超ワールドサッカー

アジアカップへ生き残りを誓う!柏MF伊東純也「練習からアピール」《キリンチャレンジカップ》2018.11.07 16:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽柏MFの伊東純也は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。アジアカップ生き残りを懸けて、意気込みを以下のように語った。

◆伊東純也
「これまでの2回の代表戦で続けてゴールを決められているので、今回も出場のチャンスをもらえるように練習からアピールし、目に見える結果を残したいです。そして来年のアジアカップに向けて、引き続き代表に選ばれるように頑張ります」

コメント

関連ニュース

thumb

J2降格危機の柏、今季2度目の監督交代…

▽柏レイソルは10日、加藤望監督(49)の解任を正式発表した。 ▽加藤監督は今年5月、前任である下平隆宏氏の後任として、ヘッドコーチからトップチーム監督に昇格。だが、好転せず、明治安田生命J1リーグ残り2節の現時点で10勝3分け19敗の自動降格圏17位に低迷しており、2009年以来のJ2降格危機に瀕している。 ▽加藤監督の後任は、トップチームコーチ兼アカデミーヘッドオブコーチを務める岩瀬健氏(43)に決定。初陣は24日に敵地で行われるJ1第33節のセレッソ大阪戦となる。 2018.11.10 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

柏GK滝本晴彦が体調不調でU-21日本代表を離脱…G大阪の17歳GK谷晃生を追加招集

▽日本サッカー協会は9日、柏レイソルGK滝本晴彦が体調不調のためU-21日本代表を不参加となることを発表。同時に、ガンバ大阪からGK谷晃生を追加招集することを発表した。 ▽11日から21日にかけてUAEで行われるドバイカップU-23に参加するU-21日本代表。14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。 ▽滝本は7日に代表メンバー入りが発表されていたが、無念の離脱となった。なお、同選手はクラブでは今シーズンここまで公式戦5試合に出場。10月末にはプロA契約の締結が発表されていた。 ▽追加賞招集された谷は、現在17歳。今シーズンはG大阪U-23でプレーしており、明治安田生命J3リーグ14試合でゴールマウスを守った。トップチームでも、公式戦1試合に出場している。 2018.11.09 20:05 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、残留へ痛すぎる3連敗で次節降格の可能性…鹿島はリーグ連勝で暫定3位に浮上しACL決戦の地へ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の柏レイソルvs鹿島アントラーズが、6日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、3-2で鹿島が勝利した。 ▽連敗中で自動降格圏の17位に沈む柏(勝ち点33)は、0-3で完敗した前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを4名変更。小泉、大谷、亀川、オルンガに代えて、高木、手塚、クリスティアーノ、瀬川を起用した。 ▽前節のC大阪戦を1-0で制しリーグ3試合ぶりの白星を飾った5位鹿島(勝ち点49)は、2-0で勝利した直近のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦ペルセポリス戦からスタメンを全員変更。最後尾にGK曽ヶ端を据え、ディフェンスラインに小田、町田、犬飼、安西、中盤に遠藤、小笠原、永木、山口、2トップに金森、久保田を起用した。 ▽残留に向けて何としても勝ち点3が欲しい柏だったが、鹿島が試合の序盤にスコアを動かす。6分、鹿島がピッチ中央付近でFKを獲得しややアバウトなボールがボックス内に蹴り込まれると、柏DFが頭でクリア。しかし、ボックス内でこぼれ球を拾った金森が右足を振り抜き、先制点とした。 ▽それでも10分、柏がすぐに反撃を繰り出す。ボックス手前中央で後方からの江坂の浮き球のパスを収めた瀬川が、鋭い切り返しで対峙したDF町田を翻弄。素早く放った左足のシュートが枠を捉え、スコアを振り出しに戻す。 ▽さらに24分にも柏の攻撃が火を吹く。左サイドを独力で突破したクリスティアーノが中央に折り返すと、ボックス手前中央で反応したのは瀬川。またしてもDF町田とマッチアップすると、右足で巻くようにしてファーを狙い自身のこの日2点目となる逆転弾を決め切った。 ▽しかし、鹿島もここからギアを上げ直す。27分、左CKの場面で小笠原がクロスを供給するとファーサイドに町田が飛び込む。高い打点で合わせ、試合はまたしてもイーブンな状態となった。 ▽その後、柏は35分に左サイドのクリスティアーノがヒールで落とし、江坂がボックス左からシュートを放つなど決定機を迎えるが、ものにすることはできず。試合は、2-2の状態で折り返しへ。 ▽後半に入ると、柏はプレスの位置を高く設定し直しショートカウンターを狙っていく。50分には、伊東が右サイド深い位置からドリブルで中央にカットイン。DF小田のブロックに遭ったものの、鋭いシュートが鹿島ゴールを脅かした。 ▽しかし61分、柏が前がかりになると鹿島がそれを逆手に取る。カウンターの場面で遠藤がボックス右からGK中村の頭上を抜くシュートを放つと、ボールはバーに直撃。跳ね返りに反応した山口が蹴り込み、勝ち越しに成功する。 ▽2-3のスコアで再びビハインドを背負うことになった柏は、直後の66分に江坂に代えて山崎を投入。フレッシュなアタッカーの投入で攻撃の活性化を図る。 ▽しかしその後、鹿島が守備的な戦いにシフトしていくと、柏はなかなか攻め手を見付けることができない。75分にはボックス手前左から山崎がミドルシュートを放ったが、枠を捉えられず。チャンスの少ない展開のまま時間が流れていく。 ▽鹿島は、78分に小田に代えて三竿を投入して試合を締めに入る。対する柏は、クリスティアーノに代えてオルンガを送り出し、攻撃に変化を付ける。 ▽しかし結局、最後まで柏が再び逆転することはなく試合が終了した。この結果、柏は痛恨の3連敗。入れ替えPO圏の16位サガン鳥栖(勝ち点36/今節未消化)との勝ち点差3を縮めることはできないまま、次節にも降格の可能性が浮上した。対する鹿島は、大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ前節、今節で連勝。暫定3位に浮上し、10日のACL決勝第2戦に弾みをつけた。 2018.11.06 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

柏戦顔面負傷のFW小林悠、眼窩底骨折を報告…中山雄太の試合後訪問も明かす

▽柏レイソル戦で顔面を負傷した川崎フロンターレの日本代表FW小林悠が、診断結果について明かした。 ▽川崎Fは3日、明治安田生命J1リーグ第31節で柏と対戦。2-0でリードして迎えた69分、小林が最終ラインでの駆け引きで裏に抜けようとした際、柏のDF中山雄太の右ヒジが顔面に直撃してしまう。その後、小林は治療を受けて一度ピッチに復帰したものの、76分に知念と交代。試合は3-0で川崎Fが勝利している。 ▽その小林は4日、自身のオフィシャルブログを更新。眼窩底骨折と診断されたことを報告した。また、試合後に会うことは出来なかったものの、柏の中山が謝罪に来ていたとの報告を受けたことも明かしてる。 「昨日もたくさんの応援ありがとうございました。サポーターの皆のお陰もあってしっかりチームとして勝つことができました」 「昨日試合のあとすぐに病院に直行して検査した結果『眼窩底骨折』という診断結果でした。今後については今週に再検査してどうするかを決めていくことになります」 「顔はいつもより少しだけブサイクになっているだけなのでたいしたことなさそうです。笑 試合後に病院に直行したので会えなかったのですが柏レイソルの中山選手が謝りに来てくれたとの報告がありました。同じアスリートとして故意にやったことじゃないので、また来年も彼とのマッチアップを僕は楽しみにしています」 「こんなタイミングになってしまったのですが先日取材していただいたやべっちFCの嫁めしっちのコーナーに今日、家族で出演することになりました」 「奥さんは一般人なので出演することをずっと拒んでいたのですが、僕がせっかく家族で出られるので何度もお願いしてテレビに出ることを決めてくれました」 「サッカー選手の奥さんの頑張りや家族の支えの大切さを温かく見守ってくれると嬉しいです。とにかく今は今週の診断結果で手術にならないことを祈ることしかできないので前向きに頑張りたいと思います」 「あと一つ。絶対に優勝しましょう」 ▽川崎Fは現在明治安田生命J1リーグで首位に位置。10日に行われる第31節セレッソ大阪戦で勝利すれば、J1連覇が決定する。 2018.11.04 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎F、中村航輔復帰の柏に3発完勝! J1連覇に王手!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節の川崎フロンターレvs柏レイソルが3日に等々力陸上競技場で行われ、3-0で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで18勝6分け6敗で首位を走る川崎F(勝ち点60)と、10勝3分け17敗で17位に沈む柏(勝ち点33)が激突した。10月24日に行われた天皇杯準々決勝モンテディオ山形戦を2-3で敗れ、目標がJ1連覇に絞られた川崎Fは、その一戦から先発メンバーを3人変更。天皇杯で退場したGKチョン・ソンリョンと大島、齋藤に代わり、GK新井、下田、阿部が先発に名を連ねた。 ▽一方、前節の名古屋グランパスとの残留争い直接対決を0-1で敗れ、17位に転落した柏は、同試合から4人変更。高木とクリスティアーノ、瀬川に代えて鎌田、江坂、オルンガを起用した。また、脳震とうの影響から長期間戦列を離れていたGK中村航輔がJ1第16節以来にピッチに立った。 ▽6戦無敗中で連覇へ突き進む川崎Fと残留圏内浮上を目指す柏の一戦。試合は、ホームの川崎Fが序盤から積極的に柏陣内へと攻め入る。5分、下田のパスを受けた阿部がボックス左手前から左足を振り抜くが、シュートはゴール右に外れた。 ▽その後も柏のカウンターの芽を摘みながら攻撃を組み立てる川崎Fは17分、中盤から守田がボックス手前に縦パス。中村憲剛がワンタッチで落とし、家長がダイレクトでシュートを放つ。ボールはゴール左隅を捉えたが、ここはGK中村航輔の好守に阻まれる。 ▽それでも川崎Fはその3分後、守田が登里とのワンツーで左サイドを突破。ボックス左に侵攻し、中央へ折り返すと最後は家長が左足で巧みにゴール左へ蹴り込んでゴールネットを揺らした。 ▽先制点を奪った川崎Fはゴール後も攻撃の手を緩めず、すぐさま追加点を狙う。27分、下田のパスを受けた登里がボックス左手前からゴール前へクロスを供給。これは鎌田に阻まれたが、ルーズボールを小林が頭で再びゴール前に送り、走り込んだ中村憲剛が右足シュート。しかし、これは枠を捉えることができない。 ▽それでも川崎Fは33分、中村憲剛の右CKをニアサイドで谷口が競り勝つ。ヘディングシュートでゴール右隅へと叩き込み、スコアを2-0とした。 ▽苦しい状況が続く柏も反撃に出る。38分、小池のパスを受けた伊東がボックス右の位置で切り返しから左足シュート。GK新井の伸ばした手をすり抜けたが、これが左ポストに嫌われてしまう。1点差に詰め寄ることができず、2-0の川崎Fリードで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、川崎Fが柏を畳みかける。48分、ボックス左でパスを受けた登里が左足シュート。しかし、これはわずかにゴール右外へ。 ▽なかなかチャンスを作れない柏は58分、右サイド敵陣深い位置から小池がDFとGKの間へ鋭いクロスを供給。相手DFにわずかに触れられるも、ボールはゴール前に抜ける。しかし、オルンガが空振りしてしまい、絶好のゴールチャンスを逃してしまう。 ▽その後、柏は敵陣への侵攻回数を増加。75分、左サイドで抜け出した亀川がクロスを送るが、ここは相手DFにクリアされる。ボックス左手前へのこぼれ球に反応した小泉が右足で強烈なシュートを放つも、GK新井の素早い反応に阻まれた。 ▽後半やや勢いが停滞した川崎F。しかし、柏に反撃を許さないでいると、89分に知念のシュートのこぼれ球をいち早く反応していた阿部が飛び出したGK中村航輔を欺くループシュートでトドメを刺した。 ▽試合はそのまま3-0で終了。危なげない試合運びで完勝した川崎Fは、7戦無敗で連覇に大きく接近。同時刻に開催されたジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島を3-2で磐田が勝利したため、2位・広島との勝ち点差は「7」に。次節川崎Fは勝利すればJ1連覇となる。一方の柏は残留へ痛すぎる敗退を喫した。 2018.11.03 16:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース