広島MF青山敏弘&DF佐々木翔が森保ジャパン選出に意気込み《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 15:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽サンフレッチェ広島のMF青山敏弘は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。恩師・森保一監督の下で選出され続けているベテランMFは、以下のように意気込んだ。

◆MF青山敏弘
「日本代表に選出されて光栄です。引き続き結果を出し続ける日本代表の一員でありたいですし、今回も勝利に貢献できるように頑張ります」

▽また、同じく広島に所属するDF佐々木翔も選出を喜んでいる。

◆DF佐々木翔
「日本代表に選ばれて嬉しく思います。結果を残せるように自分の力を最大限発揮したいと思います。応援をよろしくお願い致します」
コメント
関連ニュース
thumb

広島DF和田拓也が横浜FMに期限付き移籍「歴史と伝統あるクラブに加入することができ、とても楽しみ」

横浜F・マリノスは22日、サンフレッチェ広島に所属するDF和田拓也(28)の期限付き移籍加入が決定したことを発表。期間は2020年1月31日までとなる。なお、和田は2019シーズンの公式戦において広島との対戦に出場出来ない。 神奈川県出身の和田は、東京ヴェルディの下部組織で育ち、2009年にトップチームデビュー。その後、ベガルタ仙台を経て大宮アルディージャで活躍し、2018年に広島に完全移籍で加わった。昨シーズンは明治安田生命J1リーグ33試合2ゴールを記録している。 和田は、両クラブ公式サイトを通じて以下の様にコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「はじまめして。サンフレッチェ広島から移籍してきました和田拓也です。歴史と伝統あるクラブに加入することができ、とても楽しみにしています。自分の経験を活かしてチームに貢献できるよう頑張りますので、これから応援よろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「この度、横浜F・マリノスに移籍することになりました。チームがリーグ戦とACLを戦う忙しい時期に移籍を認めてくださったことに感謝しています。1年間という短い間でしたが、最高のチームメートととても充実したシーズンを過ごすことができ、素晴らしい経験ができました。たくさんの応援ありがとうございました」 2019.03.22 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

佐々木翔、初の地元・神奈川での代表戦に感慨深げ「他の場所でやる時よりも…」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)がメディア陣による取材に応対。初の地元・神奈川県での代表マッチに「他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれない」と感慨深げに語った。 ──セットプレーでのヘディングでの強さについて 「得点を取れるチャンスは非常に大事ですし、僕の中でも試合の中で意識しているポイントでもあります。チャンスがあれば、ヘディングに自信を持っているので得点を取れればなと思っています」 ──ここまで足りないと思って取り組んできたことは 「全てにおいてそうですね。運動能力でもそうですし、判断だったり技術的なところを、ワンランク、ツーランク上げないと感じて、アジアカップから帰ってきました」 「そういった意識を損なわないように高みを目指してトレーニングをしている感じです」 ──自信は 「まだまだ始まったばかりでアレですけど、チームやってきたことを(代表に)活かさないといけないということはもちろんです。それを少しでも周りに良い影響を与えていければと思います」 「チームではそういったことを意識しています。ただ、ここではサバイバルだと思うので、チームメイトですけど負けないように常に意識してやっています」 ──この合宿で森保一監督が強調していることは 「この合宿で強調しているということは特にないですけど、今までやってきたことがベースの部分であると思います。メンバーがある程度変わっている部分もありますので、コミュニケーションを取りながらやっています」 「ただ、それで結果を逃すというのは別の話なので、そこは必ず取りに行くというところですね」 ──地元でやる初めての試合 「それに関しては非常に嬉しいですね。家族も神奈川に住んでいますし、こうやって観に来てもらえる試合は多くありません。チャンスがあればしっかりと良いプレーがしたいなと思います」 「小さい頃からここ(日産スタジアム)と三ツ沢(ニッパツ三ツ沢球技場)は、ずっと観に来ていたピッチです。リーグでもそうですけど、ここで試合をする時は、他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれないですね」 ──森保一体制になってからはずっと選出されている。今回新たな選手も多く入ってきているがアドバイスのようなものはあるか 「いや(笑) そんなにはないですね。選んでもらっていますけど、みんな本当に素晴らしい選手が集まってきていると思います。上からアドバイスできる立場ではありません。まずは自分が生き残れるように必死でやっていきたいです」 2019.03.20 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

左45度の柏ゾーン発動! 広島が柏弾でJ1ホーム通算200勝達成、松本はゴールが遠く連敗《J1》

17日、明治安田生命J1リーグ第4節のサンフレッチェ広島vs松本山雅FCがエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利を収めた。なお、この勝利が広島のJ1ホーム通算200勝となった。 AFCチャンピオンズリーグでメルボルン・ビクトリーに勝利を収めた広島は、前節0-1で勝利したセレッソ大阪と同じ11人を先発させた。一方の松本は、YBCルヴァンカップでガンバ大阪に2-1で敗戦。前節敗れた浦和レッズ戦と同じ11人を先発させた。 序盤から互いに攻め合う展開に。アウェイの松本は、前田のスピードを生かしたプレーを選択し広島ゴールに迫る。一方の広島は、川辺、柴崎を中心にパスを繋いで崩し、サイドを使った攻撃を仕掛けていく。 広島は24分、右サイドから川辺がクロス。これにファーサイドで野津田がダイビングヘッド。しかし、GKの正面を突いてしまう。 42分に松本はカウンターからチャンス。ボールを持ち出した前田がセルジーニョへパス。裏を狙った前田への浮き球のパスが通るが、野上が対応しシュートを打たせない。 広島は44分、右サイドに抜けたドウグラス・ヴィエイラがボックス右からグラウンダーのクロス。これを走り込んだ柏がシュートするも、GKがセーブする。 ゴールレスで迎えた後半も、互いに攻め込んでいく。しかし、集中した守備の前に、どちらも決定機を作れないまま時間が経過していく。 それでも61分、ボックス手前でボールを受けた柏がカットインからシュート。これがゴール右に決まり、広島がついに近郊を破り、先制に成功する。 先制を許した松本は、攻勢に出るとセットプレーのチャンスを何度も得るが、ことごとく生かすことができない。広島は75分にドウグラス・ヴィエイラに代えてパトリックを投入しハイラインの裏を狙う攻撃に。松本はセルジーニョに代えて高崎を投入し、高さを生かした戦いを見せる。 リードしている広島はパトリックを使った攻撃を繰り広げ、守りに入らずにハードワーク。松本もなんとかゴールを目指して攻め込むが、最後までゴールが遠く試合終了。広島が1点を守り切り、今シーズンホーム初勝利。ホーム通算200勝を達成した。 2019.03.17 17:03 Sun
twitterfacebook
thumb

広島DF佐々木翔は貢献を誓う! 「持てる力をすべて出す」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。サンフレッチェ広島のDF佐々木翔は、昨年8月の初招集をきっかけにチャンスを掴んでいる。森保ジャパンではおなじみとなった同選手は、コロンビアやボリビアという強豪国にも持てる力を出し切ると意気込んだ。 ◆佐々木翔 「日本代表に選出されて嬉しく思います。強豪相手となりますが、自分の持てる力をすべて発揮して勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします」 2019.03.14 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

広島が今大会初白星! メルボルン本田も凱旋弾《ACL2019》

サンフレッチェ広島は12日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループF第2節でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)をホームに迎え撃ち、2-1で勝利した。 広州恒大(中国)との初戦を落とした広島は直近の一戦から先発11名が入れ替わり、パトリックや水本といった攻守の要を先発起用。本田もメルボルン・V側の先発メンバーに入り、主将として2007年以来12年ぶりにJリーグクラブと相対した。 本田の両チームを通じたオープニングシュートで立ち上がった試合は、ホームの広島が3分にカウンター。相手のハイラインを抜け出したパトリックがドリブルでボックス右深くをえぐり、中央に折り返す。これに東が合わせ、広島が先制する。 右インサイドハーフでプレーする本田の急所を突く縦パスやセットプレーで攻撃を活性化させたメルボルン・Vだが、要所のところで広島守備網の攻略に苦慮。そのなか、本田が33分に見せ場を迎えるが、左足のミドルシュートを枠に飛ばせない。 多くボールの主導権を握られ、守備の時間帯が続く広島だが、大崩れすることなくメルボルン・Vの揺さぶりに対応。前半終盤にカウンターやセットプレーからパトリックがメルボルン・Vのゴールに襲いかかるなど、良いリズムで攻撃を繰り出す。 追加点を目指す広島は1点リードで迎えた後半の頭から先制弾の東を下げ、エミル・サロモンソンを投入。だが、追いすがるメルボルン・Vが前半と同様、ボールの主導権を握り続け、自陣深い位置で守備に回る展開を強いられてしまう。 何とか追いつきたいメルボルン・Vは59分、司令塔として存在感が際立つ本田にシュートチャンス。ハーフウェイライン付近でのパスカットから敵陣中央に持ち運び、迷いなく得意の左足を一閃。鋭いシュートだったが、枠の上に外れる。 だが、トロイージが左足コントロールショットでGK中林の守る広島ゴールを脅かすと、71分にボックス右深くに侵攻したレシオティスの折り返しにボックス中央の本田が反応。滑り込みながら左足で合わせ、メルボルン・Vがイーブンに戻す。 追いつかれた広島は77分に水本を下げて柏、続く83分に最後の交代枠で和田に代えて野津田をピッチに送り出すと、81分に勝ち越し。左サイドの柏が上げたクロスにボックス内の渡が頭で合わせ、広島が再びリードする。 結局、このゴールが決勝点となり、広島が今大会初白星。4月10日に行われる次節、大邱FC(韓国)とホームで対戦する。本田の一発も実らず、開幕2連敗のメルボルン・Vは同日、広州恒大(中国)のホームに乗り込む。 2019.03.12 20:53 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース