広島MF青山敏弘&DF佐々木翔が森保ジャパン選出に意気込み《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 15:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽サンフレッチェ広島のMF青山敏弘は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。恩師・森保一監督の下で選出され続けているベテランMFは、以下のように意気込んだ。

◆MF青山敏弘
「日本代表に選出されて光栄です。引き続き結果を出し続ける日本代表の一員でありたいですし、今回も勝利に貢献できるように頑張ります」

▽また、同じく広島に所属するDF佐々木翔も選出を喜んでいる。

◆DF佐々木翔
「日本代表に選ばれて嬉しく思います。結果を残せるように自分の力を最大限発揮したいと思います。応援をよろしくお願い致します」
コメント
関連ニュース
thumb

広島の新ユニフォームは瀬戸内海の穏やかな波の動き、重なり合う折り鶴の形状を表現!

ナイキは、サンフレッチェ広島の2019シーズンの新ユニフォームを発表した。 ホームキットは、伝統の広島バイオレットを基調とし、前後両面及び両袖にもグラフィックが施され、クラブ史上初となる斬新でインパクトあるデザイン・カラーコンビネーションを採用されている キットは、2019年Nike Global Football におけるデザインコンセプトである“MAKE ME FIRST, MAKE ME LETHAL”に基づき、アスリートのパフォーマンス向上を目的に通気性や快適な着心地を追求。2018年よりも決定力や破壊力が伝わるデザインとなっている。 ユニフォームグラフィックの特徴は“HARMONIOUS MOVEMENT(調和)”で、広島の多島美の瀬戸内海の穏やかな波や、調和の取れた水の動きを表現。この波の広がりはトップチームから世界へ可能性を広げていくというクラブの哲学にも繋がっている。 また、平和記念公園で見られる折り鶴の重なり合う形状からもインスピレーションを得て、クラブカラーのバイオレット(伝統)と波や折り鶴(調和)を融合させたデザインになっている。 素材は近年と同じく、非常に優れた速乾性と肌触りが特徴的なプライムライトファブリックを使用しています。昨年同様にショーツにも、ジャージと同じ、プライムライトファブリックを採用し、伸縮性の高さがアスリートのパフォーマンスを制限することなく、最大限サポート。また、襟元には、ヴェイパーカラーを採用しており、リブ仕立ての首回りはフィットしやすくストレスを感じにくい設計になっています。また、ダイナミックカットラインのデザインは、スピード感を表現している。 アウェイキットは、クラブ史上初となる紫紺×ライトブルーのカラーコンビネーションを採用。このライトブルーは、原爆ドームへの標識、平和記念公園に献納されている折り鶴を用いて表現された青い空からインスピレーションを得て、広島市民の平和と希望を表現している。 サンフレッチェ広島のホーム&アウェイ ジャージとその他プロダクトは、2019年2月頃より Nike.com、一部店舗で随時販売予定となっている。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190114_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> 2019.01.14 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

広島の選手背番号が決定 昨年20発のパトは「39」→「10」

サンフレッチェ広島は11日、2019シーズンの選手背番号を発表した。 城福浩体制を発足した昨年の明治安田生命J1リーグで2位に滑り込み、AFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得した広島。今年は二兎を追うシーズンとなる。 背番号はキャリアハイの20得点を記録したFWパトリックが「39」→「10」に。3年ぶりの復帰となるMF野津田岳人は「7」を着用する。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.林卓人 21.廣永遼太郎 34.中林洋次 38.大迫敬介 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.野上結貴 3.<span style="font-weight:700;">エミル・サロモンソン</span>☆←(IFKヨーテボリ/スウェーデン)※完全移籍 4.水本裕貴 13.<span style="font-weight:700;">井林章</span>☆←(東京ヴェルディ)※完全移籍 19.佐々木翔 23.<span style="font-weight:700;">荒木隼人</span>☆←(関西大学)※新加入 33.和田拓也 50.<span style="font-weight:700;">高橋壮也</span>☆←(ファジアーノ岡山)※復帰 <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.吉野恭平※背番号変更 6.青山敏弘 7.<span style="font-weight:700;">野津田岳人</span>☆←(ベガルタ仙台)※復帰 14.森島司 15.稲垣祥 17.松本泰志※背番号変更 18.柏好文 24.東俊希※背番号変更 25.松本大弥※背番号変更 26.川井歩 27.<span style="font-weight:700;">清水航平</span>☆←(清水エスパルス)※期限付き移籍 30.柴崎晃誠 40.川辺駿※背番号変更 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.ベサルト・ベリーシャ※背番号変更 10.パトリック※背番号変更 16.渡大生※背番号変更 20.<span style="font-weight:700;">ドウグラス・ヴィエイラ</span>☆←(東京ヴェルディ)※完全移籍 22.<span style="font-weight:700;">皆川佑介</span>☆←(ロアッソ熊本)※復帰 2019.01.11 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

高橋壮也の広島復帰が決定 昨季半ばより岡山にレンタル

サンフレッチェ広島は11日、DF高橋壮也(22)の復帰決定を発表した。 島根県出身の高橋は、広島の提携スクールであるサンフレッチェくにびき出身で、立正大学淞南高校に進学。2014年に広島入団を果たした。2017シーズンこそ明治安田生命J1リーグ21試合に出場したが、2018年は出番がなく、夏に期限付き移籍でファジアーノ岡山へ。J2リーグ4試合に出場した。復帰を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆サンフレッチェ広島 「半年ぶりに復帰することになりました。岡山で学んだことを生かせるように、今シーズンはチームの力になれるように頑張ります。応援をよろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「半年間という短い間でしたが、ありがとうございました。岡山ではなかなかチームの戦力になれませんでしたが、素晴らしい時間を過ごすことができました。この経験を糧に、次のステップでも頑張り続けたいと思います」 2019.01.11 11:05 Fri
twitterfacebook
thumb

広島、主力DF水本裕貴の契約更新!

サンフレッチェ広島は10日、DF水本裕貴(33)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ジェフユナイテッド千葉でプロデビューした水本は、ガンバ大阪、京都サンガF.C.を経て、2011年に広島に加入。広島では2012年、2013年、2015年のリーグ優勝に貢献。2012年には4年ぶりに日本代表の招集を受けた。 2018シーズンも主力として活躍し、明治安田生命J1リーグで31試合に出場。2位躍進を支えた。 2019.01.10 15:09 Thu
twitterfacebook
thumb

広島、MFフェリペ・シウバの古巣セアラ復帰を正式発表

サンフレッチェ広島は10日、ブラジル人MFフェリペ・シウバ(28)のセアラ(ブラジル)復帰を発表した。 U-19ブラジル代表歴を持つフェリペ・シウバは2009年にパルメイラスでプロデビュー。それ以降、母国クラブを渡り歩き、2017年に完全移籍で広島に活躍の場を移した。 自身初の海外挑戦となった2017年は明治安田生命J1リーグ23試合2得点を記録。だが、2018年は出場機会が減り、J1リーグでわずか2試合の出場にとどまった。 広島退団と3年ぶりのセアラ復帰が決定したフェリペ・シウバは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「サンフレッチェ広島の関係者の皆さま、会長、社長、強化部長、フロントスタッフ、監督、コーチングスタッフ、選手、サポーター、本当に感謝してます。最初から今まで皆さんが温かく迎え入れリスペクトしてくれて、とても幸せでした」 「また、サポーターからの愛情は私だけでなく奥さんにまでそそいでくれたこと、忘れません。ピッチ内外でも皆さんから多くのことを学びました」 「これからもサンフレッチェ広島の仲間がたくさんの勝利を勝ち取ることを願い、応援し続けます。ありがとうございました。また皆さんに会えますように」 2019.01.10 10:10 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース