超ワールドサッカー

鳥栖GK権田はアジアカップを見据えた貢献を意識「最後の準備になる」《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 15:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽サガン鳥栖のGK権田修一は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。権田は、その先のアジアカップに向けても貢献したいとコメントした。

◆GK権田修一
「日本代表のメンバーに選出して頂いて光栄です。アジアカップへ向けて最後の準備になるので、より良いチームになるように貢献していきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドのレジェンドDFヴィディッチが天敵フェルナンド・トーレスを語る

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドとして知られる元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチ氏が、現役時代に苦しめられた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスについて語った。同氏が『beIN SPORTS』で語っている。 ▽現役時代にサー・アレックス・ファーガソン監督率いるユナイテッドで元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏と共に鉄壁のセンターバックコンビを形成したヴィディッチ氏。 ▽攻守両面で質の高いパフォーマンスを見せていたヴィディッチ氏だが、唯一苦手としていたのがリバプール戦と当時エースストライカーとして活躍していたトーレスとのマッチアップ。なんと同氏はプレミアリーグでのリバプール戦12試合のうち、4試合で退場を経験していた。 ▽11日の“マンチェスター・ダービー”前に行われた『beIN SPORTS』のスタジオトークの中でリバプールに関する質問を受けた同氏はアンフィールドでの難しさと現サガン鳥栖FWについて語った。 「マンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーにとってアンフィールドは最もプレーするのが難しい場所だった。相手のファンは自分たちのすぐ上に居て、ピッチとスタンドの近さも難しい要因だった」 「あそこでのプレーを愛していたよ。なんせあそこで2度もレッドカードをもらったからね。個人的に楽しみ過ぎていたのかもしれない(笑)」 「私はリバプール戦で3度退場(実際は4度)を経験したが、トーレスに対してのプレーではなかった。確か、一度はシャビ・アロンソ、ジェラード相手にいずれも2枚目のカードをもらっていたと思う」 「トーレスはトッププレーヤーだった。恐らく、当時のプレミアリーグで最高のストライカーだったと思う。彼はユナイテッド相手にも幾つかのゴールを決めていたしね」 「トーレスに関しては一度良いプレーができたが、ある時は酷いゲームもあった。それがプレミアリーグというもので、必ずしも毎週最高のプレーができるわけではない」 「ただ、それがプレミアリーグでの魅力でもあるし、ある試合ではドログバのようなパワフルな相手と戦い、その次にはトーレスやアグエロのような相手と戦う」 「現役時代に多くの人が『あなたはもっとムキムキな人だと思っていた』と言ってきたよ。実際、私はそこまでムキムキに鍛えていなかったが、すべてのチャレンジに全力を注いでいた」 「その理由はドログバらと戦う一方、その次にはトーレスやアグエロのような相手と戦うことを知っていたからなんだ。彼らのようなタイプに対応する必要があったから、あまりジムで多くの時間を過ごすことはなかった」 「ただ、重心が低いタイプのプレーヤー相手にはなかなかうまくプレーできなかった」 2018.11.12 15:42 Mon
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、FW田川亨介とMF齊藤未月が辞退…追加メンバーにMF神谷優太とFW旗手怜央

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、FW田川亨介(サガン鳥栖)、MF齊藤未月(湘南ベルマーレ)のU-21日本代表メンバー招集辞退を発表した。 ▽理由は共に負傷のため。代わって、MF神谷優太(愛媛FC)、FW旗手怜央(順天堂大学)が追加招集されている。 ▽U-21日本代表は、11日にUAEで開幕するドバイカップU-23に参戦。U-23ウズベキスタン代表(14日)、U-23クウェート代表(17日)、U-23UAE代表(20日)と対戦する。 2018.11.11 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

注目のイニエスタvsF・トーレスは痛み分け…神戸とゴールレスの鳥栖が名古屋かわし15位浮上! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節のヴィッセル神戸vsサガン鳥栖が10日、ノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽11位神戸(勝ち点40)は、2-1で勝利した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを1人変更。三原に代えて、藤谷を起用した。 ▽4戦白星がない16位鳥栖(勝ち点36)は、1-0で勝利した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを1人変更。趙東建に代わり、金崎が先発に名を連ねた。 ▽イニエスタとフェルナンド・トーレスの元スペイン代表同士が、初めて日本で相見えた一戦。試合序盤は神戸がボールを保持しボックス前まで持ち運んだが、決定的なチャンスを作るには至らない。 ▽優勢ながらもなかなかチャンスを作れない神戸は30分、敵陣中央で三田からのパスを受けたイニエスタがポドルスキとのワンツーからゴールを狙う。しかし、枠を右に外れ得点とはできず。 ▽37分、神戸がボックス左でFKを獲得。キッカーの藤田がサインプレーでファーサイドのポドルスキにクロスを供給。しかし、フリーでポドルスキが放った左足の強烈なボレーシュートも鳥栖DFにブロックされてしまう。 ▽試合は、枠内シュートは神戸1本に対し、鳥栖は1本も打てず。決定機を欠いた試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽ボールを保持する時間が多い神戸は63分、ボックス手前左のイニエスタがボックス左の三田にパスを送る。すると、三田が落としポドルスキがシュートを放ったが、ポストに嫌われた。 ▽ヒヤッとした鳥栖は直後に反撃に出る。65分、ハーフウェイライン付近から高橋秀人がボックス中央左の小野にロングフィードを供給。小野がヘディングでパスを繋ぎ最後は金崎がボックス中央手前から狙ったが、シュートはゴール右に外れていく。 ▽85分、またしても鳥栖にチャンスが訪れる。ボックス中央手前でボールを受けた途中出場の田川がボックス手前右に走り込んできた小林にパス。小林がクロスを入れるとファーサイドの小野が反応する。しかし、シュートはミートできず、土壇場の先制弾にはできない。 ▽後半もアディショナルタイムに突入した94分、神戸は最後のチャンスを得る。いつ笛が鳴ってもおかしくないこの時間に、ボックス手前中央でボールを持ったのはイニエスタ。しかし、左足で狙ったシュートは枠には飛ばず、このまま0-0で試合は終了した。 ▽この結果、神戸は連勝を逃し勝ち点41で12位に転落。一方の鳥栖(勝ち点37/-6)はリーグ3試合負けなしとし、名古屋グランパス(勝ち点37/-8)を抜き15位の残留圏内に浮上した。 2018.11.10 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

原川弾死守の鳥栖、残留争い直接対決制し残留圏内浮上! 長崎は次節にも降格の可能性《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節のサガン鳥栖vsV・ファーレン長崎が4日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで8勝9分け13敗で16位に位置する16位・鳥栖(勝ち点33)と、8勝5分け17敗で最下位に沈む長崎(勝ち点29)が激突した。前節のベガルタ仙台戦を3-2で勝利して4戦ぶり白星を飾った鳥栖は、その一戦から先発メンバーを2人変更。小野と金崎に代えて原川と趙東建を起用した。 ▽一方、前節のジュビロ磐田戦をゴールレスドローで終え、3試合白星がない長崎は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。中村に代えて平松を起用した。 ▽残留争い直接対決となった九州ダービー。試合は7分、アウェイの長崎が鳥栖ゴールに迫る。GK増田からのロングパスをジョアン・オマリが処理ミス。これを見逃さなかった平松がゴール前でGK権田と一対一を迎えたが、シュートはゴール右へと外してしまう。また、このプレーでGK権田が平松と激しく接触し、口元から出血したが、大事には至らずプレーを再開した。 ▽冷や汗をかいた鳥栖は15分、右CKを獲得するとキッカーの三丸がショートコーナーを選択。リターンを受けてファーサイドにクロスを送り、この日がJ1通算200試合目となる高橋秀人が頭で合わせるも、わずかにゴール右外へと外れた。 ▽時間の経過と共に両者の攻防は激しさを増す。そんな中、長崎は33分、翁長の左サイドからのロングスローにファンマが反応する。ここはわずかに届かなかったが、ファーサイドの飯尾が右足インサイドでゴールを狙う。しかし、シュートはGK権田の正面に飛んでしまい、先制点とはならない。 ▽その後、長崎は前半終盤にかけて鳥栖を押し込み始める。39分、ボックス手前でFKを獲得すると、ヨルディ・バイスが直接狙う。しかし、ここはGK権田に阻まれる。さらに前半アディショナルタイム3分、ボックス左外から翁長が右足で絶妙なクロスをボックス内へ。走り込んだファンマが頭で合わせ、ゴール左を捉えたが、再びGK権田のファインセーブに防がれてしまう。 ▽後半に入っても、試合は長崎ペース。しかし、ホームの鳥栖が一瞬の隙を突いて先制点を奪う。60分、福田が右サイド敵陣深い位置から鋭いクロス。ニアサイドで趙東建が合わせたが、ここはGK増田に防がれる。それでもこぼれ球にいち早く反応した原川がGK増田との接触を恐れずに飛び込んでボールをゴールに押し込んだ。 ▽この一戦に敗れれば、残留に向けて厳しい状況となる長崎は直後、鈴木と中村慶太を投入して攻勢に出る。すると69分、ヨルディ・バイスの浮き球のパスを受けた鈴木が粘り、ルーズボールを拾った中村慶太がボックス手前から強烈なボレーシュート。しかし、ここはGK権田の正面に飛んでしまう。 ▽なんとしても追いつきたい長崎は82分、中盤でボールを持った中村慶太は一度ボックス左手前の味方に預けて自身はゴール前へ。絶妙なクロスにダイレクトで左足を合わせると、鋭いシュートがゴール左隅を捉えたが、GK権田が素早い反応でこれを右手一本でセーブ。これ以上ないシュートを阻まれてしまい、どうしても鳥栖ゴールをこじ開けることができない。 ▽長崎はその後もゴールを目指すも、鳥栖が最後まで集中を切らさず、1-0で試合終了。残留争い直接対決となった九州ダービーを制した鳥栖は3連勝で暫定ながら残留圏内の15位に浮上した。一方の長崎は、残留に向けてかなり厳しい状況に。6日に行われるJ1第28節延期分の名古屋グランパスvsセレッソ大阪の結果次第では、10日に行われる次節の横浜F・マリノス戦で降格が決定する可能性もある。 2018.11.04 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】残留争い直接対決! スペイン人FW擁する九州ダービー!!《鳥栖vs長崎》

▽4日、明治安田生命J1リーグ第31節が開催。サガン鳥栖vsV・ファーレン長崎がベストアメニティスタジアムで行われる。残留を争う両者の対決は激戦必至だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">残留争い真っ只中!<br />鳥栖vs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div><span style="font-weight:700;">◆九州勢のサバイバルマッチ</span> ▽30試合を終え、8勝9分け13敗の勝ち点33でプレーオフ圏の16位に位置する鳥栖と、8勝5分け17敗の勝ち点29で最下位に位置する長崎の対戦。両者の目標、置かれている立場は同じ。J1生き残りを懸けた大事な一戦となる。 ▽鳥栖は序盤の低迷、7連敗が響き、勝ち点を伸ばせないままシーズン終盤へ。夏には元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを補強したが、結果が伴わずに残留争いまっただ中だ。対する長崎は、初のJ1挑戦で予想通り厳しいシーズンとなった。開幕から6戦未勝利、その後4連勝と勝ち点を稼ぐも、再び連敗街道に。苦しい戦いが続いたまま、シーズン最終盤を迎えた。 ▽残留を目指す両者が求めるのは“勝ち点3”。順位の入れ替わりは起こらないが、ライバルチームから3ポイントを奪えることは大きなチャンスとなる。 <span style="font-weight:700;">◆指揮官交代を生かせるか</span>~サガン鳥栖~ ▽シーズンを通した低迷から脱出すべく、マッシモ・フィッカデンティ監督との契約を解除した鳥栖。前節、指揮官交代後の初勝利を挙げた。4試合ぶりの勝利で降格圏を脱したが、予断は許されない状況だ。 ▽守備陣が機能している試合は勝ち点を獲得できていた鳥栖。前節は、3-2と点の取り合いを制して勝利を収めた。シーズンを通して複数得点が少なく、前節で6試合目。残留のためには勝利が必要となり、攻撃陣の奮起が大きなカギを握る。 ▽今節を含めて残り4試合。最終節はアジア王者を目指し、上位に位置する鹿島アントラーズ戦だ。最終節前に残留に向けて良い位置に居たいところ。ライバル相手の勝利は必須だ。 <span style="font-weight:700;">◆革命を起こすためにも残留を</span>~V・ファーレン長崎~ ▽初のJ1の舞台は、予想通り厳しいものだったと言わざるを得ない。しかし、混戦の残留争いという好機を生かすべく、残り4試合で勝ち点3を取り続けるために戦う。 ▽前節は同じ残留争い中のジュビロ磐田とドロー。前々節もヴィッセル神戸にドローと、着実に勝ち点を積み上げている。シーズン中に3連敗が3回、最大5連敗と苦しい戦いは続いた。しかし、一貫して見せる長崎のサッカーは、どこか可能性を感じさせるものがある。 ▽チームの課題は攻守のバランスだ。ここ4試合は1得点が最多。一方で、無失点試合も少なく、勝ち切れない試合が増えた結果が今の順位だ。ハードワークで相手の良さを消すものの、ゴール前での精度を欠いて得点を奪えない展開が多い。守備のバランスを取りつつ、攻撃陣がいかにチャンスを決めるか。重要な一戦で意地を見せたいところだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">白熱のサバイバルマッチ!!<br />鳥栖vs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サガン鳥栖</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181103_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:小林祐三、高橋祐治、ジョアン・オマリ、吉田豊 MF:小野裕二、福田晃斗、高橋秀人、安在和樹 FW:金崎夢生、フェルナンド・トーレス 監督:金明輝 出場停止:キム・ミンヒョク<hr>▽前節から数名の変更を予想。左サイドバックにはDF吉田豊が復帰。さらに1列前には、DF安在和樹が入ると予想する。2トップはFWフェルナンド・トーレスとFW金崎夢生。中盤も4枚で、ボランチにはMF福田晃斗、MF高橋秀人が入るだろう。ゲームメーカーのFW小野裕二は右サイドと見る。 <span style="font-weight:700;">◆V・ファーレン長崎</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181103_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:増田卓也 DF:田上大地、ヨルディ・バイス、髙杉亮太 MF:飯尾竜太朗、磯村亮太、黒木聖仁、翁長聖 MF:澤田崇、中村慶太 FW:ファンマ 監督:高木琢也<hr>▽対する長崎は前節と同じメンバーがピッチに立つと予想。J1残留に向けた大一番は、今シーズンピッチに立ち続けた選手たちに託される。DF徳永悠平やFW鈴木武蔵といった負傷者も戦列復帰。チームとして、ベンチにも駒を置くことができ、高木監督も采配で局面を打開することが可能だ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWフェルナンド・トーレス</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181103_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鳥栖の注目選手はFWフェルナンド・トーレスだ。今夏加入したトーレスは、チームを立て直すべく大きな期待が寄せられていた。しかし、なかなかゴールという結果を残せず、リーグ戦でわずか1得点。そして、前節は待望の2得点目を挙げ、チームも勝利を収めた。トーレスが得点した2試合はいずれも勝利。チームも3得点と2試合ではあるが縁起は良い。チームをJ1残留に導くべく、ゴールを決められるのかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆FWファンマ</span>(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181103_27_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽長崎の注目選手は、エースFWファンマだ。鳥栖のトーレスをお手本にしていたファンマとしては、ついに対戦が実現。同じ残留を争うチームのストライカーとして、トーレスに負けない活躍が期待される。自身初のJ1ではケガの影響もあり思うような結果を残せず。それでも、チームの勝利のためゴールを目指す。 <span style="font-weight:700;">◆意地とプライドを懸けた激戦</span> ▽鳥栖と長崎、隣県での九州ダービーとなる一戦だが、互いに欲しいのは勝ち点3。熱く、シビアな戦いが待っている。 ▽今節は名古屋グランパス、柏レイソル、横浜F・マリノスと残留争い中のチームが敗戦。湘南ベルマーレも引き分け、勝利したのはジュビロ磐田だけとなっている。残留争いは最終節までもつれることが予想されるだけに、ライバル相手の敗戦は許されない。 ▽意地とプライドがぶつかり合い、激戦必死が予想される“九州ダービー”、鳥栖vs長崎は4日(日)の16時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">生き残りを懸けた“九州ダービー”<br />鳥栖vs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.11.03 19:30 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース