超ワールドサッカー

元トルコ代表ハリル・アルティントップ、シュツットガルトのアシスタントコーチ就任2018.11.07 12:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シュツットガルトは6日、元トルコ代表MFハリル・アルティントップ氏(35)がアシスタントコーチに就任したことを発表した。公式ツイッターが伝えている。

▽ハリル・アルティントップ氏は2000年にドイツのヴァッテンシャイトでプロデビュー。カイザースラウテルン、シャルケ、フランクフルト、トラブゾンスポル、アウグスブルクでプレーした後、スラヴィア・プラハを経て、2018年1月にカイザースラウテルンに復帰。昨シーズンは公式戦24試合3ゴール2アシストを記録し、シーズン終了後に現役を引退していた。

▽クラブの発表によると、ハリル・アルティントップ氏は、一時年内までの契約とし、選手の個別指導にあたるという。ちなみに、現在シュツットガルトを率いるマルクス・ヴァインツィアル監督には、アウグスブルク時代に師弟関係にあった。

コメント

関連ニュース

thumb

敵地で3発快勝のフランクフルトが公式戦7戦無敗で暫定3位に浮上!《ブンデスリーガ》

▽長谷部誠の所属するフランクフルトは2日、ブンデスリーガ第10節でシュツットガルトと対戦し、3-0で勝利した。MF長谷部はフル出場している。 ▽公式戦6試合負けなしの7位フランクフルトが、3連敗中のシュツットガルトの本拠地に乗り込んだ一戦。前節のニュルンベルク戦を引き分け連勝がストップしたフランクフルトは、その試合からガシノビッチに代えてアラーを起用した。 ▽長谷部を引き続き3バックの中央で起用したフランクフルトが開始早々に決定機。4分、自陣からのロングフィードに抜け出したレビッチが頭で繋ぐと、ボックス中央に走り込んだヨビッチがシュート。これは相手DFに当たるも、こぼれ球に反応したレビッチが反転で相手GKをかわし無人のゴールに流し込むも、わずかにオフサイドでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にノーゴールとなってしまった。 ▽それでも、主導権を握るフランクフルトは11分にスコアを動かす。中央を持ち上がったレビッチのラストパスを受けたヨビッチがペナルティアーク内からシュート。これは相手GKが弾くも、こぼれ球をアラーが押し込みゴールネットを揺らした。 ▽先制したフランクフルトは32分、自陣からのカウンターを仕掛けるとボックス左まで侵攻したコスティッチの折り返しをアラーがダイレクトシュート。これは相手GKの好セーブに阻まれたが、こぼれ球を右サイドで拾ったヨビッチが素早くクロスを上げると走り込んだレビッチがヘディングでゴール左に叩き込んだ。 ▽迎えた後半、2点を追うシュツットガルトはエリック・トミーに代えてエズカンを投入。対するフランクフルトはジェルソン・フェルナンデスを下げてシュテンデラを投入。 ▽するとフランクフルトは49分、右サイドでボールを受けたエンディカがボックス中央へロングパスを供給。これに走り込んだヨビッチがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の右に逸れた。さらに58分にも、長谷部のロングフィードをアラーが頭で繋ぐと、ボックス中央に侵入したヨビッチがループシュートを狙ったが、これは枠の上に外れた。 ▽シュツットガルトは68分、ボックス右からカットインしたマフェオがシュート。相手DFに当たったボールがアオゴに当たり、こぼれ球をエズカンが流し込んだが、アオゴのポジションでオフサイドを取られノーゴールとなった。 ▽試合終了間際の44分、フランクフルトはボックス左深くでボールを受けたヴィレムス縦への切り込みからクロスを供給。これを途中出場のニコライ・ミュラーがダイビングヘッドで叩き込み、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。敵地で完勝のフランクフルトが、公式戦7戦無敗で暫定3位に浮上している。 2018.11.03 06:28 Sat
twitterfacebook
thumb

首位ドルトムト、最下位シュツットガルトに4発完勝で4連勝《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第8節でシュツットガルトとのアウェイ戦に臨み、4-0で完勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽代表ウィーク前の前節アウグスブルク戦では途中出場アルカセルの圧巻のハットトリックで4-3と撃破して首位をキープしたドルトムント(勝ち点17)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、ロイスやサンチョ、好調のアルカセルらが先発となった。 ▽最下位に沈みコルクト前監督を解任してヴァインツィアル監督を招へいしたシュツットガルト(勝ち点5)に対し、[4-3-3]を採用したドルトムントは、3トップに右からサンチョ、アルカセル、ラーセンと並べ、トップ下にロイスを配した。 ▽そのドルトムントは開始3分、ラーセンが左サイドを突破した流れからボックス左のロイスが中へ折り返し、ファーサイドのサンチョが蹴り込んであっさり先制する。 ▽その後、8分にCKからゲントナーのヘディングシュートがGKビュルキを強襲し、続く20分にもゲントナーのミドルシュートが枠を捉えたが、GKビュルキがセーブする。 ▽すると23分、ドルトムントが突き放す。ロイスのスルーパスで右サイド深くまで進入したピシュチェクの折り返しをボックス中央のロイスが蹴り込んだ。 ▽さらに2分後、パヴァールのミスパスをカットした流れからアルカセルがGKとの一対一をループシュートで制して3-0とし、余裕の展開で前半を終えた。 ▽後半からアルカセルに代えてフィリップを投入したドルトムントは、開始3分にCKの流れからゲントナーに決定機を許すも、相手のシュートミスに救われる。 ▽続く52分にもピンチを迎えたが、アズカシバルのゴール至近距離からのシュートはGKビュルキが身体を張ったファインセーブで凌ぐ。 ▽その後、71分のゲントナーのミドルシュートもGKビュルキが防いだドルトムントは、85分に途中出場のフィリップがボックス右から枠の左にシュートを決めて4-0で圧勝。最下位チームを難なく下して4連勝とし、首位を堅守している。 2018.10.21 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司、足首の問題で次節のメンバー入りは「微妙」…地元紙がドルト負傷者状況を総括

ドルトムントは、インターナショナルウィーク明けの20日に行われるブンデスリーガ第8節でシュツットガルトとアウェイで対戦する。ドイツ紙『ルールナハリヒテン』によると、足首に問題を抱える日本代表MF香川真司はこの試合には間に合わないかもしれない。<br><br>15日、アレマニア・アーヘンとのテストマッチに臨んだドルトムントだが、香川はMFマルコ・ロイスやDFマルセル・シュメルツァー(ひざ)、DFラファエル・ゲレイロやウカシュ・ピシュチェク(筋肉系)、MFクリスチャン・プリシッチやマリウス・ヴォルフ(肉離れ)、GKロマン・ビュルキ(鼠径部)と同じく帯同せず。また、スイス代表に合流したDFマヌエル・アカンジも筋肉系の問題により、ベルギー戦(12日)やアイスランド戦(15日)に向けたメンバーから外れている。<br><br>報道によれば、これら選手たちのうちリーグ戦再開までの復帰の可能性が最も低いのは、シュメルツァーだという。また、ランニングは再開したと言われる香川はプリシッチやヴォルフと同様、次節でのメンバー入りは「微妙」とのこと。一方で、ビュルキの復帰は濃厚と見られており、ロイスやアカンジ、ゲレイロやピシュチェクもシュツットガルト戦には間に合う見通しとなっているようだ。<br><br>なお2軍の選手たちが主体となったアーヘン戦ではMFマリオ・ゲッツェやマキシミリアン・フィリップがそれぞれ1ゴールと1アシストを記録し、4-0の快勝に貢献。負傷前にはルシアン・ファーヴル監督に出場機会を与えられ始めていた香川だが、復帰後にはロイスとゲッツェとのポジション争いが待っている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

フランス代表DFパヴァール、今夏の残留決断を説明…バロンドールに推したのは意外な選手?

シュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァールが、フランス『テレフット』のインタビューに応じた。<br><br>パヴァールはロシア・ワールドカップでフランス代表の右サイドバックとして優勝に貢献。シュツットガルトという中小クラブに所属していたため、バイエルン・ミュンヘンを中心に多くのビッグクラブが獲得を狙った。しかし、結局は残留を決断し、パヴァールはその背景を説明している。<br><br>「僕には多くのオファーがあったが、頭の中はクリアだった。もう1シーズンはシュツットガルトに残りたかった。このクラブとファン、そしてユニフォームを愛しているからね」<br><br>また、発表が近づくバロンドールにも言及。クリスティアーノ・ロナウドやルカ・モドリッチといった攻撃的な選手に注目が集まりがちな個人賞だが、パヴァールは同じDFとして同郷のラファエル・ヴァランを推した。<br><br>「彼は素晴らしいやつで、プロとしても最高だ。キャリアですべてのタイトルを勝ち取ってもいる。今年はワールドカップとチャンピオンズリーグを手にしたのだからね。バロンドールにだって値するし、フランスの選手が取ってくれるといいね」<br><br>提供:goal.com 2018.10.15 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ブンデス最下位シュツットガルト、元シャルケ指揮官を招へい

▽シュツットガルトは9日、マルクス・ヴァインツィアル氏(43)の監督就任を発表した。在任期間は2020年までとなる。 ▽シュツットガルトは今シーズンのここまで1勝2分け4敗の最下位。それを受け、7日に成績不振の責任を問う形でタイフン・コルクト監督(44)の解任に踏み切った。 ▽その後任として、リザーブチームを率いるアンドレアス・ヒンケル監督(36)の暫定的な指揮が併せて伝えられたが、わずか2日間でヴァインツィアル氏の監督就任が決定した。 ▽ヴァインツィアル氏は、2008年から監督業をスタートさせ、レーゲンスブルク、アウグスブルクを率い、2016年夏からシャルケを指揮。2017年夏に解任されて以降、フリーだった。 ▽代表ウィーク明けから新体制で巻き返しを狙うシュツットガルトは、20日に行われるブンデスリーガ第8節で首位のドルトムントをホームに迎え撃つ。 2018.10.10 07:30 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース