東京五輪世代U-21日本代表メンバー発表! MF久保建英、MF三好康児らが招集《ドバイカップU-23》2018.11.07 15:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は7日、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバー23名を発表した。

▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピックに参加する世代だ。

▽今回のメンバーには、17歳のMF久保建英(横浜F・マリノス)やMF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF三好康児(北海道コンサドーレ札幌)らが招集。海外からは、GK山口瑠伊(エストレマドゥーラUD)やMF伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)が招集された。

▽U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆U-21日本代表メンバー
GK
小島亨介(早稲田大)
滝本晴彦(柏レイソル)
山口瑠伊(エストレマドゥーラUD/スペイン)

DF
板倉滉(ベガルタ仙台)
大南拓磨(ジュビロ磐田)
立田悠悟(清水エスパルス)
橋岡大樹(浦和レッズ)
小林友希(ヴィッセル神戸U-18)

MF
中山雄太(柏レイソル)
三好康児(北海道コンサドーレ札幌)
長沼洋一(FC岐阜)
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
藤谷壮(ヴィッセル神戸)
岩崎悠人(京都サンガF.C.)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
齊藤未月(湘南ベルマーレ)
伊藤洋輝(ジュビロ磐田)
久保建英(横浜F・マリノス)

FW
小川航基(ジュビロ磐田)
上田綺世(法政大)
田川亨介(サガン鳥栖)
コメント
関連ニュース
thumb

途中出場の上田がハットトリック!U-22日本大会初戦で8発圧勝!《AFC U-23選手権タイ2020予選》

U-22日本代表は22日、AFC・U-23選手権タイ2020予選でU-22マカオ代表と対戦し、8-0で勝利した。 森保一監督が率いるU-22日本代表だが、同指揮官はフル代表を兼任してキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦とボリビア代表戦に臨むため、横内昭展コーチが監督代行を務める。 試合は[3-4-2-1]をベースに試合を進める日本が主導権を握る。サイド攻撃をメインに再三チャンスを作るものの、ゴール前での精度を欠きネットを揺らすまでには至らず、試合を折り返した。 それでも日本は後半に齊藤を下げて上田を投入すると攻撃陣が爆発。まずは51分に、三好の左CKから町田がヘディングシュートを決めて先制に成功。その直後の54分には、前田がボックス右手前を打開しクロスを供給すると、ニアサイドに走り込んだ上田のワンタッチシュートが決まり追加点を奪う。さらに、60分にも三好の後方からのフィードを収めた上田が再びゴールネットを揺らしリードを3点に広げた。 これで試合を決定づけた日本の勢いは止まらず、67分にはボックス中央手前から遠藤が左足のミドルシュートを突き刺し4点目。69分には、バイタルエリア左でルーズボールを拾った前田がそのままボックス内に侵攻。左足で放ったシュートが決まりリードを5点に広げた。 畳みかける日本は、三好のスルーパスに反応した上田がDFを躱して、右足でのシュートが決まりハットトリックを達成。さらに72分にはボックス右の三好からのクロスをゴール前の前田がプッシュし、7点目を記録した。 また、78分には久保が途中出場。試合終了間際の95分に、その久保がCKから板倉のゴールをお膳立て。最数的に、日本は大量8得点を奪いマカオに圧勝。初戦をモノにした日本は、24日に第2戦でU-22東ティモール代表と、26日に第3戦でU-22ミャンマー代表と対戦する。 ◆試合結果 U-22日本代表 8-0 U-22マカオ代表 【日本】 町田浩樹(後6) 上田綺世(後9) 上田綺世(後15) 遠藤渓太(後22) 前田大然(後24) 上田綺世(後25) 前田大然(後27) 板倉滉(後50) 【メンバー】 GK:小島亨介 DF:大南拓磨、板倉滉、町田浩樹 MF:藤谷壮、松本泰志(→78分 中山雄太)、齊藤未月(→46分 上田綺世)、遠藤渓太 MF:三好康児(→78分 久保建英)、岩崎悠人 FW:前田大然 2019.03.22 20:17 Fri
twitterfacebook
thumb

AFC U-23選手権タイ2020予選に臨む23名のメンバー発表《AFC U-23選手権》

U-23日本代表は14日、AFC U-23選手権タイ2020予選に臨む23名のメンバーを発表した。 チームを率いる森保一監督は、MF久保建英(FC東京)をはじめ、MF三好康児(横浜F・マリノス)、DF橋岡大樹(浦和レッズ)、FW前田大然(松本山雅FC)など、Jリーグで主力として活躍する選手を招集。海外からは、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)やMF中山雄太(PECズヴォレ)、DF板倉滉(フローニンヘン)が選ばれている。 U-23日本代表は3月の22日から26日にかけてミャンマーで行われる同大会の予選に参加する。予選は西地区6グループ、東地区5グループの計11グループに分かれて行われ、各グループの1位と2位の上位4チームに、開催国のタイを加えた計16チームが本戦に出場する。 日本代表が所属するグループIは、ミャンマー代表、東ティモール代表、マカオ代表が同居。第1節のマカオ戦は日本時間3月22日の15時キックオフ、第2節東ティモール戦は同24日18時キックオフ、第3節ミャンマー戦は同26日18時キックオフとなっている。 今回招集されたメンバーは以下の通りとなっている。 ◆U-23日本代表メンバー23名 GK 1.小島亨介(大分トリニータ) 12.オビ・パウエル・オビンナ(流通経済大) 23.波多野豪(FC東京) DF 4.板倉滉(フローニンヘン/オランダ) 21.町田浩樹(鹿島アントラーズ) 19.大南拓磨(ジュビロ磐田) 22.立田悠悟(清水エスパルス) 14.原輝綺(サガン鳥栖) 20.橋岡大樹(浦和レッズ) MF 3.中山雄太(PECズヴォレ/オランダ) 10.三好康児(横浜F・マリノス) 6.長沼洋一(愛媛FC) 8.伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ) 2.藤谷壮(ヴィッセル神戸) 11.遠藤渓太(横浜F・マリノス) 13.岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌) 17.松本泰志(サンフレッチェ広島) 5.杉岡大輝(湘南ベルマーレ) 16.齊藤未月(湘南ベルマーレ) 15.久保建英(FC東京) FW 7.前田大然(松本山雅FC) 9.上田綺世(法政大) 18.田川亨介(FC東京) 2019.03.14 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

A代表&五輪世代兼任の森保監督、来年の抱負はアジアタイトル! 《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽会見に出席したSAMURAI BLUEとU-22日本代表を兼任する森保一監督は、まずアジアカップとコパ・アメリカを控えるA代表に関して、抱負を述べた。 ◆森保一監督(日本代表、U-22日本代表) 「まず、両チームの抱負を述べなければいけないところで、A代表のサムライブルーの活動に触れさせていただきます」 「来年の活動においては、アジアカップでタイトルを獲ることを目標にして、我々は取り組んでいます。その前に、私が監督になってから、キリンチャレンジで今年の9月、10月、11月と素晴らしい対戦相手に恵まれて、我々はアジアカップに向けて強化することができました。ロシアのワールドカップで経験をしていたり、そして新たに日本代表の歴史を築いていくことを期待されている若手の“融合”で、チームを編成してこれまで活動させていただき、これからアジアカップに臨むことになります」 「アジアカップに臨むに当たって、今年一番大きなサッカーイベントであったと言っても過言ではないロシアのワールドカップで西野ジャパンが戦ったやり方を、我々も継承して行きたいという風に我々も思っています。西野監督は日本人らしさ、そして日本人の良さを以ってチーム作りをされて、世界に臨んでいこうということで、素晴らしい戦いをされました」 「そこで私がスタッフの一人として経験させていただいたことを新たなチームに生かし、来年のアジアカップで成果を出し、皆さんに喜んでいただければという風に思っております。アジアカップでは初のタイトルをかけて戦うことになる中、先ほども言いました“融合”をさらに進めていけるように、そして結果も出せるようにチーム一丸となって頑張って参りたいと思います」 「また、来年はブラジルで行われますコパ・アメリカにも参加をすることになります。アウェイでの貴重な強化・経験の場となります。その経験で、これまで通りチームの成長をさらに発展させていけるようにしていきたいと思います。本気の南米相手に我々が経験値を高め、チーム力を高めて、次に向かっていければという風に思っています。南米のチームには我々が学ばなければならないと思われることが、まだまだたくさんあると思います。コパ・アメリカに経験を求めに、我々がさらに成長できることを見つけて来られればと思います」 「また、年末にはアジアの戦いに戻ってきます。アジアの戦いでも我々が力を示せるように、そして一年の成長をその大会でも示せるように頑張って参りたいと思います」 ▽さらに、森保監督はオリンピック世代であるU-22日本代表の展望も掲げた。最終目標が2020年東京オリンピックでの金メダルであることを改めて口にし、そのための強化の一年と位置付けている。 ◆森保一監督(日本代表、U-22日本代表) 「U-22の代表の活動においても、まずは今年の戦いを少し振り返らせていただきたいと思います。今年初めにアジア選手権U-23の大会が中国でありました。そこではグループリーグを突破できて、ベスト8でウズベキスタンに0-4で敗戦するという非常に悔しい思いをしました。その悔しさを胸に、アジア大会にはU-23の大会をもう一度U-21で臨み、準優勝と言う成果に結びつけることができました。まだまだアジアで準優勝ということで、満足は出来ないと思います」 「我々、東京オリンピック世代の代表の選手は、この本番である東京2020オリンピックで金メダルを獲るために活動して準備しています。東京オリンピックでは、我々が今経験していることを金メダルに結び付けられるように、来年度も活動していきたいと思います」 「来年もU-23の一次予選があります。そこでしっかりと戦って本大会への出場を決め、我々は前進していきたいと思っています。日ごろから我々を支援・後援して頂いている皆様、そしてファン・サポーターの皆様に喜んでいただけるように来年も結果に拘りつつチームの成長を促せるように活動して参りたいと思います。まずは、今年一年、皆さんご支援・応援ありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いいたします」 2018.12.11 21:11 Tue
twitterfacebook
thumb

更なる飛躍へ! コパ・アメリカ参戦の2019年、関塚隆技術委員長は強化を重視《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽会見に出席した関塚隆技術委員長は、ロシア・ワールドカップ(W杯)での日本の戦いぶりに満足感を示しつつも、“強化”という言葉を繰り返し発し、更なる飛躍を展望している。 ◆関塚隆技術委員長 「ロシア・ワールドカップは非常に記憶に残る大会でした。そして、日本らしい戦いを展開し、ベルギー戦では惜しくも負けてしまいましたがこれからの日本のサッカーの指針を示せるような、そういう戦いができたと思います」 「サムライブルーは1月にアジアカップがUAEで開かれます。アジアの王者奪還を目指してしっかりとした戦いをしていきたいという風に思っています」 「また、3月、6月のキリンチャレンジ。コパ・アメリカでアウェイとしてしっかりとした強化を図り、9月からのカタール・ワールドカップ予選に向けた強化を図っていきたいという風に思っています」 「次にU-22の活動ですが、3月、5月、6月、10月、11月、12月の強化遠征と強化試合を経て、翌年の2020年東京オリンピックに向けた強化をしっかりとしていきたいと思っております。森保監督が兼任ということで、サムライブルー、そしてU-22の強化。ここをしっかりと融合した形で強化を図っていきたいという風に思っています」 2018.12.11 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表のコパ・アメリカ参戦が決定! 1月にアジア杯、12月にはE-1選手権も《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、2019年の年間スケジュールを発表した。 ▽今年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16という結果を残した日本代表は、2019年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に参戦。グループステージでは、1月9日(水)にトルクメニスタン代表と、1月13日(日)にオマーン代表と、1月17日(木)にウズベキスタン代表と対戦する。 ▽また、3月22日(金)に日産スタジアムで、3月26日(火)にノエビアスタジアム神戸で、6月5日(水)に豊田スタジアムで、6月9日(日)にひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップ2019が開催。なお、4試合全てで対戦相手は未定であり、ナイトゲームが予定されている。 ▽そして、6月14日(金)~7月7日(日)にかけては、コパ・アメリカ・ブラジル2019への参戦が決定。南米の強豪としのぎを削る。 ▽さらに、年末の12月10日(火)~12月18日(水)には韓国で行われるEAFF E-1サッカー選手権2019にも参加。したがって、年間では3つの国際大会へ参加する予定となっている。 ▽また、東京オリンピック世代であるU-22日本代表は、3月22日(金)~3月26日(火)をAFC U-23選手権を戦う。 ▽その下の世代であるU-20日本代表は、5月25日(土)~6月16日(日)のFIFA U-20ワールドカップ2019 ポーランドへの出場を決めている。 ◆日本代表 【アジアカップ】1月5日(土)~2月1日(金) ▽1月9日(水) トルクメニスタン代表 ▽1月13日(日) オマーン代表 ▽1月17日(木) ウズベキスタン代表 【キリンチャレンジカップ2019】 ▽3月22日(金) 対戦相手未定(日産スタジアム) ▽3月26日(火) 対戦相手未定(ノエビアスタジアム神戸) ▽6月5日(水) 対戦相手未定(豊田スタジアム) ▽6月9日(日) 対戦相手未定(ひとめぼれスタジアム宮城) 【コパ・アメリカ・ブラジル2019】6月14日(金)~7月7日(日) 対戦相手未定 【E-1サッカー選手権2019】12月10日(火)〜12月18日(水) 対戦相手未定 ◆U-22日本代表 【AFC U-23選手権2020予選】3月22日(金)~3月26日(火) 対戦相手未定 【海外遠征】 5月29日(水)~6月16日(日):フランス 9月2日(月)~9月11日(水):未定 10月7日(月)~10月16日(水):未定 【国際親善試合】 ▽11月17日(日) 対戦相手未定(エディオンスタジアム広島) ▽12月28日(土) 対戦相手未定(トランスコスモスタジアム長崎) ◆U-20日本代表 【トレーニングキャンプ】1月下旬 場所未定 【海外遠征】3月17日(日)~3月26日(火) 場所未定 【トレーニングキャンプ】4月14日(日)~4月16日(火) 場所未定 【U-20ワールドカップ2019・ポーランド】5月25日(土)~6月16日(日) 対戦相手未定 2018.12.11 19:30 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース