元トルコ代表ハリル・アルティントップ、シュツットガルトのアシスタントコーチ就任2018.11.07 12:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シュツットガルトは6日、元トルコ代表MFハリル・アルティントップ氏(35)がアシスタントコーチに就任したことを発表した。公式ツイッターが伝えている。

▽ハリル・アルティントップ氏は2000年にドイツのヴァッテンシャイトでプロデビュー。カイザースラウテルン、シャルケ、フランクフルト、トラブゾンスポル、アウグスブルクでプレーした後、スラヴィア・プラハを経て、2018年1月にカイザースラウテルンに復帰。昨シーズンは公式戦24試合3ゴール2アシストを記録し、シーズン終了後に現役を引退していた。

▽クラブの発表によると、ハリル・アルティントップ氏は、一時年内までの契約とし、選手の個別指導にあたるという。ちなみに、現在シュツットガルトを率いるマルクス・ヴァインツィアル監督には、アウグスブルク時代に師弟関係にあった。
コメント
関連ニュース
thumb

シュツットガルトに競り勝つもドルトムント、得失点差で首位陥落《ブンデスリーガ》

ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第25節でシュツットガルトをホームに迎え、3-1で勝利した。 前節アウグスブルク戦でエースのロイスが復帰したものの、8試合ぶりの黒星を喫した首位ドルトムント(勝ち点54)は、2位バイエルンに勝ち点で並ばれた中、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦では主力を投入した中、GKロリスの好守もあって0-1と敗れCL敗退に終わった。リーグ戦一本に集中することとなった中、トッテナム戦のスタメンからヴァイグルに代えてアクラフのみを変更した。 前節ハノーファーとの残留争いを5-1と大勝した16位シュツットガルト(勝ち点19)に対し、[4-1-4-1]でスタートしたドルトムントは、最前線にアルカセル、2列目に右からサンチョ、ゲッツェ、ロイス、ラファエウ・ゲレイロ、中盤アンカーにヴィツェルを配した。 立ち上がりから圧力をかけて押し込んだドルトムントだったが、自陣ゴール前で5バックを形成して集中した守備を見せるシュツットガルトを打開できない状況が続いた。 そんな中29分、ゲッツェがミドルシュートで牽制するも、31分に大ピンチ。スルーパスを受けて抜け出したニコラス・ゴンサレスに決定的なシュートを許したが、枠を外れて助かった。 ハーフタイムにかけてもドルトムントが押し込んだものの、攻めあぐねたことで前半をゴールレスで終えた。 後半も同様の展開で推移し、苦戦していたドルトムントだったが60分、PKを獲得する。サンチョがドリブルを仕掛けたところでボックス内ぎりぎりの位置でカストロに倒された。これをロイスが決めてドルトムントが均衡を破った。 ようやく先手を取ったドルトムントは69分、アルカセルのループシュートで追加点に近づいたが、71分に痛恨の同点弾を喫してしまう。左サイドからのFKをケンプフにダイビングヘッドで叩き込まれた。 それでも終盤の84分、ドルトムントが勝ち越しに成功する。サンチョが左サイドからクロスを入れてゴール前での混戦を生むと、ルーズボールを最後はアルカセルがねじ込んだ。 そして追加タイム2分、ヴィツェルが左サイドを突破した流れから、ゲッツェのラストパスを受けたプリシッチがゴールに流し込み、決定的な3点を奪取。3-1でシュツットガルトを振り切ったドルトムントが勝利を取り戻したが、同時刻に行われた試合でバイエルンがヴォルフスブルクに6-0と圧勝したため、得失点差により首位陥落となっている。 2019.03.10 01:44 Sun
twitterfacebook
thumb

原口アシストもハノーファー、シュツットガルトとの残留争い直接対決で5失点惨敗…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは3日、ブンデスリーガ第24節でシュツットガルトとのアウェイ戦に臨み、1-5で惨敗した。ハノーファーのFW浅野拓磨とMF原口元気は共にフル出場している。 前節フランクフルト戦では原口と浅野が揃って先発しながらも0-3と完敗した17位ハノーファー(勝ち点14)は、2試合連続で原口と浅野がスタメンとなった。 残留を争う16位シュツットガルト(勝ち点16)に対し、[3-4-3]で臨んだハノーファーは3トップの一角に浅野、右サイドハーフに原口を配した。 開始1分にゴメスにポスト直撃のシュートを浴びたハノーファーは4分に失点する。ツバーの縦パスを受けたボックス中央でフリーのゴメスにあっさりゴールネットを揺らされた。 守備の脆さを露呈したハノーファーはその後も劣勢を強いられると、16分に右CKからオザン・カバクにヘディングシュートで加点されてしまった。 22分にもゴメスに決定的なシュートを許したハノーファーは、引き続き守勢に回る中、浅野が前線を流動的に動いて揺さぶりを図るも、攻撃の形を全く作れない状況が続く。 そんな中、42分にはゴール至近距離からゴメスのヘディングシュートを、44分にはボックス内からアズカシバルに決定的なシュートを許したが、いずれもGKエッサーが好守で凌ぐ。 しかし45分、再びCKからオザン・カバクにヘディングシュートを決められ、前半を3点のビハインドで終えた。 シュート0本に終わって迎えた後半、2選手を入れ替え、4バックに変更したハノーファーは51分、原口が左足で際どいミドルシュートを浴びせる。前半に比べて敵陣でのプレーが増えたハノーファーは68分に1点を返す。スルーパスでボックス右に侵入した原口のクロスをジョナタスがヘッドで押し込んだ。 しかし78分、CKの流れからツバーにゴールを許したハノーファーは、81分にも浅野のミスパスからツバーにゴールを許して1-5の惨敗。残留争い直接対決に敗れ、降格の危機が迫っている。 2019.03.04 01:21 Mon
twitterfacebook
thumb

パヴァール、バイエルン移籍は即決だった! “きっかけ”を告白

シュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)が、バイエルン移籍の理由を語った。ブンデスリーガ公式サイトがドイツ『ビルト』を引用して伝えている。 2016年8月にリールから当時ドイツ2部に在籍していたシュツットガルトに加入したパヴァールは、1年目から主力に定着してブンデスリーガ復帰に貢献。2017-18シーズンは公式戦36試合1ゴールを記録した。また、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)では、センターバックが本職ながら右サイドバックとして安定した守備を披露。さらに大会最優秀ゴールに選出されたアルゼンチン代表戦での驚愕のボレーシュートでも注目を集めた。 ロシアW杯以降、多くのビッグクラブから関心を集めたパヴァールだが、昨年12月に来シーズンからバイエルンに加入することが決定。今シーズン終了時まではシュツットガルトに残り、現時点でブンデスリーガ16位に位置するクラブの1部残留を目指す。 パヴァールは、移籍話が飛び交った当時を回想し、バイエルンへの加入を決断したきっかけについて告白。ドイツ王者の一員になることへの強い憧れを口にしながらも、今シーズンはシュツットガルトで任務を全うすることを誓った。 「多くのクラブから興味を持たれた。しばらくは困惑したよ。でもバイエルンからオファーが来た時は、1秒も無駄にしなかった」 「僕にとってバイエルンは、世界で最高のクラブ。このクラブの歴史を前進させ、たくさんのタイトルをここで獲得したいと思っている」 「きっかけがあったんだ。昨シーズンにシュツットガルトの選手としてアリアンツ・アレーナの選手入場口に立った時、バイエルンの選手たちから雰囲気を感じたんだ。そしていつかここでプレーしたいと思った」 「決断の中で、お金のことは全く考えなかった。ドイツが大好きなんだ。メンタリティもブンデスリーガそのものもね。だからこそ本当にこのクラブに来たかった」 「フランス代表で僕のことをよく知る選手もいる。でもそれも決断した理由ではないんだ。チームには僕と同世代の選手がいて、クラブは改革を進めている。その一部になりたかったんだ」 「シュツットガルトに加入した時は、2部でプレーした。そこからブンデスリーガに昇格し、僕はフランス代表としてワールドカップで優勝した。そして、僕は今シーズンまでこのクラブにいると皆に約束をした。そして僕は常にそれを守ってきた。最後の日までシュツットガルトにすべてを注ぐ。僕らがブンデスリーガに残れるようにね」 2019.02.04 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

終わってみれば4発快勝のバイエルン、ドルトムントとの6ポイント差を維持《ブンデスリーガ》

バイエルンは27日、ブンデスリーガ第19節でシュツットガルトをホームに迎え、4-1で勝利した。 後半戦スタートとなった前節ホッフェンハイム戦を3-1と逃げ切って6連勝とした2位バイエルン(勝ち点39)は、首位ドルトムントを暫定9ポイント差で追走する中、前節と同じスタメンを送り出した。 16位シュツットガルト(勝ち点14)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ゴレツカ、コマンと並べた。 そのバイエルンが立ち上がりからボールを保持すると、5分にあっさり先制する。分厚い攻撃を仕掛け、ボックス右でルーズボールを拾ったミュラーの折り返しをレヴァンドフスキが落とし、ボックス中央のチアゴが丁寧にゴール左へ蹴り込んだ。 先制後も攻勢に出るバイエルンは、8分にキミッヒのシュートで追加点に迫ると、圧倒的なポゼッションで試合をコントロール。しかし26分、スーパーゴールでシュツットガルトに追いつかれる。ロングボールを受けたドニスがボックス手前左から放った正確なミドルシュートがゴール右上を捉えた。 ワンチャンスをモノにされたバイエルンが引き続き押し込む展開とする中、32分にCKのサインプレーからチアゴがボレー。だが、GKツィーラーの正面を突いてしまった。直後、ゴール至近距離からドニスにボレーシュートを許したバイエルンだったが、ここはGKノイアーがセーブ。 ハーフタイムにかけてもバイエルンがゴールに迫るも、コマンのシュートはネットを揺らせず1-1で前半を終えた。 後半からハビ・マルティネスに代えてニャブリを右ウイングに投入したバイエルンは、トップ下にミュラーを回した。 そのバイエルンが引き続き押し込む流れとすると、55分に勝ち超した。CKのルーズボールをボックス右で拾ったニャブリの放ったシュートがゲントナーの足に当たってコースが変わり、ネットを揺らした。 64分にニコラス・ゴンサレスのシュートがポストを叩いてひやりとしたバイエルンだったが、直後にPKを獲得する。ボックス右に侵入したレヴァンドフスキがケンプフに倒された。しかし、このPKをレヴァンドフスキが左ポストに当ててしまい、3点目とはならない。 それでも71分、バイエルンが勝負を決定付けた。右CKをGKツィーラーが被り、フリーのゴレツカが頭でゴールへ流し込んだ。結局、PKを失敗していたレヴァンドフスキが85分にゴールを決めて4-1としたバイエルンが終わってみれば快勝。首位ドルトムントとの6ポイント差を維持している。 2019.01.28 01:22 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、トルコ代表MFエズカンをHSVへレンタルで放出

シュツットガルトは24日、トルコ代表MFベルカイ・エズカン(20)を今季終了までブンデス2部のハンブルガーSVへレンタル移籍させることを発表した。 2013年にカールスルーエの下部組織からシュツットガルトの下部組織に加入したエズカンは、2016年7月にトップチームに昇格。シュツットガルトでは、トップ下を主戦場に在籍2年半で公式戦41試合に出場。しかし、今季はここまでブンデスリーガ3試合の出場にとどまっていた。 また、各年代のトルコ代表に選出されてきたエズカンは、2018年6月にA代表デビュー。ここまで3試合に出場している。 なお、エズカンはハンブルガーSVでかつてシュトゥットガルトで指導を受けていた恩師のハネス・ヴォルフ監督と再会する。 2019.01.25 04:57 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース