元トルコ代表ハリル・アルティントップ、シュツットガルトのアシスタントコーチ就任2018.11.07 12:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シュツットガルトは6日、元トルコ代表MFハリル・アルティントップ氏(35)がアシスタントコーチに就任したことを発表した。公式ツイッターが伝えている。

▽ハリル・アルティントップ氏は2000年にドイツのヴァッテンシャイトでプロデビュー。カイザースラウテルン、シャルケ、フランクフルト、トラブゾンスポル、アウグスブルクでプレーした後、スラヴィア・プラハを経て、2018年1月にカイザースラウテルンに復帰。昨シーズンは公式戦24試合3ゴール2アシストを記録し、シーズン終了後に現役を引退していた。

▽クラブの発表によると、ハリル・アルティントップ氏は、一時年内までの契約とし、選手の個別指導にあたるという。ちなみに、現在シュツットガルトを率いるマルクス・ヴァインツィアル監督には、アウグスブルク時代に師弟関係にあった。
コメント
関連ニュース
thumb

シュツットガルト、パヴァール後釜としてガラタサライの逸材CB獲得!

シュツットガルトは17日、ガラタサライからU-18トルコ代表DFオザン・カバク(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年半となる。 なお、トルコ『Milliyet』によれば、カバクの移籍金は1100万ユーロ(約13億6000万円)程度になったようだ。 今冬の移籍市場でローマを始め多くのビッグクラブの関心を集めながらブンデスリーガで残留を争うシュツットガルト移籍を決めた18歳の逸材DFは新天地での意気込みを語っている。 「今回の移籍がうまくいったことを嬉しく思っているよ。新しいチームメートやクラブ、素晴らしいファン、メルセデス・ベンツ・アレーナでの素晴らしい雰囲気のホームゲームを楽しみにしているんだ。このシュツットガルトで長い間プレーし何かを成し遂げることが大きな目標だ」 一方、来夏のフランス代表DFバンジャマン・パヴァールのバイエルン行きが決定した中、その後釜確保に成功したシュツットガルトのミヒャエル・レシュケSDは、「ヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示した中でオザンが我々を選んでくれたことを嬉しく思う。彼は今季のガラタサライの重要なレギュラーであり、ヨーロッパで最も才能に溢れたディフェンダーの1人だ。彼は後半戦において我々の助けとなるはずだ」と、満足感を示している。 ガラタサライ下部組織出身のカバクは、足元の技術に加えて優れたカバーリングが武器のセンターバックだ。昨シーズンのトルコリーグ第33節のコンヤスポル戦でトップチームデビューを果たし、実質1年目となった今シーズンも公式戦17試合に出場していた。 また、U-18トルコ代表ではここまで11試合に出場し4ゴールを記録している。 2019.01.18 01:14 Fri
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、ホッフェンハイムからスイス代表MFツバーをレンタルで獲得!

シュツットガルトは9日、ホッフェンハイムからスイス代表MFシュテファン・ツバー(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 母国のグラスホッパーでキャリアをスタートさせたツバーは、2013年夏からCSKAモスクワでプレー。その後、2014年夏にホッフェンハイムに移籍。ここまでは左サイドハーフやセントラルMFを主戦場に公式戦99試合に出場し8ゴールを記録。今季は公式戦13試合に出場し1ゴールを挙げていた。 また、2017年にデビューを果たしたスイス代表ではここまで通算21試合に出場し5ゴールを記録。昨年行われたロシア・ワールドカップ本大会にも出場していた。 2019.01.09 20:37 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、フランス代表DFパヴァールの来季加入を発表!

バイエルンは9日、シュツットガルトのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)が来シーズンから加入することを発表した。契約期間は2019年7月1日から2024年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、バイエルンはシュツットガルトと2021年までの契約を残すパヴァール獲得に際して、3500万ユーロ(約43億7000万円)に設定されている契約解除金を支払うことになるようだ。 現在、ドーハでトレーニングキャンプ中のチームに同行しているスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏は、公式サイトを通じてパヴァールの加入を認めた。 「バンジャマン・パヴァールとは2019年7月1日から我々のの一員となる。彼は5年契約にサインしている。彼は若手プレーヤーであり世界王者の一員だ。彼のようなプレーヤーをバイエルンに迎え入れられることに喜びと誇りを感じている」 2016年にリールからシュツットガルトに加入したパヴァールは、2017-18シーズンに公式戦36試合1ゴールを記録。また、センターバックが本職ながらロシア・ワールドカップ(W杯)では右サイドバックとしての安定した守備と、大会最優秀ゴールに選出されたアルゼンチン代表戦での驚愕のボレーシュートで注目を集めた。 昨夏の移籍市場ではアーセナル、バルセロナ、ユベントスなどの国外クラブからの関心を集めてきたが、ここまで幾度となく加入報道がなされてきたドイツの盟主への加入が決定した。なお、リール時代からショートパスやフィードにも定評があるパヴァールは今季限りでの退団が噂されるドイツ代表DFジェローム・ボアテングの代役を担う見込みだ。 2019.01.09 18:46 Wed
twitterfacebook
thumb

パヴァール、バイエルンとの合意報道を否定

▽シュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)が、バイエルンとの合意を否定した。フランス『ル・パリジャン』に語っている。 ▽センターバックが本職ながら今年の夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)ではフランス代表の右サイドバックを務め、優勝に大きく貢献したパヴァール。とりわけ、アルゼンチン代表戦で決めた驚愕のボレーシュートは多くの注目を集めた。 ▽当然ながら、大会直後から多くのビッグクラブからの関心が取り沙汰されており、バイエルンはその中でもより有力な1つだ。先日には各紙より合意報道も飛び出した。しかし、パヴァール当人はそのことを否定している。 「バイエルンとは何のサインも交わしてはいない」 「そのようなクラブからの関心があって幸せだ。だけど、僕は今のシュツットガルトに集中している。来夏のことは考えないよ」 ▽近日中のバイエルン行きを否定した一方で、来夏に移籍する可能性を示唆したパヴァール。アーセナルやバルセロナなどからも関心が伝えられる中、どのような決断を下すのだろうか。 2018.12.25 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト主将の父親、息子出場の試合後にスタジアムで亡くなる

▽シュツットガルトの主将を務めるドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナーの父親がスタジアムで急死した。 ▽シュツットガルトは15日にホームで行われたブンデスリーガ第15節でヘルタ・ベルリンと対戦(2-1でシュツットガルトが勝利)。先発したゲントナーはアシストを決め、2試合ぶりの白星に貢献した。 ▽だが、ドイツ『ビルト』によれば、この試合をスタンドから観戦したゲントナーの父親であるヘルベルト・ゲントナー氏は息子の勇姿を見届けたが、試合終了直後に倒れ、息を引き取ったという。 ▽これを受け、シュツットガルトはクラブ公式サイトを通じて、次のような声明を発表している。 「シュツットガルトはヘルベルト・ゲントナー氏の逝去に察し、お悔やみを申しあげます。主将を務めるクリスティアン・ゲントナーの父親はホーム戦終了後のスタジアムで息を引き取りました。クラブは彼の家族に寄り添い、時間を共にします」 2018.12.16 10:45 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース