超ワールドサッカー

浦和DF槙野智章は”貢献”を重視「積み重ねてきたものを出して行きたい」《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 15:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽浦和レッズDFの槙野智章は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。所属クラブの状況に触れつつ、意気込みを以下のようにコメントしている。

◆槙野智章
「継続して日本代表に選ばれることは、非常に光栄ですし、身が引き締まる思いです。しっかりと代表チームに貢献できるよう、積み重ねてきたものを出して行きたいと考えています」

「代表戦の前にはリーグでの北海道コンサドーレ札幌戦があります。一つでも順位を上げ、ACL圏内を近づけるためにも、非常に大切な試合になりますから、全力で勝利を目指します。応援、よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

浦和、武藤2発で上位浮上へ望み繋ぐ! 札幌は鹿島にかわされACL圏外に《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の北海道コンサドーレ札幌vs浦和レッズが、10日に札幌厚別公園競技場で行われ、2-1で浦和が勝利した。 ▽連勝中の暫定4位札幌(勝ち点51)は1-0で勝利した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを2名変更。駒井、ジェイに代えて、荒野、都倉を起用した。 ▽前節のガンバ大阪戦を1-3で落として連勝を逃した6位浦和(勝ち点45)は、その試合からスタメンを1名のみ変更。森脇に代えて、橋岡を起用した。 ▽試合開始早々の1分、札幌がいきなりチャンスを迎える。左CKの場面で福森がグラウンダーのクロスを入れると、ボックス内中央に走り込んだ三好がフリーで左足のシュートを放つ。浦和DFにブロックされたものの、まずは1つ決定機を作り出す。 ▽6分、浦和がすぐに反撃に転じる。ショートカウンターから札幌陣内中央の長澤がボックス手前右を走る武藤に浮き球のスルーパスを供給。武藤が胸トラップで上手く落とし左足を振り抜くと、これが先制点となる。 ▽早いうちに同点に戻したい札幌は、22分にカウンターを発動。ピッチ中央付近でボールを持った三好がドリブルでボックス手前中央まで侵攻し、左足でシュートを放つ。しかし、枠を左に外れていく。 ▽それでも26分、攻勢をかけ続ける札幌がネットを揺らす。ボックス手前中央で持った三好がドリブルで浦和のプレッシャーをかわし、左サイドに展開。菅が余裕のある状態でクロスを上げると、ボックス内に飛び込んだDF進藤が頭で押し込んだ。 ▽しかし、約10分後に再び浦和の攻撃が火を吹く。左サイドを抜け出した宇賀神がマイナス方向にグラウンダーのクロスを入れる。中央の密集地帯を抜けたボールをファーの武藤がワントラップしてシュート。自身のこの日2得点目で勝ち越した。 ▽お互いに攻撃的な戦術を保った試合は、2-1で浦和がリードして折り返しを迎えることに。 ▽後半の立ち上がり、札幌がギアを上げて攻め込む。51分にはボックス左のチャナティップのシュートがバーをかすめ、54分にも三好のパスを受けた荒野がボックス右から右足を振り抜いた。得点こそ決まらないものの、波状攻撃を仕掛けていく。 ▽さらに69分、高い位置を取っているDF進藤が浦和陣内中央でフィードを跳ね返し、ボールがボックス内の都倉の下へ。しかし、都倉は迷わず振り抜いた左足のシュートは枠を捉えない。 ▽72分、今度は浦和に追加点のチャンス。武藤からのパスを受けた興梠が、ボックス手前左からシュートを放つ。これは枠を左に逸れたが、鋭い攻撃で前に比重をかける札幌をけん制した。 ▽その後、83分に浦和は右CKを獲得。すると、柏木のクロスにDF槙野が頭で合わせたが、GKク・ソンユンがファインセーブで1点差を死守した。 ▽しかし結局、札幌が追いつくことはできないまま試合が終了。この結果、札幌(勝ち点51)は3位鹿島アントラーズ(勝ち点52)に交わされてACL圏内を守り抜くことに失敗した。対する浦和(勝ち点48)は、上位進出へ望みを繋いでいる。 2018.11.10 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月6日は、浦和のACL初優勝に貢献したJ歴代屈指の司令塔

◆ロブソン・ポンテ 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1976年11月6日 現役時代在籍クラブ:レバークーゼン、ヴォルフスブルク、浦和レッズ etc ポジション:MF 身長:170㎝ 体重:70㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 11月6日は、かつて浦和レッズでプレーしたブラジル人MFロブソン・ポンテ氏だ。 ▽1996年に地元のジュベントスでプロデビューを飾ったポンテ氏は、アメリカFC、グアラニFCを経て、1999年にレバークーゼンへ。その間にはヴォルフスブルクへのレンタル移籍も経験した。その後、当時浦和レッズの監督だったギド・ブッフバルト氏に口説かれて2005年7月にJリーグ入りを決断。トップ下で高いキープ力を武器に活躍し、2007年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献すると共にJリーグでもMVPを獲得した。2011年5月にグレミオ・バルエリへ加入し、母国に帰ると同年10月に現役を引退。2017年7月の鈴木啓太氏の引退試合にも出場するなど、今でも浦和に愛されているJ屈指の名選手だ。なお、現在は日本代表FW中島翔哉が所属するポルティモネンセの幹部を務めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 アンドレ・シュールレ(サッカー選手/フルアム) ジョスマー・アルティドール(サッカー選手/トロント) 大谷秀和(サッカー選手/柏レイソル) 濱家隆一(お笑い芸人/かまいたち) 2018.11.06 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪怒涛の7連勝! ACL狙う浦和に敵地で3発快勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節の浦和レッズvsガンバ大阪が、3日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-1でアウェイのG大阪が勝利した。 ▽リーグ戦5戦負けなしと好調の6位・浦和(勝ち点45)は、前節3-1で勝利した鹿島アントラーズ戦からスタメンを1人変更。青木に代えて阿部が起用された。 ▽6連勝中の12位・ガンバ大阪(勝ち点39)は、前節2-1で勝利した横浜F・マリノス戦からスタメンを3人変更。GK東口、菅沼、渡邉に代わり、GK林、アデミウソン、ファン・ウィジョがスタメンに名を連ねた。 ▽好調同士の一戦で先にチャンスを作ったのは浦和。32分、武藤のFKからボックス中央のマウリシオがヘディングシュートを放つも、GK林の好セーブに遭い先制点とはいかない。 ▽その後もボールを保持する浦和は37分にもチャンス。敵陣深い位置からの宇賀神のスローインに興梠が抜け出すと、ボックス左から柏木に折り返す。ニアサイドに走り込んできた柏木が近距離からゴールを狙うが、ここもGK林の好守に阻まれてしまう。 ▽ここまで押し込まれる展開が続いたG大阪は41分、ファン・ウィジョが敵陣中央左でFKを獲得。遠藤のクロスにファーサイドのファビオが、ヘディングで合わせるもわずかにゴール右に外れる。 ▽それでもG大阪は43分、敵陣中央でアデミウソンが相手のパスミスを拾うと小野瀬にパス。バイタルエリアから小野瀬が豪快に左足を振り抜き、ゴール右隅へと突き刺して、アウェイのG大阪が先制に成功する。 ▽G大阪のリードで迎えた後半、浦和が早々に同点に追いつく。49分、長澤がドリブルでボックス手前右まで持ち運びシュートを放つ。一度はGK林にセーブをされるも、こぼれ球に反応した興梠が押し込みゴールネットを揺らす。 ▽同点に追いつかれたG大阪だったが62分、遠藤からのパスをハーフウェイライン付近左サイドで受けたファン・ウィジョが一気にボックス左まで持ち運ぶ。相手DFと対峙するも、一つ中に切れ込んですかさず右足でシュート。カーブがかかったボールはゴール右隅に吸い込まれ、勝ち越しに成功する。 ▽勢いに乗るG大阪はさらに69分、敵陣中央で藤春がボールを奪うと、遠藤、倉田とつなぎボックス左に走り込んでいた藤春がマイナスにクロスを供給。ニアサイドに走り込んだアデミウソンが左足でゴール右へと打ち込み、リードを2点に広げた。 ▽その後は、G大阪が攻撃に圧をかけるも決定機を決め切れず3-1で試合終了。勝利したG大阪は4年ぶりとなる7連勝を達成し、暫定ながら9位に浮上。一方、敗れた浦和はリーグ戦6試合ぶりの黒星。5位浮上を逃すと同時に、ACL出場権獲得に向けて痛い黒星となった。 2018.11.03 18:39 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】ACL狙うオズと残留に爆進のツネが対峙!《浦和vsG大阪》

▽浦和レッズ(6位/勝ち点45)と、ガンバ大阪(10位/同39)──。既に優勝争いから脱落している両者だが、それぞれの目標を目指す上で負けるわけにはいかない理由があり、生ぬるさなしの激戦に期待感が高まるカードとなる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">浦和vsG大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆試金石〜浦和レッズ〜 ▽浦和は、直近5試合で4勝1分け無敗。一時、絶望的な状況だったACL出場権獲得という目標において、鹿島アントラーズやFC東京、北海道コンサドーレ札幌、FC東京、セレッソ大阪の間に割って入るところまで来た。その間の内容も右肩上がり。とりわけ、ここ5試合で13得点の得点力は目を見張るものがある。ただ、守備面に関しても失点が減少。ここ5試合5失点と決して少ないわけではないが、その前の3試合で9失点を喫した守備面に安定感が出てきており、攻守にバランスが生まれつつある。そして、迎える今節は、今最も勢いに乗るG大阪が相手。今の力は本物か。力を試すには絶好の相手だ。 ◆絶好調〜ガンバ大阪〜 ▽対するG大阪は、今シーズン開幕から2012年以来のJ2降格に危機的状況だったあの当時が何だったのかというぐらい絶好調。破竹の6連勝で残留のボーダーラインとされる勝ち点40まであと1ポイント差のところまで巻き返した。しかも、倒した相手の顔ぶれは、川崎フロンターレや、ヴィッセル神戸、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、C大阪、横浜F・マリノスら難敵ばかり。薄氷の勝利を重ねる中で現状のベストを見つけた感があり、完全に息を吹き返したといっても良いだろう。その原動力となっているのが連勝中にわずか3失点の守備面。まだ残留の安全圏とはいかないだけに、歩みを続けたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆浦和レッズ[3-3-2-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181102_15_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:岩波拓也、マウリシオ、槙野智章 MF:森脇良太、阿部勇樹、宇賀神友弥、長澤和輝、柏木陽介 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ<hr>▽MF青木拓矢が左ハムストリングのケガで1日の練習を欠席。出場は流動的だ。欠場となれば、MF阿部勇樹が守備的MFとして先発か。U-19日本代表活動で不在のDF橋岡大樹に代わり、DF森脇良太が右ウィングバックで出場濃厚だ。 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181102_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林瑞輝 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、遠藤保仁、今野泰幸、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ、渡邉千真 監督:宮本恒靖<hr>▽前節の横浜FM戦で右ヒザ内側じん帯を痛めたGK東口順昭の欠場が確定。GK林瑞輝が代役を務める。その他は、現状のベストメンバーが先発の様相。出場すればキレキレのFWアデミウソンを含め、好調な攻撃陣に期待がかかる。 【注目選手】 ◆FW武藤雄樹(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181102_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽浦和の注目選手は、FW武藤雄樹だ。FW興梠慎三との阿吽の呼吸で得点源の役割を担い、ここリーグ戦5試合で4ゴール。前節の鹿島戦は今シーズン初の1試合2得点を挙げるなど、対峙した相手もお手上げの圧巻のパフォーマンスだった。今節も興梠との良好な関係からゴールに迫れるか。 ◆FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181102_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、FWファン・ウィジョだ。先の横浜FM戦こそ戦術的理由で先発から外れたが、途中出場から逆転勝利に繋がる同点弾をマーク。累積警告で欠場した第29節のC大阪戦を除けば、得点源として4戦4発の救世主ぶりが光る。研ぎ澄まされた得点感覚は今節も猛威を振るうか。 ◆やるかやられるか ▽かつてナショナル・ダービーと評されるほど、Jリーグが誇る東西の雄として高い知名度を誇った浦和とG大阪。今節は、タイトルのかからない寂しい状況でのマッチアップとなる。だが、元を辿れば、両雄は長らくタイトルレースのライバルとして凌ぎを削り合い、数々の名勝負を演じてきた間柄。今節も寒い試合になるとは考えにくい。それぞれの目標にまた一歩突き進むべく、やるかやられるかの真っ向勝負を制するクラブは果たして──。埼玉スタジアム2002で行われる明治安田生命J1リーグ第31節の浦和vsG大阪は、3日の16時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">順位&状況関係なしの好カード!<br />浦和vsG大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.11.02 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和MF長澤和輝、異例の早稲田大学院合格! 「プロアスリートとしての経験を学術的にまとめたい」

▽浦和レッズは29日、MF長澤和輝が早稲田大学のスポーツ科学学術院に合格し、平田竹男教授の研究室で学ぶこととなったことを伝えている。 ▽クラブは「現役のJリーガーが大学院に合格し、学んでいくというのは、極めて珍しいケースと考えられ、Jリーガーの価値を高めるすばらしい活動になると考えています」とコメントしている。 ▽異例の現役プロサッカー選手の大学院合格に、長澤は以下のようにコメントしている。 「このたび、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に合格し、スポーツビジネスを専門とされております平田竹男教授の研究室で学ぶ機会を頂きました。縁あって、こちらの大学院の話を知り、もともと興味のあったスポーツビジネスやプロサッカー選手、プロのアスリートとしての経験を学術的にまとめたいという思いから、受験させて頂きました」 「本業であるピッチの中で結果を出すことが第一となることはもちろんですが、練習と研究をしっかり両立し客観的に自身を見つめ直すことにより、今以上のパフォーマンスを発揮出来るよう全力で取り組みたいと考えております。そしてその経験を活かして今後のスポーツ界の発展や社会貢献に、微力ながら寄与していきたいと考えております」 ▽専修大学出身の長澤は、ケルンでプレーした後、2016年に浦和レッズへ完全移籍。同年はジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍し、復帰した昨シーズンには日本代表にも初選出された。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで23試合2ゴールを記録。YBCルヴァンカップには7試合、天皇杯には3試合出場していた。 2018.10.29 10:20 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース