超ワールドサッカー

初招集された横浜FMのDF山中亮輔、代表への覚悟示す「恥じないプレーを」《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 16:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽横浜F・マリノスのDF山中亮輔は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。初招集の今回、「代表に恥じないプレーを」とコメントし代表シャツを纏う覚悟を示した。

◆DF山中亮輔
「日本代表に選出いただきとても光栄に思います。今年のシーズン通じてのパフォーマンスを評価されての選出だと思うので、日本代表として恥じないプレーをしていきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

長崎17位以下が確定…伊藤弾の横浜FMに屈する《J1》

▽10日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J1リーグ第32節のV・ファーレン長崎(18位/勝ち点29)vs横浜F・マリノス(13位/同38)は、アウェイの横浜FMが1-0で勝利した。 ▽敗れれば自動降格圏の17位以下が決まる長崎は、徳重と徳永の両ベテランが先発復帰。鈴木も負傷明け後初のスタメン入りを果たした。一方、2連敗中で残留に足踏みの横浜FMは、出場停止のウーゴ・ヴィエイラに代わり、伊藤が先発に。前節欠場の遠藤がスターティングメンバーに名を連ねた。 ▽試合は13分、ボックス右深くの伊藤が何とか中央に折り返すと、ファーサイドからゴール前に猛進の遠藤が飯尾のファウルを受けて、横浜FMにPKのチャンス。だが、キッカー務めた伊藤の右足シュートはGK徳重の右手を弾いて左ポストを叩き、セカンドボールを翁長にかきだされてしまう。 ▽守護神の奮起が光る長崎。その中で、完全にボールの主導権を握る横浜FMは、続く28分にも左サイドの天野がゴール前に送ったグラウンダーのクロスから伊藤に決定機が巡ってくる。ワンタッチのシュートが枠に飛ぶが、ここも徳重のファインセーブに阻まれ、チャンスを生かせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半も前半と同じように攻勢を続ける横浜FM。大半の時間で攻撃の主導権を握り続け、ゴールに迫るシーンを作りだしていくが、長崎の組織的かつ身体を張った守備に引っかかってしまい、なかなかゴールネットを揺らせない展開が続く。 ▽65分に遠藤に代えてイッペイ・シノヅカを投入した横浜FMはその直後、高い位置でのボール奪取からショートカウンターに持ち込み、ボックス左のイッペイ・シノヅカが中央に折り返す。ゴール前の伊藤がシュートを放つが、バウンドしたボールはクロスバーを叩く。 ▽何とか巻き返したい長崎は70分に磯村から島田にスイッチ。だが、74分に均衡を破れる。イッペイ・シノヅカが左サイドからクロスを送ると、ドゥシャンの右足ヒールシュートが伊藤の足に当たり、そのままゴール右隅へ。遂に横浜FMが先制点をもぎ取る。 ▽後がない長崎は、残る2枚の交代カードで鈴木と中村を下げ、ファンマと大本を投入。だが、オリヴィエ・ブマルと喜田を途中投入の横浜FMからゴールを奪う形を作れない。結局、横浜FMが3試合ぶりの白星。長崎のシーズン17位以下が確定した。 2018.11.10 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】降格回避なるか…高木琢也、運命の一戦へ《長崎vs横浜FM》

▽J2降格に崖っぷちのV・ファーレン長崎。10日にホームで行われる明治安田生命J1リーグ第32節の横浜F・マリノス戦はクラブの命運を懸けた大一番となる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">長崎vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆土俵際〜V・ファーレン長崎〜 ▽前節、残留に向けた大一番のサガン鳥栖とのダービーを落とした長崎。今節の横浜FM戦も敗れるようなことがあれば、他チームの結果次第ながら2試合を残して17位以下が確定となり、自動降格決定の可能性がある。 ▽さらに、引き分けでも鳥栖の結果次第で17位以下が決定する恐れがあり、今節は絶対に勝たなければならない一戦だ。4試合勝ちなしで正真正銘の正念場を迎えるが、鳥栖戦の内容はそこまで悲観するものではなかった。 ▽今節のポイントは、どの内容をどう勝ち点3に結びつけていくか。長崎の意地と底力が試された土俵際の戦いとなる。 ◆ルヴァン逸冠のショック〜横浜F・マリノス〜 ▽前節のFC東京戦を落とすなど、ルヴァンカップ逸冠のショックを拭えずにいる横浜FM。2連敗と足踏みが続いており、気が付けば、参入プレーオフ圏の16位サガン鳥栖がわずか2ポイント差のところまで迫ってきている。 ▽最も心配なのは、リーグ最多の53得点を誇る自慢の攻撃陣が静かなところ。ルヴァンカップ決勝を含む直近の公式戦2試合で無得点が続いており、チームのストロングポイントである攻撃にらしさを欠いた戦いが続いている。 ▽今節の相手は、崖っぷちに立たされる長崎。今節の結果次第で16位に転落する危険も孕むだけに、気を引き締めて試合に挑まなければならない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:増田卓也 DF:田上大地、ヨルディ・バイス、髙杉亮太 MF:飯尾竜太朗、磯村亮太、黒木聖仁、翁長聖、澤田崇、鈴木武蔵 FW:ファンマ 監督:高木琢也<hr>負傷欠場が続くDF徳永悠平、GK徳重健太の出場は依然として微妙。ただ、前節に途中出場で復帰のFW鈴木武蔵がスタメンに戻ってきそうだ。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、ドゥシャン、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、伊藤翔、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽チーム内トップ13得点のFWウーゴ・ヴィエイラが累積で出場停止のため、FW伊藤翔が先発の見込み。また、MF遠藤渓太も先発復帰の様相だ。 【注目選手】 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽長崎の注目選手は、ここまでチーム内トップの9得点を挙げる鈴木だ。前節の鳥栖戦で3試合ぶりに戦線復帰。先発復帰が有力な今節は、得点源としての働きに期待がかかる。チームのヒーローになれるか。 ◆FW仲川輝人(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、今シーズンのここまで9得点をマークするFW仲川輝人だ。前節こそ無得点に終わり、4試合連発を逃したものの、動きはキレキレ。自身の目標である二桁得点となる一発でチームに勝利をもたらせるか。 ◆踏みとどまれるか ▽この終盤戦に険しき残留争いに身を置く長崎と横浜FM。より厳しい状況に置かれているのは前者だが、横浜FMとしてもクラブ初の降格を免れるべく、負けられない戦いとなる。崖っぷちの長崎は踏みとどまれるか。横浜FMは残留に歩みを進められるか。注目の同カードは、14時にトランスコスモススタジアム長崎でキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">残留争い直接対決!<br />長崎vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.11.09 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

主将DFチャン・ヒョンス弾守り抜きFC東京暫定3位浮上! ルヴァン準V横浜FMは連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節の横浜F・マリノスvsFC東京が、3日に日産スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽前節ガンバ大阪に1-2で敗北し4試合ぶりの黒星を喫した暫定11位横浜FM(勝ち点38)は、0-1で敗れた直近のYBCルヴァンカップ決勝湘南ベルマーレ戦からスタメンを2名変更。大津、ユン・イルロクに代えて、喜田、イッペイ・シノヅカを起用した。 ▽前節セレッソ大阪に0-1で敗北した暫定5位FC東京(勝ち点46)は、その試合からスタメンを3名変更。森重、太田、永井に代えて、チャン・ヒョンス、小川、米本を起用した。 ▽試合開始早々、FC東京が2分に横浜FM陣内中央付近でFKを獲得。クロスからボールがこぼれると、ボックス手前で反応した大森がシュートを狙う。これはGK飯倉のセーブに遭ったがFC東京が良いリズムで試合に入っていく。 ▽さらに15分、FC東京が右CKから決定機を迎える。キッカーの東がアウトスウィングのクロスを供給すると、飛び込んだのはチャン・ヒョンス。頭でゴール左下隅を射抜き先制点を奪取した。 ▽その後、ボールを持つ時間の長くなった横浜FMが左右に振りつつ攻めの糸口を探るがFC東京の守備網を中々突破できない。24分にはウーゴ・ヴィエイラがドリブルでボックス内まで侵攻し、DF丹羽と対峙したところで倒れ込む。しかし、ファールの判定にはならない。 ▽27分には喜田がミドルシュートを狙い、直後の28分にも仲川がボックス手前左から右足を振り抜く。しかし、どちらも枠を捉えず横浜FMがスコアを振り出しに戻すことは叶わない。 ▽1-0でリードして後半を迎えたFC東京は、高萩に代えて田邊を投入。すると46分、ボックス右で早速田邊にシュートチャンスが巡る。しかし、DFドゥシャンに上手く寄せられシュートは枠を捉えない。 ▽反撃に出る横浜FMは、55分にウーゴ・ヴィエイラがボックス手前中央から強引にドリブルで突破。しかし、倒れ込みつつ放ったシュートは力なくGK林にセーブされる。さらに攻勢をかけるべく、60分には喜田に代えてユン・イルロクを送り出した。 ▽62分、ボックス左でボールを持った山中がドリブルでFC東京DFを翻弄して右足でシュートを放ちネットを揺らす。しかし、このシュートは左ポスト付近に居た仲川に当たっており、オフサイドの判定に。 ▽相手の勢いを押し止めるべく、FC東京は71分に大森に代えて永井を投入。快速FWを最前線に配置し、横浜FMをけん制していく。対する横浜FMは、76分にイッペイ・シノヅカに代えて伊藤を送り出した。 ▽しかし結局、横浜FMが巻き返すことはないまま試合が終了。この結果、横浜FMは連敗を喫した。対するFC東京は2試合ぶりの白星を手にし暫定3位に浮上している。 2018.11.03 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

前半の戦いを悔やむ横浜FMのMFユン・イルロク「準優勝と優勝は天と地ぐらい違う」《ルヴァンカップ》

▽横浜F・マリノスは27日、埼玉スタジアム2002で行われた2018JリーグYBCルヴァンカップ決勝で湘南ベルマーレに0-1で敗戦。17年ぶりの同大会優勝を逃した。 ▽試合後、MFユン・イルロクはミックスゾーンでの取材に応対。前半の戦いを悔やみ、準優勝と優勝の差は天と地ぐらい違うと語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181027young_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆MFユン・イルロク(横浜F・マリノス) ──後半に入ってからDF山中亮輔、MF天野純との良い連携も見えたが 「そうですね。後半は僕たちが負けていた状況だったので。そう考えると前半の戦い方が残念だったかなと思います」 ──前半にケガも見られたが、その影響は 「それは大したことではないです。やはりこういう試合は勝たないと意味がないです。準優勝と優勝の差は天と地ぐらい違います。残念でした」 2018.10.27 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

想像以上の湘南の圧力に…横浜FMのDF山中亮輔「前に進むことができなかった」《ルヴァンカップ》

▽横浜F・マリノスは27日、埼玉スタジアム2002で行われた2018JリーグYBCルヴァンカップ決勝で湘南ベルマーレに0-1で敗戦。17年ぶりの同大会優勝を逃した。 ▽試合後、DF山中亮輔はミックスゾーンでの取材に応対。湘南の圧力が想像以上だったことを明かし、「戦い方がよくなかった」と反省した。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181027yamanaka_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆DF山中亮輔(横浜F・マリノス) ──0-1での敗戦 「戦い方は良くなかったですし、思ったより湘南の圧力がありました。ゴールキックからハメられてしまい、前に進むことができませんでした。もう少し簡単に前に行っても良かったかなと思いますけど、戦い方は考えないといけないかなと思います」 ──ハーフタイムではどのように修正を 「とりあえず0-1の状況だったので、前に行くしかないなと思っていました」 2018.10.27 23:55 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース