初招集された横浜FMのDF山中亮輔、代表への覚悟示す「恥じないプレーを」《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 16:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽横浜F・マリノスのDF山中亮輔は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。初招集の今回、「代表に恥じないプレーを」とコメントし代表シャツを纏う覚悟を示した。

◆DF山中亮輔
「日本代表に選出いただきとても光栄に思います。今年のシーズン通じてのパフォーマンスを評価されての選出だと思うので、日本代表として恥じないプレーをしていきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

今後の成長の糧に! DF畠中槙之輔「どれだけ良いものをチームに持って帰れるか」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 初の選出となっている横浜F・マリノスDF畠中槙之輔は、2日目にして徐々に代表に馴染み始めているようだ。また、今回の代表活動を成長の糧とすることを志している。 ◆DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス) ──代表の雰囲気には馴染めたか 「2日目ですけど、だいぶ色々な選手と話が出来てます」 ──宿舎での生活はどうか 「宿舎は一人部屋なので、自分の時間が多いです。安西幸輝とかと色々な話をしてます」 ──東京ヴェルディの下部組織出身が多いが 「いえ、ヴェルディユースとは言っても結構前の話なので、久々に会う(中島)翔哉君とかは…。(小林)祐希君に関しては、そんなに今まで深く関わったことが無かったので緊張していましたが、凄く話しやすくて心強いです」 ──今シーズン含め代表合宿に参加するまでを振り返って思う所はあるか 「この代表活動でどれだけ良いものをチームに持って帰れるか。チームのレベルもこれから上がっていくと思うので、しっかり責任を持ってやっていきたいと思います」 ──初招集のタイミングについて 「自分が思ったよりも正直早かったですし、このタイミングで呼ばれたことは凄く嬉しかったです。ここまでの努力が間違っていなかったということだと思うので、吸収出来る所は吸収して、やりたいと思います」 2019.03.19 20:04 Tue
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表、横浜FMの山田康太が離脱《欧州遠征》

日本サッカー協会(JFA)は18日、横浜F・マリノスに所属するMF山田康太のU-20同国代表離脱を発表した。理由は体調不良のため。山田に代わる追加招集はない。 U-20日本代表は今月のインターナショナルウィークを利用して欧州遠征を実施。U-20ポーランド代表(21日)、U-20アルゼンチン代表(22日)、U-20アメリカ代表(25日)と対戦する。 2019.03.18 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

エース藤本がホーム初白星に導く! 大分、横浜FM撃破で今季初の連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の大分トリニータvs横浜F・マリノスが17日に昭和電工ドーム大分で行われ、2-0で大分が勝利した。 ここまで2勝1分けの6位・大分(勝ち点6)と、2勝1分けで3位につける横浜FM(勝ち点7)の一戦。前節のジュビロ磐田戦を2-1で勝利し、2勝目を挙げた大分は、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 一方、前節、川崎フロンターレとの神奈川ダービーを2-2で引き分けた横浜FMは、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。前節、大津に代えて契約上の理由から出場できなかった三好を起用した。 試合は横浜FMが素早いパスワークから敵陣に侵攻する中、大分も次第に反撃。10分、右サイドを突破した松本が敵陣深い位置からGKとDFの間に鋭いクロスを送り、ニアサイドに走り込んだ藤本が右足を伸ばして合わせる。しかし、ここは右ポストに嫌われてしまう。 その後も横浜FMの攻撃を跳ね返す大分は23分、小塚のロングボールに抜け出した後藤がボックス右手前で飛び出したGK飯倉をボールを浮かしてかわし、ボックス内でシュート。しかし、ここはカバーリングに入ったチアゴ・マルチンスが防いで横浜FMは難を逃れた。 ボールは横浜FMが支配するも、チャンスを作るのは依然として大分。38分、ボックス右外から松本がクロスを送る。ここは相手DFにクリアされたが、こぼれ球を拾ったティティパンが左足でシュートを放つが、GK飯倉の正面に飛んでしまう。 後半に入っても効果的な攻撃を繰り返す大分。迎えた55分、待望の先制点を奪う。ハーフウェイライン付近でボールを収めた藤本はティティパンにボールを預けてゴール前へ。そのティティパンは右サイドにボールを送り、右サイドを追い越した松本が中央にクロスを供給。ここに走り込んだ藤本が右足で合わせてゴールネットを揺らした。 先制した大分はさらにその4分後、右サイドでボールを持った松本がボックス右深い位置へパス。ここに走り込んだ岩田が鋭いクロスを送り、ニアサイドに走り込んだ藤本が右足ヒールでコースを変えてそのままゴールに流し込んだ。 立て続けに失点した横浜FMは70分、天野の右CKを畠中がヘディングシュート。これがゴール左方向へ飛んだが、ギリギリのところで岩田にクリアされて決めきることができない。 横浜FMの反撃を許さない大分は82分、藤本にハットトリックのチャンス。カウンターから藤本が前田のスルーパスに抜け出してボックス内でGKと一対一。左足でシュートを放ち、枠を捉えるも、ここはGK飯倉の意地が勝り、ハットトリックを達成することはできない。 それでも2点のリードを守り切った大分がホーム初白星を飾った。 2019.03.17 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FM、好調・FC琉球からJ3優勝&J2昇格の立役者MF中川風希を獲得 昨季J3で16G10A

横浜F・マリノスは15日、FC琉球からMF中川風希(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 中川は関東学院大学卒業後、スペイン5部のバジェカスに入団。その後、スペイン4部のベティス・サン・イシドロを経て、2017年8月に当時J3だった琉球へ。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで32試合16ゴール10アシストを記録。リーグ最多の70得点を誇る攻撃陣をけん引する存在として、クラブ初のJ3優勝とJ2昇格に貢献した。今シーズンもここまでJ2リーグで3試合4アシストを記録し、チームの開幕3連勝の力になっている。 横浜FMへの完全移籍が決定した中川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC琉球 「どんなときでもどんな天候でもいつも熱い応援ありがとうございます。自分をプロサッカー選手としてプレーさせてくれて、2、3年前の自分の立場では想像できないぐらいの貴重な経験をさせてくれたFC琉球にはとても感謝しています。J3優勝は一生の思い出です」 「今回シーズン途中での移籍をすることになりました。チームも3連勝と調子のいい中での移籍ということでいろいろ考えることもありましたが自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強く移籍を決断させてもらいました。移籍先の横浜F・マリノスで活躍できるように頑張りますのでこれからも応援してくれたら嬉しいです。ほんとに今までありがとうございました!」 ◆横浜F・マリノス 「この度横浜F・マリノスに加入することになりました中川風希です。小さい頃から憧れていたJ1の舞台でプレーするチャンスを与えてくれた横浜F・マリノスに感謝します。少しでもチームの勝利、タイトル獲得に貢献できるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」 2019.03.15 10:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームスタジアムで出場へ! DF畠中槙之輔「日産スタジアムプレー出来るようにアピールをしていければ」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔は、22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する日本代表に招集。今シーズンの明治安田生命J1リーグで台風の目となっている横浜FMでの活躍が評価され初選出となった畠中は、ホームの日産スタジアムで出場できるよう、練習からアピールすると奮い立っている。 ◆畠中槙之輔 「日本代表に選出していただき大変嬉しく思います。F・マリノスでの日頃のプレーが評価されてのことだと思うので、代表でも同じように自分の持ち味をしっかりと出せればと思います。ホームスタジアムである日産スタジアムでの試合もあるので、そこでプレー出来るように練習から良いアピールをしていければと思います」 2019.03.14 15:38 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース