超ワールドサッカー

【質疑応答2】アジア杯前最後の2試合…森保一監督、テーマは“対応力” 五輪世代のA代表入りにも期待2018.11.07 17:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。

▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。

▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。メンバー発表後、メディア陣からの質疑に応対した森保監督は、今回の2試合が違った試合になり、「対応力」が求められると主張した。また、自身のA代表での指揮が始まり、東京五輪世代に落とし込みたい部分も言及した。

◆森保一監督(日本代表兼U-21日本代表監督)
──アジアカップを見据えた上で、今回重要になるテーマは
「アジアカップに向けて、今回初戦のベネズエラと2戦目のキルギスは、全く違う戦いになるのかなと思います。ベネズエラもキルギスも我々に対してどういう対策をとってくるかということは試合前なので分かりませんが、キルギスに関しては次のアジア大会を見据えた時にアジアでの戦いを想定できる試合ができるのかなと思います」

「ベネズエラ戦とキルギス戦、まだしっかり分析している訳ではないですが、まったく別の戦い方をしていかなくてはいけません。選手たちはこれまで非常にアグレッシブに、チームとしても個人としても自分たちの力を発揮してくれ、良いトライをしてくれたと思います。今回のキリンチャレンジカップの中で、アジアの戦い方とアジア以外の諸国との戦い方、違う戦いをしなくてはいけないということ、そして対応力が求められると思います」

「これまで通り選手たちにはアグレッシブにプレーして欲しいと思います。相手を崩していくために、相手に勝っていくために、どういう戦い方をしたら良いかを学べる、そしてアジアカップに向けて良いシミュレーションになると思っています」

──A代表のメンバーは初招集のメンバーを除くとほぼ前回と同じメンバーになるが、その理由は
「全てが基本的にということですが、これまでキリンチャレンジカップで招集させてもらった選手を中心にアジアカップに臨んでいくということは考えています。ただ、まだ我々のチームに情報は吸い上げていますけど、招集していない選手はたくさんいます。その選手たちがアジアカップに入ってくるということも考えながらやっていきたいと思っています」

「選考していく中で、今回のキリンチャレンジカップの戦いは、このメンバー選考がベストだろうということで決めました。決めた結果、あまり変わらなかったということは今言われて気づきました(笑)」

──A代表を指揮して、五輪世代に落とし込みたい部分は
「まずは全てのクオリティを上げるということが大切かなと思います。技術的なクオリティや判断の速さ、的確な判断をするというところをもっと上げていかなくてはいけないと思います。その技術を発揮するために、戦う球際の部分、インテンシティを上げていくというところ、これまで日本代表の監督をしてこられた方々が言ってきたインテンシティを高く持ってやっていくということ、デュエルの部分で強くやっていくということ、そこをベースとして持ちながら日本人の持っている技術を西野さん(西野朗前監督)が言われた通りに発揮していくということは、東京オリンピック世代の選手に全てを上げていくということに伝えていければと思います」

「そういった意味で、今回A代表のコーチとして9月、10月のキリンチャレンジカップを経験したコーチたちがまたUAEの遠征に行って、彼らに伝えていくということ、感覚的に伝えられるというのはすごく大きな経験をチームとしてもやれたと思います。より高いものを求めていけると思います。先ほども言いましたが、A代表を経験した選手がまたアンダー世代の活動に入っていくということ、そこでいろいろな部分を東京オリンピック世代の選手たちには刺激を受けて欲しいなと思います。A代表で経験した選手、伊藤達哉に関してはそこで経験したことをUAEの遠征で発揮してもらいたいと思います」

「U-21の活動に関しては、直近のアジア大会で準優勝することができました。そこは非常に自信を持ってほしいなと思います。ただ、自信が過信にならないようにもっともっと高めていくことを忘れずに、アンダー世代の代表で満足するのではなく、いつも言っているように東京オリンピック世代の選手たちは、A代表を目標にしながら、A代表で活動しながら東京オリンピックに関わっていくということへの強い気持ちを持ってもらいたいなと思っています」

「アジア大会の決勝で韓国に敗れてしまいましたが、非常に良い試合をしてくれました。今、彼らが持っている力を100パーセント出し切ってくれたかなと思います。ただ、韓国代表は素晴らしいチームでしたが、その戦いを最低限に持ってさらに高いものを目指して欲しいと思います。韓国代表との決勝でのインテンシティ、球際の戦い、粘り強く戦うというベースの部分を選手たちは見せてくれましたが、そこからどれだけ攻撃にできたかというところは満足できないものだったと思います。激しく厳しい戦いを東京オリンピックでは最低限6試合やって目標とするものが得られるので、そこのレベルアップの部分では厳しい気持ちを持って、UAEの遠征に臨んで欲しいなと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMから初招集のDF山中亮輔は背番号5番! 日本代表メンバー背番号が発表《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、11月に行われるキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーの背番号を発表した。 ▽前回に引き続き、背番号10はFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が着用し、「9」はMF南野拓実(ザルツブルク)が背負う。また、初招集となったDF山中亮輔(横浜F・マリノス)には、DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が着用していた「5」が与えられている。 ▽日本代表は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する。 ◆日本代表メンバー GK 1.東口順昭(ガンバ大阪) 12.権田修一(サガン鳥栖) 23.シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) DF 20.槙野智章(浦和レッズ) 22.吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 4.佐々木翔(サンフレッチェ広島) 19.酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 5.山中亮輔(横浜F・マリノス) 3.室屋成(FC東京) 2.三浦弦太(ガンバ大阪) 16.冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) MF 8.原口元気(ハノーファー/ドイツ) 7.柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 6.遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) 14.伊東純也(柏レイソル) 10.中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル) 9.南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 17.守田英正(川崎フロンターレ) 18.三竿健斗(鹿島アントラーズ) 21.堂安律(フローニンヘン/オランダ) FW 15.大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) 11.杉本健勇(セレッソ大阪) 13.北川航也(清水エスパルス) 2018.11.14 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表の一員になり、仲間と共に世界と戦え!

▽ロシア・ワールドカップでベスト16の成績を残した日本代表。その後に就任した森保一監督の下では、国際親善試合で3連勝と結果を残している。 ▽新生日本代表には新たな風が吹き込み、選手たちの立ち位置にも変化が。監督をはじめ、ワールドカップを戦った選手たちの半数以上が入れ替わっており、来年1月のアジアカップ、そして4年後のカタール・ワールドカップに向けて、新たなチームを作り上げている。 ▽ワールドカップ終了後、日本代表は9月~11月まで3度新チームで活動。森保監督は、その全てで初招集となる選手を呼んでおり、9月、10月はその初招集選手たちがデビューを果たしている。 ▽また、2020年の東京オリンピックに出場するU-23日本代表も兼任で指揮を執る森保監督は、若手選手もA代表で起用。顔ぶれだけでなく、取り組みとしても新たな風を吹かせている。 ▽過去を超える目標達成を目指し、新たなチーム作りをスタートさせた日本代表。そんな日本代表の一員になれるゲームが『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_1" target="_blank">新規登録でガチャが引ける!!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div>▽『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』は、日本代表選手が実名実写で登場。ユーザーが1人の選手となり、ギルド形式で試合を楽めるゲーム。他ユーザーと1つのチームを組み、ギルド形式で試合に臨み、勝利を目指すゲームだ。 ▽試合に臨むフォーメーションや各ユーザーが担当するポジションは、「チームチャット」を利用して相談が可能。各ユーザーが担当する選手の能力を最大限に生かし、チーム力を高めて勝利に近づくことができるぞ。 ▽また、ゲーム内ではリーグ戦やカップ戦が開催。頂点を目指し、白熱のバトルが繰り広げられる。また、日本代表選手は定期的に最新の代表招集選手が追加されるので、新たな選手が呼ばれた場合でも、しっかりとゲーム内に登場するのでご安心を。 ▽さらに、『myGAMECITY』の『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』で今新規登録をすると、様々な特典が!「新規登録&1,500GCコイン還元キャンペーン」として、10回分のガチャが引ける【激スターメダル】をプレゼント。さらに、初回無料のガチャが引ける、お得なキャンペーンを実施している。 ▽また、選手を一気に成長させられるアイテム【シンドウコーチ24時間契約チケット】もプレゼントされるため、今から始めてもすでにプレーしているユーザーに追いつくことができるぞ。選手の体力を回復させる【体力ドリンク】も200個プレゼントされるので、練習や試合に最初から励むことができる。 ▽その他にも、1,500GCコイン以上を使用すると、キャンペーン期間終了後に1,500GCコインを還元。10連ガチャを引くことで、その分がしっかり還元されるので、今のうちにガチャを利用してはいかがだろうか。また、毎月15日にはGCコインがお得にチャージ可能となるため、この機会を逃さないことをオススメする。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_2" target="_blank">日本代表選手が実名・実写で登場!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div> 2018.11.14 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷で辞退の鹿島FW鈴木優磨に代わりC大阪FW杉本健勇が日本代表に追加招集《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、キリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦、キルギス代表戦に臨む日本代表に、セレッソ大阪のFW杉本健勇を追加招集することを発表した。 ▽当初招集されていた鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が、AFCチャンピオンズリーグのペルセポリス戦で負傷。そのため代表招集を辞退し、代わりに杉本が招集された。 ▽杉本は、9月に行われたコスタリカ代表戦に臨む日本代表に招集。森保ジャパンの初陣のメンバー入りを果たしていたが、トレーニング中に負傷し途中離脱していた。なお、試合出場となれば今年3月に行われたベルギー遠征のウクライナ代表戦以来となる。 ▽今シーズンの杉本は、ここまで明治安田生命J1リーグで28試合に出場し5得点を記録。10日に行われた川崎フロンターレ戦でもゴールを記録していた。 2018.11.13 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、鹿島初制覇のACL決勝でケガ…初招集の代表辞退

▽鹿島アントラーズは13日、FW鈴木優磨の負傷離脱を発表した。 ▽鈴木は、10日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦のペルセポリス戦の78分に負傷交代。チームドクターの検査を受けたところ、右足関節ねん挫で約2週間の治療期間を要する見込みだという。これにより、初招集を受けた日本代表も辞退が決まった。 ▽2015年に鹿島下部組織出身からトップチームに昇格の鈴木は今シーズン、明治安田生命J1リーグ30試合に出場してキャリアハイの11得点を記録。クラブとして初制覇したACLでも全14試合に出場して2得点を挙げ、日本人選手4人目のMVPに輝いた。 2018.11.13 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこ対ノルウェーで思い出した選手/六川亨の日本サッカーの歩み

▽アジアのクラブNo1チームを決めるACL決勝第2戦が10日にテヘランのアザディ・スタジアムで行われ、第1戦を2-0で勝っていた鹿島は、第2戦もペルセポリスに0-0で引き分け、初のアジア王者に輝いた。 ▽国内タイトル19冠と日本最強クラブと言ってもいい鹿島にとって、唯一足りないのがACLのタイトルだった。Jリーグの黎明期である93年から95年は無冠に終わったものの、その後は黄金時代を築く。4-4-2の布陣から堅守速攻というスタイルは25年間変ることがない。むしろACLを勝ち抜くには格好のスタイルだとも思っていた。それがなぜかACLでは早い段階で脱落してきた。 ▽しかし今大会は準決勝のアウェー水原戦で1-3から同点に追いつく粘りを見せた。準々決勝からの6試合で5ゴールを稼いだ途中加入のセルジーニョの活躍が示すように、今大会は持ち味である堅守よりも攻撃的な姿勢が実を結んだと言える。 ▽12月12日からUAEで開催されるFIFAクラブW杯での活躍が楽しみだが、その前に鹿島は来シーズンのACL出場権獲得のためのリーグ戦と、天皇杯の準々決勝という負けられない試合も残っている。これまでも過密日程の中でACLを勝ち上がってきただけに、今回の優勝がプラスと出るのか、選手のメンタリティーにも注目したい。 ▽翌11日は鳥取のとりぎんバードスタジアムでなでしこジャパン対ノルウェーの親善試合が開催された。現コーチで、中学生でL(女子)リーグにデビューした天才少女の大部由美さんが鳥取出身のため地元での開催となったのだろう。 ▽試合は横山のFKから先制すると、岩渕も2ゴールをあげる活躍で4-1の大勝を飾った。ノルウェーは北欧のスウェーデンと並んで女子サッカーが盛んな国だ。95年の第1回女子W杯で優勝すると、00年シドニー五輪では金メダルに輝いた。過去の対戦成績は4勝3敗とほぼ互角。日本は96年アトランタ五輪、99年第3回W杯はいずれも0-4と大敗した。 ▽しかし07年の親善試合で初勝利(1-0)を奪うと、その後のなでしこジャパンは澤や宮間、永里らが中心選手となってチームを牽引しノルウェーに3連勝と立場は逆転する。そして08年の北京五輪ではベスト4に進出するなど、後のW杯制覇やロンドン五輪銀メダルの礎を築いた。 ▽前出した大部コーチが現役時代にデビューしたチームは日興證券ドリームレディースという名のチームだったが、そのチームで忘れられない選手がいる。ノルウェー代表として152試合出場64ゴールを記録したリンダ・メダレンという選手だ。92年に来日すると、いきなり最多ゴール、最多アシストの記録を達成。95年の第1回女子W杯でも優勝の原動力となっていた。 ▽そんな彼女の本職は婦人警官で、フルタイムで働きつつ、空き時間をサッカーに費やしていた。来日後は5ヶ月ほどLリーグでプレーすると、帰国後の7ヶ月は母国での警察官という生活を送っていたものの、94年からは日興證券ドリームレディースのプロ選手としてプレーし、96年にはチームを初優勝に導いた。 ▽96年から日本人選手もプロとなり、日興證券ドリームレディースはリーグ3連覇を果たしたものの、社業の業績悪化のため絶頂期である98年のシーズン中に廃部を決定。大部を始めサッカーを続ける選手は他チームへの移籍を余儀なくされた。 ▽98年といえば、横浜フリューゲルスの出資会社の1つである佐藤工業が本業の経営不振のためクラブ運営からの撤退を表明。さらに親会社の全日空も赤字に陥ったことで、単独でクラブを支えることができない窮地に陥った。クラブを消滅させないためにJリーグが下した決断は、横浜マリノスとの合併だった。LとJで2つのクラブが消滅した98年でもあった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.11.12 19:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース