超ワールドサッカー

広島MF青山敏弘&DF佐々木翔が森保ジャパン選出に意気込み《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 15:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽サンフレッチェ広島のMF青山敏弘は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。恩師・森保一監督の下で選出され続けているベテランMFは、以下のように意気込んだ。

◆MF青山敏弘
「日本代表に選出されて光栄です。引き続き結果を出し続ける日本代表の一員でありたいですし、今回も勝利に貢献できるように頑張ります」

▽また、同じく広島に所属するDF佐々木翔も選出を喜んでいる。

◆DF佐々木翔
「日本代表に選ばれて嬉しく思います。結果を残せるように自分の力を最大限発揮したいと思います。応援をよろしくお願い致します」

コメント

関連ニュース

thumb

仙台、石原の恩返し弾で6戦ぶり白星! 広島は泥沼5連敗…優勝は川崎Fに《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節のサンフレッチェ広島vsベガルタ仙台が10日に、エディオンスタジアム広島で行われ、1-0で仙台が勝利した。 ▽ここまで17勝5分け9敗で2位につけるサンフレッチェ広島(勝ち点56)と、12勝6分け13敗で10位につけるベガルタ仙台(勝ち点42)が激突した。前節のジュビロ磐田戦を2-3で敗れ、6戦未勝利でリーグ優勝が絶望的となった広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。柏に代えて青山を起用した。 ▽一方、前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-1で敗れ、5試合勝利がない仙台は、その一戦から先発メンバーを3人変更。契約上の理由により出場できない野津田、矢島と阿部に代えて永戸、奥埜、ハモン・ロペスを起用した。 ▽勝利から遠ざかっている両者の一戦。試合はアウェイの仙台が積極的な入りを見せる。6分、敵陣中央右でボールを持った蜂須賀が、ゴール前にアーリークロスを供給する。ここは野上にブロックされたが、このクリアボールがゴール方向へ。しかし、ボールはゴールの上へと外れ、先制点とはならない。 ▽7分にも蜂須賀のクロスから大岩が惜しいヘディングシュートを放つなど、優勢に試合を進める仙台。しかし、前半半ばが経過すると、優勝にわずかな可能性を残す広島が攻勢に転じ始める。26分、柴崎の右CKをパトリックが頭で合わせる。しかし、これはGKシュミット・ダニエルの正面に飛んでしまう。 ▽その後もGKシュミット・ダニエルの安定したセービングで広島にゴールを許さない仙台は33分、細かいパスワークから中野がドリブルを開始。ボックス手前から強烈なシュートを放つが、枠を捉えることができない。40分には、ボックス手前でパスを受けた石原がボックス右に浮き球を供給。これを収めた中野がキープをしながら中央に切れ込み、最後は永戸がボックス左からシュートを放つが、GK林の好守に阻まれてしまう。 ▽後半に入っても立ち上がりこそ仙台が相手ゴールに迫るが、広島もカウンターからチャンスを迎える。52分、敵陣浅い位置からティーラシンが最終ラインの裏へスルーパス。これにパトリックが抜け出し、GKと一対一を迎えるが、GKシュミット・ダニエルの好判断な飛び出しに防がれてしまう。 ▽このピンチを防いだ仙台は迎えた67分、敵陣中央左でボールを持った中野が右足でアーリークロスを供給。中央でハモン・ロペスが胸で落とし、ボックス中央やや左の石原が右足ダイレクトで振り抜き、ゴール左へと突き刺した。 ▽先制点を許し、このままでは川崎Fの優勝が決定してしまう広島は一気に攻勢に出るも、なかなか決定機を作ることができず。80分には柏の右CKにパトリックが飛び込んだが、ゴール左外へと外れてしまう。83分には柏の左CKを佐々木がヘディングで合わせるも、今度はGKシュミット・ダニエルがファインセーブで防がれる。 ▽その後も広島はゴールを目指したが、最後まで仙台の牙城を崩すことができず試合終了。仙台が6試合ぶり白星を飾った。一方の広島は、これで5連敗。これにより、同時刻に開催されたセレッソ大阪vs川崎フロンターレの一戦で、川崎Fが敗れたものの、川崎FのJ1連覇が決定した。 2018.11.10 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、小川航基のJ1初弾PKで残留近づく劇的逆転勝利! 4連敗の広島は優勝が絶望的に…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節のジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島が3日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、3-2で磐田が勝利した。 ▽ここまで9勝10分け11敗で14位につける磐田(勝ち点37)と、17勝5分け8敗で2位に位置する広島(勝ち点56)が相対した。10月30日に行われた第28節延期分の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利して7戦ぶり白星を手にした磐田は、その一戦から先発メンバーを2人変更。エレンと出場停止の大久保に代えて、大南と宮崎を起用した。 ▽対して、前節の清水エスパルス戦を0-2で落として3連敗中と苦しい状況が続く広島は、その一戦から先発メンバーを2人変更。青山と工藤に代えて柏とティーラシンを先発に送り出した。 ▽磐田はJ1生き残りへ、広島はリーグ優勝に向けて負けられない一戦。試合は開始から磐田がボールを保持して攻勢に出る。しかし、チャンスはアウェイの広島が作る。10分、敵陣右サイド深い位置で和田、川辺とつなぎ、最後はティーラシンの落としを稲垣が左足でシュートするもミートしきれず、ボールはゴール左外へと外れた。 ▽残留に向けて負けられない磐田も反撃。18分、左サイドの宮崎が高弾道のクロスをゴール前に供給。これを飛び出したGK林がファンブルする。こぼれ球を川又がボックス右手前にワンタッチではたき、松浦がダイレクトで合わせたが、シュートはゴールに届かない。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた広島だが、前半半ばを経過すると流れを引き寄せ始める。すると迎えた31分、川辺の右CKを中央の野上が頭で逸らす。これをファーサイドでフリーになっていたティーラシンがダイビングヘッドでゴールへ押し込んだ。 ▽先制点を奪われた磐田は37分、山田の縦パスをボックス手前の川又がフリック。ゴール前に転がったボールに松浦が反応するも、ギリギリのところで野上に防がれてしまい、シュートまで持ち込めない。 ▽1-0で試合を折り返すと、互いの攻防は激しさを増す。そんな中、広島に追加点のチャンス。51分、カウンターからハーフウェイライン付近中央の柏が相手最終ラインの裏へ浮き球のスルーパスを送る。ティーラシンが抜け出し、GKと一対一を迎えたが、左足のシュートはGKカミンスキーに右手一本で弾かれてしまい、点差を広げることができない。 ▽それでも広島は58分に追加点。ボックス右の和田からパスを受けた川辺がボックス右からグラウンダーのクロスを送る。中央に飛び込んだ柏は合わせることができなかったが、ファーサイドのティーラシンが中央にラストパス。ここに起点となっていた和田が左足を振り抜いてゴール右へと蹴り込んだ。 ▽残留争いを抜け出すためにも負けられない磐田は65分、右CKを獲得するとキッカーの山田が中央へクロス。これが水本に当たってゴール前にこぼれ、川又が左足で押し込んで1点差に詰め寄った。 ▽同点に追いつきたい磐田だったが72分、川又が足を負傷。プレー続行不可能となり、櫻内と途中交代する。すると80分、落としを受けた田口がボックス手前からミドルシュート。これは右に流れてしまうも、ボックス右の櫻内がダイレクトで右足を合わせ、ゴール右に押し込んだ。 ▽途中出場の櫻内の期待に応えるゴールで追いついた磐田は、この勢いのまま一気に逆転を目指す。後半アディショナルタイムには右サイドを抜け出した荒木のクロスをニアサイドで山田が合わせるが、右ポストに直撃。絶好のチャンスを逃してしまう。 ▽しかし、このまま試合終了かと思われた試合終了間際、磐田は右CKのセカンドボールに反応した高橋がベサルト・ベリーシャに倒されてPKを獲得する。緊張の中、これを小川航基が右足でゴール右隅に突き刺して試合終了。3-2で劇的勝利を収めた磐田が残留へ大きな勝ち点3を獲得した。一方、4連敗を喫した広島は、優勝がほぼ絶望てきとなった。 2018.11.03 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

広島一筋22年…森崎ツインズの兄・和幸、今季引退

▽サンフレッチェ広島は27日、MF森崎和幸(37)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽広島下部組織の森崎は、2000年にトップチーム昇格を果たすと、同年に新人王を獲得。以降、ゲームメーカーとしてJ1通算427試合19得点を誇り、双子の弟で2016年に引退した森崎浩司氏と共に3度のJリーグ優勝を経験した。 ▽森崎はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「私、森崎和幸は2018シーズンをもちまして現役を引退することを決断しました」 「ユース時代を含めて22年という長い間、サンフレッチェ広島でプレーできたのは、いつも応援していただいている株主・スポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆さん、クラブ関係者の皆さん、家族、そしてこれまで共にプレーしてきたチームメートのおかげだと思っています。本当にありがとうございました」 「振り返れば、僕はサンフレッチェ広島に入団させてもらった時から、このクラブ一筋でプレーすることしか考えていませんでした。引退するのも『サンフレッチェ広島』という強いこだわりがある中、まずその思いが実現できたことを幸せに思っています」 「また、約20年間のプロ生活でもさまざまな経験をさせてもらいました。歓喜に満ち溢れた3度のJ1優勝はもちろんのこと、悔しさを味わった2度のJ2降格、自分自身の体調不良による離脱など、喜びだけでなく、苦しい時期もたくさんありました。それでも何度も這い上がってこられたのは、やはりファン・サポーターの皆さんがどんな時も常にそばにいてくれたからです」 「いろんな想いを一緒に共有できたことは、僕のサッカー人生における大切な宝物になりました。長い間、支えてくださり感謝しています。まだまだ感謝の思いはありますが、それは別の機会で直接、皆さんに伝えたいと思います」 「そして最後に、僕は今年の優勝は諦めていません。最後まで共に戦ってください。僕も最後まで戦い続けます!」 ▽なお、ホーム最終戦となる11月24日の明治安田J1リーグ第33節の名古屋グランパス戦後、森崎の現役引退セレモニーが行われる。 2018.10.27 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、代表デビュー北川4戦連発&鄭大世弾で3連勝! 広島は優勝争いへ痛すぎる3連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節の清水エスパルスvsサンフレッチェ広島が、20日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-0でホームの清水が勝利した。 ▽残留争いを一歩抜け出した9位・清水(勝ち点40)は、前節5-1で大勝したジュビロ磐田戦からスタメンを1名変更。ケガのドウグラスに代わってクリスランが起用された。 ▽一方、4試合勝ち無しの2位・広島(勝ち点56)は、前節0-3で敗れた柏レイソル戦からスタメンを1名変更。柏に代えて川辺を起用した。 ▽試合を先に動かしたのはホームの清水。19分、右サイド敵陣深い位置で白崎が粘るとCKを獲得する。この右CKでキッカーの石毛がグラウンダーのクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ北川が右足を振り抜き、ホームの清水が先制する。 ▽優勝へ向けて負けられない広島も反撃を試みる。30分、後方からのフィードにボックス中央やや右のパトリックがヘディングでボールを落とす。これに反応した川辺が潰れ、最後はボックス中央の工藤が狙うもGK六反の好セーブに遭い、同点とはならない。 ▽すると前半終盤、リードする清水にアクシデントが襲う。37分、クリスランが相手と接触した際に負傷。鄭大世との途中交代を余儀なくされる。 ▽嫌な雰囲気で試合を折り返した清水だが、後半に入っても勢いは止まらない。47分、石毛がハーフウェイライン付近からボックス中央やや左にスルーパスを送ると、これに北川が追いつく。倒れ込みながらもボックス中央にパスを送り、走り込んでいた途中出場の鄭大世がゴール右へと流し込み、リードを2点に広げた。 ▽苦しい状況となった広島は、直後に工藤に代えてティーラシン、56分に稲垣に代えて柏、74分にパトリックに代えてベサルト・ベリーシャを投入し、攻撃のテコ入れを図る。 ▽その広島は75分、左サイド敵陣深い位置から川辺がクロスを入れる。このクロスをゴール前にいたベサルト・ベリーシャがヘディングシュート。しかし、ここはGK六反の好守に阻まれる。 ▽攻撃に圧をかける広島は後半アディショナルタイム、ボックス中央やや右から青山がクロスを送る。これをティーラトンが頭で合わせるも、またしても六反がファインセーブ。この日の広島は、1点が遠く結局、2-0で清水がリードしたまま試合が終了した。 ▽この結果、清水は3連勝で勝ち点を「43」に伸ばし、暫定6位浮上。対する広島は優勝争いへ痛すぎる3連敗を喫している。 2018.10.20 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

先制アシストのMF青山敏弘「南野は出し手にとってはありがたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽先制点となったMF南野拓実のゴールをアシストしたMF青山敏弘は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。南野のプレーの質の高さを称賛した。 ◆MF青山敏弘(サンフレッチェ広島) ――1点目をアシストした南野選手についてやり易さはあるか 「スペースを見つけるポジショニングがすごくうまい。顔を上げた時に準備してくれているので、出し手にとってはありがたい。ボールが収まってテンポも出るし、スピードも上がる。プレッシャーの強い真ん中でああいうプレーをしてくれると、ボランチとしてはありがたい」 ――自身のプレーについては 「ミスもあったし、悪い時間帯もあったので。僕自身はチームとしてどう戦えるかが、自分の評価につながると思う。良くない時間帯の時にどう対応できるか、その点はそこまで悪くなかった。もっと点を取れただろうけど、90分を通して3-0で勝利することができたことはポジティブ」 ――サイドハーフには伊東と原口というスピードのある選手がいたが 「本当はもっとスペースを使いたかった。大迫に収まった後にスピードアップできなかった。収まった時に3人目の動きでスピードアップすることをチームとして作っていけると思うし、やっているところ。それでも足元に収まった時は元気もアシストもしていたし、伊東も怖い選手だから。僕らがそこまで作っていかないと」 ――守備面に関して 「そこはこだわりたいところ。全員守備でやっている分、隙がないと思う。それでも苦しい時間帯があったので、それを短くしたい。決定的なピンチはなかったけど、攻められた後、もっと攻撃につなげることをしたかった」 2018.10.12 23:10 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース