初出場を誓う! 仙台GKシュミット・ダニエル「試合出場と勝利への貢献」《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽ベガルタ仙台GKのシュミット・ダニエルは、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。前回叶わなかった初出場を目指しているとコメントした。

◆シュミット・ダニエル
「今回も選出していただき光栄です。試合出場と勝利への貢献、自分自身の成長をテーマに、代表活動に参加したいと思います。応援よろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

「フェルナンジーニョの完璧な後継者になる可能性」…海外メディアがシティ経由蘭行きの板倉滉に注目

『FOXスポーツ』がU-22日本代表DF板倉滉(21)の才能を高く評価している。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。 仙台でクラブ初の天皇杯決勝進出、U-21日本代表ではAFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される板倉は、15日にマンチェスター・シティへの完全移籍が決定。同日にはフローニンヘンへのレンタル移籍が発表された。 『FOXスポーツ』は、板倉を「センターバックもそつなくこなす守備的ミッドフィルダー」と紹介。現在シティが長きに渡ってブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の後釜探しに苦戦していることを指摘し、板倉がオランダで成功を収めることができれば、フェルナンジーニョの「完璧な後継者になるかもしれない」とポテンシャルを高く評価している。 フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は最近、板倉を「中盤で起用することを考えている」とコメント。シティ復帰は厳しい道のりだが、東京五輪での成功や日本代表を目指す板倉にとって大きな挑戦になりそうだ。 2019.01.16 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、ラファエルソンとの契約満了を発表…シマオ・マテとの正式契約締結も

ベガルタ仙台は10日、FWラファエルソン(21)が契約満了で退団することを発表した。また、元モザンビーク代表DFシマオ・マテ(30)のと正式契約を締結したことも発表している。 ブラジル人のラファエルソンは2018年に母国のヴィトーリアから加入。当初は期限付き移籍だったが、同年8月に完全移籍に切り替え。しかし、昨季はYBCルヴァンカップでの1試合の出場にとどまった。 一方、昨年末に加入内定が伝えられていたシマオ・マテの正式契約締結も発表された。仙台はすでい2019シーズンのチーム体制を発表しており、背番号は「23」に決まっている。 2019.01.10 16:16 Thu
twitterfacebook
thumb

東京五輪世代期待のDF板倉滉、シント=トロイデン移籍か 昨季は川崎Fから仙台にレンタル

川崎フロンターレに所属するDF板倉滉(21)に海外移籍の可能性が浮上している。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えた。 川崎F下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられていたが、どうやらシント=トロイデン加入が近づいている模様。同メディアは「新たな日本人がやってくる」と報じ、クラブ側がアジア市場のさらなる拡大を考えていることを伝えている。また、板倉と川崎Fの契約が2020年1月31日までとなっており、市場価格は70万ユーロ(約8700万円)になるようだ。 なお、日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。板倉が加入することになれば6人目の日本人選手となる。 2019.01.10 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台が2019シーズンのチーム体制を発表! MF兵藤慎剛は「6」、MF椎橋慧也が「34」→「5」に変更

ベガルタ仙台は8日、2019シーズンのチーム体制を発表した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグを11位で終えた仙台は、無所属になっていたレバンテ(スペイン)などでのプレー経験を持つモザンビーク代表DFシマオ・マテを獲得。また、MF兵藤慎剛を北海道コンサドーレ札幌から獲得した。 主な背番号は、MF椎橋慧也が「34」→「5」、MF関口訓充が「40」→「7」に変更。また、新加入組ではMF飯尾竜太朗が「3」、MF兵藤慎剛は「6」を背負う。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.シュミット・ダニエル 21.関憲太郎 22.川浪吾郎 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.永戸勝也 4.蜂須賀孝治 13.平岡康裕 23.<span style="font-weight:700;">シマオ・マテ</span>☆←(無所属)※完全移籍 27.大岩一貴 31.<span style="font-weight:700;">照山颯人</span>☆←(成立学園高校)※新加入 33.常田克人 39.金正也 <span style="font-weight:700;">MF</span> 3.<span style="font-weight:700;">飯尾竜太朗</span>☆←(V・ファーレン長崎)※完全移籍 5.椎橋慧也 6.<span style="font-weight:700;">兵藤慎剛</span>☆←(北海道コンサドーレ札幌)※完全移籍 7.関口訓充 8.<span style="font-weight:700;">松下佳貴</span>☆←(ヴィッセル神戸)※完全移籍 10.梁勇基 14.<span style="font-weight:700;">石原崇兆</span>☆←(松本山雅FC)※完全移籍 15.<span style="font-weight:700;">吉尾海夏</span>☆←(横浜F・マリノス)※期限付き移籍 17.富田晋伍 18.<span style="font-weight:700;">道渕諒平</span>☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍 30.<span style="font-weight:700;">田中渉</span>☆←(桐生第一高校)※新加入 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.ハモン・ロペス 11.石原直樹 19.ジャーメイン良 20.阿部拓馬 38.<span style="font-weight:700;">長沢駿</span>☆←(ガンバ大阪)※完全移籍 2019.01.08 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fから仙台へ期限付き移籍中のDF板倉滉が移籍期間満了「もっと結果で恩返しがしたかった」

川崎フロンターレは7日、ベガルタ仙台に期限付き移籍していたDF板倉滉(21)の移籍期間満了を発表した。 板倉は川崎Fの下部組織出身で、昨シーズン仙台へ期限付き移籍。仙台では3バックの一角としてJ1で24試合に出場し3得点を記録。YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で4試合に出場していた。板倉は仙台を通じてコメントしている。 「1年間と短い間でしたが、お世話になりました。ベガルタ仙台の一員としてプレーする機会をいただき感謝しています。仙台で過ごした時間は、サッカー選手としての成長を実感できる有意義なもので、ベガルタに来れてよかったと思っています」 「シーズンを通し、選手、スタッフ、ファン、サポーターと共に戦うにつれ、クラブのことがとても好きになりました。だからこそ、もっと結果で恩返しがしたかったですし、ホームとしてユアテックスタジアム仙台でプレーできなくなることは寂しいですが、ここで培った経験を生かして新たな環境でチャレンジしていきたいと思います」 「またユアスタに訪れた際は、温かく受け入れていただければうれしいです。熱いご声援ありがとうございました」 2019.01.07 15:47 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース