたシーンのように、僕の近くに寄ってくれると思った。(南野)拓実君はどちらかと言えばフィニッシャーで得点を取りに行くので、そこらへんの違いはありました」 2019.03.23 01:52 Sat
twitterfacebook
thumb

A代表デビューの鈴木武蔵「悔しい」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)不在の1トップとして先発A代表デビューを果たしたFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)。不発に終わったコロンビア代表戦を振り返り、次を見据えた。 ◆鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌) ──代表デビュー戦を振り返って 「前半、良い試合ができていただけに悔しいですね。PKで失点して負けたので」 ──自身のプレーを振り返って 「相手を外す場面があって、特に前半はクロスも来ていたので、ああいうのにうまく合わせて決め切りたかったです」 ──中島翔哉のクロスから良い場面があったが 「クロスは『チャンスがあるな』と思っていました。相手サイドバックの身長が低かったので、そこは意識してプレーしました」 ──相手最終ラインとの駆け引きも印象的だったが 「試合が始まってから相手が食いついてくるし、ラインも高かったので、奪った後に『チャンスあるな』と思っていました」 ──もう少し後ろから自身を狙ったボールが欲しかったか 「欲しかったですね。相手も僕らのビルドアップのところでハメにくる守備をしてきていたし、そこでひとつ外せればチャンスに繋がるけど、奪われてしまう場面があったので、そういうところを改善していければ、前線の動きも生きてくると思います」 「苦し紛れのパスだけじゃなく、ビルドアップでちょっと剥がしたところで駆け引きしていければ、もっとチャンスになってくると思うので、改善していきたい」 2019.03.23 01:51 Sat
twitterfacebook
thumb

森保一監督「試合を通してインテンシティを高く保てるように」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。試合後の森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは前半、立ち上がりのところでピンチはありましたが、選手たちがアグレッシブに相手のボールホルダーにプレッシャーをかけながら、粘り強く下がりながらボールを奪ったり、良い守備から攻撃へというところで、チャンスを作れたところで得点できなかった部分は、得点がゼロで終わる試合ではなかったと思う」 「後半は相手がプレッシャーをかけてきて前線に起点ができず、ボールを握られ、失点につながったと思っています。そういう意味では試合を通してインテンシティを高くチームとしてできるようにしていきたいと思います」 「それでも、相手に押し込まれている中で代わった選手達が良い準備をして相手のゴールに迫っていけた部分は、今日の試合で結果を求める、勝利にこだわっていくこととともに、色々な選手を試合の中で起用しながら、結果をモノにしようというところだったので。結果はついてきませんでしたが、相手にもう一度圧力をかけることができたのは、最後まで戦い抜くことを選手達がやってくれたと思います」 ――今後、オプションをもたらしてくれそうな選手はいたか 「交代で入ってくれた選手、今日は残念ながら起用できませんでしたけど、練習の中で良いプレーを見せてくれた選手は、この短い期間の中でのトレーニングでも起用したいなと思える選手はいました。実際今日試合を通して、後半、流れがなかなかつかめない中で、流れを引き戻してくれた選手達はやはり力があるなと思います」 「選手層を厚くする、チームとしてのベースアップを図っていかなければ、ここからのアジア予選、将来の代表の強化になっていかないという部分では、今日出た選手は力を見せてくれたと思うし、代表の力になってくれると思っています」 ――ボックス外からのシュートが多く崩し切れなかったと思うが 「崩してペナルティエリアの中に入れなかったという点は指摘の通りだと思います。そこはレベルアップしていかなければいけない。コロンビアは中央の守備が非常に堅かったので、クロスから得点チャンスにつながるような場面を作っていければ良かったと思います」 ――後半、コロンビアが圧力をかけてきて難しくなったと思うが守備の課題は 「攻守に渡ってインテンシティを保つということを試合を通してやっていければと思います。ボールロストをして守備をしなければならない状況が増えたこともあったので、相手のプレッシャーがある中で前線で起点を作ったりすることで対応できればと思います」 ――試合後、どんな声をかけたか 「勝利にこだわってプレーしようということは伝えました。前半のインテンシティを後半も保ってプレーできるようにということ。プレス回避すること。これらができなかったので難しい対応になったということを伝えました。強豪国相手に無失点で乗り切るのは難しいのでゴールを奪っていけるような攻撃を次は見せていこうということを言いました」 ――鈴木武蔵について 「非常に前半良くチャンスに絡んでくれたと思います。ボールを握れない時間帯でも身体を張ってマイボールにしたり、相手に自由にさせないプレーをしてくれたと思います。後半は前半に飛ばしていた影響もあってクオリティが落ちたことがあると思います。そこは今後の課題だと思いますが、前半に見せたスピードやフィジカルの部分は相手に嫌がられる存在だということを示してくれたと思います」 2019.03.23 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: 日本 0-1 コロンビア《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗北した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190322_25_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 東口順昭 5.5 ほとんど難しいプレーはなかった DF 5 室屋成 5.5 積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを持たせた 16 冨安健洋 5.5 ハンドでPKを与えてしまったが、それを除けば及第点の出来に。セットプレーでゴールに迫る場面も 3 昌子源 6.0 欧州仕込みの守備はコロンビア代表相手にも通じた 4 佐々木翔 5.5 この試合は攻撃よりも守備での貢献が目立った。S・ビジャのスピードに上手く対応 (→安西幸輝 -) MF 7 柴崎岳 5.5 フリーでパスを受けられる場面も多く、何本か効果的な縦パスも通っていた 6 山口蛍 5.0 高いインテンシティを見せた (→小林祐希 5.0) 途中出場から積極性を見せシュートも2本記録。もっとプレー時間が欲しかった 21 堂安律 5.0 ドリブルでの仕掛けは期待が持てたが、少しスペースが足りなかったか (→乾貴士 5.0) 香川投入後すぐにピッチに立ち、中島含めた3人のファンタジスタが共演。ドリブルでチャンスメイク 9 南野拓実 5.5 積極的にシュートを打つ姿勢は相手の脅威に。前半最初の決定機も南野だった (→鎌田大地 -) 8 中島翔哉 6.5 昨年11月以来の出場に。ドリブルやクロスで何度もチャンスを演出 FW 18 鈴木武蔵 5.0 身体能力では劣っていなかった。前半の決定機を決めておきたかったが… (→香川真司 5.0) ロシアW杯後初招集初出場となった。クラブでの好調さを持ち込むことはできなかったが、球離れは良く無難に捌いた印象 監督 森保一 5.5 森保ジャパン発足以降初招集の選手を積極的に起用した。やはり大迫なきセンターフォワードの後釜が課題か ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 中島翔哉(日本代表) 今の日本代表の攻撃の中心はこの男。アジリティの高いドリブルはコロンビアの選手たちにも恐怖を与えた。 日本 0-1 コロンビア 【コロンビア】 ファルカオ(後19[PK]) 2019.03.22 21:35 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース