【質疑応答2】アジア杯前最後の2試合…森保一監督、テーマは“対応力” 五輪世代のA代表入りにも期待2018.11.07 17:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。

▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。

▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。メンバー発表後、メディア陣からの質疑に応対した森保監督は、今回の2試合が違った試合になり、「対応力」が求められると主張した。また、自身のA代表での指揮が始まり、東京五輪世代に落とし込みたい部分も言及した。

◆森保一監督(日本代表兼U-21日本代表監督)
──アジアカップを見据えた上で、今回重要になるテーマは
「アジアカップに向けて、今回初戦のベネズエラと2戦目のキルギスは、全く違う戦いになるのかなと思います。ベネズエラもキルギスも我々に対してどういう対策をとってくるかということは試合前なので分かりませんが、キルギスに関しては次のアジア大会を見据えた時にアジアでの戦いを想定できる試合ができるのかなと思います」

「ベネズエラ戦とキルギス戦、まだしっかり分析している訳ではないですが、まったく別の戦い方をしていかなくてはいけません。選手たちはこれまで非常にアグレッシブに、チームとしても個人としても自分たちの力を発揮してくれ、良いトライをしてくれたと思います。今回のキリンチャレンジカップの中で、アジアの戦い方とアジア以外の諸国との戦い方、違う戦いをしなくてはいけないということ、そして対応力が求められると思います」

「これまで通り選手たちにはアグレッシブにプレーして欲しいと思います。相手を崩していくために、相手に勝っていくために、どういう戦い方をしたら良いかを学べる、そしてアジアカップに向けて良いシミュレーションになると思っています」

──A代表のメンバーは初招集のメンバーを除くとほぼ前回と同じメンバーになるが、その理由は
「全てが基本的にということですが、これまでキリンチャレンジカップで招集させてもらった選手を中心にアジアカップに臨んでいくということは考えています。ただ、まだ我々のチームに情報は吸い上げていますけど、招集していない選手はたくさんいます。その選手たちがアジアカップに入ってくるということも考えながらやっていきたいと思っています」

「選考していく中で、今回のキリンチャレンジカップの戦いは、このメンバー選考がベストだろうということで決めました。決めた結果、あまり変わらなかったということは今言われて気づきました(笑)」

──A代表を指揮して、五輪世代に落とし込みたい部分は
「まずは全てのクオリティを上げるということが大切かなと思います。技術的なクオリティや判断の速さ、的確な判断をするというところをもっと上げていかなくてはいけないと思います。その技術を発揮するために、戦う球際の部分、インテンシティを上げていくというところ、これまで日本代表の監督をしてこられた方々が言ってきたインテンシティを高く持ってやっていくということ、デュエルの部分で強くやっていくということ、そこをベースとして持ちながら日本人の持っている技術を西野さん(西野朗前監督)が言われた通りに発揮していくということは、東京オリンピック世代の選手に全てを上げていくということに伝えていければと思います」

「そういった意味で、今回A代表のコーチとして9月、10月のキリンチャレンジカップを経験したコーチたちがまたUAEの遠征に行って、彼らに伝えていくということ、感覚的に伝えられるというのはすごく大きな経験をチームとしてもやれたと思います。より高いものを求めていけると思います。先ほども言いましたが、A代表を経験した選手がまたアンダー世代の活動に入っていくということ、そこでいろいろな部分を東京オリンピック世代の選手たちには刺激を受けて欲しいなと思います。A代表で経験した選手、伊藤達哉に関してはそこで経験したことをUAEの遠征で発揮してもらいたいと思います」

「U-21の活動に関しては、直近のアジア大会で準優勝することができました。そこは非常に自信を持ってほしいなと思います。ただ、自信が過信にならないようにもっともっと高めていくことを忘れずに、アンダー世代の代表で満足するのではなく、いつも言っているように東京オリンピック世代の選手たちは、A代表を目標にしながら、A代表で活動しながら東京オリンピックに関わっていくということへの強い気持ちを持ってもらいたいなと思っています」

「アジア大会の決勝で韓国に敗れてしまいましたが、非常に良い試合をしてくれました。今、彼らが持っている力を100パーセント出し切ってくれたかなと思います。ただ、韓国代表は素晴らしいチームでしたが、その戦いを最低限に持ってさらに高いものを目指して欲しいと思います。韓国代表との決勝でのインテンシティ、球際の戦い、粘り強く戦うというベースの部分を選手たちは見せてくれましたが、そこからどれだけ攻撃にできたかというところは満足できないものだったと思います。激しく厳しい戦いを東京オリンピックでは最低限6試合やって目標とするものが得られるので、そこのレベルアップの部分では厳しい気持ちを持って、UAEの遠征に臨んで欲しいなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

森保一監督「総合力を示し、難しい試合を制してくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は17日、AFCアジアカップUAE 2019のグループF最終節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝利した。日本代表を率いる森保一監督の試合後のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずはチームの目標としていたグループステージ全勝をし、首位で決勝トーナメント進出を果たすという目標を結果をもって示してくれたと思います。そして、この試合に関してもこの大会を総力戦で戦っていくということをチーム内で共有していましたが、ウズベキスタン相手に総合力を示し、難しい試合を制して勝利してくれたと思います」 ――今日の試合、落ち着いているなと感じたが、その要因は 「まずはチームとして難しい時間を継続して試合をこなした中、結果を出したことで今日の試合でも落ち着いてプレーできたと思います」 ――この試合はテストだったのか 「今日の試合はテストではありませんでした。チームとして総合力を持って臨みました。選手たちは強い志を持って戦ってくれました」 ――次の対戦相手はどちらが望ましいか 「カタールにしてもサウジアラビアにしても非常に強いチームですので、どちらと対戦したいというのはありません。どちらにしても我々は最善の準備をするだけです」 ――後半、伊東を使うことによってペースが掴めたように思うが 「前半から純也(伊東)は良いポジショニングを取ることができていました。なかなか効果的な攻撃を仕掛けることはできませんでしたが、継続することで後半に良い形が出たと思います」 ――今日の試合がグループステージの中で最も実力が拮抗した対戦相手だったと思うが勝因は 「続けてやっていくことが同点になり、逆転になりということで、1点取られた際にそこで下を向いて頭を止めて足を止めていたら、おそらく失点の直後に同点に追いつくことはできなかったと思いますし、時間帯にしても難しい戦いになっていたと思いますけれども、選手たちがしっかり顔を上げて次の戦いに気持ちを切り替えてやってくれたことが、継続してやってくれたことが後半の逆転につながったと思います」 ――スタメンを大幅に入れ替えたことについて 「選手たちが練習から非常に良いパフォーマンスをしていたので、できる限り全員の選手を使いたいと思っていました。この入れ替えをリスクと考えずにチームとして結果を出そうと考えていました。チームのコンディションも、試合勘も決勝トーナメントからさらに続く厳しい戦いに向けて、良い試合になったと思います」 2019.01.18 03:57 Fri
twitterfacebook
thumb

日本はサウジアラビア、韓国はバーレーンと対戦! 決勝T進出16チームが決定!《AFCアジアカップ2019》

17日にAFCアジアカップ2019グループステージの全日程が終了し、決勝トーナメントに出場する16チームが決定した。 これまでの16カ国から24カ国に出場国が拡大された影響でほぼ順当に強豪国が勝ち進むことになった今グループステージ。 その中で首位通過を果たしたのは共に3連勝の日本と韓国、カタール、開催国のUAE、イランといった優勝候補。その一方で、前大会王者オーストラリアを退けたヨルダンの健闘も光った。 2位通過チームでは中国や前述のオーストラリア、サウジアラビア、イラクといった決勝トーナメントの常連チームに加え、札幌FWチャナティップや横浜FMのDFティーラトンらJリーグ経験者を擁するタイ、日本に敗れたウズベキスタンが勝ち抜けを決めている。 6つのグループの3位チームの成績上位4チームが入る3位枠ではバーレーン、キルギス、オマーンと、勝ち点、得失点差、総得点のいずれでもレバノンと並んだものの、反則ポイントで上回ったベトナムが決勝トーナメント行きを決めた。 2大会ぶりの優勝を目指す日本はラウンド16でグループE2位通過のサウジアラビアとの対戦が決定。また、前大会王者のオーストラリアはウズベキスタン、韓国はグループA3位のバーレーンとの対戦が決まっている。 ラウンド16の対戦カードおよび試合日程は以下の通り。 ◆AFCアジアカップ2019・ラウンド16 ▽1/20 ヨルダン(グループB1位) vs ベトナム(グループD3位) タイ(グループA2位) vs 中国(グループC2位) イラン(グループD1位) vs オマーン(グループF3位) ▽1/21 日本(グループF1位) vs サウジアラビア(グループE2位) オーストラリア(グループB2位) vs ウズベキスタン(グループF2位) UAE(グループA1位) vs キルギス(グループC3位) ▽1/22 韓国(グループC1位) vs バーレーン(グループA3位) カタール(グループE1位) vs イラク(グループD2位) 2019.01.18 03:19 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本 2-1 ウズベキスタン《AFCアジアカップ2019》

日本代表は17日、AFCアジアカップUAE 2019のグループF最終節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 シュミット・ダニエル 6.0 終盤のミドルシュートを好守で凌いだ DF 3 室屋成 6.0 ピンポイントクロスから同点弾をアシスト。守備面も問題なし 2 三浦弦太 5.5 失点の場面ではあっさりかわされてしまったが、概ね対人の強さを見せていた 20 槙野智章 5.0 1失点目の場面ではショムロドフにあっさり裏を取られて失点に関与 4 佐々木翔 5.5 絞っての守備でクロスボールを撥ね返す。攻撃面もまずまず MF 14 伊東純也 6.0 縦への突破で違いを生んだ 17 青山敏弘 5.5 守備面でやや軽さを見せる局面があったものの、気の利いたパスを出していた 11 北川航也 5.0 1本枠内シュートを放ったが、2つの決定機を逸する。消えている時間も多かった (→冨安健洋 -) 18 塩谷司 6.5 球際の強さ、前線へのパスの供給と十分なパフォーマンス。そして圧巻の代表初ゴール 10 乾貴士 5.5 幾つか軽率なミスがあったが、ドリブルでアクセントを付け、シュートも意欲的に狙った (→原口元気 -) FW 13 武藤嘉紀 6.0 起点となるプレーがなかなかできなかったが、同点弾を決めて結果を残す (→遠藤航 -) 監督 森保一 6.0 メンバーを大幅に代えて首位通過を決めた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 塩谷司(日本) ホームグラウンドで見事なパフォーマンスを発揮。攻守に効いていた上、スーパーミドルを叩き込んだ。 日本 2-1 ウズベキスタン 【日本】 武藤嘉紀(前43) 塩谷司(後13) 【ウズベキスタン】 ショムロドフ(前40) 2019.01.18 00:25 Fri
twitterfacebook
thumb

塩谷のスーパーミドル弾でウズベキスタンに逆転勝利の日本、3連勝で首位通過《AFCアジアカップ2019》

日本代表は17日、AFCアジアカップUAE 2019のグループF最終節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝利した。 4日前に行われたオマーン代表戦を原口のPK弾で辛勝した日本は、勝利すれば首位通過となる中、オマーン戦のスタメンから北川以外の10選手を変更した。 序盤の主導権争いを経て徐々に押し込む展開とした日本だったが、16分にピンチ。サイドを突破された流れからショムロドフに際どいシュートを打たれてしまう。 その後、19分に乾がボレーシュートでGKを強襲した日本が引き続き押し込む流れとしたものの、なかなかシュートシーンを生み出すことができない。 そんな中35分、北川が鋭い反転からの左足シュートでGKを強襲した日本だったが、40分に先制される。槙野がショムロドフに裏を取られると、三浦もあっさりかわされシュートを流し込まれてしまった。 しかし43分、室屋の右クロスを武藤がヘッドで決めて日本がすかさず試合を振り出しに戻して前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、54分に伊東がGKを強襲するミドルシュートを放った日本は、武藤、乾と立て続けにミドルシュートを浴びせていく。そして、ギアを上げていった日本が58分に逆転する。ルーズボールをボックス手前中央の塩谷が左足で一閃。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 2-1として以降はウズベキスタンがショムロドフを下げたこともあって日本が危なげなく試合を進めていく。そして82分にはロングカウンターから北川が左足ボレーで3点目に迫ったが、枠を捉えきれない。 終盤、武藤に代えて遠藤を投入し、逃げ切りを図った日本は86分にキャシモフの強烈なミドルシュートを浴びるもGKシュミット・ダニエルが好守で凌ぎ、2-1で勝利。3連勝で首位通過を果たした。 2019.01.18 00:24 Fri
twitterfacebook
thumb

グループ首位通過へ! ウズベキスタン戦はJリーガー8名が先発《AFCアジアカップ2019》

本日17日にシェイク・ハリーファ国際スタジアムでキックオフ(22時30分)を迎えるAFCアジアカップ2019のウズベキスタン代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバ―が発表された。 2連勝でグループステージ突破を決めた森保ジャパン。前日会見の言葉通り、スターティングメンバーを第2戦のオマーン代表戦から10名変更した。 GKには初出場となるシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)、最終ラインはDF室屋成(FC東京)、DF三浦弦太(ガンバ大阪)、DF槙野智章(浦和レッズ)、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)とJリーガーを並べた。 中盤にはサンフレッチェ広島のMF青山敏弘とかつて広島でプレーしたアル・アインのMF塩谷司を起用。また、右サイドに伊東純也(柏レイソル)、左サイドにMF乾貴士(ベティス)を起用。2トップにFW北川航也(清水エスパルス)、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)を並べた。 ◆vsウズベキスタン 日本代表スタメン GK:シュミット・ダニエル DF:室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔 MF:伊東純也、青山敏弘、塩谷司、乾貴士 FW:北川航也、武藤嘉紀 2019.01.17 21:33 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース